北条 義 時。 北条義時

『史跡「法華堂跡(源頼朝墓・北条義時墓)」』鎌倉(神奈川県)の旅行記・ブログ by ドクターキムルさん【フォートラベル】

北条 義 時

北条泰時(1183-1242)はの子。 名執権と讃えられる鎌倉幕府第3代執権(在任期間1224-1242)です。 特に初の武家法典、御成敗式目を制定したことで世に知られています。 が鎌倉入りし3年ほどたちによって平氏が都落ちした1183年(寿永2年)、治承・寿永の乱の渦中に泰時は生まれます。 父義時21歳の子、幼名は金剛でした。 1194年(建久5年)2月2日、13歳の泰時は源頼朝を烏帽子親として元服。 頼朝はに「この冠者を婿とするよう」命じます。 義澄は三浦義村の娘、矢部禅尼を選びました。 泰時は頼朝から一字を賜り頼時と名乗りますが、いつのまにか泰時に改名しています。 後に三浦義村の娘とは別れ安保実員の娘を迎えています。 1212年(建暦2年)正室の子であった朝時がの怒りに触れ父義時によって義絶され、庶子(妾が産み父が認知した子。 嫡子以外の実子)であった泰時は後継者に繰り上がります。 1218年(建保6年)侍所別当、1219年(承久元年)従五位上、駿河守に叙任、任官され、順調に歩んでいきます。 そしていよいよ1221年(承久3年)承久の乱が勃発します。 父義時追討の院宣を下し、幕府に兵を挙げた後鳥羽上皇に対し執権義時は即時出兵を決断。 39歳の泰時は幕府軍の総大将として出陣、京へと進軍します。 泰時率いる幕府軍は瞬く間に朝廷方を蹴散らして入京。 幕府の出先機関として六波羅探題が設置され、北方に泰時、南方に泰時の叔父の北条時房が就任します。 京にとどまった泰時は後鳥羽上皇以下3上皇の配流という史上空前の処置を含む戦後処理、西国御家人の統括という重責を担います。 3年後の1224年(貞応3年)父義時が急死。 北条政子は泰時を執権に、時房を連署に任命し第3代執権北条泰時による政権運営が始まります。 時に泰時42歳。 この家督相続にともない、継母である伊賀の方は実子の正村を執権にすえようと伊賀氏の変を起こすしますが鎮圧され伊賀の方は幽閉されます。 誰が権力者となるか、この目利きに関しては北条政子は天賦の才があったのでしょう。 幕府権力の根本である戦場には一切赴かず、源頼朝(夫)、(父)、北条義時(弟)という類い稀な武将たちの間を抜群の嗅覚とバランス感覚を持って泳ぎここまでのし上がった女傑は泰時を選んだのでした。 庶子でありながら、ある意味では唐突に家督を相続した泰時の政治基盤は盤石とはいえず、伊賀の変の関係者である北条政村、三浦義村などは不問に付し、後に得宗家と呼ばれるようになる家令の制度を新たに発足するなど苦心し苦労しながら新しい執権制度の形をつくっていきます。 承久の乱(1221年)、義時死去(1224年)に続いて1225年(嘉禄元年)には天才的政治力を発揮した頼朝の懐刀、頼朝の正室として権力を振るった北条政子が相次いで死去するという出来事が起こります。 ここに至り泰時は政権運営の方針を転換し、これまでの専制体制から合議政治へと舵をとります。 幕府の要人を次々と失ったことは、泰時が政治力を発揮する契機ともなったのでしょう。 承久の乱以後、六波羅探題として京都にいた叔父の時房を呼び戻すと、執権に指名し泰時・時房の両執権体制とします。 後にナンバー2の時房の地位が連署となり、これが執権・連署体制の発端となります。 続いて、13人の合議制と呼ばれる幕府の最高政務機関をつくります。 泰時、時房の両執権に加え評定衆と名付けられた11人の幕臣有力者によって構成され、行政、司法、立法、軍事などすべてを司りました。 もともと、の独裁を抑制するために1199年に開始されたものですが、泰時はこれを評定衆として制度化します。 当初の評定衆メンバーは、北条泰時、北条時房、三浦義村、二階堂行村、二階堂行盛、中条家長、三善康俊、三善康連、矢野倫重、佐藤業時、斉藤長定、後藤基綱、中原師員。 