エニタイム フィットネス。 エニタイムフィットネスの評判、料金やメリット、デメリットは?24時間営業って本当?

エニタイムフィットネスを初心者に絶対おすすめしない3つの理由

エニタイム フィットネス

目次(もくじ)• エニタイムフィットネス anytime fitness とは?特徴はなに? 引用: エニタイムフィットネスは 『24時間年中無休』・『低価格』を売りにしているフィットネスジムです。 その他の特徴としては、• 世界中(20か国以上)のエニタイムが利用可能• 国内だけで300店舗以上ある• マシン器具に特化している(レッスン、プール、お風呂などない)• 土足でトレーニング可能 という点。 契約する店舗によりますが、 大体 7000円~8500円で全世界のエニタイムが利用できます。 他のジムだと1万円以上することが多いので、ほんとに安いです。 最近は国内の店舗数が爆発的に増加しており、いま最も勢いのあるジムと言っても過言ではありません。 筋トレにおける最も重要なポイント• 狙った筋肉の部位に効かせる能力• 怪我を防ぐため、関節に過度な負担をかけないフォームで行うスキル 上記2点が めちゃくちゃ重要です。 しかし、エニタイムフィットネスに入会した初心者はどうでしょう? ぼくは2年間通ってるのでいろんな人を見てきましたが、 9割以上が上記を無視した間違ったトレーニングを行っています。 柔道や空手など、スポーツはまずフォーム、 正しい「型」を覚えることが重要ですよね。 トレーニングも一緒です。 効果を最大化させるため、そして怪我を防止するために、まずは型を覚えるんですね。 しかし現実として、フォームを無視して『なんとなく』トレーニングしてる人が本当に多いです。 あることはあるんだけど、これがまた残念なんだ 2. エニタイムフィットネスのスタッフは『トレーナー』と呼べる人が限りなく少ない エニタイムのスタッフさんから学べることは残念ながらとても少ないんです。 まず第一に、 スタッフはほとんど事務室に閉じこもっているので、トレーニング中に思い浮かんでくる些細な質問や「フォーム見てくれますか?」といったお願いがしにくいんですよね。 また、24時間年中無休と言っても スタッフが常駐してる時間は定められています。 大体、10:00~19:00しかいません。 (店舗によって異なる) よって、仕事終わりにエニタイムに行ってもスタッフは既にいない、といったシチュエーションに頻繁に出くわします。 極めつけに、エニタイムの従業員はただのスタッフ(管理者)がほとんどで、 トレーナーとして専門的な知識を持ってる人が非常に少ないです。 パーソナルにしては値段が安すぎたので値段相応だったのかもしれないけど 3. 周りに尊敬できる人がいないのでモチベーションを保ちにくい ぼく自身は初心者におすすめしないジムですが、現実として入会者の6~7割が初心者のように思えます。 安いし有酸素マシンと筋トレマシンが両方あるので、初心者を惹きつける魅力があるんでしょうね。 しかし、初心者が多いってことは ジムの中で 「この人いい筋肉してるなあ」、「この人本当にいいスタイルしてるなぁ」って思える人がほとんど居ないということです。 「え、別にそれはどっちでもよくない?」 と思うかもしれませんが、モチベーションを保つために非常に重要なんです。 実際、自分が目標とする体系をしてる人が同じジムにいることはかなり重要です。 なぜなら、 トレーニングを続けるモチベーションや「負けたられない!」という 負けん気を与えてくれるからです。 努力すればああなれるんだな・・・自分も頑張ろう!• 悔しい・・・いつか追い越したい! このような トレーニングにプラスな感情をジムに行くたびに感じ取ることができます。 しかし、エニタイムはどうでしょう? 先ほどお伝えしたように、ほとんど初心者しかいません。 初心者なので、当然身体も発展途上です。 彼らをみてもモチベーションが上がることはありません。 【エニタイムをおすすめできない理由まとめ】• 24時間営業ですし、値段も安い。 ただし! 何も知らない初心者が入会しても上記の理由から効果を実感しにくい…というのがぼくの意見です。 つまり、エニタイムフィットネスは人を選ぶということです。

