スプリット 勤務。 新型コロナウイルス(COVID

手作りパーテーション 窓口での感染拡大防止に

スプリット 勤務

以下のような対策を状況に応じて組み合わせていくべきです。 これらは常に有効な策となる訳ではなく、国内外の感染症拡大状況や従業員の状況を踏まえて判断することが求められます。 (1)出張・渡航禁止• (発生地域に応じて)海外駐在員(家族含む)、海外出張者の帰国命令• 従業員の渡航履歴の収集、新たな海外渡航の禁止• 不要不急の出張禁止(国内含む) (2)従業員・家族への注意喚起・健康管理• 従業員への注意喚起、マスク着用、咳エチケット、手洗い・うがいの徹底• 事務所内の換気、清掃・消毒等の徹底、ポスター等の掲示• 備蓄品の確認、不足備蓄品の追加購入• 健康状態の報告ルート、感染者発生時の対応手続きの確認• 感染者・濃厚接触者の管理と、出社停止措置(14日間など)• <感染拡大後>従業員や訪問者が職場に入る前の問診、検温、記録取得等の開始• <感染拡大後>訪問スペースの入口や立ち入れる場所、立ち入る人数制限の開始 (3)セミナー・研修・会議・会合の制限• セミナー、研修、集会、会議等の延期・中止・禁止(電話会議システム・テレビ会議システム、メール等の代替手段を活用。 参加予定人数による制約も検討)• 懇親会・接待等の延期・中止 (2)サプライチェーンの見直し• サプライチェーンにかかわる取引先・調達先などからの情報収集・支援• 感染拡大地域、または罹患者が多数発生している工場・取引先の、他地域への切替(代替生産、サプライヤーの切替など)• 在庫の積み増し(国内発生期から小康期までの2~3ヵ月分程度)• フレックスタイム・時差出勤の実施• 出社が不要な業務については、原則リモートワーク(在宅勤務)• 座席(間隔をあけ、非対面式とする)の見直し、フリーアドレス制の導入 【リモートワークを実施できない場合】 リモートワークの環境をすぐに準備できない場合は以下のような対応をしている例もあります。 時差出勤やシフト制の導入• All rights reserved. All rights reserved.

