ポケモン剣盾シャンデラ育成論。 【剣盾】HC振りチョッキアシレーヌについて【育成論】

【剣盾】HC振りチョッキアシレーヌについて【育成論】

ポケモン剣盾シャンデラ育成論

そこで、クッション役のタイプヌルを繰り出し、後攻とんぼがえりでアイアントを着地させるヌルアント構築が増えている。 また、スカーフ持ちに対してS操作技を撃つことで素早さ関係の逆転も狙える。 努力値はAS全振り この型は、はりきりの火力とアイアントの素早さによって成り立っている。 細かな調整の結果火力と素早さが足りなくなっては無意味なので、努力値はASに振り切ろう。 ダイマックスとはりきりが相性抜群 特性「はりきり」は、攻撃が1. 5倍になる代わりに命中率が下がる効果。 ダイマックス時は攻撃が必中になるので、「はりきり」のメリットだけが残る。 いのちのたまの強化も合わさり、強力な高速アタッカーに変貌するぞ。 様々なタイプに抜群を取れるため見れる相手が多く、持ち前の火力で物理受けも押し切ることができる。 立ち回りの不安要素もある 強力な型だが、 ダイマックス前提運用なのがデメリット。 アイアントの主流の型で読まれやすく、3ターン経つと命中不安のアイアントに戻ってしまう。 環境に多い炎技が4倍弱点でもあるので、選出の判断は慎重に行おう。 スカーフ持ちで最速アイアントを抜き、先制の炎技などでワンパンするのが最もおすすめだ。 タイプヌルがいる場合は別方面で対策 タイプヌルと組み合わせたヌルアント構築の場合、スカーフ持ちでの対策は難しい。 タイプヌルはでんじはやこごえるかぜを持っているため、単純に素早さで上回るだけでは対策として不十分だ。 トリルで素早さを逆転する トリックルームはヌルアントコンボにかなり有効。 とんぼがえりに合わせて使用することで、アイアントを出されてもであいがしら以外で先制されなくなる。 シャンデラはダイバーン連打でタイプヌルにも勝てるので、1体でヌルアントをスムーズに対策可能。 炎技を当てれば倒せる アイアントは炎が4倍弱点なので、当てれば一撃で倒せる。 ただし火力と素早さが非常に高いため、炎技持ちの全てのポケモンで相手をできるわけではない。 素早い炎ポケモンか、タスキ持ちで相手をしよう。 3ターン耐えることを考える はりきりアイアントの強さはダイマックスに支えられている。 そのため、3ターン耐えることができれば驚異度は一気に低下する。 とはいえ生半可な耐久力では押し切られるので、 主力のダイスチルを半減できるポケモンをぶつけよう。 ダイウォールでやり過ごす こちらもダイマックスしてダイウォールを使えばやり過ごすことができる。 変化技を覚えていればどのポケモンでも使えるのもポイント。 また、ある程度の貫通ダメージは受けるが、まもるやキングシールドでしのぐのも有効だ。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の

【ポケモン剣盾】サーナイト育成論 積みアタッカーのこの火力を見よ!

ポケモン剣盾シャンデラ育成論

シャンデラ いざないポケモン ガラルNo. 289 ぜんこくNo. 609 高さ 1. 0m 重さ• 3kg• けたぐり威力60 タイプ• 英語名• Chandelure タイプ相性による弱点• 5 0• 5 進化の流れ• 41で『ヒトモシ』から進化• 5倍になる。 /『ほのお』タイプの野生のポケモンと出会いやすくなる 第8世代から。 /『てもち』にいると、ポケモンのタマゴが2倍かえりやすくなる。 『ほのお』タイプには無効。 『ノーマル』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 ただし、技『のしかかり』『ふみつけ』『ドラゴンダイブ』『ハードローラー』『ハイパーダーククラッシャー』『フライングプレス』『ヒートスタンプ』『ヘビーボンバー』は必ず命中し威力2倍で受けるようになってしまう ヒートスタンプは第6世代以降、ヘビーボンバーは第7世代以降。 なお、ゴーストダイブは第6世代のみ。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 交代しても効果は続く。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『ほのお』タイプには無効。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 ただし、必ず先制できる技には無効。 もう1度使用すると元に戻る。 必ず後攻になる 優先度:-7。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 変化技を使えなくする レコ. 片方しか道具を持っていない場合も成功する。 自分と味方1体の位置を交代する。 ダブルバトル用。 なお、相手の道具を無効にする効果はない。 20 USUM〜BW ,ランプラー:Lv. 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 相手が『ねむり』状態の時だけ成功する。 最大102。 最大102。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 トレーナーもそのポケモンには道具を使えない。 『じめん』タイプの技が当たらなくなるが、それ以外の技が必ず命中するようになる。 ただし、一撃必殺の技は変化しない。 相手の持っている『きのみ』や『ノーマルジュエル』を使えなくする。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。

次の

【ポケモン剣盾】ガオガエンの育成論

ポケモン剣盾シャンデラ育成論

シャンデラの基本情報 タイプ・特性 タイプ ゴースト、ほのお 特性 もらいび ほのお技のダメージを無効化し、 ほのお技を受けると攻撃と特攻が1. 残りの努力値は特攻に252は確定で、余った20は無駄になりにくいHPに振るといいでしょう。 努力値を素早さに252振ると実数値が217になり、ほとんどのポケモンを抜くことができるので、自分の用途によって変更していくのもありです。 命中をとるならかえんほうしゃ、威力をとるならだいもんじを選ぶようにしましょう。 (両方採用するのもありです)。 よりダメージを与えたい場合はオーバーヒートもありですが、自分の特攻が2段階下がる点は留意しておきましょう。 シャドーボール タイプ一致技として採用。 相手の特防を下げる効果も優秀です。 エナジーボール みず、じめん、いわに対応することができます。 サイコキネシス かくとうやどくタイプに対応することができます。 与ダメージ計算 シャドーボール Cが252のシャンデラがシャドーボールを使った場合に、相手のポケモンを何発で落とせるか掲載しています。 かえんほうしゃ Cが252のシャンデラがかえんほうしゃを使った場合に、相手のポケモンを何発で落とせるか掲載しています。

次の