ご 教示 ありがとう ござい ます。 2泊3日北海道旅行!

丁寧にご教示頂き、ありがとうございます。申し訳ないのですが、...

ご 教示 ありがとう ござい ます

「教えて頂きありがとうございます」は上司・目上に失礼? ビジネスメールに使えるもっと丁寧な敬語ってなに? とご心配のあなたへ。 「教えて頂きありがとうございます」は目上に失礼とまでは言わないものの、ビジネス会話や親しい取引先・上司につかえる程度の丁寧レベル。 とくにビジネス文書・メールや初対面の相手など、気をつかうべきシーンではより丁寧な敬語に言い換えするべきです。 また「教えて頂きありがとうございます」をビジネスメールで使うのはあまり一般的ではなく… 敬語「ご教示=教えること」を丁寧にしたフレーズを使います。 たとえば… 「ご教示いただきありがとうございます」 「ご教示くださいましてありがとうございます」 「ご教示いただき感謝申し上げます」 などいろいろ。 そもそもの意味や理由など細かな解説は本文中にて。 それでは、 「教えて頂きありがとうございます」の意味、敬語の種類、目上につかえるより丁寧な言い換え敬語、ビジネスシーンでの使い方(電話・メール・手紙・文書・社内上司・社外取引先・目上・就活・転職)、メール例文を紹介します。 この記事の目次• 「教えて頂きありがとうございます」の意味と敬語の解説 「教えて頂きありがとうございます」は「教えてもらいたいと思います」という意味。 なぜこのような意味になるのか? そもそもの意味と敬語について順をおって解説していきます。 ~していただき の意味は「~してもらい」 「〜していただき」の意味は「〜してもらい」 「〜してもらう」の謙譲語が「〜していただく」であるためこのような意味となります。 ちなみに「〜していただく」と平仮名にしてもOKですし、「〜して頂く」と漢字を用いてもOK。 教えて頂きありがとうございます の意味は「教えてもらいありがとう」• 「教えてもらう」の謙譲語 「教えていただく」• お礼のフレーズ 「ありがとうございます」 これらの単語を合体させて意味を考えます。 すると「教えていただきありがとうございます」の意味は… 「教えてもらい、ありがとう」 のように解釈できます。 目上に敬語「教えて頂きありがとうございます」でもOKだけど… ここまでの解説で「教えて頂きありがとうございます」が正しい敬語であることがわかりました。 したがって上司や目上・ビジネスメールにおいて使ってもまぁ問題はありません。 が、ビジネスメールではあまり一般的ではありません。 なぜなら、もっと素晴らしい「ご教示=教えること」という敬語フレーズがあるからです。 ビジネスメールには堅苦しい敬語がオススメ ビジネス会話であれば「教えて頂きありがとうございます」としてもよいでしょう。 あるいは… 親しい取引先・社内の目上・上司などあまり気づかいし過ぎする必要の無い相手にもOK ただし、ビジネスメールにおいてはより堅苦しい敬語フレーズが好まれます。 なぜならメールは会話と違い、態度で敬意をしめすことができないから。 メールにおいては丁寧な敬語フレーズを使うことが上司や目上のひとにたいする最大限の配慮なのです。 とくに、 あまり親睦のない取引先への社外メールや、きびしい上司・目上へのビジネスメールには言い換えするほうが無難です。 ビジネスメールに使える「教えていただきありがとうございます」の丁寧な言い換え敬語 ここまでの解説で「教えていただきありがとうございます」が敬語として正しいこと、正しいにもかかわらずビジネスメールに使うにはちょっとイマイチだということが分かりました。 