次の

【初めての方へ】エニタイムフィットネスの使い方・お作法

エニタイム フィットネス

エニタイムフィットネスの特徴・メリット マシン特化 最近よくこう聞かれます。 「ジムに通おうと思ってるんだけど、エニタイムフィットネスってどうなの?通ってるんでしょ?」 僕はこう答えます。 「ジムで何がしたいかによりますね。 」 ムカつく返しですよねw どういうことかというと、エニタイムフィットネスは マシン特化型のジムなんです。 なので、プールやスタジオプログラム、ヨガなど、一般的にスポーツジムでできると思われることが一切ございません。 特に、女性の方は注意しておくべき点かと思います。 それだけで十分だという人にはピッタリのジムだと思います。 シャワー完備 プールやエアロビ教室こそないですが、 全店舗にシャワーが完備されています。 ランニングマシンで走ったり、ベンチプレスやスクワットで追い込んだあとは気持ちいいシャワーを浴びたいですよね。 小さい店舗でも3〜4つはシャワー室があって、そのうちの半分くらいが 女性専用シャワーとして区切られているので、女性の方も安心して利用できます。 ボディソープやシャンプーはございませんので、自分で用意する必要があります。 貸しタオルもありませんので、忘れたらコンビニや100円ショップで購入しましょう。 個室の中に扇風機がある店舗や、ティッシュを置いてくれている店舗もあります。 24時間年中無休で利用可能 ご存知の方も多いと思いますが、エニタイムフィットネスは 24時間、365日いつでも利用することができます。 最近でこそ、24時間営業のジムも増えてきていますが、一般的な大手のジムは遅くても0時とかまでには閉まってしまいます。 しかも、曜日によって営業時間が違ったりするので、割とややこしいです。 自分のライフスタイルに合わせて通えるのも利点ですし、24時間営業なので混雑がバラけて空いている時間帯は快適に利用できます。 実際に通ってみた個人的感想 施設・設備 悪い点 ・狭い店舗はホントに狭い ・マシンは充実している店舗は多いが、フリーウェイトが寂しい ・ロッカーを別で有料契約しないと鍵付きのものがない 駅チカな店舗が多いので、通うのが楽です。 私はマシン、フリーウェイトで筋トレをすることが目的だったので、エニタイムはすごく理にかなっています。 が、マシン特化型ジムを謳っているのなら、 もう少しフリーウェイトゾーンを充実させてくれてもいいのかなあとは思います。 スミスマシン1台、ベンチプレスやデッドリフトができるようなマルチラックが1台、フラットベンチが1台、ケーブルマシンが1台。 ホントに狭い店舗だとフリーウェイトはこれだけです。 比較的空いている時間帯でもすぐにいっぱいになるので、いつもマシンやダンベルを利用して時間を潰しています。 店舗によって置いてあるマシンの種類や数は異なりますので、できるだけ広く、充実した店舗を利用できるならそうした方がいいでしょう。 ランニングマシンで走って、マシンで腹筋やお尻を鍛えるのが目的の女性なんかは不自由しないかもしれません。 敷地の広さも、店舗によってかなり差があります。 複数人でトレーニングに来ているグループが狭い店舗のフリーウェイトスペースを占拠している日なんかはもう最悪です、、、。 日焼けマシンがあるのは嬉しいです。 ジェルなどは置いていないので、持参しましょう。 1回500円で7分間焼けます。 強さは選べませんが、日焼けサロンで言うところの中の上くらいの強さなので、弱くはありません。 14分焼けば、そこそこいい感じに焼けます。 ロッカーですが、無料だとこんな感じです。 一応、ロッカーだけを見張る監視カメラがあります。 有料だとこんな感じ。 結局かなり小さいのでトレーニング中は貴重品を入れて、あとは荷物になる靴を入れておくって感じでしょうか。 店舗によってロッカーの料金は異なりますが、大体1000円前後です。 料金プラン・キャンペーン 悪い点 ・月の会費は結局そこまで安くない気がする ・割引キャンペーンは豊富でいいが、月ごとで異なるのでベストタイミングが読めない ・契約してから31日経過しないと、他の店舗に通えない ・引き落としが銀行口座限定 キャッシュカード。 クレジットカード決済がしたい デメリットのほうが多くなってしまいました。 キャンペーンが豊富で入会しやすいんですが、毎月キャンペーンが違います。 店舗によっても異なります。 例えば、恵比寿店では今月セキュリティーキー無料キャンペーンをやっていたとしても、赤坂店ではそのキャンペーンは行っておらず、セキュリティーキー発行手数料をきっちり満額取られる。 まあ、仕方ないかと赤坂で契約すると、翌月もっとお得なキャンペーンが開始された、、、。 まあ、フランチャイズチェーンなので仕方ないです。 東京都内の店舗の会費はまちまちですが、大体 7000円〜9000円です。 東銀座、赤坂なんかがめちゃくちゃ高いです。 東銀座は実際に通っていた期間がありましたが、高い割に狭いし、混むしでおすすめはできません。 7000円ならまだ安い方なんですが、9000円まで行くとどうなのかな?とは思います。 一応、ジム特化、立地、営業時間が噛み合えば、利用する人は利用するでしょうが、1万円も払えば大手の設備がめちゃくちゃ充実したスポーツジムに通えてしまいます。 ゴールドジムにも通えます。 また、エニタイムは契約すると世界中のどの店舗でも行けることがメリットでもあるのですが、31日の縛りも意外と邪魔です。 知人の解約理由 ・週に1回行けるかいけないかくらいのペースなので料金が高く感じてしまった ・プールで泳ぎたい ・自宅トレーニングでも十分だと思った 正直全部論外ですw 通う頻度は自分のモチベーションだし、プールなんて無いのは初めからわかっていたはず。 自宅で自重トレーニングで満足、、、。 まあ目指すところが違ったんでしょう。 ジムに行くからトレーニングできる、要は、自分を追い込み、鼓舞するみたいな役目もジムにはあると思うんですが、、。 逆に自宅でコンスタントにトレーニングできるのはすごいなとは思います。 まとめ 結局、マシン特化、24時間、他のジムよりちょっと料金が安い。 これに本当に納得して満足できるなら、エニタイムフィットネス一択だと思います。

