ココナッツ オイル 体 に 悪い。 食べるだけじゃない!ココナッツオイル全身美容法 [ボディケア] All About

ココナッツオイルの注意点紹介!飽和脂肪酸との関係は?

ココナッツ オイル 体 に 悪い

こんにちは!現役作業療法士(リハビリの専門家)のみやっち( miyabro2)です 今回は、 ココナッツオイルの特徴と高血圧に与える影響について詳しく解説していこうと思います。 その理由は以下の2点。 ココナッツオイルが高血圧の改善に効果があるとの明確な根拠がない• 高血圧の原因は生活習慣が約9割 特に生活習慣が高血圧を引き起こしている場合、まずはその原因を解消していく事が何よりも最優先となるからです。 じゃあ、ココナッツオイルと生活習慣の改善をミックスさせれば良いんじゃない? と思う人もいるかもしれませんが、正直それもあまりオススメできません。 ココナッツオイルは余分なカロリー 冒頭でも書きましたが、高血圧を改善・予防するという部分にフォーカスした場合、ココナッツオイルはオススメできないというか必要はないと思っています。 ですが、高血圧の方でもその他に病気(など)がなければ、 無理に摂る必要はないと考えています。 まず栄養が足りなくなるという事はないですし、脂肪が蓄積しにくいとは言ってもわざわざ余分にカロリーを摂取する必要もないです。 また、脂肪燃焼に不可欠な有酸素運動のエネルギー源は主に脂肪です。 肥満体質の方の場合、有酸素運動を行う為の備蓄エネルギーは十分すぎるくらい溜め込んである為、既存するエネルギーをしっかり使ってあげる事が大切です。 Point! 身体には有酸素運動のエネルギー源である脂肪がある為、ココナッツオイルで余分なカロリーを摂取する必要はない ちなみに、アメリカ心臓協会からの和訳ニュースでは「」とまで言われています。 正直、体に良いか悪いかは試してみなければ分かりませんが、高血圧を改善する為になくても問題ない事は間違いないです。 高血圧にオススメの油はコレ! 「ココナッツオイルは 高血圧の方にはオススメしませんよ!」 とお伝えはしましたが、実は 積極的に摂って欲しい油もあるんです! それが 青魚の油です。 青魚の油に含まれるEPA・DHAには• 中性脂肪の減少• 血栓防止• 血液サラサラ• 動脈硬化防止 など、血管を健やかに保つ作用がたっぷり! また、最近話題の「えごま油」と「あまに油」は、体内でEPA・DHAに変化するので、これらの油を摂取するのもオススメです。 ただ、喫煙や食生活の乱れなどが原因で増えすぎると、細胞を酸化させて老化を促進させる。 ココナッツオイル には「コレステロール値の改善」の効果がある為、動脈硬化の予防に働きます。 その為、脂肪として蓄積されにくいのも大きな特徴です。 ちなみに、ココナッツオイルはサラダ油やコーン油と比較して 約4〜5倍も速く分解・吸収が行われるとも言われています。 お腹周りの膨らみが特徴の内臓脂肪は血圧を上昇させてしまう悪影響がある為、肥満防止は高血圧の予防に繋がります。 また、活性酸素が体内で増加すると血管の動脈硬化を引き起こして慢性的な血圧上昇を招いてしまいます。 ココナッツオイルは、この活性酸素を無害化する事で血管の柔軟性維持に働きます。 ただ、先述したように 既に高血圧になっている人がココナッツオイルを摂取しても他の要因を取り除かないと改善は難しいです。 なので、ココナッツオイルが高血圧の予防に関与する可能性はあるも、原因となっている根幹(生活習慣)を変えないとあまり意味がないという事になります。 みやっち自身も栄養不足をサプリなどに頼っていた時期もありましたが、食事バランスそのものを意識すれば体調は問題なく整います。 ココナッツオイル以外の抗酸化食品• 緑黄色野菜(パプリカ、ブロッコリー、ホウレンソウ、トマトなど)• フルーツ(リンゴ、キウイフルーツ、みかんなど)• アーモンド、ピーナッツ• 下の図はハワイのココナッツ落下の注意看板です。 隕石みたいに落ちてきてたり、大人がペロペロキャンディを持っていたりとツッコミどころは満載ですが、それだけ危険だという事ですね。 出典先: まとめ ココナッツオイルは• 動脈硬化を防ぐ• 太りにくい• 活性酸素を無害化 などの効果もある事から高血圧の予防にも関連します。 ですが、高血圧が改善したとの明確な根拠や論文がない事、高血圧の原因の約9割が生活習慣である事から、ココナッツオイルを活用する必要はないと断言します。 自宅で出来る高血圧にオススメの運動は、こちらで解説しています。

