内定者研修 メール。 内定者研修のキモはこれ!設計のコツから面白プログラム内容まで

内定者研修は参加するべき?入社前研修について徹底解説

内定者研修 メール

内定者フォローのメール【例文】 今日からすぐ使えるフォローメールの例文を、内定通知後~入社前までの段階別に紹介します。 先日は内定承諾のご連絡、ありがとうございました。 さっそくですが、来年度の入社までのスケジュールをお知らせします。 10月の内定式では昨年入社の先輩とお話いただく時間もありますので、奮ってご参加ください。 今後ともどうぞよろしくお願いします。 今年は厳しい暑さですが、元気でお過ごしでしょうか。 さて、来る10月1日に内定式を実施しますので、このメールに出欠をご返信ください。 出席、欠席いずれの場合も9月15日までにご連絡をお願いします。 仕事内容や残りの学生生活の過ごし方など、気軽に尋ねてみてください。 不明点がありましたら、遠慮なくご質問ください。 どうぞよろしくお願いします。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 内定式、先月の研修ともに、参加いただきありがとうございました。 今月20日、21日に続きの研修を行いますので、内容の確認と出欠のご連絡をお願いします。 出席、欠席いずれの場合でも1月15日までにご返信ください。 不安や疑問点はいつでもご相談ください。 どうぞよろしくお願いいたします。 いよいよ入社式が来月となりましたので、ご案内いたします。 <入社式 4月1日> 9:00 本社ロビー集合 ……予定を記載 詳細につきましては、本日入社案内を発送いたしましたので、届き次第ご確認ください。 これからどうぞよろしくお願いいたします。 (署名) 内定者が嬉しいと感じるフォロー内容とは 事務的な連絡だけでなく、一人一人に配慮していることが伝わってくるメールは、内定者にとってやはり嬉しいようです。 不安を解消するコミュニケーションができれば、内定辞退のリスクを下げることにもつながります。 リクルーター社員などと役割分担をしつつ、親身なフォローを目指しましょう。 なお、上記でご紹介したフォローメールはあくまで例文です。 メールをやり取りする方と学生の関係性によっては、あえて「やわらかい表現」や「くだけた表現」を使い、文面が硬くなりすぎないよう工夫しても良いでしょう。 もちろん、上記の内容以外の文章を付け加えても構いません。 悩みや不安に寄り添ってくれる 例えば研修課題に自信がないことや、内定者イベントの参加をためらっているなど、不安や悩みを示唆したときに事務的・威圧的な対応をせず、内定者の不安を一度受け入れることで、安心感を抱いてくれる可能性が高まります。 第一志望の会社の内定を得た学生であっても、人生の節目を迎え不安を感じていてもおかしくありません。 悩みを打ち明けられたら、突き放さず向き合う姿勢を見せましょう。 社会人としてのアドバイスをくれる これから新生活を迎える学生にとって、学内ではわからない社会人経験を踏まえたアドバイスは貴重です。 引っ越しなどの生活面から、仕事を覚えるときのちょっとした習慣まで、日常会話をできる機会があれば伝えてみても良いでしょう。 質問に明確に答えてくれる マイナス面でもごまかさずに、質問に率直に答えてくれる企業は信頼感が向上します。 昨今では企業の評判がSNSで拡散することも多いため、欠点を取り繕うよりもきちんと伝える方が結果的に信用を獲得できると考えても良いのではないでしょうか。 会社の印象が悪くなるフォロー内容に注意 反対に、フォローの内容が不適切だと印象が悪くなり、最悪の場合内定辞退を招いてしまうかもしれません。 閉鎖的なコミュニケーションはトラブルの遠因になり得ますので、複数の社員がログを確認できる状態で進めることをおすすめします。 それでは注意しておくべきポイントを紹介します。 メールの頻度が多すぎる・少なすぎ 内定通知後、連絡の頻度が極端に偏っていると、あまり良い印象につながりません。 多すぎると授業や卒業論文が残っている学生に負担をかけることになり、音沙汰ない状態では入社して大丈夫なのかと不安を与えてしまいます。 内定通知の際に今後のスケジュールを伝えておくなど、相手を連絡の多寡で振り回さないよう工夫しましょう。 極端に事務的・くだけすぎ メールの頻度とともに、距離感にも気をつけたいものです。 常に事務的な内容、温度感だと人によっては冷淡に感じることもあるため、可能な範囲で個人に寄り添った内容を盛り込むと良いでしょう。 特に注意すべきなのは、親しみやすさを重視するあまり必要以上にくだけた態度になってしまうことです。 内定者は不快だと感じていても言い出しにくい立場であることを理解し、あくまで会社の顔として節度を持った振る舞いを心がけましょう。 「オワハラ」になってしまっている 内定者の意思確認は企業にとって非常に重要ですが、本人が返答する前に畳み掛けて連絡をしたり、他社との内定で迷っているときに無理に決断を迫ってはいけません。 いわゆる「オワハラ」と捉えられ、入社を断られるリスクもあります。 適切な検討期間を設け、必要があれば質問や悩みに応えられるのがベストです。 まとめ 内定者に送るメールは、単なる連絡だけでなくフォローとしても重要な役割を果たします。 全体連絡を採用担当者から行い、個別の相談はリクルーターと協力するなど、役割分担を検討しても良いでしょう。 不安の多い時期に相手に寄り添い、より入社したくなるような丁寧なコミュニケーションを心がけましょう。 今回はひとつの手段であるメールでのポイントを紹介しましたが、欲しい人材の内定辞退を防ぐためには、あらゆるタイミングで内定者とコミュニケーションを取る必要があります。 「」では企業の誠意と魅力が伝わる接し方を紹介していますので、ぜひご覧ください。

