プロテイン メリット。 初心者でもわかるプロテインのメリットと注意点を詳しく解説!

ソイプロテインの効果とデメリット!飲み方や飲むタイミングも徹底紹介

プロテイン メリット

朝食の代わりにプロテインを1年間飲み続けた感想 1. 朝食の代わりにプロテインだけで健康に影響はない? 世の中には、朝に食事をしっかりとったほうがいいという見解も多いですが、個人的には朝食はたんぱく質を補給するだけでいいと思っています。 なぜならば、人類600万年の歴史において、何不自由なく朝にご飯が食べられるようになったのは、ここ数百年の話だからです。 たぶん、数百年前には、肥満や生活習慣病の人なんて、金持ちの人くらいだったんじゃないですかね。 だから、朝は睡眠中に失われたたんぱく質を補給するくらいで十分だと思います。 実際、私は朝食の代わりにプロテインを飲みに続けていますが、健康的には今のところ問題ありません。 会社の健康診断でもオールAですよ。 朝食の代わりにプロテインを飲むメリットとは? 以下の3つのメリットを実感しています。 体脂肪を落とすことができる• 食欲を抑えることができる• 朝食を用意する手間がない 1-1. 体脂肪を落とすことができる プロテインのカロリーは、1杯で約150kcalなので、カロリーコントールがしやすいというがあります。 しかし、それ以上に、人間のカラダは飢餓状態になると、脂肪をエネルギーにしようとする働きがあります。 そのため、朝食になにも食べずにプロテイン1杯だけにすることで、空腹期間を作り出し、脂肪の燃焼を促進させることができます。 この仕組みによって、体脂肪が落としやすくなります。 関連記事: 1-2. 食欲を抑えることができる 「朝食にプロテインだけでは、仕事中にお腹が空いてしまうのでは?」 そう思うかもしれませんが、実際にはそんなことはありません。 なぜならば、プロテインには食欲を抑える働きがあるからです。 実際に体験してみれば分かるのですが、朝にプロテインを1杯飲んでおけば、昼食までにお腹ペコペコで集中力が続かない、ということはありません。 むしろ、胃が消化するパワーがいらないので、集中力も上がったのような気さえします。 1-3. 朝食を準備する手間がない シェイカーに粉を入れて、水道水を加えて、振るだけなので、何もやる気が起きない朝でも続けることができます。 洗い物もシェイカーだけなので、飲み干したらスポンジでささっと洗って、シンクにでも立てかけておけばOKです。 この手軽さは病みつきになりますね。 関連記事: 3. 朝食の代わりにプロテインを飲むデメリットとは? ひとつあるとすれば、腸内環境が悪くなる可能性があることです。 たんぱく質の過剰摂取は、腸内環境を乱れさせると言われています。 実際に、便が黒っぽくなり、においがきつい時期がありました。 これは、おそらくたんぱく質の過剰摂取によって、消化しきれなかったたんぱく質が腐敗物となったのだと思います。 ただ、この問題は、食物繊維が豊富な野菜ときのこ類の食べる量を増やすことで解消されました。 プロテインはあくまで補助食品なので、、昼食と夕食ではしっかりと栄養のある食べ物を食べることが重要です。 朝にプロテインを飲む生活をするなら、しっかりと栄養バランスのとれた食事ができるように、夕食は自炊をすることをおすすめします。 忙しければ、週末の作り置きがおすすめですよ。 関連記事: プロテインはリミテストがコスパ最強 「ザバス」、「マイプロテイン」、「ゴールドスタンダード」など、いろいろとプロテインを試してきましたが、リミテストの「」が一番のお気に入りです。 「」を気に入っている理由は4つあります。 3kgで5,000円と圧倒的に値段が安い• 1食で27gのたんぱく質が含まれている• 人工甘味料などの添加物が含まれていない• 水溶けがよく、プレーン味でもスッキリと飲みやすい 値段とたんぱく質の含有量について、人気の「ゴールドスタンダード」と「マイプロテイン」と比較してみました。 商品 1kgの値段 たんぱく質量 1,666円 27g 5,000円 24g 2,800円 24g 1kgあたりのコストでも、たんぱく質の含有量でも、リミテストが勝っていることが分かります。 また、甘くておいしいプロテインには、人工甘味料が使われているため、健康被害のリスクは捨てきれません。 しかし、リミテストの「」はプレーン味で、人工甘味料などが入っていない無添加プロテインです。 そのため、安心して飲み続けられると思います。 最後に 朝食の代わりにプロテインをだけ1年間飲み続けた感想について紹介しました。 当記事をまとめます。 人類の歴史を振り返れば、朝食になにも食べないことは普通だから問題なし• 朝食をプロテインだけにすることで、食欲を抑え、体脂肪を減らすことができる• プロテインの飲みすぎは腸内環境の悪化につながるため、野菜を積極的に食べる• リミテストの「」は、3kgで5,000円と格安で帰る高コスパのプロテイン 「朝食を用意するのがめんどくさい!」 「体脂肪を簡単に落としたい!」 そんな人には、「朝食はプロテイン1杯だけ」という選択は大いにありだと思います。 リミテストのプロテインなら、1ヶ月で1,500円ほどなのでコストメリットも大きいですよ。