次の

ココナッツオイルが純粋な毒というのは嘘!安全性と効果について

ココナッツ オイル 体 に 悪い

近年流行しているココナッツオイル。 日本だけでなく世界中で流行っているようなんですが、少し前に非常に気になる記事が発表されました。 ココナッツオイルは純粋な毒だとハーバード大学の教授が発言したわけですね。 ハーバード大学という名門大学の教授が発言したということもあって、なんとなくココナッツオイルは危ないんじゃないかと思ってしまいます。 ということで、今回はココナッツオイルは毒なのかどうかについて見ていきましょう。 ココナッツオイルが毒である理由 教授がココナッツオイルが毒だと言い切る理由のひとつに、 飽和脂肪酸の割合が多いということが挙げられます。 飽和脂肪酸は肉などに多く含まれる脂肪酸のことで、摂りすぎると心筋梗塞のリスクが高まるなど身体に悪いとされています。 2016年にWHOが発表した飽和脂肪酸に関するまとめ研究によると、飽和脂肪酸を大量に摂ると心血管疾患のリスクが上昇するとのこと。 2013年に国立がん研究センターが発表した飽和脂肪酸に関する研究によると、飽和脂肪酸の摂取量が多いと心筋梗塞のリスクが高まるとのこと。 2017年に米国心臓協会が発表した研究によると、ココナッツオイルは心疾患のリスクを上げるとのこと。 といった感じでココナッツオイル(飽和脂肪酸)は身体に、特に心臓の健康に悪いという報告があり、先述の「ココナッツオイルは毒」発言に繋がったのかと思われます。 あとは、インパクトのあることを言った方が話題になるのでそれを狙った可能性もあるでしょうか。 目立ちたいというわけではなく、話題になることで何も考えずにココナッツオイルを摂っていた人に考える機会を与えることができるという意味での発言かもしれません。 実際多くの記事でこの話題は取り上げられましたし、ココナッツオイルは毒だと聞いて考えさせられた人は多いかと思います。 さて、ココナッツオイルは毒ということですが実際はどうなのでしょうか? ココナッツオイルに関する研究を見ていきましょう。 ココナッツオイルで炎症が低減するかも 2017年にインドでココナッツオイルを摂取することによる身体への影響について研究が行われました。 研究は、実験参加者58人を• 100gのココナッツオイルを毎日摂る• 100gのピーナッツオイルを毎日摂る 以上の2つのグループに分けて90日間続けてもらいました。 結果 90日間の実験の結果、• ココナッツオイルを摂るとLDL-コレステロール(悪玉コレステロール)とHDL-コレステロール(善玉コレステロール)の両方が増加しました。 ピーナッツオイルを摂るとHDLコレステロールと総コレステロールが減少しました。 どちらのグループも赤血球膜の脂肪酸に影響しなかった。 ココナッツオイルの摂取はジホモガンマリノレン酸の量が増加した という結果が見られました。 ココナッツオイルでジホモガンマリノレン酸が増加 ココナッツオイルで多少血中のコレステロール値に変化が出たようですが、1日100gも摂るという強引な研究なのでそれほど気にする必要はないでしょう。 それよりも、ジホモガンマリノレン酸が増えたというのは注目したいところ。 ジホモガンマリノレン酸は身体の炎症を抑えてくれる脂肪酸の一種です。 本来身体の中でリノール酸という脂肪酸から作られるわけなんですが、現代人の食生活ではその変換が上手くできなくなり、ジホモガンマリノレン酸が不足しがちです。 近年、リノール酸がアレルギーや炎症を引き起こしていると言われる理由は、この変換が上手くいかなくなることでリノール酸が無駄に多い状態になることが理由です。 そのジホモガンマリノレン酸が増えたということはリノール酸からの変換が行われやすくなったと言えそうです。 リノール酸がうまく変換できるようになれば 炎症やアレルギーも減るかもしれません。 そうなれば花粉症なんかも楽になるかもしれませんね。 また、慢性的な炎症が身体に起きていれば健康を害する原因になります。 炎症を抑えることができれば健康に関するリスクを下げることに繋がるので、ジホモガンマリノレン酸が増えるココナッツオイルは毒ではなく健康に良いと言えるかもしれません。 ココナッツオイルの安全性に関する研究 ココナッツオイルが毒と言われていて、その原因が飽和脂肪酸であることをお話しましたが、実際問題はどうなのでしょう。 ということで、2016年にインドでココナッツオイルの安全性について研究が行われました。 研究は、冠動脈疾患の既往歴のある患者200人を• ココナッツオイルを毎日使う• ひまわりオイルを毎日使う という2つのグループに分け、2年間続けてもらいました。 結果 2年間、 心血管疾患に関するリスクに差は見られませんでした。 