次の

内定者研修の効果を最大化する9つのポイント!最適な時期やプログラム例も

内定者研修 メール

研修の参加案内メールについて 社員育成を積極的に行う企業は、社内研修だけではなく、社外からも講師を呼んで研修を行う事もあります。 研修が開催される日が決まったら、社内に参加案内メールを送る必要があります。 「どういう風に書くべきか上手くまとめきれない」という研修担当者の方の向けに、研修の案内メールについて紹介します。 研修の参加案内メールの書き方 参加案内メールの書き方は、基本的にはビジネスメールのマナーと一緒です。 件名でメールの内容がわかるように• 本文冒頭で誰宛なのか書く• 要件から伝えるのではなく、挨拶から始める• 最後は締めの挨拶を書く 上記4つのポイントを抑えておきましょう。 また、参加申し込み方法など、研修の詳細を書く時は、出きるだけ箇条書きにして簡潔に書くようにしましょう。 ビジネスメールのマナーに不安のある方はこちらをご覧ください。 ビジネスメールを書く際のマナーはどんなものがありますか? 2点お聞きしたいことがございます。 ビジネスメールの作成する上でのマナーはありますか。 また、世の中に出回ってるビジネスメールの書き方や表現 マイナビやリクナビなどのサイト の信憑性について、ご教示いただきたいです。 事務でメールをやり取りしていました。 だいたいあんな感じですよ? むしろ 研修の参加案内メールの文例 参加案内メールの例文を用意しました。 社外の方に送る場合は、会社名と部署名、役職名など、全て記入する必要があります。 人事部の〇〇です。 詳細は以下の通りです。 日時:〇月〇日(〇曜日)10時〜19時 会場:本社3階 会議室 講師:サンプル株式会社 部長 〇〇様 準備物:筆記用具、ノートもしくはメモ帳 講義内容:(1)ビジネスマナーの基本 (2)顧客先での対応マナー お問い合わせ:人事部 〇〇(内線番号〇〇) 当日は、10時開始となっておりますが、10分前までには席に着席して下さい。 宜しくお願い致します。 関連相談• 社内研修の参加案内メールについて 社内研修の参加案内メールの書き方 社内研修の場合も、前章で紹介した「研修の参加案内メールの書き方」と同じです。 社外から講師を呼ぶ場合は、講師のプロフィールを簡単に書くと良いでしょう。 その後は、ほとんど文例通りで大丈夫でしょう。 社内研修の参加案内メール文例 「研修の参加案内メールの例文」とほぼ同じなので、割愛致します。 前章で紹介したように• 件名でメールの内容がわかるように• 本文冒頭で誰宛なのか書く• 要件から伝えるのではなく、挨拶から始める• 最後は締めの挨拶を書く 上記4つのポイントを抑えて、社内研修の案内メールを作成しましょう。 関連相談• 内定者研修のお礼メールの送り方 内定研修を無事に終えたら、「お礼メール」を忘れずに送るようにしましょう。 お礼メール自体は必須ではありませんが、社会人として 「相手を労う」「感謝をする」という事が出来る人は、印象も良いです。 この章では、内定研修後のお礼メールの送り方について紹介します。 お礼メールを送るときの注意点 お礼メールを送る時に気をつけたいポイントですが、• お礼メールは、24時間以内に送る。 送信前に誤字脱字がないか確認する。 上記2つのポイントは、押さえておきましょう。 お礼メールは企業営業時間内に送る事が理想的とされています。 メールの返信に時間がかかる場合どのようにすれば早くなりますか? メールが届いたが、返信することに時間がかかる場合、下記のうちどういったメールを送ればいいのでしょうか。 〇〇様 お忙しい中のご連絡ありがとうございます。 〇点お伝えしたいことがあります。 先程、メールの受信を確認致しました。 内容につきましては、再度確認次第すぐに連絡します。 まずはメールの受信のお知らせで失礼します。 伝達事項は以上です。 