1226年(嘉禄3年)京から迎えた8歳の三寅を元服させ藤原頼経とし征夷大将軍にします。 続いて大倉にあった御所を若宮大路の東側(現在の二ノ鳥居付近。 鎌倉彫会館の裏手あたり)に移転。 この頃から天候不順などにより国内が疲弊し飢餓が始まっており、これが寛喜の飢饉と呼ばれます。 1229年(寛喜元年)には飢饉を理由に元号も安貞から寛喜に改元されます。 しかし、飢饉は収束せず、内乱と飢饉の重なった1180年(治承4年)の養和の飢饉以来の大きなものとなりました。 鎌倉幕府の公式記録『吾妻鏡』をみると、1229年(寛喜元年)頃から奇怪な皆既月食や地震、雷鳴などの記載が増えてきます。 1230年(寛喜2年)になってもこの現象は続きます。 夏の6月に武蔵国金子郷(現 埼玉県入間)に雷雨があり雹が降り、美濃国蒔田庄(現 岐阜県大垣市)ではなんと降雪がありました。 陸奥国芝田郡(現 宮城県)に柚子程度の大きさの石が20余里(80km)に渡って雨のように降ったという記述もあります。 そのため、天変地異をおさめるための祈祷が幾度も行われています。 1231年(寛喜3年)7月の記録には、天下の大飢饉であり疫病も蔓延、洛中洛外はおびただしい死者であふれたとあります。 8月に入り天候が徐々に安定し作物も実り始め、死骸が町から少なくなり始めたそうです。 1232年(貞永元年)には初の武家法典「御成敗式目」を制定、を開港させます。 頼朝の時代から地頭と荘園領主、住民らとの紛争は絶えることなく続いていました(これは現代でも変わりませんが)。 承久の乱以後、日本の統治機構は決定的に幕府を中心に動いており、時代の変化とともに頼朝時代の先例を基準とした裁きに限界を迎えていました。 飛鳥時代から続く難解な律令は武士や一般民衆には理解が難しい上に、実際に裁きとなるとこれを基準とせざるをえないという実状を憂いた泰時は、統一的な武家社会の基本となる法典の整備を目指して律令を学び、「道理」を骨子とした法典をつくります。 もっぱら日本の武家社会や民衆の慣習に則り独自につくられた法典でした。 御成敗式目を制定した1232年には和賀江嶋の開発を行います。 往阿弥陀仏という聖がこの地に港湾施設を築く許可を幕府に願い出ると泰時は大いに支援し、宋船の入港も可能な港として整備。 周辺は大いに栄えたと記録されています。 1235年(嘉禎元年)畿内で大規模な寺社争いが起こります。 これまで長年にわたり朝廷を苦しめて来た僧兵たちでしたが、泰時は武力と強権を持って押さえつけます。 さすがの僧兵たちも、戦のプロが渦巻く鎌倉が前面に出てくると、その武威逆らうことは難しいかったのでしょう。 この後、僧兵の理不尽な要求は武力を持って徹底的に鎮圧するという方針となりました。 1240年(仁治元年)、鎌倉を支えた要港六浦港と鎌倉中心部を結ぶの建設にとりかかります。 地の神にさわりありとして一時延期され、翌1241年(仁治2年)工事が再開されます。 泰時は自ら馬に乗り現場を監督したと伝わります。 泰時は1242年(仁治3年)に亡くなりますが、最後まで激動激務の人生を送ります。 1242年(仁治3年)、四条天皇が崩御すると朝廷は順徳天皇の皇子、忠成王を擁立しようとします。 順徳天皇は承久の乱を首謀し配流された一人でしたから、泰時は断固として反対し、これを認めませんでした。 20万騎の鎌倉軍に恐れおののいた21年前の承久の乱を早くもうやむやにしようとする朝廷の手練手管は泰時には通じませんでした。 この後、過労により倒れた泰時は赤痢にもかかり、6月15日に死去します。 享年60歳でした。 早世した泰時の長男時氏の子である、泰時の孫、北条経時が第4代執権に就任します。 承久の乱により決定的に天下を併呑した「鎌倉」を政権として軌道に乗せた北条泰時は現在まで名執権として敬われています。 関連記事 、 フォトギャラリー.