ここからは、 じゃあどういう風に言い換えすれば丁寧な敬語になるの?という点についてみていきます。 ご教示いただきありがとうございます 目上・ビジネスメールにつかえる丁寧な「教えていただきありがとうございます」の言い換え敬語• 例文「ご教示いただきありがとうございます」 「教えて頂き」の部分を「ご教示いただき」と言い換えるだけ。 「ご教示いただきありがとうございます」は「教えてもらいありがとう」という意味。 なぜこのような意味になるのか? そもそもの意味と敬語について順をおって解説していきます。 ご教示の意味は「教えること」 「ご教示」の意味は「教えること」「教え示すこと」 「ご教示」のもととなる単語は「教示」であり謙譲語「お(ご)~いただく」をつかって敬語にしています。 ご教示いただき~の意味は「教えてもらい~」 「ご教示いただき~」の意味は「教えてもらい~」 「いただく(頂く)」は「もらう」の謙譲語。 すると意味は「教えてもらい~」と解釈できます。 「ご利用いいただく=利用してもらう」「ご指導いただく=指導してもらう」などのようにして使われる語とおなじ意味。 上司・目上・ビジネスメールに使うフレーズとしてはとても丁寧で好感がもてますね。 ここで「ご教示」の「ご」の部分は向かう先を立てるために使う敬語であり謙譲語の「お(ご)」です。 余談ですが尊敬語にも「お(ご)」の使い方があり混同しがち。 「ご教示いただきありがとうございます」の意味は「教えてもらい、ありがとう」• 教示 = 教えること• すると「ご教示いただきありがとうございます」の意味は… 「教えてもらい、ありがとう」 のように解釈できます。 使い方「問い合わせした時のお礼返信メール」 「ご教示いただきありがとうございます」はとくに質問メールに相手が返答してくれたときの、書き出しのお礼に使います。 といってもほとんど決まりきった使い方しかしません。 たとえば、• 例文「早速ご教示いただきありがとうございます」• 例文「お忙しいところご教示いただきありがとうございます」• 例文「ご多忙のところご教示いただきありがとうございます」 のようにしてビジネスメールに使うとよいでしょう。 ビジネスメール例文 「ご教示いただきありがとうございます」の使い方。 具体的には取引先に問い合わせをしたあとのお礼メール。 早速ご教示いただき誠にありがとうございます。 それでは弊社にて検討を進めたく、試作用サンプルを少量(〜100gほど)いただければと存じます。 なお送付先の住所は下記のとおりとなります。 (送付先) 大変お手数ではございますが、お取り計らいのほど何卒よろしくお願い申し上げます。 ご返信の代わりに「ご連絡」「ご回答」「ご返答」としてもよいでしょう。 ご丁寧にありがとうございます 「ご教示いただきありがとう」だけじゃない、お礼ビジネスメールに使える敬語フレーズ• 申し訳ない気持ちをあらわすのであれば「恐縮」「恐れ入ります」といったフレーズを使い、感謝の気持ちを表すのであれば「ありがとう」や「お礼申し上げます」「感謝申し上げます」といったフレーズを使います。 文章のバランスをみて、できるだけ重複するフレーズは避けて使い分けしましょう。 お礼は「ありがとう」以外にもイロイロあります。 「いただく」は「もらう」の謙譲語ですが、「くれる」の尊敬語「くださる」をつかった敬語フレーズも同じように使えます。 「いただく」ばかりになってくどいメールにならないようにお気をつけください。 