伝説 の お母さん 視聴 率。 伝説のお母さん(ドラマ)1話~最終回の視聴率【速報&推移】

【伝説のお母さん】ドラマ4話ネタバレあらすじ!杉浦太陽が勇者に?|ゆるぴっく

伝説 の お母さん 視聴 率

朝ドラ・大河に注目が集まりがちだが、NHKのドラマは結構ハズしてる?/写真 アフロ 大河・朝ドラ好調の陰で… 「3週連続2桁で好調キープ」「1. 8ポイントダウンで1桁に転落」 連日このようなドラマの視聴率を報じる記事が飛び交っているが、「なぜNHKのドラマは朝ドラと大河の視聴率しか報じられないの?」と疑問を抱いたことはないだろうか。 その理由に「NHKは公共放送だから」「スポンサーがいないから視聴率は関係ない」を挙げる声もあるが、ならば朝ドラと大河の視聴率記事も不要だろう。 報じられない最大の理由は、「朝ドラと大河以外のNHKドラマはあまり見られていない」から。 ネットメディアは、「『見られていないドラマの視聴率記事ではPVが稼げない』から報じない」というだけなのだ。 では、どれくらい見られていないのか? 今冬、NHKは週末の金曜・土曜に3作の新作ドラマを放送している。 金曜22時枠の『ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~』(シシド・カフカ主演)は、ハードボイルドな世界観で描く女探偵モノ。 土曜21時枠の『心の傷を癒すということ』(柄本佑主演)は、阪神大震災と精神科医の生き様を描いたヒューマン作。 土曜23時30分枠の『伝説のお母さん』(前田敦子主演)は、RPGをモチーフにした子育てコメディ。 どれも民放と同等以上に、時間、人、お金をかけて作られた力作だが、視聴率は『ハムラアキラ』が4. 8%、3. 0%、4. 1%、『心の傷を癒すということ』が6. 5%、5. 0%、5. 4%、4. 9%、『伝説のお母さん』が2. 5%、1. 3%に留まっている。 有料ドラマのような嗜好性の高さ テレビ視聴がしやすい金曜と土曜の夜であること、民放なら打ち切りレベルの超低視聴率であることを踏まえると、「NHKだから視聴率は関係ない」「今は録画で見る人が多い」という声は必ずしも正しいと言えないのではないか。 少なくとも、「何度も低視聴率を報じられ、酷評されている民放のドラマよりも見られていない」ことは確かだ。 3作はいずれも民放が手を出しにくいタイプの脚本・演出であり、それだけに作り手のこだわりと遊び心が詰め込まれている。 その制作姿勢は、意欲的と一人よがりが紙一重。 だから3作とも「刺さる人には深く刺さるが、刺さらない人には全く刺さらない」という作品になっているのだが、嗜好性の高さはWOWOW、Netflix、Amazonプライム・ビデオなどの有料ドラマに近いものがある。 事実ネット上には、「受信料を強制徴収して、一部の人しか見ないドラマに高い制作費を使うのはおかしい」「こういうドラマこそスクランブルをかけて受信料を下げるべきで、見たい人だけ有料ドラマのようにお金を払えばいい」。 さらには、「そもそもNHKがドラマを作る必要性を感じない」という不要論さえ散見される。 これらの声は、NHKのドラマや制作姿勢を全面否定しているわけではなく、折り合えるポイントを探す正論。 