次の

北条義時とは?生涯・政策を簡単にわかりやすく紹介!【義時の後世の評価はなぜ悪いのか】

北条 義 時

兄弟には兄の 宗時・姉の 政子・弟の 時房・ 政範・妹の 阿波局・ 時子らがいる。 北条家は平氏側の豪族で父・時政はで敗れて伊豆に流されていた源氏の嫡流・ 源頼朝の監視役であった。 父が留守の間に頼朝と姉・政子が恋仲になるが、時政は猛反対する。 当初平氏を恐れて反対していた時政は、二人の関係を許し義時が15歳頃の時に結婚する。 その頃の豪族は平氏や源氏・天皇家や公家などと姻戚関係を結んで自分たちの家の格を上げていた。 北条氏は源氏の嫡流の身内という格をこの結婚で得たことになる。 義理の兄となった頼朝に、義時は武士のいろはや京の都のことなど様々なことを学ぶ。 そんな時に伊豆の最高権力者の平時兼と親しく伊豆に流されていた が、伊豆の目代(No. 2の座)に任命されて勢力を強める。 源平合戦 後白河天皇の第3皇子・ 以仁王が治承4年(1180年)に平家打倒の令旨を諸国の源氏に発する。 頼朝の元にも叔父・源行家から令旨が届けられるが頼朝はしばらく動かずに静観していた。 しかし、平氏は令旨を受けた諸国の源氏追討を企て、自分の身に危機が迫ることを悟った頼朝は挙兵を決意し、北条時政・宗時・義時親子の協力を得て坂東の豪族に挙兵を呼びかける。 頼朝の元には 天野遠景・岡崎義美・加藤景廉・工藤茂光・土肥実平・堀親家らが集まり、伊豆の実権奪還のために目代の山木兼隆の屋敷を襲撃して討ち取る。 味方を約束した有力豪族の 三浦義明・義澄も合流して頼朝の軍は大きくなるが、頼朝鎮圧軍の大庭景親・伊東祐親らの軍ととなる。 この合戦に頼朝軍は大敗して義時の兄・ 宗時は討死してしまう。 命からがら生き延びた頼朝は真鶴から脱出して、安房(千葉県南部)で時政・義時と再び会う約束をする。 父・時政と義時は別行動をしながら坂東の豪族たちに声をかける。 そして時政・義時は頼朝の命で甲斐の源氏・ 武田信義・一条忠頼に会って支援を得ることに成功する。 一方頼朝は 上総広常・千葉常胤らの加勢を得て武蔵に入る。 頼朝は伊豆の山木兼隆を討ち取った時に悪政に苦しめられていた豪族に「 これからは伊豆の支配は我々になった。 きちんと働いたものには恩賞(土地)をやる」と宣言したのだ。 このことを聞いた坂東の豪族たちは、平氏の悪政や目代たちの税で苦しんでいたことから、頼朝の奉公には恩賞で返すというやり方が受け入れられた。 これによって御家人の 奉公と恩賞という後の鎌倉幕府と御家人の主従関係が確立していく。 頼朝には更に 足立遠元・江戸重長・葛西清重・河越重忠らが加わり大軍勢となって、源氏ゆかりの地である鎌倉に入る。 このことから頼朝はこの後「 鎌倉殿」と呼ばれる。 平氏は頼朝追討軍として 平維盛を大将で派遣してがおこるも、頼朝軍が大勝利を収める。 頼朝の元に弟・ 範頼や 義経が駆けつけ、範頼を大将に平氏討伐軍を結成して元暦2年(1185年)義時はそれに参加して先に 木曽義仲を倒し、に勝利した義経軍と合流する。 この年、頼朝は鎌倉で武家政権の体制作りを整備していき全国に 守護・地頭を設置する。 ( 鎌倉幕府の成立) 義時は文治5年(1189年)に従軍して、建久元年 1190年 には頼朝と共に上洛して右近衛大将拝賀の7人に選ばれる。 頼朝は建久3年(1192年)征夷大将軍に任じられ、義時は頼朝の側近として仕え、頼朝の計らいで9月25日に比企朝宗の娘・を正室に迎える。 姫の前は頼朝の大倉御所に勤める女官で、大変な美人で頼朝が二人の間を取り持ち「 絶対に離縁しない」という起請文を書かせている。 二人の間には(1193年)に次男・と(1198年)に三男・が生まれる。 建久10年(1199年)頼朝は前年の落馬で体調を崩し、 53歳で死去する。 