メッセージ iphone 拒否。 iPhoneのメッセージ(SMS)を受信拒否する方法!拒否設定は相手にバレる?

iPhoneのメッセージ(SMS)を受信拒否する方法!拒否設定は相手にバレる?

メッセージ iphone 拒否

iPhoneのメッセージアプリでは、 SMS・MMS・iMessageの3種類のメッセージが使えます。 SMSは電話番号で、MMSはキャリアメールで、iPhone同士はiMessageで、と様々な方法が選択できるので、メッセージを使いこなすと非常に便利です。 そこで本記事では、 iPhoneのメッセージアプリの概要、料金、使い方などをSMS・MMS・iMessageに分けてそれぞれ紹介。 また、メッセージの 個別・一括削除、復元、受信拒否する方法や、メッセージが送れない トラブル時の対処方法も確認できます。 後半では、「ステッカー機能」のアプリダウンロード方法や使い方も紹介しているので、iPhoneのメッセージアプリを便利に楽しく使いこなしましょう。 通常のメールとは違い、LINEのような チャット仕様で画面が表示されるので、見やすいのが特徴です。 SMSは電話番号同士、MMSはソフトバンクとauユーザーのキャリアメールを送受信できます。 iMessageはiOS間なら無料で送受信可能で、送信先端末やApple IDを自動識別してくれる便利なサービスです。 以下で、それぞれの細かい特徴や料金の違いについて紹介していきます。 SMS・MMS・iMessageの特徴・料金を比較 ここでは、 SMS ・MMS ・iMessageのそれぞれの特徴や料金の違いなどを比較します。 jp softbank. 設定アプリを開く• 「メッセージ」をタップ• 「iMessage」をオンにする• 「送受信」をタップ• 「サインイン」をタップ• 使いたいメールアドレス・電話番号のみにチェックを入れる 既読(開封済み)のオン・オフの設定 iMessageには、メッセージを読んだことを相手に知らせる「 開封証明」という機能があります。 LINEの既読とよく似ていますが、異なる点もあるため以下で紹介します。 相手に既読をつけるか自分で設定できる• 全体設定と個別設定どちらもOK• 開封証明をオンにすると開封時刻も表示される iMessageの開封証明は開封時刻まで表示されるため、LINEの既読機能よりも詳細な情報が相手に伝わります。 ただし、開封証明は オン・オフを自分で自由に切替えたり、相手によって 個別設定もできるので「この人には既読をつけたい(つけたくない)」など、状況によって使い分けられるので便利です。 設定したい相手とのメッセージ画面に行く• 「情報」をタップ• iMessageが送れないときにSMSで送信するかを設定 メッセージアプリでは、 何らかの原因でiMessageが送れないときにショートメール(SMS)で代用する設定も可能です。 急いで連絡をとりたい時は、自動でSMSに切り替えてメッセージが送れるので便利です。 ただしSMSの送信は 通信会社によって通信料がかかるので注意してください。 設定アプリを開く• 「メッセージ」をタップ• 相手がiMessageをオンにしていない• 電波環境がよくない• その他のサーバトラブル 相手がiPhoneユーザーであっても、iMessageをオフに設定していると送信ができません。 また、iMessageの送受信にはネット環境が必要なため、地下鉄や飛行機など通信環境が悪い場合はエラーになる場合があるので注意しましょう。 件名・文字数を表示させる メッセージアプリでは、メールと同じように 件名を表示させたり、あとどのくらい文字が入力できるか確認するために 文字数を表示させることも可能です。 ただし、 文字数が表示されるのはSMSのみです。 明確な文字数制限の無いiMessageやMMSは表示されないので注意しましょう。 設定アプリを開く• 「メッセージ」をタップ• 「MMSメッセージ」をオンにする• メールアドレスが無い場合は、仮で「1234」と入力してもOK iPhoneのメッセージを復元する方法 iPhoneのメッセージを誤って消去してしまった場合、一旦保存される「ゴミ箱」がないため 基本的に復元不可能です。 ただし、パソコンの専用ソフトを使用すれば復元できる場合もあります。 以下に、 iPhoneのメッセージを復元できる無料ソフトを紹介します。 メッセージを送信できない・届かないときの対処法 ここでは、 メッセージが送れない・または届かない時の対処法を紹介します。 焦らず、考えられる原因を一つ一つ確認していきましょう。 文字数制限を超えていないか確認する まずは、 メッセージの文字数制限を超えていないか確認しましょう。 iMessageには文字数制限がありませんが、 SMSには70文字の文字数制限があり、超過した場合は送信できません。 またMMSの場合も、auは3MB・ソフトバンクは2MBまでのデータサイズが決められているため、規定内のサイズに収まるように調整してから送信しましょう。 文字数制限を超えていないか確認しながら入力したい場合は、にすると便利なので試してみてください。 iMessageをオフにしてSMSで送信する 次に、 iMessageをオフにしてSMSで送信してみましょう。 iMessageはApple製品同士であることが条件なので、送信相手がiPhoneからAndroidに機種変更している場合はiMessageが送れません。 その場合は、以下の方法で解決します。 設定アプリを開く• 「メッセージ」をタップ• 「iMessage」をオフにする• 自分・相手側のメッセージアプリの設定を確認 それでも送れない場合は、 自分と相手のメッセージアプリの設定を確認しましょう。 まずは自分側の設定が・が済んでいるかをチェックしてみてください。 さらに、送信相手を誤ってしていないかも併せて確認しましょう。 自分側に問題がない場合、相手の設定に原因がある可能性があります。 別の連絡手段がある場合は、改めて設定確認をお願いしてみましょう。 iMessage画面を開く• 下部のメニューをスワイプして、三つの点が並んだ「その他」をタップ• 削除したいステッカーをスワイプして「削除」をタップ まとめ いかがでしたでしょうか。 本記事では、 iPhoneのメッセージアプリの概要、料金、使い方や個別・一括削除、復元、受信拒否する方法などを紹介しました。 SMSは電話番号のみで送受信できますが、テキストのみ70文字の制限があります。 MMSは画像も送れますが、キャリアメールのみでドコモは非対応なので要注意です。 iMessageは無料で文字数無制限・既読機能もつけられて便利なので、iOS同士の場合は活用しましょう。 また新たに追加された「ステッカー機能」はLINEスタンプのように使えるので、好きなステッカーをダウンロードしてメッセージのやり取りを楽しみましょう。 最後に本記事のまとめをおさらいします。