ネットの普及で「自分で見たいものを決めて見る。 それが有料ならお金を払って見る」という感覚が浸透しているだけに、受信料のシステムが変わらない限り、どんなに質の高いドラマを作っても支持を得るのは難しいのかもしれない。 当然と言うべきか、NHKもそれをわかっているからこそ、朝ドラと大河の両作は高視聴率にこだわることで、人々の支持を得ようとしている。 朝ドラと大河が高視聴率を獲れているうちは、他のドラマで質の高いもの、社会的意義の大きいもの、民放が制作できないものを手がけやすいからだ。 視聴率を狙いはじめたNHKドラマ しかし、現在の朝ドラ『スカーレット』と大河『麒麟がくる』の視聴率・評判はともに上々であるにも関わらず、この数週間『ハムラアキラ』『心の傷を癒すということ』『伝説のお母さん』を不要とみなす声が挙がっていた。 さらに、不要論の中には作品を見て酷評したのではなく、「まったく見ていない」「見たが5分程度」という人が少なくなかった。 もはや朝ドラや大河の高視聴率では、他のドラマが見られていないことへの免罪符にはならないのだろう。 NHKとしても、そんなムードを感じているからか、『ハムラアキラ』は視聴率が獲りやすく民放の主流となっている一話完結の事件解決モノで、原作は人気シリーズ小説だった。 『伝説のお母さん』も原作は人気漫画であり、RPGをモチーフにした深夜ドラマは『勇者ヨシヒコ』(テレビ東京系)という人気シリーズがある。 阪神大震災から25年の節目に制作された『心の傷を癒すということ』は別格だが、残りの2作は「視聴率がほしい」という本音が見えてくるようだ。 1年前に新設されてから、ゾンビ、腐女子、アイドル、ジャニーズ、RPGを軸に据えた作品を放送してきたことから、若年層狙いのドラマ枠であることは明白。 これは来たるネット視聴からの受信料徴収に向けた若年層に支持される番組作りの一貫だろうが、思うような結果は残せていない。 』『だから私は推しました』は「攻めている」と評判だったが、ここ2作の『決してマネしないでください。 』『伝説のお母さん』は漫画原作があり、ジャニーズWESTの小瀧望と元AKB48の前田敦子を主演に据えている。 言わば、「固定ファンの多い漫画と俳優で何とか見てもらいたい」という心境の変化が感じられるのだ。 NHKドラマに対する不要論は、受信料に対する反発をベースにジワジワと増えている。 もちろん各作品を楽しく見ている人もいて、彼らは擁護の声を挙げているが、それがいつまで続くかは不透明であり、手のひら返しで不要論に回ることもあり得るだろう。 そんな世の中のムードを少しでも変えるためには、圧倒的に低い視聴率をまずは民放レベルまで上げるとともに、制作費の圧縮・透明化で視聴者に健全さをアピールすべきではないか。 文:木村隆志 コラムニスト、テレビ・ドラマ解説者、タレントインタビュアー。 ウェブを中心に月20本強のコラムを提供し、年間約1億PVを記録するほか、『週刊フジテレビ批評』などの番組にも出演。 取材歴2000人超の著名人専門インタビュアーでもある。 1日のテレビ視聴は20時間(同時視聴含む)を超え、地上波全国ネットのドラマは全作品を視聴。 著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』など。