次の

新型コロナウイルス(COVID

スプリット 勤務

2019年12月以降、世界中で感染者が拡大している、新型コロナウイルス。 日々の報道で感染者数の増加や、学校の臨時休業、大型イベントの自粛が報じられ、「企業としてどのような対策をとっていく必要があるのか」など、雲をつかむ思いで不明点が多いのが現実かと思います。 今回は新型コロナウイルス感染症拡大防止に備えて、企業対策Q&Aを作成しました。 その中で拭き取り消毒をしたほうがいいのか、しないほうがいいのか、また頻度はどのくらいが良いでしょうか」 【Answer】 現在、アルコール類の購入が困難な状況かと思います。 ふき取り用のアルコール消毒の購入が難しい場合は、次亜塩素酸ナトリウムが有効です。 次亜塩素酸ナトリウムとは、一般的に「塩素系漂白剤」と呼ばれているものです。 次亜塩素酸ナトリウム薄めて、手が荒れてしまう可能性があるので、直接触れないようペーパータオルなどに十分に含ませて拭いたのちに、水拭きをします。 製品に記載されている濃度を元に、用途に応じて薄めてご使用ください。 city. fukuoka. html) スプレーボトルでの薬液の噴霧は、実はウイルス飛散の可能性があるので、お勧めできません。 また、頻度につきましては、ひとが触れるたびにというのは難しいと思います。 手指消毒は社員各自で徹底して実施していただくという前提で、物品類の消毒は、 できれば1時間に1度程度の頻度で消毒の実施が良いとされています。 どのように対応すればいいですか?」 【Answer】 感染リスク、かつ感染後の業務停滞を少しでも防ぐような対策する必要があります。 フレックスタイムや時差出勤等は既に、以下で紹介されています。 doctor-trust. スプリットチーム制(班交代制) 感染者が仮に社内で発生した場合に、業務が停滞しないように、スプリットチーム制の導入による同じ場所での勤務者数の削減する方法です。 スプリットチーム制とは、各部や課を2チームに編成し交代勤務とする勤務体制です。 感染者が発生した時に、業務従事者全員が濃厚接触者とならないように、チームを分けて別日、別拠点で勤務することにより、同時期の感染防止も有効となります。 社員同士の濃厚接触を極力避け、定期的な換気を 新型コロナウイルスのこれまでに判明している感染経路は、咳やくしゃみなどの飛沫感染と接触感染と言われています。 現状では、空気感染は起きていないと考えられていますが、閉鎖した空間・近距離での多人数の会話等には注意が必要です。 感染者と濃厚接触かどうかを判断する大切な要素は距離の近さと時間の長さです。 mhlw. html Q16) 厚労省ウェブサイトでは、上記のように記載されていますので、濃厚接触を避けるため以下を見直してみましょう。 そのため、社内では換気扇を回したり、日中は2,3時間ごとに窓を開けたりしましょう。 密閉した環境で業務をする……のではなく、窓やドアをあけて、空気の流れを作るようにしましょう。 pref. oita. doctor-trust. 感染者本人(従業員)に対して まず、感染者本人へは、医師の許可が下りるまでは、自宅待機を命じましょう。 感染者本人の机や、接触していたと思われる場所の消毒を行ってください。 また、感染者本人へ行動範囲等を保健所が聴取し、企業に対しても保健所が関与してくることとなりますので、その際には保健所の指示に従ってください。 社内対応 現在、企業から保健所へ届出をしなければならないといった義務はありません。 社内で感染を拡大させないためにも、社内で感染者が発生した事実は、社内に周知しましょう。 その上で、手洗い・うがい、マスクの着用などの感染対策方法を社内全体への周知を徹底する必要があります。 しかし、他社員に対して過度に不安を煽らないよう、感染者の名前や発覚した日などについては最小限の記載としたほうが望ましいです。 また、産業医との連携もしましょう。 企業としては、社員の安全配慮義務の観点から、産業医から医学的な情報提供や意見を求めるなど専門的な支援を仰ぐことが重要となります。 新型コロナウイルスに関して産業医との情報共有を十分に行うことで社員それぞれの感染予防対策への意識を高めることが、社員同士の協力体制の構築につながります。 ぜひこれを機に、会社全体でこの危機を乗り越えていきましょう。 maff. pdf).

次の

手作りパーテーション 窓口での感染拡大防止に

スプリット 勤務

以下のような対策を状況に応じて組み合わせていくべきです。 これらは常に有効な策となる訳ではなく、国内外の感染症拡大状況や従業員の状況を踏まえて判断することが求められます。 (1)出張・渡航禁止• (発生地域に応じて)海外駐在員(家族含む)、海外出張者の帰国命令• 従業員の渡航履歴の収集、新たな海外渡航の禁止• 不要不急の出張禁止(国内含む) (2)従業員・家族への注意喚起・健康管理• 従業員への注意喚起、マスク着用、咳エチケット、手洗い・うがいの徹底• 事務所内の換気、清掃・消毒等の徹底、ポスター等の掲示• 備蓄品の確認、不足備蓄品の追加購入• 健康状態の報告ルート、感染者発生時の対応手続きの確認• 感染者・濃厚接触者の管理と、出社停止措置(14日間など)• <感染拡大後>従業員や訪問者が職場に入る前の問診、検温、記録取得等の開始• <感染拡大後>訪問スペースの入口や立ち入れる場所、立ち入る人数制限の開始 (3)セミナー・研修・会議・会合の制限• セミナー、研修、集会、会議等の延期・中止・禁止(電話会議システム・テレビ会議システム、メール等の代替手段を活用。 参加予定人数による制約も検討)• 懇親会・接待等の延期・中止 (2)サプライチェーンの見直し• サプライチェーンにかかわる取引先・調達先などからの情報収集・支援• 感染拡大地域、または罹患者が多数発生している工場・取引先の、他地域への切替(代替生産、サプライヤーの切替など)• 在庫の積み増し(国内発生期から小康期までの2~3ヵ月分程度)• フレックスタイム・時差出勤の実施• 出社が不要な業務については、原則リモートワーク(在宅勤務)• 座席(間隔をあけ、非対面式とする)の見直し、フリーアドレス制の導入 【リモートワークを実施できない場合】 リモートワークの環境をすぐに準備できない場合は以下のような対応をしている例もあります。 時差出勤やシフト制の導入• All rights reserved. All rights reserved.

次の