梅雨前線 2020。 梅雨前線停滞「経験ないほど長い」 7日も広範囲に大雨:朝日新聞デジタル

梅雨前線の影響力が増加!【2020年6月18日】本日の地震活動傾向

梅雨前線 2020

昨日(17日)の地震活動状況 昨日、高気圧環境下となったこともあり、日中は地震活動が増加傾向にて推移することとなりました。 *太平洋プレート動に関連した地震 *マグマ活動に関連した地震 *内陸断層型地震 いずれもが活発化。 適度な地震エネルギーの発散が継続しています。 「太平洋プレートの動き」が西方向だけでなく、「東北・北海道周辺」でも促進。 広域にてプレート動が促進されています。 今後、太平洋プレート動に関連した地震活動が活発化していくこととなりそうです。 (時間差あり) 内陸断層型にて下記のような中規模地震が発生しています。 *6月17日15時03分 岐阜県美濃中西部 M4.2 震度4 浅め震源域での地震で直接的な影響力は少なく、今後への影響もないものと判断しています。 昨夜以降は梅雨前線の影響が強まる環境に。 地震活動は急激に減少しています。 主なる観察対象エリアとなります。 本日は全国的に天気が下り坂に。 昨日と比較して本日は地震が表面化しにくい気象環境となります。 特に梅雨エネルギーの状態によっては、 「抑制力」が生じてくる可能性があります。 基本的にはあまり地震のことを気にすることなく過ごせる日となりそうです。 ただ、反面「抑制力」が強まるようだと梅雨エネルギーの影響が少ない *宮城県・岩手県・青森県周辺(沖合を含む) にて地震活動の反動が生じる可能性があります。 上記エリアでは地震発生数が増加傾向へと転じる可能性及び揺れる程度の中規模地震が表面化してくる可能性を念頭にしておきたいと思います。

次の

梅雨入りと梅雨明け 2020(速報値)