正治元年(1199年)義時の妹・ 阿波局が、御家人のが「 武士は二君に仕えずという。 頼朝様が亡くなった時に出家しておけば」とつぶやいたのを梶原景時に密告する。 梶原景時は結城朝光を咎めようとすると、今度は阿波局が結城朝光に「 梶原景時があなたを殺そうとしている」と嘘を伝える。 それに怒った三浦義村や和田義盛ら御家人66名が、将軍・頼家に梶原景時排斥の連判状を提出する。 梶原景時は一切の弁明をせずに屋敷におとなしくしていたが、幕府内に居場所を失ったので西国を目指して一族と出発する。 しかし駿河で吉川友兼に捕捉されて一族33人が討死にして景時は自害する。 () 景時を重用していた頼家は怒り、阿波局の夫・阿野全成を謀反人の咎で殺害して阿波局を捕縛しようとするも、母の がそれを拒否した。 時政・義時親子はこの件に直接関与していないが、時政の娘で義時の妹・ 阿波局が直接の原因であったことで、 頼家と北条家の対立が深まる。 比企能員の変 次は 比企能員(ひきよしかず)である。 頼家の妻・若狭局の実家で、頼家は比企家を合議制ができる前から接近していた。 建仁3年(1203年)若狭局が息子を産んだことで比企家が次期将軍の後ろ盾になることを恐れた時政・義時親子が、比企能員を時政の自邸に呼んで殺害し比企家を滅ぼし、義時は妻・ 姫の前を離別する。 () そして、頼家を鎌倉殿の地位(将軍)から剥奪して、 伊豆の修善寺に追放する。 政子・時政・義時は朝廷に「 頼家は死んだ」と嘘をつき、頼家の弟・ 源実朝の3代将軍擁立に動く。 建仁4年(1204年)時政は手勢を修善寺に送り、頼家は入浴中に殺害されてしまうのだ。 3代将軍に就任した実朝はこの時まだ12歳で、時政は鎌倉幕府の実権を手に入れて政所別当に就任する。 () 義時は重忠を討つのには躊躇していたが、継母の牧の方が時政をそそのかして重忠を討つように頼んだ。 義時はこれを後から知って、大した意味の無い理由で有能な重忠を討ったことに自責の念にかられてしまうのだ。 この事件によって時政と義時親子は対立を深めていく。 父、北条時政の失脚 時政は建仁3年(1203年)9月に初代執権となる。 元久元年(1204年)北条本家の跡取りだった時政の息子・ 政範が急死する。 牧の方は将軍・実朝を暗殺して自分の息子・を将軍に画策するが、政子・義時によって阻止される。 元久2年(1205年)義時は政子の協力を得て有力御家人のを仲間に引き入れて、父・時政を失脚させて伊豆に追放する。 空いた政所別当には義時が就任して2代目の執権となり、姉・政子と協力して鎌倉幕府の最高権力者になる。 当時執権という役職はなく、侍所別当の 大江広元と政所別当の 義時が幕府の最高権力者であった。 義時は北条氏に反発する対抗勢力を粛清して、次第に独裁的になっていく。 建保元年(1213年)侍所別当のを滅ぼして、義時は侍所別当と政所別当の幕府の2大要職を独占する。 以来執権は幕府の最高要職である 侍所・政所の別当の両方を兼ねることになり、事実上の幕府最高権力者となる。 義時は 伊賀の方を継室に迎えて元久2年(1205年)に五男・が生まれる。 建保7年(1219年)実朝の右大臣拝賀式が鎌倉の鶴岡八幡宮で行われ、太刀持ちには義時がするはずだった。 義時は体調を崩し、代わりにが太刀持ちになったが、2代将軍・頼家の子であるが実朝を暗殺して、太刀持ちの仲章も殺してしまう。 義時は難を逃れたが、余りにもタイミングが良すぎて裏で暗殺事件を操っていたのではないかと疑われる。 実朝には跡取りがいなかったので源氏の正統はここで途絶えてしまうこととなった。 北条氏は元々桓武平氏を称していたので、最終的には平氏が源氏を滅ぼしてしまうことにつながってしまうという、まさに因果応報だ。 義時と政子は次期将軍に 後鳥羽上皇の皇子・雅成親王を迎えようと画策するも、実朝と通じていた後鳥羽上皇は「 実朝暗殺に北条の影ありで、そんなことをすれば日本を二分してしまう」と断固拒否する。 