何卒よろしくお願い致します。 それ以外 社内のメールでしょうか?確認に時間がかかると言っている割に文章が長いので、受け手はメール書いてる時間あったらすぐ調べて!と思うかもしれません。 社内向けにしては少し丁寧ですがこんな感じでいかがでしょうか。 また、誤字脱字がある場合、細かい確認が出来ない人という印象を与えてしまうので、確認をしっかりと行うようにしましょう。 内定者研修のお礼メールの書き方 内定者研修のお礼メールでは、• 件名に誰宛のお礼メールが分かるようにする• 内定者研修の感想とお礼を書く• 最後に挨拶と署名を入れる 上記3つを必ず書くようにしましょう。 これらの項目をしっかりと書くと、「誰から誰宛に送ったメールなのか」「どんな内容のメールなのか」が明確になり、企業の方も見やすいメールになります。 内定者研修のお礼メールの例文 内定者研修のお礼メールについて例文を紹介します。 これまで紹介した、• 締めの挨拶 などをしっかりと書くようにしましょう。 しっかりと件名や最後の締めの挨拶、署名などをしっかりと記入できれば、マナーがある学生として好印象です。 この度は内定者研修を開催していただき、ありがとうございました。 先輩社員の皆様から、様々なお話を聞く事ができました。 改めて貴社から内定を頂けて良かったと、心から感じました。 今後共、ご指導の程よろしくお願い致します。 --------------------------------------------- 署名 --------------------------------------------- 関連相談• 内定先からの確認メールの返信例 内定先から、入社前に研修の案内などメールを貰う事は多いと思います。 内定先から届いたメール本文に「返信不要」という言葉がない限りは、返信するようにしましょう。 返信する事で、 内容を確認したと相手に伝えることにもなるので、メールの返信は、ビジネスメールのマナーのひとつです。 内定先からメールがあった時の返信マナー 新卒の方がよく失敗するメールの返信で「挨拶なしで要件を伝える」方がいます。 新規作成、返信メールに関わらず、必ず挨拶から書くのが基本です。 挨拶なしで要件だけを伝えるのは、「マナーがない人」と思われるので、絶対に避けるべきです。 返信メール、新規メール関わらず、 簡単に挨拶をして要件を伝えるという事を忘れないで下さい。 メールを返信する上での社会人としてのマナーは何ですか? メールを返信する上での社会人としてマナーは何ですか。 時間帯を配慮しつつ、即レスで返信するのはあまりにも難しいのでは??と感じてます。 文面が丁寧なら特に何も考えずに送ればいいです。 以前にお世話になったとかなら、先日はありがとうございました、とか気持ちを伝える言葉を加えたりした方が良いですが、基本は下の簡単なフォーマットで十分です。 内定式の案内メールは参加・欠席・保留であっても返信する 内定式の案内メールがきた場合、参加する場合はメールを返信すると思いますが、「欠席や保留の場合は返信しなくても大丈夫」と思っている方もいるはずです。 しかし、それは間違いです。 内定式を欠席、保留する場合でも 1回は返信するようにしましょう。 その際、内定式前日など ギリギリまで待ってもらうのはマナー違反です。 早めの返信を心がけるようにしましょう。 内定先への返信メールの例文 内定式への返信メールの例文を用意しました。 挨拶をした後に自分の名前を名乗る事もマナーです。 また、本文の最初に 誰宛に送ったメールなのかという事が分かるようにすると良いでしょう。 内定式のご案内ありがとうございます。 是非出席させて、いただきたいと思います。 宜しくお願い致します。 頂いた、資料を記入の上、印鑑と共に当日お持ち致します。 内定式当日を楽しみにしております。 以上、宜しくお願い致します。

