でも に しょ ん。 【THE NORTH FACE】クライムライトジャケットのサイズ感など写真付き徹底レビュー!

己書 実喜道場|誰でも初回からあなたらしい味のある字が描ける筆ペン教室

でも に しょ ん

京都市北区大将軍坂田町の「たかつかさ児童館」が、乳幼児の親子向けに屋外で本を貸し出す「としょかん」を開いている。 新型コロナウイルスの影響で施設を利用できない間、自宅で楽しんでもらおうという試みだ。 開くのは、平日と土曜の晴れの日。 午前10時~午後5時に、道路に近い場所に絵本30冊ほどを並べる。 館のシンボル、ヒマラヤスギの木の下に机を置いて「すぎのきとしょかん」と名付けた。 1家庭3冊まで借りられる。 貸出簿の記入や職員への声かけは不要。 返却の期限はない。 14日に始めたところ、ベビーカーを押した人や買い物帰りの人らが足を止め、28日までに約70冊が借り出された。 京都市内に130ある児童館は、新型コロナの影響で3月上旬から学童クラブを除く事業をやめている。 絵本やおもちゃがある館内の利用や、乳幼児の親子が遊んだり交流したりする催しもストップしている。 そんな中、たかつかさ児童館長の溝口晋太朗さん(33)は、神戸市で館外に図書貸し出しコーナーを設けた児童館があると知り、倣おうと思い立った。 蔵書を屋外に置くことにためらいも感じたが、「家で過ごすことが求められる時に、楽しむ材料を提供するのも児童館の役割」と考えた。 感染予防のため、絵本と机は毎日、消毒する。 机の前に大人数で座って読むことや、おしゃべりはしないでと呼びかけている。 児童館のウェブサイトには、来られない子のために手遊びや折り紙の動画を掲載しているが、見てもらえているか分からない。 一方、絵本を借りる人とフェンス越しに言葉を交わしたり、返却時に添えられた「ありがとう」の手紙を目にしたりすることに手ごたえを感じるという。 「デジタルで発信しつつ、目に見える、アナログな形で関係をつなぐことも大切だと感じています」と溝口さん。 通常の活動が再開できてからも「としょかん」は続けたい、と話す。 (佐藤美千代).

次の

アサーション(あさーしょん)とは

でも に しょ ん

2020. 僕は介護のブログも書いていますが、今や「マスク」は医療・介護の世界と言うより、わりと多くの方の関心事になっているので、より多くの方に情報が届く可能性がある、こちらのブログで書かせて頂きます。 今回の記事では、使い捨てのマスクは諦めて「布マスク」…洗って再利用可能なマスクに移行した経緯や、パーティハウスで布マスクなら手に入る(記事執筆時点)と言う話をお伝えします。 緊急事態宣言の騒動に関係なく、以前寝たきりの母を、在宅介護をしていた関係でマスクの在庫がわりとありました。 でも、さすがに底を尽く…苦笑。 高齢の父の為に置いておきたくて、おしょぶ~自身はなるべく使わない様にしていましたが、外では人の目がキツクてそうも行きません 笑。 予防と言うより、人に感染させない為にも必要とされています。 つまり、飛沫を飛ばさないって事ですね。 自分が症状が無いキャリアである想定で動く事が求められているので、欠かさずマスクは付けておきたいですね。 ただ、本当にマスクが売っていないんですね。 (超品薄状態) 介護サービスを受けている人に配られるマスク(父用)。 今日、ケアマネージャーから頂きました。 これとアベノマスクは同じと思われる。 確かに少し小さいが、使えないほどでもない。 でも、1枚では洗い替えが無いのであまり意味がありません。 でも、あ~これはきっと良いきっかけなんだな…と思い「布マスクに完全移行」する事にしました。 一般人が布マスクを再利用して使うのが、広がれば間接的に「医療現場やソーシャルワーカーの方々」に、使い捨てが届きやすくなるかも?知れませんし。 今まで、布マスクを探すってやっていなかったので、豊富に並んでいて逆に肩透かしな感じすら受けましたね 笑。 これが、一番安かった 笑。 スポンサーリンク こちらは498円税別で、日本語で繰り返し洗えるなど説明が書いてて安心。 どうやら、ガーゼを重ね縫いした感じですかね。 (あ!ごめん…安倍批判じゃないよ…事実をお伝えしているだけです^^;) 今回買った中では、一番高額で780円税別ですが、どうやら以前は980円で売っていて、値下げしてくれていますね。 やっぱりみんな使い捨てが良くて、布マスクは売れないのかな? 高いだけあって、カッコも良くて肌触りも良いですね。 第一印象では、丈夫そうだし元は取れそうです^^ふふ。 参考にして頂ければ幸いです。 確かに布マスクの洗い替えは邪魔くさいけど、持っていれば使い捨てが無くなったらどうしよう…なんて不安が解消されて良いですよね。 今後、事が好転して医療現場やソーシャルワーカーさん達のマスク不足が解消されて、市場供給が十分になれば、おしょぶ~も又使い捨てマスクに戻しますが、しばらくは布マスクで頑張ってみます!^^ふふ。

