ご査収 意味。 「ご査収」の意味と正しい使い方 「ご検収」との違いを解説

ご査収くださいの意味や使い方!上司にはよくても社外にはNGなのはなぜ?

ご査収 意味

ご査証という言葉を聞いたことはあるかと思いますが、意味をきちんとご存じでしょうか。 普段の生活の中では使うことはないと思います。 しかし、ビジネスシーンではよく見るという方は多いと思います。 しかし、その言葉は正しく使われているのでしょうか。 「ご査収」とは違うの?と少し混乱した方もいるでしょう。 また入国審査のときにも査証という言葉を使いますよね。 これは同じ意味で使われているのでしょうか。 それとも全く別の意味で使われているのでしょうか。 何となく意味は分かるけど、ちゃんと調べて意味を把握してる人は少ないのではないでしょうか。 間違って使っていると知らないうちに相手に失礼なことをしている可能性があります。 意味をきちんと理解した上で正しく使っていきましょう。 ご査証とは ビジネス文書で「ご確認」はよく使うと思います。 「ご査証」と「ご確認」は別の言葉だと認識しましょう。 「ご査収」と「ご確認」では似たようなニュアンスが含まれます。 「査収」はよく調べて受け取ることなので「ご確認」と近い意味合いがあります。 しかし「ご確認」よりも自ら進んでよく調べるという入念さが含まれています。 「ご査証」に関して言えば、「ご査収」や「ご確認」と意味合いが違ってきます。 よく調べた上でその証明をしなくてはいけません。 「ご確認」「ご査収」だけでは済まないのです。 こうしたことを踏まえると、ビジネスシーンでは割と厳しい状況のときに使われると予想されます。 「ご査証ください」と言われたら、相手側を安心させる為に補償のようなものを用意しないといけませんね。 「ご査証」なんで言葉よっぽとのことがないと使わないし、意味を知る必要もないんじゃないかと思われたかもしれません。 しかし、正しい意味を知らないと誤解が生じます。 ビジネスシーンに置いては命取りにもなります。 逆に正しく使えば「ご査証なんて言葉よく知ってるなぁ」と尊敬されます。 「ご査証」の意味をちゃんと知らないと、自分が何気なく目にしているからこういう意味だろうと勝手に推測して使ってしまう恐れがあります。 「ご査収」がいい例だったと思います。 自分が使わなくても相手側が「ご査収」の意味で「ご査証」を使用してくる場合もあります。 そのときに自分自身が意味をちゃんと知っていれば相手に確認することができます。 日本語は奥が深く、細かいニュアンスで使い分けるので言葉の数は多い方だと思います。 その分似たような意味の言葉が多く存在し、使うのに混乱が生じます。 しかし、意味をちゃんと知っていれば文章に奥行きが出ます。 そして相手により丁寧さが伝わると思います。 日本語を英語に翻訳すると言葉が直接的で単純なので驚くことがあるのではないでしょうか。 失礼にならないか心配になりますよね。 それだけ日本語は表現が豊かなのです。 「ご査証」「ご査収」に限りませんが、まだ意味をよく知らない単語があるはずです。 知らないままにしておくより意味を知ることで、その表現に触れたときに相手の気持ちの細かい部分や気遣いまで知ることが出来るでしょう。 ただ一つ気を付けたいのは、正しい意味を知った上で正しい使い方をするということです。 「ご査証」は間違って使われていることが多い単語です。 送る側も受け取った側も「ご査収」の意味で理解してるのがほとんどでしょう。 しかし、本当の意味で「ご査証」を使っている人もいるので、意味は正しく理解しましょう。 無理して難しい言葉を使う必要はありませんが、難しい言葉に触れたときは意味を調べる癖をつけると良いでしょう。