次の

内定者研修内容の3つのポイント

内定者研修 メール

この記事の目次• 内定者研修ってどんなもの? 内定した企業がどんな企業かと気になる一方で、内定者研修には参加しなければならないのか、どんなことをするのかなど不安になりますよね。 そんな内定者研修の疑問点についてご説明します。 内定者研修の目的・内容は? 内定者研修は、初めて社会人となる内定者の方々が、 入社後に少しでもスムーズに就業することが主な目的です。 これから社会人として働いていく上で基本となる礼儀作法や、内定した企業の理念などを理解する機会となります。 ・社会人としての意識を持つ ・企業の理念や業務への理解を深める ・ビジネスマナーを身に付ける ・企業と内定者のコミュニケーションを図る ・同期の方たちと親睦を深める ・内定者の不安を少しでも解消する 上記の内容以外にも企業によっては、さまざまなカリキュラムが用意されています。 内定者研修の実例は次章でもご説明しますので参考にしてください。 内定者研修の時期は? 内定者研修は、内定式がある10月以降、すぐに始まる企業や入社前の2~3月に実施する企業などさまざまです。 1日だけ懇親会が催されたり、研修が 複数回行われたり、 1週間など長い期間の場合もあります。 入社前ではなく入社後に研修を始める企業もあります。 内定後に連絡がこないなど予定を知りたい場合には確認することは失礼ではありませんので問い合わせをしてみましょう。 賃金は発生するのか 強制参加の研修であれば賃金が発生する決まりになっています。 しかし、研修の案内に強制かどうかを明記している企業はほとんどないといえます。 内定とは 「始期付・解約権留保付労働契約」を結んだことになり、法的には入社前に研修を強制することはできません。 参考: 企業側は ぜひ参加してほしいという意図がありますが、賃金を支払うかどうかはその企業によって違います。 賃金が支払われる場合には、4月分の給与に研修分を上乗せする場合があります。 また、交通費や昼食代は別途支給されるのが一般的です。 内定者研修は欠席できるのか 本来、 内定者研修は強制ではありませんので欠席することができます。 企業側は研修に欠席した内定者がいても、 評価を下げることや内定取り消しをすることはできません。 実際は、内定が決まって研修に参加しないとなると、やる気があるのかと疑われて印象を悪くしてしまうこともあるので身内の不幸など特別の事情がない限り、ほぼ出席しているのが現状です。 研修に参加するメリットとして、 勤める企業の情報や雰囲気を知ることができますし、 自身にとって今後に活かせる内容もありますので参加することをおすすめします。 内定者研修が決まったら 内定通知とともに内定者研修の案内が届くことがあります。 内定後、すぐにではなくても入社までの間に研修が行われると想定しておきましょう。 内定者研修が決まった後の研修案内への返信や準備などご紹介します。 案内メールへ返信しよう 研修案内のメールが届いたらできるだけ早く、遅くても 24時間以内に返信をしましょう。 また、 案内メールに返信(Re:)して件名を変えないことがポイントです。 担当者は複数の相手に送信している場合があり、メールの判断が容易になるからです。 企業の人事担当者はこの時期いろいろな業務に追われて忙しい可能性がありますのでなるべく負担をかけないようにしましょう。 <例文1 参加の場合> 〇〇会社 人事担当 〇〇様 お世話になっております。 〇〇大学4年の〇〇〇〇と申します。 ぜひとも参加させていただきたく、どうぞよろしくお願いいたします。 以上、よろしくお願いいたします。 〇〇大学 〇〇〇〇 <例文2 参加できないことがわかっている場合> たいへん申し訳ございませんが〇月〇日は、〇〇と日程が重なり、参加することができません。 誠に残念ですが今回の〇〇研修は欠席とさせていただきます。 <例文3 参加するために努力することを伝える> この度は〇〇研修を行っていただけるとのことですが〇月〇日は〇〇の予定がありますので、たいへん申し訳ございませんが欠席とさせていただきたく、よろしくお願いいたします。 もし、〇〇の変更が可能でしたら、またすぐに参加させていただく旨ご連絡いたします。 研修参加の返信を送った後、 急きょ欠席しなければならなくなった場合、 早めに電話連絡をいれ、メールでも連絡をします。 