次の

プロテインとは何!?飲むメリットを徹底解明!【永久保存版】|YURUOKA

プロテイン メリット

ボディメイクをするためには運動と食事どちらの要素が欠けてもうまくいきません。 そしてプロテインは筋トレやダイエットに絶対必要です。 プロテインが身体に与える影響やなぜプロテインがトレーニーやダイエッターに必要なのかを理解し、健康な身体、効率の良いボディメイクが目指しましょう! 筋トレする人だけがプロテインを飲むものだと思われがちですが、ダイエットしたい人にもプロテインはとても大切です。 今回はこの記事の中でこの5つのことに触れていき、 できるだけ分かりやすく説明していきます。 プロテインとはなにか?• 一日どれくらい取るべきなのか?• どのタイミングで取ればいいのか?• 毎日取ったほうがいいのか?• プロテインに対する誤解• プロテインとは一体何か? プロテインとは英語でたんぱく質のことです。 なので、みなさんが想像している粉状のものは海外ではプロテインパウダーとかプロテインシェイクと呼びます。 たんぱく質(プロテイン)は三大栄養素(たんぱく質、糖質、脂質)の一つで人が生活するうえで最も需要な栄養の一つです。 たんぱく質は肌や髪の毛などすべての細胞、ホルモンなど神経伝達物質構成する 大切な栄養素です。 もしたんぱく質を不足すると、肌が荒れたり、髪の艶がなくなったり、集中力が欠如したりもします。 ですので、 筋トレしていない人にもとても重要な栄養素になります。 また、 人の身体は栄養素の中でたんぱく質(アミノ酸)からしか筋肉は作れません! だから筋トレをしている人はプロテインを毎日毎日一生懸命飲んでいるのです! たまに 脂肪が筋肉に代わるという人がいますがそれは絶対あり得ません。 なぜなら、筋肉(アミノ酸)と脂肪(グリセロールや脂肪酸)が全く違う物質だからそれが化学変化するなどあり得えません。 例えるなら木から金を作るようなものです。 そんな錬金術ありえませんね 笑 草食動物は草だけを食べて筋肉をつけているじゃないか!と思う人がいるかもしれませんが、草食動物は特殊な微生物が体内におり、その 微生物が草の中に含まれている僅かなアミノ酸(たんぱく質)を分解し、別のアミノ酸に合成させながら増殖させ効率よくたんぱく質を吸収できます。 またベジタリアンでも植物性のたんぱく質もあるのでしっかりとたんぱく質を取ることができます。 だから私の場合なら一日当たり体重75kgなので150gのたんぱく質を目標にとります。 私は学生時代 お金がなく、あまりプロテインを飲まずに筋トレをしていましたが、 その期間はトレーニングを頑張っているにも関わらず全然成果が得られませんでした。 さらに 一回の摂取で48g以上のたんぱく質を摂取してもそれ以上の効果が見込めないと言われています。 筋肉をつけたいからといってもプロテインをたくさん飲んだからといっても意味がありません。 1回でのたんぱく質の摂取は20~30gが推奨されています。 また 3~4時間おきに食事、またはプロテインでこの量のたんぱく質を取ることで効果的に吸収します。 