梅雨前線 2020

気象予報士の宮本です。 2020年は5月10日に全国をさきがけて奄美地方で梅雨入りし、翌5月11日に沖縄で梅雨入りを迎えました。 梅雨入り、梅雨明けはいつ?になるのか沖縄・奄美、九州、四国・中国、近畿 関西 、東海、関東甲信、北陸、東北の地域ごとに傾向を解説したいと思います。 【2020年梅雨】梅雨って一体、何のこと? 梅雨(つゆ)とは、晩春から夏にかけて雨や曇りの日が多く現れる気象現象で、また、その期間をさします。 晩春~夏頃には、オホーツク海高気圧と太平洋高気圧の間に梅雨前線ができます。 この梅雨前線の生成には、ヒマラヤ山脈による偏西風の蛇行やオホーツク海高気圧が関係しています。 【2020年梅雨】平年の梅雨入り・梅雨明けはどうなっているの? 平年では梅雨前線が大陸方面から南西諸島~日本の南海上に顕在化して、5月上旬~中旬ごろに沖縄や奄美で梅雨入りします。 本州の南岸にも前線が停滞することがあり、まるで梅雨を思わせるような、ぐずついた天気となる時がありますが、本州の梅雨入りはもう少し先で5月下旬ごろに九州南部で梅雨入りを迎え、本州の各地で梅雨入りを迎えるのは6月になってからとなります。 太平洋高気圧の勢力が増すと、梅雨前線も北上していき、平年では沖縄や奄美で6月下旬ごろに、本州では7月中旬~下旬ごろに梅雨明けを迎えて、梅雨前線は消滅して本格的な夏へと季節は移っていきます。 北海道では、「蝦夷梅雨」という言葉はありますが、梅雨前線が北海道付近まで北上する事はほとんどなく、梅雨の現象がはっきりしないため、北海道では梅雨がないとされています。 【2020年梅雨】今年の梅雨入り、梅雨明け予想をしてみました それでは、各地域の梅雨の見通しについて見ていきましょう。 梅雨入りは沖縄・奄美ではだいたい平年並で東~西日本では平年より遅い所が多いでしょう。 北日本では平年並か平年より遅くなる見通しです。 梅雨明けは沖縄・奄美ではだいたい平年並でしょう。 東~西日本では平年より遅い所が多く、北日本では平年並か平年より遅くなる見通しです。 沖縄・奄美の梅雨入り・梅雨明け予想【2020年版】 2020年は5月10日に奄美地方が平年より1日早く、全国ではじめて梅雨入りし、続いて5月11日に平年より2日遅く沖縄で梅雨入りしました。 5月下旬~6月にかけては梅雨前線の活動が活発で大雨になる日もあるでしょう。 梅雨明けは沖縄が平年並の6月21日~6月25日頃、奄美が平年並の6月27日~7月1日頃の見通しです。 今年の梅雨入り 平年の梅雨入り 今年の梅雨明け 平年の梅雨明け 沖縄 5月11日 5月9日 6月21日~6月25日 6月23日 奄美 5月10日 5月11日 6月27日~7月1日 6月29日 九州の梅雨入り・梅雨明け予想【2020年版】 梅雨前線の北上が遅れ梅雨入りも遅れる傾向です。 梅雨入りは九州南部で5月31日~6月3日頃、九州北部で6月7日~11日頃の見通しです。 梅雨期間中は前線の活動が活発な時期もあり、大雨に注意が必要です。 梅雨明けは、九州南部では7月13日~7月17日頃、九州北部では7月21日~7月25日頃で平年並か平年より遅い見通しです。 今年の梅雨入り 平年の梅雨入り 今年の梅雨明け 平年の梅雨明け 九州南部 5月31日~6月3日頃 5月31日 7月13日~7月17日頃 7月14日 九州北部 6月7日~6月11日頃 6月5日 7月21日~7月25日頃 7月19日 四国・中国の梅雨入り・梅雨明け予想【2020年版】 梅雨入りは、梅雨入り前から曇りや雨の日がありますが四国では、6月4日~6月8日頃で平年並か平年より遅く、中国では6月9日~6月13日で平年より遅くなる見通しです。 梅雨明けは、太平洋高気圧の張り出しが遅れる傾向のため、四国では7月20日~7月24日頃、中国では7月22日~7月26日頃の見通しです。 