早々にご対応いただき、ありがとうございます 「ご教示いただきありがとう」だけじゃない、お礼ビジネスメールに使える敬語フレーズ• 使い方は打ち合わせの時に仕事の依頼をしていて、相手がお礼だけでなく報告してくれたときに使います。 お役に立てたようで大変嬉しく思います 「ご教示いただきありがとう」だけじゃない、お礼ビジネスメールに使える敬語フレーズ• 例文「微力ながらお役に立てたようでして、大変嬉しく思います」• 例文「ささやかではございますが、お役に立てたようでして大変嬉しく思います」 意味はどれも似たようなもので「ちょっとだけど役に立てて嬉しいよ」。 「微力ながら」「ささやかながら」といった表現は謙遜のフレーズ。 「自分のしたことは大したことじゃないよ」みたいなニュアンスで使われます。 単に「お役に立てた、よかった、よかった」とするとなんか傲慢なヒトだと思われる可能性があるので、このような謙遜のフレーズを前にもってくると好感度UP。 貴重なお時間をいただき誠にありがとうございました 「ご教示いただきありがとう」だけじゃない、お礼ビジネスメールに使える敬語フレーズ• 例文「先日は打ち合わせに際して貴重なお時間をいただき、誠にありがとうございました」• 例文「本日はご多忙にもかかわらず貴重なお時間をいただき、誠にありがとうございました」 意味はどれも似たようなもので、「(打ち合わせに際して)貴重な時間をもらってありがとう」。 ここで「いただく」は「もらう」の謙譲語です。 時間を打ち合わせに割いてもらったことに対するお礼であり、相手が忙しかろうとヒマであろうと使える、気づかいの敬語フレーズです。 またビジネスメールや文書・手紙では「昨日・先日・先般」のようなフレーズが好まれます。 先日はご足労いただきありがとうございました 「ご教示いただきありがとう」だけじゃない、お礼ビジネスメールに使える敬語フレーズ• 例文「先日は打ち合わせに際してご足労いただき、誠にありがとうございました」• 例文「本日はご多忙にもかかわらずご足労いただき、厚くお礼申し上げます」 意味はどれも似たようなもので「(打ち合わせに際して)わざわざ来てもらってありがとう」。 ここで「ご足労」は「わざわざ足を運ぶこと」の意味であり、「いただく」は「もらう」の謙譲語です。 相手がわざわざ来てもらったことに対するお礼であり、ビジネスメールでは気づかいの敬語フレーズとして挨拶文のひとつとして使われます。 本来であればこちらから伺うべきところご足労をおかけし、大変申し訳ございません 「ご教示いただきありがとう」だけじゃない、お礼ビジネスメールに使える敬語フレーズ• 例文「本来であればこちらから伺うべきところご足労をおかけし、大変申し訳ございません」• 例文「本来であればこちらから伺うべきところご足労をおかけし、大変失礼いたしました。 改めてお詫び申し上げます」 意味はどれも似たようなもので「(打ち合わせに際して)わざわざ来てもらって申し訳ない」。 ここで「ご足労」は「わざわざ足を運ぶこと」の意味であり、「かける」は「迷惑をかける」でつかう「かける」とおなじ意味です。 ご足労いただきありがとう! という感謝の気持ちよりも「わざわざ来てもらって申し訳ない」という意味で使うため、相手の立場が上だったときに使われます。 たとえば私は営業をしているのですが、フツーなら営業が訪問するべきなのに顧客がわざわざコッチに来るときがあります。 そんなときに「こちらから訪問すべきなのにご足労をかけました…すみません」のようなニュアンスで使います。 相手がわざわざ来てもらったことに対するお礼というかお詫びであり、ビジネスメールでは気づかいの敬語フレーズとして挨拶文のひとつとして使われます。