ココナッツオイルは身体に悪くない 飽和脂肪酸がいっぱい含まれたココナッツオイルを毎日摂ると健康に悪いように思えますが、2年間の研究では 心血管疾患のリスクに影響はなかったということです。 ココナッツオイルを摂ったら心血管疾患が減るというわけではありませんが、心血管疾患が増えるというわけでもなさそうです。 ココナッツオイルは良くも悪くもないと言えるかもしれません。 少なくとも、ココナッツオイルは毒と言い切ることはできないでしょう。 ちなみに南の島に住む人達はココナッツ食べまくりの生活をしていますが、心血管疾患に影響がなかったという報告もあります。 1981年にはポリネシア人の食生活と健康を調べた結果、摂取カロリーの60%をココナッツから摂っていたにもかかわらず心血管疾患の発症が低かった。 1993年にはメラネシア人の食生活と脳卒中・虚血性心疾患を調べた結果、脳卒中や虚血性心疾患が非常に少なかった。 1980年ごろのトケラウ島人がニュージランドへの移住に伴う食生活の変化と健康状態を調べたところ、ココナッツの摂取量が減少するとともに、糖尿病、痛風、高血圧などのリスクが高くなりました。 といった報告もあり、論文のには「 脳卒中および虚血性心疾患はこの集団には存在しないようである」 と書かれるくらいリスクが低かったようです。 他の食生活との兼ね合いもありますが、ココナッツ=悪でないことは確実といえるのではないでしょうか。 ココナッツオイルのダイエット効果 2018年にブラジルでココナッツオイルが体重にどのような影響を及ぼすのか研究が行われました。 研究は肥満女性75人を• ココナッツオイルを毎日摂るグループ• サフラワーオイルを毎日摂るグループ• チアオイルを毎日摂るグループ• 大豆オイルを毎日摂るグループ 以上の4つのグループに分け、500kcalマイナスのダイエット食を8週間続けてもらいました。 また、運動も週に4回50分以上のウォーキングを行ってもらいました。 結果 8週間のダイエットの結果、体重の変化は• ココナッツオイル:8. 54kg減少• サフラワーオイル:7. 19kg減少• チアオイル:6. 54kg減少• 大豆オイル:5. 00kg減少 以上のような結果となりました。 また、5%以上体重を落とすことができた女性の割合は• ココナッツオイル:94. サフラワーオイル:89. チアオイル:89. 大豆オイル:47. 4% という結果です。 さらに10%以上体重を落とすことができた女性の割合においては• ココナッツオイル:22. サフラワーオイル:5. チアオイル:0%• 大豆オイル:0% といった結果となりました。 ココナッツオイルでダイエットが促進される ココナッツオイルを摂るとダイエット効果が高まるという結果でした。 もちろん摂取カロリーはどのグループも有意差なしということでしたので、単純にココナッツオイルを摂ることでダイエット効果が高まったと言えるでしょう。 ココナッツオイルをダイエットのために摂っているという方は多いかと思います。 この研究から見ればやはりダイエットには有効と言えるかもしれません。 もちろん注意は必要です。 飲むだけで痩せるというわけではなく、あくまでダイエット効果を高めるだけです。 摂取カロリーを制限、消費カロリーを増やす状態を作りつつココナッツオイルを摂るとダイエットが捗るということなので、間違えないようにしましょう。 ココナッツオイルの効果その他もろもろ ココナッツオイル(中鎖脂肪酸)に効果に関する研究は他にもありますが、若干怪しいものもあるので適当に並べておきます。 1999年に行われた研究によると、中鎖脂肪酸を摂ることで代謝が高まったとのこと。 2004年に行われた研究によると、ココナッツオイルを肌に塗ると肌の水分と油分が改善した。 2008年に行われた研究によると、ココナッツオイルを肌に塗るとアトピー性皮膚炎が軽減した。 2007年に行われた研究によると、中鎖脂肪酸を摂ることでインスリンの抵抗性・コレステロール値が改善、体重が減少した。 といった効果も報告されています。 このあたりに関しては効果があると良いなー程度に見ておくと良いでしょう。 まとめ• ココナッツオイルは毒ではない• ココナッツオイルはダイエット効果を高めるかも といった感じです。 美容や健康に良いかどうかはまだまだ研究の数が少ないのではっきりと言えませんが、「ココナッツオイルは純粋な毒」でないことは確かでしょう。 ただ、暴飲暴食状態にココナッツオイルを追加すれば単純にカロリー過多によって太ることに加え、飽和脂肪酸が多いことから心血管疾患のリスク増大に繋がる可能性は考えられます。 ちゃんと食事の制限をしつつココナッツオイルを使うのは有効ではないでしょうか。