今年の梅雨入り 平年の梅雨入り 今年の梅雨明け 平年の梅雨明け 四国 6月4日~6月8日頃 6月5日 7月20日~7月24日頃 7月18日 中国 6月9日~6月13日頃 6月7日 7月22日~7月26日頃 7月21日 近畿・東海の梅雨入り・梅雨明け予想【2020年版】 梅雨入り前から南海上の梅雨前線の影響を受けて曇りや雨の日がありますが、梅雨前線の北上が遅れる傾向で梅雨入りは、平年より遅い6月9日~6月13日頃の見通しです。 梅雨明けは、太平洋高気圧の張り出しが遅れる傾向のため、7月22日~7月26日頃で平年より遅い見通しです。 今年の梅雨入り 平年の梅雨入り 今年の梅雨明け 平年の梅雨明け 近畿 6月9日~6月13日頃 6月7日 7月22日~7月26日頃 7月21日 東海 6月9日~6月13日頃 6月8日 7月22日~7月26日頃 7月21日 関東・甲信の梅雨入り・梅雨明け予想【2020年版】 梅雨入りは、平年より遅い6月9日~6月13日頃の見通しです。 梅雨前線の北上が遅れ梅雨入りは平年より遅れますが、梅雨入り前から梅雨を思わせるような曇りや雨の日もあるでしょう。 太平洋高気圧の勢力の強まりが遅れる事が予想される事から、梅雨明けは、平年より遅れて7月22日~7月26日頃の見通しです。 今年の梅雨入り 平年の梅雨入り 今年の梅雨明け 平年の梅雨明け 関東・甲信 6月9日~6月13日頃 6月8日 7月22日~7月26日頃 7月21日 北陸の梅雨入り・梅雨明け予想【2020年版】 梅雨入りは、6月12日~6月16日頃の見通しで、平年並か平年より遅れる見通しです。 7月の梅雨末期頃は梅雨前線の活動が活発化する時期があり、大雨や土砂災害等に注意が必要です。 梅雨明けは、7月24日~7月28日頃の見通しで、平年並か平年より遅れる見通しです。 今年の梅雨入り 平年の梅雨入り 今年の梅雨明け 平年の梅雨明け 北陸 6月12日~6月16日頃 6月12日 7月24日~7月28日頃 7月24日 東北の梅雨入り・梅雨明け予想【2020年版】 梅雨入りは、北陸同様に6月12日~6月16日頃で平年並か平年より遅れる見通しです。 7月の梅雨末期頃は梅雨前線の活動が活発化する時期があり、大雨や土砂災害等に注意が必要です。 梅雨明けは、南部では7月24日~7月28日頃、北部では7月28日~8月1日頃で平年並か平年より遅れる見通しです。 今年の梅雨入り 平年の梅雨入り 今年の梅雨明け 平年の梅雨明け 東北南部 6月12日~6月16日頃 6月12日 7月24日~7月28日頃 7月25日 東北北部 6月13日~6月17日頃 6月14日 7月28日~8月1日頃 7月28日 気をつけたい、梅雨期間の頭痛と体調不良 梅雨期間中は日差しが少なく、雨の日が多くなります。 梅雨前線上の低気圧が通過する際には、気圧が大きく低下するので気圧低下によって頭痛などの体調不良を起こす可能性もあります。 『雨の日の朝、きまって調子が悪い』『旅行や大事な会議、なるべく頭痛がしない日を選びたい…』、天気で体調を崩しやすい方は、一目で低気圧の日(爆弾の日)が分かる弊社提供のスマートフォンアプリ『 』がおすすめです。 『』は天気や気圧の変化が一目で分かり、低気圧がやってくる前にプッシュ通知ででお知らせをしてくれるので、頭痛などの気象病を事前に予測したり、前もって薬を飲んだり、服薬記録を簡単に記録できるので体調管理に役立ちます。 まとめ 梅雨入り、梅雨明けともに沖縄や奄美では平年並ですが、本州では平年より遅れる地域が多くなる傾向です。 梅雨期間中の雨ですが、梅雨前線の北上が遅れる傾向のため、6月は沖縄や奄美で多くなり、7月は本州で多くなるでしょう。 梅雨前線の活動が活発になり、大雨になる日もあるので注意してください。 雨の時期の天気の確認や低気圧による頭痛や体調不良が心配な方は『』をご利用ください。 参考にしていただき、常に最新の気象情報を利用して、梅雨を乗り切ってください。