次の

「ご回答ありがとうございます」の敬語・ビジネスメールの言い方

ご 教示 ありがとう ござい ます

この記事の目次• ご教示いただきありがとうございます の意味 「ご教示いただきありがとうございます」は「教えてもらいありがとう」という意味。 なぜこのような意味になるのか? そもそもの意味と敬語について順をおって解説していきます。 ご教示の意味は「教えること」 「ご教示」の意味は「教えること」「教え示すこと」 「ご教示」のもととなる単語は「教示」であり謙譲語「お(ご)~いただく」をつかって敬語にしています。 ご教示いただき~の意味は「教えてもらい~」 「ご教示いただき~」の意味は「教えてもらい~」 「いただく(頂く)」は「もらう」の謙譲語。 すると意味は「教えてもらい~」と解釈できます。 「ご利用いいただく=利用してもらう」「ご指導いただく=指導してもらう」などのようにして使われる語とおなじ意味。 上司・目上・ビジネスメールに使うフレーズとしてはとても丁寧で好感がもてますね。 ここで「ご教示」の「ご」の部分は向かう先を立てるために使う敬語であり謙譲語の「お(ご)」です。 余談ですが尊敬語にも「お(ご)」の使い方があり混同しがち。 「ご教示いただきありがとうございます」の意味は「教えてもらい、ありがとう」• 教示 = 教えること• すると「ご教示いただきありがとうございます」の意味は… 「教えてもらい、ありがとう」 のように解釈できます。 ご教示いただきありがとうございます の使い方 つづいて「ご教示いただきありがとうございます」の使い方について。 ビジネスシーンではとくに、質問や問い合わせメールにたいして返信がきたときのお礼として「返信の返信メール」に使います。 書き出しのお礼に使うとよいでしょう。 使い方「問い合わせした時のお礼返信メール」 「ご教示いただきありがとうございます」はとくに質問メールに相手が返答してくれたときの、書き出しのお礼に使います。 といってもほとんど決まりきった使い方しかしません。 たとえば、• 例文「早速ご教示いただきありがとうございます」• 例文「お忙しいところご教示いただきありがとうございます」• 例文「ご多忙のところご教示いただきありがとうございます」 のようにしてビジネスメールに使うとよいでしょう。 「ご教示いただき vs ご教示くださいましてありがとう」の違い ここで少し横道にそれます。 「 ご教示いただきありがとうございます」と似たような表現には 「 ご教示くださいましてありがとうございます」 これって何が違うのでしょうか? 敬語・意味の違い まずは敬語と意味の違いについて。 とくに色づけした部分についてよくご確認を。 「まして」の部分は丁寧語「ます」+接続詞 色づけしたところが主に違います。 どちらも同じように使える ということで、 「ご教示いただく=教えていただく」なのか「ご教示くださる=教えてくださる」なのか、という点において違いますが丁寧さとしてはまったく同じです。 また、 「 ご教示いただきありがとうございます」「 ご教示くださいましてありがとうございます」はどちらも結局のところ、お礼を述べているわけであってどちらも同じように使います。 おっさん営業マンの経験値であり、本来でしたらどちらも同じように使えます。 「いただく」vs「くださる」の使い分け せっかくですので「いただく」「くださる」の違いを例文で考えてみます。 たとえば結び・締めに使う「お願い」するときのシーンを考えましょう すると… 「ご容赦 くださいますようお願い致します」 「ご容赦 いただきますようお願い致します」 「ご教示 くださいますようお願い致します」 「ご教示 いただきますようお願い致します」 「ご検討 くださいますようお願い致します」 「ご検討 いただきますようお願い致します」 こんな敬語フレーズをよく使います。 実はこれらは「くださる」を使うのが一般的です… 「いただく」としても丁寧ではありますが… ところが、たとえば何かをもらった時のお礼のシーンを考えます。 「たいそうな お品をくださりありがとうございました」 「たいそうな お品をいただきありがとうございました」 もうひとつ、 「いつも ご利用 くださりありがとうございます」 「いつも ご利用 いただきありがとうございます」 上記の例文はどれも敬語としては正しい使い方。 ただ圧倒的に「いただき〜」とするほうが多いですね。 本来でしたらどれも丁寧な敬語であり同じように使えます。 「ご教示」「ご教授」の意味と違い ふたたび横道にそれます。 「 ご教示」と似たようなフレーズには「 ご教授」がありますが…これって何が違うのでしょうか? それぞれの基本となる意味をまとめると、• 「 ご教示」の意味:(何かを)教え、示すこと• 「 ご教授」の意味:(学問など専門的なことを)伝え、教えること となりますので、教えることの内容によって「ご教示」と「ご教授」とを使い分けます。 たとえば、• 敬語の使い方を専門的に教えてほしい時には「 ご教授ください」• 東京駅までの行き方を尋ねたければ「 ご教示ください」 を使えばいいということになります。 ビジネスシーンでは「ご教示」をよく使う ビジネスメールでよく使われるのは 「 ご教示」の方ですね。 これはビジネスシーンで知りたい内容が芸術や学問ではないためです。 