次の

ご査収とご査証の意味の違いと目上の人への使い方や例文も紹介

ご査収 意味

ご査収くださいの意味と読み方 「ご査収ください。 」 ビジネス用語として定着している言葉です。 会話よりもメールで使われることが多く、 添付ファイルがいっしょにあることも多いです。 意味を知らずに使うと危険なので、正確に知っておきましょう。 <ご査収の読み方> これは、 「 ごさしゅう」 と読みます。 <ご査収くださいの意味とは> これは、 「よく確認して受け取ってください」 という意味です。 メールや書類などに資料を添付し、「ご査収ください」とする使い方が多いです。 「確認の上、受け取ってください。 」という意味になります。 具体的に言えば、「ちゃんと中身を見て、問題ないことを確認してから正式に受け取ってね!」です。 そうでも書かないと、何も見ず受け取られて、後から文句や指摘が出ます。 絶対に確認してほしい場合に使う言葉なので、 確認が必要ないときには使ってはいけません。 「よく考えてください」という意味で使うのは間違いです。 漢字の意味を解説します。 「査」は「調べる」という意味の漢字です。 本来は「バラ科のボケ属」の木を表わす漢字。 それが「いかだ」や「調べる」という意味でも使われたもので、由来は不明。 トゲだらけの木なので、「よく見て扱う」という意味で使われたのかもしれない。 「収」は「おさめる」という意味の漢字。 字源は「縄を巻きつけて締める」という意味の漢字。 全てを束ねて収める意味となります。 二つを合わせると、 「よく調べておさめる」という意味になる。 受け取ったということは、責任持って合格としたという意味でもある。 あとから文句を言うのは筋違い。 そのための「ご査収ください」なので、気を付けよう。 <ご査収の使い方> ・資料を送付いたしましたので、ご査収願います。 ・ご査収の上、ご返事ください。 ・このような内容でよろしいでしょうか?ご査収願います。 以上、ご査収くださいの意味でした。 通じなかったり勘違いされるといろいろ面倒なので、 「合否を連絡して」などと具合的な言葉で言い換えるのが無難ではあります。 -- 前: 次:.

次の

間違いも多い「ご査証のほど」の使い方と例文・「ご査収」との違い

ご査収 意味

「ご査収ください」の意味 「ご査収ください」の「査収」とは、「金銭や物品、書類の内容などをよく調べて受け取る」という意味です。 「査」は訓読みで【しらべる】と読み、「査収=調べて(しらべて)収める」に「ご」をつけて丁寧に表現した言葉です。 丁寧な言葉で「よく確認してから受け取ってくださいね」とうながす言葉ですが、「ください」は「くれ」を丁寧に表現した命令形であるため、目上の人に使用するのは避けた方が無難です。 上司や取引先に対する「ご査収ください」の使い方 丁寧に確認をうながす表現として使える「ご査収ください」ですが、命令形の口調が相手に不快感を与える恐れのある言葉。 ここからは 上司や取引先に対して失礼にあたらない「ご査収ください」の使い方を確認していきましょう。 「ご査収ください」の類語 「ご査収ください」の類語には、内容の確認や受け取りを伝える意味の言葉が当てはまります。 例えば「確認」や「検収」も「査収」の言い換え表現としてビジネスシーンで使用できます。 「ご査収ください」の類語を使用した例文をチェックしていきましょう。 ご確認ください 「確認」はなにかしらをチェックする際に使われますが、「ご査収ください」の言い換え表現として使用する場合、意味合いが少し異なります。 「ご査収ください」は内容に誤りがないかよく調べてから受け取るのに対し、 「ご確認ください」は内容が重要ではないものにも用いられている言葉です。 内容が正確か確認が必要な書類には「ご査収ください」。 受け渡しの際に便宜的に使用されるのが「ご確認ください」。 重要度が高い内容の場合は「ご査収ください」を使用し、それ以外の便利な言葉として「ご確認ください」を使い分けるのが適切です。 ご検収ください 「検収」とは、 届いた品物の数や種類、品質・動作確認を点検・検査して受け取る際に使用する言葉です。 「検収」は動作確認などを必要とするシステム開発などでも用いられているビジネス用語です。 主に数字やファイルを確認する「ご査収」に対して、「ご検収」では「物品や商品の品質確認」の際に使用されます。 「点検=確認」の意味では間違ってはいませんが、確認する対象が「査収」と「検収」では大きく異なることを覚えておきましょう。 「ご査収ください」の関連語 ビジネスシーンで使われる機会が多い「ご査収ください」は、ネット上の思わぬところでも使用されています。 本来の意味とは少し違う使われ方がされている 「ご査収ください」にスポットを当ててみました。

次の