次の

【伝説のお母さん】ドラマ7話ネタバレあらすじ!SNSの感想や評判まとめ|ゆるぴっく

伝説 の お母さん 視聴 率

第7話。 だめだ、モブ君のダメ夫ぶりにもうイライラするやら呆れるやら…。 演じている中の人はお疲れ様です。 成りきりぶりが凄いです。 メイさんも泣きそうな顔で言い返さずに言葉を飲み込んじゃうし。 ああ、傍から見ていて、なんてめんどくさい夫婦…。 物語の前半と状況が変わってきたのは、仕事復帰したメイさんの方が元々のスペックが高くて、モブ君の劣等感やら「男の嫉妬」が入ってるんだよね。 こりゃ大変だ。 いや、そもそも二人は釣り合ってないし、結婚前後に取り決めとかをしてなかったのか、今も話し合いすらできないし…もう、こんな旦那捨てちゃえば? 笑 魔王のセリフがいちいち先進的でごもっともで、面白かったです。 国王の席に安倍首相が座っている絵ヅラをちょっと想像しましたw 魔王様と側近さん、もっと活躍の場があると期待したんですが、ラスト1回でどう始末をつけることやら. 泣いてる、どうしようって半分パニックになってる時に説明したじゃんとか言うほうが無理。 ドラマでも初回から言ってるよね。 やっと意味を理解したのか、とメイがモブに説明してやれよ。 とにかくメイとモブ、両方に問題がある。 おそらく2人が結婚したのはお互いに夫は仕事、妻は家事で価値観があってたからなんだろうな。 あと魔王。 ………国王になってくれ 伝説の魔法使い... って聞いたら優秀な強い魔法使いと思ってしまう。 つまり仕事のできる人!ってこと?でも、どこが伝説なのか、最後までわからなかった。 だから、魔王に共感して魔王の下で働きたくなる。 なぜ、かたくなに、あのバカな王様のもとにいるのかもわからないし、ぜんぜん役立つ魔法の使えないメイを持ち上げるのもうんざりする! 伝説といわれてるけど、実は無能で仕事できない女。 結婚して育児に専念してかまわないのに。 お前の代わりはいくらでもいるのに、仕事出来ない女に限って、職場での待遇がどーとか、女が家事、育児して当たり前で男は外で働く価値観は古い!何とかしないとって、鼻息荒い女に限って、本音は育児休暇とってくれて一線を退いてくれてホットしてる会社側 笑 色んな皮肉をコメディに込めてドラマにしてみましたって感じ。 仕事もたいしたことできない、家事や育児も普通。 それを、女は大変!って一人でワーワー騒いでるけど、あなた自信に問題はないのか?社会のせい、会社のせい、夫のせいにしてるけど、他者のせいにするのが得意な女達に問う!自己反省したことあるのか?って、 コメディドラマにしてオブラートに包んで、働く女性に喧嘩売ってんのか?皮肉たっぷりの場面もあるよね。 って、ドラマでした 笑 せっかく上がり調子だったのに、第7話でメイとモブ夫妻に呆れて、急に興味を失ってしまいました。 第8話は録画を飛ばし見でざっと見ましたが、きちんと見る気が起きない…。 魔王側でスピンオフを作ってくれないかな。 大地真央さんの魔王様がこれで最後とはもったいない。 早送り状態でラストまで見ましたが、もしかして続編って作る気だったり? まあ、視聴率が思わしくなくて前半を再放送したので、続編はないだろうなあ。 ちょっと寂しく思う自分の変わりように自分で驚くw ただ、結局モブ君がイクメン覚醒して、夫に預けて妻は仕事へ? 保育園に空きがない問題は…関係なかったような…? まあ、もう一度あらためて最終話を見直します。 そのままの流れで見ると、メイとモブが許せない。 なので一度は流し見、録画でじっくり見ました。 先ずモブがバカ正直に記録していた、育児日誌。 カボチャと人参のスープを さっちゃんに食べて 貰うための創意工夫とスプーン、日誌に着いたシミ 愚かで不器用な人間共の間抜け さが…ね。 何だか愛しくなって来るんだから不思議w 魔王さまの言霊攻撃も、独身セーブの誘惑も 結局はモブ抗体のお陰で解決ってどうか?と 正直思ったけども。 パーティを助けに来た勇者が魔王様の 『人間界を滅ぼす会グループ』にちゃっかり入って 情報筒抜けとか、最後の怖そうな煉獄の業火攻撃を メイ登場の遠足気分に邪魔されても待ってる魔王様 クウカイの思わず漏らした「あいつ 良いやつだ」 これに尽きるかと、魔王様が良心のあるいい魔王 なので汚れて欲望ばかりの愚かな人間が最強で 皮肉だけど、さっちゃんを授かったメイの勝ち。 まぁ人間界も少しは暮しやすくなったようだし。 有りがちな 母は強し。 最終回でも、魔王様の復活ばかり望んでしまうのは 魔王様が一番 素敵だったからかな?.