次の

良質なココナッツオイルとは|4つの効果と様々な活用法ご紹介

ココナッツ オイル 体 に 悪い

この記事の目次• ココナッツオイルはいつ飲むべき? 実はココナッツオイルは期待している効果によっても若干摂取するべきタイミングも変わってきます。 自分がココナッツオイルをなんの目的で使っていくのかというところで使い分けていくのが理想的です。 認知症の予防・改善をしたい場合 まずココナッツオイルを認知症などの症状を予防したり、現状の症状を改善していきたいという目的を持っている場合については血中のケトン体レベルをなるべく常時上げておくようにする必要があります。 そのため、1日1回ではなく朝、昼、夕と言った具合で毎食時にココナッツオイルを摂取するようにしていくと最も効果的となります。 ただし、どのくらいのスピードで脳のエネルギー源となって使われるようになるのかには個人差があります。 なのでココナッツオイルを摂取してからどのくらいの時間で症状が改善されているかよく見極めながら摂取するタイミングについても微調整するようにしていくのがベストです。 ダイエット目的の場合 ではココナッツオイルでダイエットをしていきたいという場合はいつ飲むべきなのか。 この場合は、認知症の予防や改善を目的としている場合よりはもう少しタイミングの条件もゆるくなります。 できることなら毎食時に摂取するほうがいいのですが、毎食のようにココナッツオイルの甘い香りに合う食べ物を食べるというわけでもないと思います。 なので朝のようにトーストなどを食べるときにはそのトーストにココナッツオイルをつけて食べるようにして、日中にはコーヒーに混ぜて飲んだり、デザートに混ぜるというようにしていきながら自分の負担にならないように取り入れていくのがいいでしょう。 ココナッツオイルをダイエット目的で利用する場合は摂取するタイミングよりも 1日大さじ3杯から4杯程度をきっちり継続して摂取するということの方が重要となります。 ちなみにスピード重視でダイエットをしたいという時は、スムージーや青汁などにココナッツオイルを溶かして1食だけ置き換えるようにして摂取するとより早く体重を落としていくことができます。 また、就寝前にココナッツオイルを飲むようにするとココナッツオイルに含まれるダイエット成分の吸収効率が高まるのでダメ押しで寝る前にも大さじ1杯くらいのココナッツオイルを摂取していくとより効果が高まります。 美容目的の場合 それでは最後にココナッツオイルを美容目的で摂取するという場合についてもお伝えしていきます。 この際も摂取するべき量としてはダイエットや認知症などの症状改善を目的としている時と同様で1日大さじ3杯から4杯ほどが理想的となります。 摂取するタイミングとしては第一に日中に 空腹を感じたタイミングがいいと言われています。 これは空腹を感じるくらいにお腹の中に食べ物などが入っていないくらいの時だと消化吸収が非常に効率的に行えるようになっているので、ココナッツオイルの成分を残さずしっかり体内に吸収させることができるからです。 しかし、ココナッツオイルの美容に役立つ成分は胃腸に対する負担も少なからずあるので空腹時だけではなく食後にも飲むようにするとバランスがとりやすくなります。 ちなみに美容に対して密接な関係性のある成長ホルモンが大量に分泌されるのは 眠りについてから3時間後となっているので、上手く美容効果を高めるためには寝る前にもココナッツオイルを飲んでおきたいところです。 摂取バランスと飲むタイミングが偏ると危険性も ここまで目的別でココナッツオイルの摂取するべきタイミングなどについてお伝えしてきましたが、その内容に共通しているところとして1日の中で摂取する時間帯にはかなり開きがあるという点があります。 朝だけで3杯摂取とか、夜だけで3杯摂取というような飲み方は推奨しておりません。 ココナッツオイルは脳の神経細胞のエネルギーとして使われるだけでなく、筋肉などでも使われています。 そのためエネルギー代謝が日中と比べて落ちやすい傾向にある 夜間にあまりたくさんのココナッツオイルを摂り過ぎるとエネルギーオーバーになって太ってしまう危険性なども少なからずあります。 同じような時間帯に2杯以上のココナッツオイルを摂取するのは控えて、大さじ1杯ずつ時間を開けて摂取するようにしていくというのはどんな目的でココナッツオイルを摂るにしても共通している注意点となります。 まとめ 今回は目的別にココナッツオイルをいつ飲むと効果的になるのかということで摂取するべきタイミングと、タイミングを考慮する際の注意点についてお伝えしてきました。 簡単にまとめると・・・ 認知症予防の場合は毎食時、ダイエットの場合は食事の際や休息時、美容の場合は空腹時や就寝前といったところになります。 最初のうちは慣れないところもあると思いますので、1日1杯くらいからはじめて、徐々に慣れてきたら回数を増やしていくようにするのがいいですね。 参考記事:.

次の