ちなみに「ご教示」はビジネスメールで使われることがほとんどで、会話ではもっとシンプルな表現「教えて頂きたいのですが…」「教えていただけますか?」などを使います。 いっぽうで学生が先生に質問するのであれば 「 ご教授」を使うのが正しい、ということになります。 「ご教示」のいろいろな使い方・例文 あとは「ご教示いただきありがとうございます」だけでなく、いろいろ使える「ご教示」の例文を紹介しておきます。 問い合わせビジネスメール結びに使う「ご教示」 お礼シーンだけじゃない「ご教示」の使い方。 おもに問い合わせや質問をともなうビジネスメール結び締めとして使います。 取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使えます。 たとえば、• 例文「ご教示くださいますようお願い申し上げます」 意味は「教えてくれるようお願いします」• 例文「ご教示のほどお願い申し上げます」 意味は「教えてくれるよう、どうかお願いします」• 例文「ご教示いただければ幸いです」 意味は「教えてもらえたら嬉しいです」• 例文「ご教示いただきたく存じます。 何卒よろしくお願い致します」 意味は「教えてもらいたいと思います」• 例文「ご教示いただければと存じます。 何卒よろしくお願い致します」 意味は「教えてもらえたらと思います」 のようにして質問すると丁寧です。 「ご教示いただければ幸いです」がもっとも丁寧な敬語であり、あとはほぼ等しいレベル。 具体的にはたとえば、就職活動で企業に問い合わせするビジネスメールのとき。 「このたびは今年度の新卒採用予定の有無について伺いたく、連絡いたしました。 もし貴社にて新卒採用のご予定がおありでしたら、応募したいと考えております。 お忙しいところ大変恐れ入りますが、 ご教示くださいますよう何卒宜しくお願いいたします。 」 みたいにメール結びとして使えます。 まぁ、ようするに「教えてね!よろしく」という意味なのです。 依頼・お願いのビジネスメール結び締めに使うフレーズであり決まりきった使い方のみ。 「お願い申し上げます=お願い致します」 ところでビジネスシーンでは、 「ご教示くださいますようお願い申し上げます」としても丁寧ではありますが… 「ご教示くださいますよう お願いいたします」「ご教示くださいますよう お願い致します」と言い換えすることもできます。 また「どうか」という意味の「何卒(なにとぞ)」をつかい、 「ご教示くださいますよう 何卒よろしくお願い申し上げます」 あるいは「お願い申し上げます」とおなじ意味の「お願い致します」をつかい、 「ご教示のほど 何卒 よろしく お願い致します」としても丁寧です。 頭の片隅にいれておきましょう。 前置きに気づかいのフレーズを! 「ご教示」の前置きに気づかいのフレーズを使うとより丁寧な印象のメールとなります。 たとえば以下のようなフレーズがあります。 恐縮=申し訳なく思うこと 「お忙しいところ恐縮ではございますがご教示〜」 「お忙しいところ大変恐縮ではございますがご教示〜」 「たびたび恐縮ではございますがご教示〜」• 恐れ入る=申し訳なく思う 「お忙しいところ恐れ入りますがご教示〜」 「お忙しいところ大変恐れ入りますがご教示〜」 「たびたび恐れ入りますがご教示〜」• お手数=お手間 「お忙しいところお手数お掛けしますがご教示〜」 「お忙しいところ大変お手数ではございますがご教示〜」• 勝手を申し上げる=自分勝手を言う 「誠に勝手を申し上げますがご教示〜」 「ご教示」を使ったビジネスメール例文【全文】 最後に「ご教示」を使ったビジネスメールの例文を挙げていきます。 目上の方や取引先に対して使える文章にしていますので、ご参にどうぞ。 人事部・ノマドです。 早速ご教示いただきありがとうございます。 それではご教示いただいたとおり、今回の研修費用は会計コード「831:雑費」として処理いたします。 よろしくお願い致します。 (株)転職・ノマドです。 ご多忙のところご教示いただき感謝申し上げます。 大変恐れ入りますが追加でもう一点、確認させていただきたく存じます。 ウェブサイトには「返品不可」との記載がありましたが、商品に欠陥があった場合にはいかがでしょうか。 たびたびお手数ではございますが、 ご教示いただけますと幸いです。 よろしくお願い致します。 私、現在就職活動をしております、就活大学・就活学部の就活一郎と申します。 この度は、今年度の新卒採用予定の有無について伺いたく、連絡いたしました。 もし貴社にて新卒採用のご予定がおありでしたら、応募したいと考えております。 お忙しいところ大変恐れ入りますが、 ご教示くださいますよう何卒宜しくお願いいたします。 2 申します=言うの謙譲語「申す」+丁寧語「ます」 3 お忙しい中=忙しいとは思うのだけど…の意味。 相手を気づかうために使うと好感がもてる。 参考となる書き方:• 突然のご連絡、大変失礼をいたします。 株式会社就活・開発担当の就活と申します。 この度は貴社ホームページを拝見し、連絡を致しました。 さて首記の件、貴社製品を以下の用途へ適用検討しております。 お忙しい中恐れ入りますが、 ご教示くださいますよう、何卒よろしくお願い致します。 2 申します=言うの謙譲語「申す」+丁寧語「ます」 3 お忙しい中=忙しいとは思うのだけど…の意味。 相手を気づかうために使うと好感がもてる。