次の

梅雨前線停滞「経験ないほど長い」 7日も広範囲に大雨:朝日新聞デジタル

梅雨前線 2020

2020年の梅雨時期はいつからいつまで? 梅雨入りと梅雨明けの時期は、その年によって変わります。 2020年の梅雨は、いつからいつまでになるのでしょうか? 2020年、日本列島の梅雨の傾向 2020年の梅雨の傾向として、日本列島全体で梅雨入りが遅くなると予報され、その通りとなりました。 西日本では、2019年の梅雨入りは平年よりもかなり遅くなりましたが、2020年は2019年よりも17日早く、6月10日ごろに梅雨入り(近畿地方)。 また、東海や関東などの梅雨入りは、2019年の西日本ほどにはならないものの、平年より遅くなると予想され、実際に3〜4日ほど遅れ、6月10日・11日ごろに梅雨入り。 2020年の梅雨時期は、陽射しがなくても、湿度が高くムシムシとした日が続きそうです。 沖縄・九州 沖縄地方の梅雨入りは平年で5月9日頃。 2020年は5月11日に梅雨入りが発表されています。 九州地方の梅雨入りは南部で5月31日頃、北部で6月5日頃です。 梅雨明けについては、沖縄地方は6月23日頃、九州南部は7月14日頃、九州北部は7月19日頃と予想されています。 沖縄地方のみ平年より11日早く、6月12日ごろに梅雨明けしました。 関西 近畿地方の梅雨入りは平年6月7日頃ですが、2019年は6月27日でした。 2020年の梅雨入りは6月10日ごろで、平年より3日ほど遅く梅雨入りしました。 梅雨明けは平年で7月21日頃。 東京・関東 東京や関東地方の平年の梅雨入りは、6月8日頃。 過去10年の梅雨入りの時期を見ても、6月上旬になることが多いのですが、2020年は関東甲信越で平年より3日遅く、6月11日ごろに梅雨入りしました。 梅雨明けの平年は7月21日頃です。 東北 東北地方では、梅雨入りは平年6月12~14日頃です。 東京や関東が梅雨入りしてから、1週間以内には東北地方も梅雨入りすることが多く、2020年は北陸・東北南部で6月11日ごろ、東北北部で6月14日ごろ梅雨入りしました。 平年の梅雨明けは7月25~28日です。 美しい光景が見られる梅雨の意味や由来について、ぜひ知っておきましょう。 梅雨の意味 6月から7月にかけて、1か月以上の長い期間雨が降り続けるのは、北側にあるオホーツク海高気圧と南側にある太平洋高気圧が日本列島の近くでぶつかり、梅雨前線が生じることが原因です。 また、『デジタル大辞泉』(小学館)によると、梅雨とは以下のように記載されています。 6月ころの長雨の時節。 また、その時期に降る長雨。 暦の上では入梅・出梅の日が決められているが、実際には必ずしも一定していない。 北海道を除く日本、中国の揚子江流域、朝鮮半島南部に特有の現象。 五月雨 さみだれ。 ばいう。 梅雨の由来 では、なぜこの季節を「つゆ」と呼ぶようになったのでしょうか。 これにはふたつの説があり、ともに中国に由来します。 ひとつ目は、雨が降るこの季節にちょうど梅の実が熟すことから「梅」という漢字が使われ、雨季のことが「梅雨(ばいう)」という言葉で日本に伝わったとされる説。 ふたつ目の説は、雨が降って湿度が高くなり、カビが生えやすい時期のため、カビを意味する「黴」の漢字を当てはめた「黴雨(ばいう)」という言葉が生まれたというもの。 しかし、「黴」の字では印象や語感がよくないとされ、梅の季節でもあり同じ読み方をする「梅」を用いて「梅雨」に代わっていったという説です。 「梅雨」が日本に伝わったのは江戸時代とされていますが、その前は「五月雨(さみだれ)」と呼ばれていました。 また、「ばいう」ではなく「つゆ」と呼びだしたのも江戸時代からといわれています。 その理由は、しとしと降る雨の「露(つゆ)」を紐づけた、熟した梅の実が「潰れる(潰ゆ:つゆ)」様子やカビで物が「ダメになる(費ゆ:つひゆ)」様子を連想した、など諸説あるようです。 さらに、「入梅(にゅうばい)」「出梅(しゅつばい)」という言葉がありますが、これは日本で生まれた「雑節(ざっせつ)」という暦日のこと。 