次の

【初めての方へ】エニタイムフィットネスの使い方・お作法

エニタイム フィットネス

僕の感覚ですが、シャワー室・更衣室・トイレ以外で防犯カメラに映らない場所はないんじゃないかというくらいの厳戒態勢です… さらに、スタッフが防犯カメラの映像をよくチェックしているので、監視されている気分になります。 女性に話しかけにくい雰囲気 スタッフに監視されているから、女性に挨拶しよう!という気分にすらなれません。 事実、100回以上エニタイムフィットネスに通ってますが、挨拶している人を見たことがありません。 安心して筋トレ・ボディメイキングできる反面、出会いの場としては0点です。 殺人事件未遂が発生… 「厳重なセキュリティ」を売りにしているエニタイムフィットネスですが、殺人未遂事件が起きています。 8割の利用者がイヤホン ジムあるあるかもしれないですが、ほとんどの利用者がイヤホンをしています。 とくに若い女性の9割はイヤホンをしているので、男性からしたら話しかけるハードルが上がってしまいますよね。 実際、僕は100回以上(朝昼晩すべて)通っていますが、雑談している人を見たことがありません。 友人同士でおしゃべりしている人はいますが… 誰も話していないシーンとした空間で自分から女性に話しかけられる勇気があるなら男女の出会いに発展するかもしれませんが、そういう積極的な人はわざわざエニタイムフィットネスで出会いを求めていないはずです。 エニタイムフィットネスに出会いはないけど、美女とイケメン率が高い 先日に下記のツイートをしたんですが、ジムに通っている人の見た目レベルが高くて驚きます。 これが、時代の流れか。 毎日ジム行ってるんですが、スレンダー美人がちょくちょく出没。 (朗報ですw) 30%くらいが女性なんですが、ほぼ全員「脚」を重点的にシェイプアップしているみたい。 胸にもきいてたと思うけど、ちょっと腕にもきてしまった…😣難しい…。 5㎏でやってみた。 大きくなれー。 切実です。 笑 あ、はい、あ、あ、あ、ぁぁ 大丈夫です。。 ってなった今日。 笑 — 犬童美乃梨 minorin656 Last training this year🙏 Leg 🦵🏻Leg🦵🏻 Leg🦵🏻 Leg........

次の