プロテインをとるベストのタイミング 朝食の前、 トレーニングの前もしくは後、寝る前が最も効率の良いプロテインをとるタイミングになります。 朝食の前にプロテインを摂取するメリット 朝起きたときは、前日の夕食からかなりの時間が空いているため、人の身体は水分や栄養がかなり不足している状態になります。 朝食前にプロテインを飲むとしっかりと栄養を取ることができます。 また、 プロテインは高たんぱく食のため、食事の前に取ることで血糖値が急激に上がるのを抑えるた め、 糖分を脂肪に溜める働きを抑え、ダイエットにも繋がります。 朝食がしっかりバランスの良い食事ができる方は、朝食に取らずに食事の時間が長く空くタイミングに間食として取ると効果的です。 トレーニングの前、もしくは後に摂取するメリット トレーニングの前にしっかり食事がとれていない人や、食事からかなり時間が空いた人はトレーニング30分前にプロテインを飲んでください。 運動中に身体に栄養がないと筋肉はどんどん分解されるため、運動が逆効果になります。 プロテインを飲むことで筋肉の分解を抑え、さらに成長を促進します。 もし、トレーニング前にしっかりと食事が取れていないなら、運動後の30分以内にプロテインを摂取してください。 運動直後はゴールデンタイムと呼ばれ、最もたんぱく質の吸収がいいと言われています。 しかし、 もしトレーニング前にしっかり食事できているなら、その栄養がまだ体内で合成が続いているので慌ててプロテインをとる必要はありません。 睡眠前にプロテインを摂取するメリット 睡眠前の30分から1時間前にプロテインを摂取しましょう。 睡眠直前になると胃に負担がかかるので良くないです。 睡眠時は多くの成長ホルモンが出ます。 この成長ホルモンは筋肉の成長を助け、睡眠前のプロテインはこの成長ホルモンの働きを助けます。 また睡眠をすると6~8時間ぐらい何も栄養が取れない状態が続くため筋肉の分解に繋がるため、プロテインをとることでそれを防ぐことができます。 プロテインは毎日取ったほうがいいのか? はい!毎日取ったほうがいいです! トレーニングした日にしかプロテインを飲まない人がいますが、トレーニングをしていない日でも体重あたり2gたんぱく質を取ることをおすすめします。 なぜなら、 筋トレをしたら48~72時間かけて筋肉は回復し続けるので、その間もプロテインを取ることでその栄養は筋肉の回復や成長を促進させます。 プロテインは身体に悪くない!むしろ積極的に取っていくべき! たまにプロテインは身体に悪いと思われている方がいますが、それは大きな間違いです。 またプロテインとステロイドを混同してる人がいますが全く違います。 ステロイドは筋肉増強剤の一種で薬品になります。 上で説明したように プロテインはたんぱく質という意味で、大事な三大要素の一つです。 また プロテインは牛乳や大豆などから抽出してあるので食品と変わりません。 だからもちろん 副作用などはありません。 とりすぎはもちろんよくありませんが、それはたんぱく質だけに言えたことではないですよね。 