電話が通じた場合でも お詫びのメールを送ることが礼儀です。 気になる内定者研修での服装 特に服装の指定がない場合には、リクルートスーツででかけましょう。 複数日ある場合には、中のシャツなどを変えて出席しましょう。 ヘアスタイルやヘアカラー、バッグや靴なども無難にまとめることをおすすめします。 服装は印象を大きく左右します。 特に規定がなくても 悪い印象になるのはもったいないことです。 軽装と指定された場合は、派手な色やデザイン、デニム、サンダル、素足などをさけてカジュアルでも ジャケットがある方がおすすめです。 研修内容を記録しておくこと 研修後に研修報告書やレポートの提出を求められることがあります。 入社後、多くの報告書を作成することになりますが、これが報告書作成の第1歩になります。 読み手にわかりやすく整理し、あなたの 意見をうまくまとめた文章を書くために研修中から 研修内容や所感などのメモをとっておくことをおすすめします。 報告書の「所感」とは、よかった、難しかった、ためになったなどの 単なる感想だけではなく、気づきや改善点、疑問点などを具体的に付け加えて簡潔な文章をめざします。 このような習慣が身についていると今後も業務上、大いに役立ちます。 は、未経験からのエンジニア・Webデザイナー転職を実現するスクールです。 テックキャンプは、 オンラインでプログラミング学習が可能。 「 徹底したサポート」と「 やりきらせる学習環境」をオンラインでも提供しています。 転職成功率は 99. 学習完了後、当社の転職支援利用者の転職成功率 キャリアに悩んだら、テックキャンプの を受けてみませんか? あなただけのキャリアプランが作れます。 は簡単なので、ぜひご利用ください。 内定者研修のプログラム例 近年は少子化や売り手市場の傾向であり、 内定辞退や入社後の離職者をなるべく出さないために内定者研修の内容についてさまざまな取り組みが行われています。 「 入社前の過度の期待感」と 「入社後の仕事の厳しさに直面する 」 ギャップをなくすために実質的な業務にふれるプログラムが注目されています。 ビジネスマナー 社会人としての 心構え・身だしなみ・ふるまい・企業に所属する意識・コンプライアンスなどビジネスパーソンとしての基本と 挨拶・言葉遣い・電話の受け方・来客応対・名刺交換などの実践的な内容を学びます。 ビジネス文書作成 報告書・議事録・申請書などの 社内文書、案内状・お礼状などの 社外文書、メール、FAXなどさまざまなビジネス文書の特徴を理解し、 敬語・敬称・時候の挨拶・慣用表現など基本的な文書の書き方を習得します。 パソコンスキル ビジネスにかかせないWindowsやメール・エクセル・ワード・パワーポイントなどの パソコンスキルとビジネスソフトの基礎を学ぶ研修です。 eラーニングなどオンラインプログラムでの研修が多く利用されています。 また、業務に関わる ビジネス英語や中国語などの語学力を入社前から身に付けてほしいと専門のセミナーやオンラインセミナーの研修プログラムが利用されています。 効果的な自己アピールのための自己紹介を練習します。 他己紹介は初対面の 相手の特長を短時間で把握し、他のみなさんへ 伝える表現力を鍛えます。 また、アイスブレイクとしてコミュニケーションを深めたり、お互いを理解する効果もあります。 グループワーク 5~6名程度の人数でグループをつくり、皆でひとつの課題に取り組みます。 力を合わせてものを作ったり、調べた内容をまとめて発表したりします。 チームで作業して効率よく仕上げるためには 自分の役割を理解し、動くことが重要です。 このチームプレー研修での内容によって個人の特性を観察し、配属先が考査される場合もあります。 ゲーム式 研修で使われるゲーム形式のメニューにはたくさんの種類があります。 知識を得るタイプの研修は個人でもできますが、人との関わりを学ぶ研修はこのような機会で行うことが効果的ですので研修では多く活用されています。 コミュニケーションやチームワーク、交渉力、など現実の業務に必要とされる経験をゲーム感覚で楽しく学べます。 運動系 こちらは内定者にとってあまり評判がよくありませんが、 身体と心を鍛えるという意味で山登りやトレーニングなど体育会系なみのカリキュラムが組まれた研修をする企業もあります。 