そこで義時と政子は藤原摂関家の当時2歳のを迎えて、4代将軍として政子は後見の「 尼将軍」として鎌倉殿の地位を代行する。 政子を義時が補佐して鎌倉幕府の実権を掌握する、 執権政治がここに確立する。 これ以降将軍はお飾りのようなものになり、北条氏による執権政治が幕府滅亡まで続くことになる。 一方、後鳥羽上皇は承久3年(1221年)5月14日に流鏑馬ぞろいと称して諸国の兵を招集して、伊賀光季を殺して倒幕の兵を挙げる。 () 翌15日には義時追討の宣旨を全国に発布して、諸国の守護・地頭に上皇の元に集まるように命じた。 天皇からの宣旨は朝敵を意味し、過去宣旨を受けた者は生きていたことがなくそれだけ絶対的な命令であった。 集まった後鳥羽上皇軍には幕府の有力な御家人たちもいたのである。 鎌倉の御家人たちは朝敵となることに大きな動揺を見せ、名指しで朝敵にされた義時は生涯最大の危機に直面する。 逆臣の上皇によって不義の宣旨が下されたが上皇方に裏切った奴らを討って亡き実朝の遺跡を全うせよ、ただし上皇側につきたい者は申し出て良い」と声明を発表する。 この言葉によって動揺した御家人たちの不安は収まり、幕府軍の軍勢は19万を超えて大軍勢で京へ攻め上がる。 約1か月に及び戦いは幕府軍が圧倒して。 敗北した後鳥羽上皇は隠岐島に流されて、皇族・公家の莫大な荘園や倒幕に動いた御家人たちの領地を幕府が没収した。 義時は恩賞として戦功のあった武士たちにそれを与え、幕府は京の監視にを置いた。 幕府軍の勝利によって義時は反義時・反政子の勢力を一掃することになった上に、義時は多くの御家人を西国に住ますことに成功し、幕府の勢力拡大を図ることに成功する。 これで義時の執権政治はより強固なものとなり、最高権力者としての地位は揺るがないものになったのだ。 義時は承久の乱の翌年に、何故か陸奥守と右京権大夫を辞職して無官となって元仁元年(1224年)衝心脚気のために 62歳で急死する。 伊賀氏の変 幕府最高権力者の急死ということで、 伊賀の方の毒殺ではとの憶測も呼ぶが真偽は定かではない。 義時は正室の子でなく、継母・牧の方の陰謀などに苦労したので、政子は義時の跡継ぎに六波羅探題のをすると決める。 伊賀の方は自分の息子・ 北条政村を執権にさせようと 三浦義村の協力を画策する。 それを知った政子は三浦義村の邸を訪ねて泰時の人望を説き、義村は泰時への忠誠を誓った。 政子は伊賀の方を伊豆に追放して後継者問題は終わる。 泰時は義時の遺領配分を、自分の分を少なくして弟たちに分け与えると政子に提案して感心させる。 義時の別称は「 得宗」と呼ばれていたために、泰時からの北条氏の嫡流は 得宗家と呼ばれるようになった。 北条執権政治は義時以降は、得宗家が継ぐことが正統化されていくことになる。 北条氏の頂点は得宗家で、執権には代々得宗家が就き、急死や病気などの時は一時的に政村たちが就くという北条氏内の決まり事が、鎌倉幕府が滅亡するまで続く。 北条執権政治の礎 伊豆の豪族の息子だった北条義時の人生は、姉の政子が源氏の嫡流で流人の源頼朝と結婚したために一変してしまう。 源平合戦で平氏を滅亡させることに尽力すると、義時には鎌倉幕府内の権力争い「 鎌倉殿の13人」が待っていた。 謀略・知略・暗殺という誰が敵で誰が味方かわからない中で、常に命の危険と隣り合わせという過酷な勢力争いの末に、北条義時と姉の北条政子は勝ち続けて最高権力者になる。 しかし、義時に安静な日々はなく朝廷という最大の危機に直面したが、姉・政子によって助けられ北条執権政治の礎を築いたのだ。 カテゴリー• 211• 467• 462• 1,448• 151• 829• 601• 175• 100• 183• 149• 139• 111• 569•