次の

冬のドラマの伝説お母さんのあらすじ、キャストや無料で視聴方法

伝説 の お母さん 視聴 率

基本前作とほぼ同じストーリーだが、前作では描かれなかったエピソードや前作で登場していない人物も追加されている。 ホジュンは実在の人物であり、聡明な少年だったがm武官の庶子として生まれ、差別を受け育つ、密貿易で稼ぎを出していたが、ある日両班の娘ダヒを助け、それがもとで捕えられ、逃亡。 ジュンは逃亡先で名医ユ・ウィテに心服し、市の元で厳しい修行に励む。 前作は見ずに視聴しました。 韓国にて30分135話で放送された長編ドラマですがですがスピードのあるストーリー展開に引き込まれます。 涙、涙、涙なしでは見れませんでした。 主人公ホ・ジュンが不運な生い立ちにも関わらず不器用ながらも誠実に医師を目指していく姿には胸打たれます。 ホ・ジュンを愛し支える人々、母や妻ダヒ、医女イェジンの心根もとても切ないです。 ホ・ジュンが自分のことを放って病人を助けるシーンがたくさんあるのですがその時のホ・ジュン役のキム・ジュヒョクさんの憂いのある優しい表情が何とも好きでした。 何といっても脇を固める俳優さんたちの個性も素晴しく魅力的なキャラクターたちなので真面目なドラマの中でも笑いありで、心温まるシーンも多いです。 中でもお笑い担当はオグンさんでしょうか。 このドラマを見た後、別の時代劇を見てみてください。 医官や医女が出てくることがあると思いますが、このドラマの裏でホジュンたちの世界が広がっているのだと考えると何だか胸がトキメキめくことでしょう。 人間の生と死を考える名作。 見て損はないはずです。 aflさんの感想より 「ホジュン」は困難に立ち向かっている人におすすめのドラマ! 「ホジュン 伝説の心医」を初めて知った時は、登場人物キム・ジュヒョクに余り興味が無く、軽い気持ちで見始めました。 しかし一度「ホジュン」を見始めると、見る度に引き込まれて目が離せなくなります。 特に現在自分の現状に満足していない方や、困難と向かい合っている人には、とても励まされる作品だと思います。 どんな困難がきても決して諦めず、努力を重ねるホジュンに励まされる方は少なくないのではないでしょうか?! 登場人物のホジュンは身分の低い側室の子という家庭に生まれ、始めはいわゆる不良みたいな人物なのですが、ある人物に会いひょんなことから医者を目指します。 途中韓流ドラマ特有の波乱万丈や嫉妬からのいじめや嫌がらせに巻き込まれ、困難に立ち向かうホジュンが見所です。 このドラマではホジュンやホジュンの家族が、とても良い人ばかりで心が癒されます。 ホジュンの奥さんダヒも貧しくなっても、心を曲げることなく夫についていき、身分違いの結婚を果たします。 現代では考えられないような妻の愛も随所にちりばめられています。 ホジュンが頑固すぎて、時にまどろっこしく思わず「ホジュン~」と叫んでしまいそうになる所も多いのですが、自分に、周りに常に正直に生きたホジュンはとても立派で日頃の励みになる作品だと感じました。 ホジュンを支える仲間達の絆も面白いです。 個人的にはズバズバ物を言うハマン・宅役のキョン・ミリさんも好きです。 ドラマの中でいい味を出していますので、お見逃し無く! kobanabiyoriさん 貧しい身分から努力に努力を重ねて、立派な医者となるサクセスストーリー。 そんなホジュンを支える女性たちにも注目して見ていました。 イェジンがホジュンを慕う気持ちも応援したかったです。 主演のキム・ジュヒョクさんが今は亡き人となってしまったのがとてもショックです。 親子で同じ役を演じたということで当時話題になったようですが、更に貴重な作品になりました。 miikhuwaamsukさん キム・ジュヒョクが演じたホジュン役の人柄が、誰からも愛される人柄で見ていて心を洗浄してくれるような内容が好きです。 ホジュンの様な人を妬み、陥れようとする悪人も登場して冷や冷やさせられるのも見どころの一つではないでしょうか。 色々と考えさせられる良い作品です。 タケルさんのコメントより 純粋、誠実、信念、博愛、自分の命より患者に身を捧げる。 心医とは、患者の心まで治す、彼は、地下を流れる水の様な人心温まる代表的韓流ドラマです。 リメイク版の方が画像が美しく、シナリオも洗練されています。 やはり、昔のをみましたが中途挫折しました。 【スポンサーリンク】 【スポンサーリンク】 2020年第2回開催 2020年第2回開催 カテゴリー• 306• 108•

次の