次の

2泊3日北海道旅行!

ご 教示 ありがとう ござい ます

丁寧にご教示頂き、ありがとうございます。 申し訳ないのですが、もう少し?質問させてください。 薬師寺、唐招提寺、法隆寺でしたら、これはぜったいみたほうがいいお寺ってありますか? ご自身がいかれるとしたら、 東大寺、興福寺、春日大社にプラス薬師寺、唐招提寺。 」「または東大寺、興福寺、春日大社プラス法隆寺のみ。 ご案内していただきましたお店にいってみますね。 観光はご提案していただいたプランでいくつもりでいます。 駅まで車で迎えに来てくださいまして帰りも駅まで送ってくださいました。 バスに乗らずによかったです。 失礼いたします。 夜行バスで来られるのでしたら、それほど荷物も多くないと思います。 コインロッカーは京都駅にたくさんあります。 300円タイプと500円タイプです。 そのほうが奈良観光の時間もたくさんとれます。 唐招提寺は6月の鑑真和上像と東山魁夷先生の絵画の公開のときはおすすめなのですが。 京都、奈良の観光地自体がごった返すことはありませんが、道路もあちこちで渋滞しますし電車も混雑します。 お値段が少し張る料亭でしたら「和ごころ 泉」。 リーズナブルなところでしたら、四条烏丸から北に5分ほど歩きますと京都文化博物館があります。 博物館には入場料無料で入れるフリースペースがあり飲食店が並んでおります。 夜遅くまであいております。 「鳥やさ あざみ」「有喜そば」などお手頃で京都で名前の通ったお店があります。 博物館の近くにはおばんざい、湯葉の「亀甲屋」(ご予算3~4000円)、おばんざいバイキングの「万菜はせがわ」(ご予算1800円)などもあります。 モーニングは「イノダコーヒー」、本店と四条店があり、四条店のほうがリーズナブルです。 濃いめで香り高いコーヒーがお好きでしたら「高木珈琲」がおすすめです。 (四条烏丸交差点から南へ徒歩5分です。 庭園は京都でも指折りの名園です。 御参考になれば幸いです。

次の