次の

北条義時とは?生涯・政策を簡単にわかりやすく紹介!【義時の後世の評価はなぜ悪いのか】

北条 義 時

という人は不思議な人です。 義時は源頼朝が北条政子を娶ったことによって義弟となり、頼朝挙兵時から力を尽くすことになります。 才気に富んだ伝説的な言動や行動はほとんどないものの、結果としては北条政子や多数の武勇に優れた御家人たちをはるかに凌ぐ功績を残します。 御家人同士の権力闘争にも常に受け身である感じがあるのですが、ゆらぐことのない不動の存在感を発揮しています。 そして義時の血を継ぐものが北条得宗家と呼ばれ、北条得宗時代を作っていきます。 特に冒頭の尊氏のセリフ「承久、義時朝臣天下を併呑す」です。 朝廷から追討の院宣を受けてこれを返り討ちとし、後鳥羽上皇、順徳上皇、土御門上皇、皇子2人を配流、天皇を交代させるという日本史上空前絶後の離れ業をやってのけました。 才気溢れる治天の君として、影響力を増大させていく鎌倉幕府を快く思わなかった後鳥羽上皇は「妾である亀菊へ領地を与えたいから当地の地頭職(幕府御家人)をクビにし、ついでに最近幕府が処分した院に近い御家人の処分を撤回しろ」という命令を鎌倉幕府に対して下します。 義時は命令を拒否。 1221年(承久3年)上皇は義時追討の宣旨を下し挙兵。 義時は大江広元の献策を受け入れ嫡男を大将軍とした20万騎ともいわれる鎌倉軍を即座に出陣させ、わずか1か月で京都を制圧しました。 追討の宣旨を下されるということは、錦の御旗を敵に回すということです。 それでも御家人が義時についてきたのは、普段から「御家人を守る」言動をとっていたからではないかと想像します。 頼朝はもとより信長や秀吉、尊氏といった才気にほとばしる天才たちとの印象はあまりに異なります。 頻繁に才気を語られることもなく、派手さもありません。 日本の歴史を変えたともいえる空前絶後の偉業を成し遂げた人物は、不思議な魅力を持っています。 その義時の法華堂跡(墓)がこの平場であったといわれています。 この地には、島津忠久、毛利季光それぞれの墓、一族自害の地もあります。 近くには頼朝の墓もあり、時空を超え歴史に頭を巡らせるには最適の場所です。

次の