水を取りすぎても人は死にます。 笑 プロテインを積極的に飲んだほうがいいメリットは• カロリーを抑えられること• お金を節約できること もし150gのたんぱく質を食事だけで取ろうとすると 牛肉の場合だいたい 100gで20gのたんぱく質です。 だから牛肉750gを食べる必要があります。 部位にもよりますが。 750gの牛肉を食べると2600カロリー摂取してしまいます。 男性の平均の消費カロリー2100をはるかに超えてしまいます。 またこれだけのお肉を食べるとなかなかのお金を使いますよね。 プロテインの場合1杯 25g 100円前後です。 また プロテインの場合たんぱく質25gで120カロリー前後 になります。 プロテインは低コスト低カロリーでたんぱく質がとることができます。 また、 プロテインは高たんぱく質の食品なので血糖値をあげにくいため腹持ちがよく、さらにカロリーも低いので、おなかがすいた時の間食や食事に置き換えるなどして ダイエットにもとても効果的です。 私 は小腹がすいたときなどはプロテインバーを食べています。 腹持ちもよくしっかりたんぱく質もとれるので減量のときも増量のときも重宝しています。 プロテインシェイクと違って食感があるから満足感もあります。 お菓子ほどとはいいませんが、けっこうおいしいです! まとめ 今回のポイントは 筋肉はたんぱく質でしか作れないから積極的にプロテインを飲んでたんぱく質を補う! 体重 ㎏ あたり1. 5~2gのたんぱく質を摂取するようにする! 朝、トレーニング前もしくは後、寝る前の3回がベストなタイミング! ト レーニングをしてない日でも 筋肉は回復のためにプロテイン必要! になります。 もし筋トレやダイエットをしているならプロテインをとらないと損ですね。 食事は身体を作るにはトレーニング以上に大切です。 しかし、多くの人がないがしろにしがちです。 プロテインについてしっかり理解して効率のいい身体づくりをしましょう! たんぱく質だけではなく食事や栄養学についてもまとめています。 詳しいダイエット方法も書いてあるで気になる方はこちらもチェック!. コロナの影響もあり、オープンが1ヶ月以上延期になったり、なかなか情報解禁が出来ないなどいろんなことがありましたが無事オープンが決定しました!. 前職を3月に退職しましたが、そこでトレーナー、社会人として多くのことを学び、経験し、そのおかげで新しいスタートを切ることができました!. 自分にとって、いろんなことが初めて尽くしでチャレンジングなことばかりですが、鹿児島の田舎者が渋谷という街でトレーニング、カルチャーを多くに人に発信していきます!. また同時にクラウドファンディングも行います!!. 僕たちはトレーニングだけではなく、カルチャー、ライフスタイルを世の中に提供していきます!!. コロナにより生活が一変してしまいました。 少しだけ元気がないこの世の中を少しでも明るくなるようにとプロジェクトを始めました!. 自分の人生で切っても切れない運動やスポーツ 通して、1人でも多くの人をハッピーになって貰えれば嬉しいです!.