ちなみに、二十四節気という暦は、1年を15日程度の間隔で区切って24等分したものですが、雑節は、季節の移り変りをさらに細かく告げるために二十四節気の間に特別に設けられました。 雑節には、入梅や出梅のほかに、節分・彼岸・八十八夜・初午・土用などがあります。 話を梅雨に戻しましょう。 入梅は暦の上で梅雨の時期に入る日、出梅は梅雨の時期が終わる日を表します。 これらは暦の上でのことなので、実際の梅雨入り、梅雨明けの日付とは異なります。 そして「梅雨」が使われている言葉もあるのです。 「山茶花梅雨」の読み方と意味 「山茶花梅雨」の読み方は「さざんかづゆ」。 6月の梅雨の時期ではなく、秋から冬にかけて梅雨のようにぐずついた天候になることがあり、これを「山茶花梅雨」と呼びます。 「空梅雨」の読み方と意味 「空梅雨」は「からつゆ」と読みます。 これは梅雨の時期なのに、雨がほとんど降らず降雨量の少ない梅雨のことをいいます。 「走り梅雨・送り梅雨」の意味 「走り梅雨(はしりづゆ)」は、梅雨入りする前に梅雨の前触れのように、天候がぐずついた状態のことをいいます。 同じように「送り梅雨(おくりつゆ)」は、梅雨の終わりを告げるような、梅雨の終盤に降る雷を伴った雨のことを指します。 かわいいと人気の「ヒロアカの梅雨ちゃん」って誰? 梅雨の名前がつくキャラクターに「梅雨ちゃん」がいます。 これは、堀越耕平氏の漫画作品、通称「ヒロアカ」とも呼ばれる『僕のヒーローアカデミア』(集英社『週刊少年ジャンプ』連載中)の登場人物「蛙吹 梅雨(あすい つゆ)」のこと。 「梅雨ちゃん」と呼ばれていてかわいいと大人気。 梅雨ちゃんのコスプレも流行っているそうです。 そして、それぞれの季節を表現する季語がありますが、梅雨の時期に使われる季語にはどんなものがあるのでしょうか? 梅雨の季語を入れた手紙の挨拶例文 梅雨入りしたときの季語には「梅雨」「入梅」「長梅雨」「梅雨の月」、梅雨の中休みを表す季語には「梅雨晴れ」「梅雨夕焼け」、梅雨明けでは「梅雨明け」などがあります。 これらの言葉は、手紙の書き出しに使うと、相手に「マナーや文化のわかる素敵な女性」という印象を与えることができるでしょう。 季語を使った例文として次のいくつかをご紹介します。 「入梅が近く、ぐずついたお天気の日が続いております」 「梅雨晴れの一日で、夏を感じさせる強い日差しとなりました」 「梅雨明けが待ち遠しいこの頃ですが、いかがお過ごしでしょうか」 梅雨時期に咲く花 最後に梅雨の時期に咲く花についてご紹介しましょう。 牡丹(ボタン) 4~6月頃の春から梅雨の時期にかけて開花するのが、牡丹(ボタン)です。 ボリュームがあり豪華で華やかな牡丹は、気品があふれる花。 原産国である中国では、ゴージャスな印象から「花神」や「花王」という呼び名もあります。 また、春と秋、ふたつの季節に開花する種類もあります。 牡丹の花言葉には、「風格」「富貴」など優雅な言葉が並びます。 紫陽花(アジサイ) 梅雨に咲く花の代表格として、「紫陽花(アジサイ)」も欠かせないでしょう。 雨にしっとり濡れながらも、鮮やかに花が開く様子は美しいものです。 紫陽花は、花に見える部分はガクにあたり、中心部分が花です。 紫陽花の花言葉は色により異なり、ピンクの紫陽花は「愛情」「元気な女性」、白の紫陽花は「寛容」、青の紫陽花は「無情」「辛抱強い愛情」などがあります。 菖蒲華(ハナショウブ) 雨に強く6月頃に開花時期を迎える「菖蒲華(ハナショウブ)」。 5000種以上の品種があると言われ、青や白、ピンク、紫など、色とりどりの菖蒲華があります。 花菖蒲の花言葉は、「信頼」「優雅」「優しい心」などがあり、ギリシャ神話の女神イリスの物語に由来するともいわれています。 梅雨の意味を知ると、女性らしくいられそう 木々や花々が雨に濡れ、街全体がしっとりと映る季節、梅雨。 昔から雨には趣があり、だからこそ日本語には「雨」や「梅雨」を使った美しい言葉がたくさんあるのでしょう。 梅雨の意味や由来を知り、梅雨の季語を手紙やメールでさりげなく使えるような女性は、ステキですよね。 2020年の梅雨は、女性らしさに磨きをかけてみてはいかがでしょうか?.

次の