1週間~2週間の合宿生活で長時間拘束に耐え切れず途中でリタイヤする内定者もあらわれます。 度を越した厳しい研修内容で問題となった企業もあり、注意が必要です。 この記事のハッシュタグ• 内定後のおすすめ情報 内定が決まってもし時間がとれるようでしたら、 自分磨きを行うのも社会人として必要な能力といえるでしょう。 趣味に没頭したり、思い切って旅行に出かけたり、セミナーやスクールでスキルアップしたり貴重な時間を有意義に過ごしましょう。 入社前に準備しておくこと 社会人になるとやりたいと思っても忙しくてできなくなることがたくさんあります。 入社前に心も身体もばっちり準備しておきましょう。 自分磨きをしよう 社会人になると生活のペースが変わってしまいますので残りの学生生活を思う存分楽しみましょう。 趣味にはまったり、いろいろなイベントに参加したりアウトドアや旅行に出かけるなどゆったりとした時間を楽しみましょう。 遊びやイベントで いろいろな経験をしたり人脈を広げたりすることも自分にとってプラスにはたらきますのでおすすめです。 ITのスキルアップ 内定前研修のメニューに組み込まれることの多いPCスキルに加えて 少し進んだITスキルを身に付けておくと自分のスキルとしてたいへん役立ちます。 MOS(Microsoft Specialist)やITパスポートの資格を取得したりすることや、もう1歩すすんで プログラミングの勉強をすることも自分の強みとなります。 プログラミングを短期間で習得できるスクールもありますので入社前にマスターすることも可能です。 おすすめのプログラミングスクール テックキャンプ プログラミング教養 最短1か月で未経験者から実践的な技術を身に付けることができる「 短期集中カリキュラム」と個別学習で効率的に習得できます。 無料体験や疑問点解消のためのサポートも充実し、安心して学ぶことができます。 Code Camp オンラインの マンツーマンプログラミングスクールです。 こちらも最短1か月でプログラミングを習得することができます。 ワークショップなども用意されており、気軽に参加することができます。 出典: ELITES CAMP 土日に日本各地でプログラミングキャンプが開催されています。 開催日はまる 1日集中して取り組みますが、 平日もサポート体制が整っているので安心です。 出典: ビジネススキルをあげる 各地でさまざまなビジネスセミナーが開催されています。 興味のある分野があればどんどん参加してみましょう。 視野を広げたりビジネスに関する知識を増やしたりすることも今後の自分に大いに役立ちます。 新聞やビジネス書を読むこともおすすめします。 こんな企業には気を付けよう 内定時に提示される「 雇用契約書」や「 労働条件通知書」の内容をよく確認しましょう。 「雇用契約書」には職種・勤務地・雇用期間・雇用形態・給与・通勤手当・残業手当など・休日・勤務時間・福利厚生・給与の締め日や支払日などが記載されています。 事前に提示された雇用条件との相違や疑問点があれば遠慮なく確認してください。 また、内定時に「雇用契約書」などが届かない場合にも企業へ確認することが必要です。 前述したように内定者研修について、参加を強制して賃金を払わない企業は違反になります。 実際にはこのような企業は 入社後もいろいろな問題が起こる可能性が高いので入社を検討するべきでしょう。 その他に確認する方法としては、インターネットなどの書き込みやその企業の求人状況を見てみましょう。 いつも求人が出ている、全体数に対して求人の人数が多いなどの場合は 離職率が大変高いことが予想されます。 内定者研修の内容にも注目し、長時間の拘束や業務からかけ離れた苦行を強いる、研修費用を内定者が負担するなどの場合も注意が必要です。 まとめ 内定者研修についていろいろな情報をまとめてみました。 ポイントとしては、内定者研修は強制ではないので不参加でもペナルティや内定取り消しはできないということです。 しかし企業側も費用をかけて研修を実施し、あなたに期待をしています。 誠意ある行動をとり、自分自身の目で内定先企業を観察することも重要です。 新しい1歩を踏み出す就職先で有意義なキャリアを積んで充実した人生への第1歩となるように頑張ってください。

次の