次の

プロテインかBCAAどっち買う?目的で選ぶ【迷ってる人】

プロテイン メリット

・野暮ったい ・マズイ ・太る もちろん、いいイメージを持っているという人もいるかと思います。 ですが、マイナスなイメージを抱えている人も多いのではないでしょうか。 ゴリマッチョやアスリートが肌身離さず持ち歩いてれば野暮ったいイメージもしょうがないとは思いますがねw 今日では、まずいプロテインの方が珍しい時代です。 おいしいフレーバーばかりです。 だからといって何杯も飲んだら、 確実に太りますw しかしメリット・デメリットをしっかり理解し、効果的に使用できれば、野暮ったいイメージが180度変わるクリエイティブな飲み物に変わります。 きっと、あなたのボディメイクに欠かせない存在になることでしょう。 ということで今回は、プロテインの基礎知識から注意点・効果的的な摂取法まで、徹底解説しました。 是非最後までご覧ください! 語源 プロテイン protein は日本語ではタンパク質と訳されます。 プロテインと聞くとサプリメントと認識しがちですが、意味はタンパク質なので肉も魚も納豆もプロテインということになります。 語源は古代ギリシャのことばで「プロテイオス」で、意味は「もっとも重要なもの」だそうです。 タンパク質と聞くと、とても身近な存在だと思いませんか?ご存知の通り、三大栄養素の一つで身体を構成する栄養素の一つです。 主に筋肉を作る働きをします。 プロテインの働き プロテイン(タンパク質)は、多くアミノ酸が結合して構成されています。 体内に吸収されたプロテイン(タンパク質)は、時間をかけて小さなアミノ酸に分解されます。 分解されたアミノ酸は、筋肉の修復に使われます。 ただし、 アミノ酸同士が結合されたペプチドといわれる状態になることもあります。 そのときに、分解されたアミノ酸よりも、アミノ酸同士で結合したペプチド状のタンパク質が免疫力アップなどの好影響を与えます。 摂取タイミング プロテインの働きを踏まえると、摂取タイミングはトレーニング終了後が適切だと理解できると思います。 簡単に言ったら筋組織の修復(超回復)するときにタンパク質が必須になってくるわけです。 そのため、 トレーニング後45分以内 はプロテインを飲むゴールデンタイムと言われています。 摂取量の目安 厚生労働省「日本人の食事摂取基準2015」によると、一日あたりのタンパク質平均必要量は成人男性で50g、成人女性で40gと定義されています。 可能であれば成人男性は60g、成人女性は50g摂ることを勧めています。 また妊娠中の方、成長期の子どもなどでは必要な摂取量がまた異なってきます。 興味がある人は、自分の一日のタンパク質摂取量を調べてみてください。 カロミルというアプリがわかりやすいです。 タンパク質の過剰摂取になると使われることがなくなってしまいますので太るといわれています。 しかし、アスリートは 体重の2倍のタンパク質を摂取しないといけないといわれています。 そうなると、普通の食事では補うことが出来ません。 そのため、プロテインなどの栄養補助食品が大切になってきます。 プロテインの種類 ホエイプロテイン ホエイとは、牛乳を原料とする乳清タンパクを指します。 特徴は、 吸収がとても速いということ、必須アミノ酸の含有率がよいということ。 王道でスタンダードなプロテインです。 吸収の速さをいかしトレ後のゴールデンタイムに必須です。 これを飲んで置けば間違いないです(笑) カゼインプロテイン カゼインは、ホエイと同じく原料は牛乳ですが製法が違うため効果も異なります。 特徴は、 吸収スピードが遅いということで寝る前に飲むことがおすすめされます。 寝ている時間に、ゆっくり吸収されていくので寝ている間のカタボリックを防ぐことが出来ます。 ソイプロテイン ソイプロテインは、名前の通り大豆などから作られています。 主成分が、植物性たんぱくのため健康志向向けのプロテインです。 カゼインよりも、吸収スピードが遅いのが特徴。 脂肪が少ないため、ヘルシーなプロテインといえるでしょう。 注意点 たくさんのメリットがある、プロテインですが気を付けなければいけないことも。。。 ・過剰摂取に気をつけろ ・飲むタイミング、使い分け 過剰摂取については上でも書きましたが、減量中の人や普段運動をしない人は飲みすぎに注意です。 ボディメイクするつもりが返って逆効果になってしまう場合があります。 飲むタイミング、使い分けもできればしたほうがいいです。 大体は、ホエイでカバーできてしまうんですけどね。。。 (笑)トレ後にカゼインを飲むよりはホエイ飲んだほうがいいってことです。 寝る前はカゼインにするといった感じです。 まとめ プロテインについて解説しましたが、たくさんのメーカーがプロテインを販売しています。 たくさんのプロテインを飲むというのもモチベが上がる理由になったりします。 いろいろ試してみてください! おすすめプロテインはこちら.

次の