次の

【THE NORTH FACE】クライムライトジャケットのサイズ感など写真付き徹底レビュー!

でも に しょ ん

将棋の第91期棋聖戦5番勝負第3局が9日、東京都千代田区の都市センターホテルで行われ、後手の渡辺明棋聖(36)=棋王、王将=が挑戦者・藤井聡太七段(17)に142手で勝ち、対戦成績を1勝2敗とした。 サラリーマンから棋士になった異例の半生が映画「泣き虫しょったんの奇跡」でも描かれた瀬川晶司六段(50)は、第3局を振り返り「渡辺棋聖の完勝と言える将棋だったと思います」と解説した。 「終盤、一手間違えれば逆転する勝負にはなりましたけど、渡辺棋聖は巧みに時間も残していました。 基本的には後手がリードを奪い、優勢を拡大して、しっかりと勝ち切った一局だったのではないでしょうか」 勝負を引き寄せる一手を渡辺棋聖が指したわけではなく、勝負を失うような一手を藤井七段が指したわけでもないというが、瀬川六段は一局を通した棋聖の戦術眼に着目する。 「自然な指し手を続けながら、全体的に先手(藤井七段)が時間を使わなくてはならないような展開に持ち込んだ渡辺棋聖の勝負術が光ったと思います。 「でも正直、1・2局の内容は『強すぎる』と思えるくらい神懸かり的なものでした。 樹木で言えば、以前より幹が太くなったような強さで。 それでも、舞台はタイトル戦で相手は渡辺棋聖です。 もう一山あっておかしくないし、違う波が来たっておかしくはないだろうとも考えていました」 次局が渡辺棋聖の先手番ということも視野に入れると、一気に流れが変わったようにも映る一局だったが、棋士の視点は異なる。 「逆に、逆転負けなどとは違って完敗はダメージが残らないんです。 特に藤井七段は勝敗によって(次局に向けて)変わるようなタイプでもないと思いますし」 いずれにせよ、16日の第4局は、藤井七段の初タイトル奪取か渡辺棋聖の逆王手なるかの一局になる。 50歳。 安恵照剛八段門下。 84年、奨励会入会。 96年に年齢制限で退会。 サラリーマン時代にアマ名人、アマ王将となり公式戦でも活躍。 2005年、特例で実施された棋士編入試験に合格した。 18年には、半生が描かれた映画「泣き虫しょったんの奇跡」(主演・松田龍平)が公開。 17年4月に藤井七段の順位戦デビュー戦では激闘の末に敗れた。 「あの頃はまだ粗削りな部分があったと思いますけど、今の藤井七段は全く完成度が違うと思います」 報知新聞社.

次の