次の

キャリア別に教えます!SMSを拒否する設定方法と注意点2つ

メッセージ iphone 拒否

各種迷惑メール対策の設定• 設定方法について各設定項目からご確認いただけます。 迷惑メールフィルター 蓄積されたスパム(迷惑メール)データベースをもとにメールの内容を機械的に判断し、スパムと判断されたメールの受信をブロックします。 [初期設定]• 標準 なりすましメール拒否設定 なりすましメールとは送信元メールアドレス(Fromメールアドレス)を詐称したメールです。 携帯電話・PHS事業者のドメインに詐称したメールをブロックすることができます。 [初期設定]• 2009年7月13日以降の加入者は「受け取らない」• 2008年3月26日以降の「ケータイ基本パック」もしくは「S! 電話帳バックアップ」の契約者は「受け取らない」• 上記以外は「受け取る」 受信許可・拒否設定 ケータイ/PHSからのみ受信する設定や、特定のメールアドレスやドメイン、電話番号などからのメールに対して受信許可・拒否の設定をする方法です。 [初期設定]• 電話帳バックアップに登録されているEメールアドレスからのメールを、優先受信します。 [初期設定]• 「ともだちメール」を優先受信する URLリンク付きメール 拒否設定 本文や件名に出会い系サイトやアダルトサイトへ誘導するためのURLが含まれている迷惑メールを受け取らないように設定することができます。 [初期設定]• 受け取る(このフィルタは使わない)• 「迷惑メールフィルター」を「標準」または「強」に設定している場合は、本設定を「受け取る」にしても、特定のURLリンク付きメール(出会い系やアダルトサイトなどのURL)を拒否します。 [初期設定]• 受け取る(このフィルタは使わない)•

次の

着信拒否されたら相手へのアナウンス(メッセージ)はどうなる?ドコモ・au・ソフトバンクの違いまとめ

メッセージ iphone 拒否

iPhone iOS 7では「メッセージ」に連絡が来る相手を指定して着信拒否をしてブロックすることができるようになりました。 迷惑メッセージ拒否のやり方も見つつ、iMessage機能について見ていきたいと思います。 「メッセージ」と「メール」アプリの違い iPhoneには、メールのやり取りができる「メッセージ」、「メール」という2つのアプリがデフォルトで入っています。 初めての人は戸惑うかもしれませんが、それぞれ以下の特徴があります。 メッセージアプリの特徴 「メッセージ」アプリは、SMS、MMS、iMessageのサービスが利用でき、アプリ「LINE」のように、チャット風の画面でやり取りができ、グループチャット的なこともできます。 メールアプリの特徴 「メール」アプリは主に長文のEメールでのやり取りに向いており、GmailやSoftBankの i. softbank. jpは、IMAPに対応しており、PCで設定すればiPhoneからでもPCからでもEメールでのやり取りができて便利です。 comなどのEメールに送信することはできない、電話番号のみ ・受信無料、送信3. 15円/1回 (プランによる:、、) ・相手に送信したメッセージの開封確認はできない ・吹き出しの色が緑 MMSの特徴 ・キャリアメール softbank. jp、 ezeweb. jpなどのメールでやり取り ・GmailなどのEメールとのやり取りが可能 ・メッセージ・写真・動画・位置情報・連絡先を送受信できる ・MMSで相手に送信したメッセージの開封確認はできない ・吹き出しの色が緑 iMessageの特徴 ・iPhone、iPod、iPadとのやり取りであれば優先的にiMessageのやり取りになる ・iMessageは、Mac Mountain Lion以降 とのやり取りもできる ・お互いが相手の連絡先を登録していないと利用できない ・iMessageでのやり取りの場合、Eメールは識別子になり、相手のEメールの受信箱に届かずiMessageに届く ・iPod、iPhone、iPad、iPad mini、Macとのメッセージ同期ができる ・吹き出しの色が青 ・送受信に使用するメールアドレスを追加可能 ・Wi-Fiだけで使えるので、iPod TouchやWi-Fi版のiPadでも利用できる iMessageの基本的な使い方 iOS 7でのメッセージアプリの画面はかなりシンプルになりました。 以下は、メッセージのやり取り画面の簡単な説明です。 ・画面を左にスライドすると、メッセージを送信した時刻の表示 ・自分のメッセージは、青の吹出しで表示 ・相手が入力中の場合は吹出しが「・・・」と表示される ・「開封済み」は、相手がメッセージを確認したということ ・カメラアイコンをタップで画像やビデを添付 iMessageの便利な使い方 知っていると少し便利な使い方も紹介します。 ・画面上部の時計の辺りをタップすると画面最上部までスクロール ・吹出しを長押しかダブルタップでコピー、一括削除ができる ・画面左端を右にスワイプでメッセージ一覧画面へ 迷惑メッセージの着信拒否のやり方 iOS 7から追加された連絡先の着信拒否は、指定した人の電話、メッセージ、Facetimeを拒否します。 設定でそれを切ることもできます。 その場合には、メールアドレスを追加して紐付けてやることで利用できるようになります。

次の