スマイルゼミ チャレンジタッチ 特徴。 チャレンジタッチ1年生 2020年8月特大号🌻【タブレット教材比較】

スマイルゼミとチャレンジタッチを比較【2020年度版】

スマイルゼミ チャレンジタッチ 特徴

Contents• スマイルゼミとチャレンジタッチの月額料金を比較してみた スマイルゼミとチャレンジタッチですが、それぞれ料金が違います。 スマイルゼミとチャレンジタッチともに 小学1・2年生は国語・算数・英語の3科目が受講料金に含まれます。 小学3~6年生は、国語・算数・理科・社会・英語 の5科目が受講可能です。 スマイルゼミと進研ゼミともに中学生向けのタブレット学習講座があり、 どちらも数か月分とまとめて支払うことで、毎月の支払額が割り引かれる料金体系になっています。 (税込み8%) 6ヶ月払い・年払いの方が安くなります。 標準コース 小学1年生 3600円 3343円 小学2年生 3900円 3613円 小学3年生 4400円 4408円 小学4年生 4900円 4890円 小学5年生 5400円 5871円 小学6年生 5900円 6323円 中学1年生 6980円 6853円 中学2年生 6980円 7059円 中学3年生 7980円 7835円 肝心のタブレット端末料金は? スマイルゼミとチャレンジタッチでタブレット費用が異なります。 また、退会する時期に応じて、違約金のような形で費用がかかってしまうので注意が必要です。 教材 入会時 9980円 — 違約金 特定の機関内で解約した場合 6980円 14800円 スマイルゼミは1年間の継続を条件に入会時9980円かかります。 万が一、 6か月以上12か月未満で退会した場合は、6980円が請求されま す。 一方、チャレンジタッチのタブレット「チャレンジパット2」は、 6ヵ月未満の退会または紙の教材に変更すると、14800円 税込み が請求されます。 基本的には専用のタブレット端末でないと受講できないため、専用タブレットは受講費として計算する必要があります。 料金面だけで見ると、 チャレンジタッチは6か月未満で退会しにくい仕組みになっており、スマイルゼミは6か月という中期で退会しにくい仕組みになっています。 チャレンジタッチ:6か月未満の退会で、タブレット料金が発生 6か月未満の退会で、スマイルゼミを6か月以上、12か月未満で辞めた場合とほぼ同額のタブレット費用がかかる 万が一のための有償サポートの料金は? タブレットというと、スマートフォンやiPhoneの大きいバージョンなので、子どもが落としてしまうと大画面にひびが入ってしまったりします。 ひびだけなら、我慢して使うことができますが、万が一学習に支障が出るレベルで破損してしまった場合のために、有償サポートには入っておく必要があります。 スマイルゼミの有償サポートである「タブレットあんしんサポート」は 年間3600円で加入することができ、万が一の場合に6000円で交換できます。 サポートに入っていない場合は、 39800円もかかってしまいます。 チャレンジタッチの有償サポートである「チャレンジパッドサポートサービス」は 年間1836円で加入することができ、万が一の場合に5076円で交換できます。 サポートに入っていない場合は、 16800円もかかってしまいます。 兄弟姉妹で利用場合は2人分のタブレット料金がかかる 兄弟姉妹で利用する場合はキャンペーン期間を除いて、 2人分の月間受講費とタブレット料金がかかります。 2人分はそれなりの金額なので、お兄ちゃんやお姉ちゃんが使っているの見て、弟や妹が使いたいと言った場合は、上の子どもが使っているので体験させてみるのがおすすめです。 スマイルゼミ、チャレンジタッチは使用している人の学年の教材しか配信されませんが、英語なら英単語なので、下の子どもでも体験するのによいかもしれまんせん。 スマイルゼミとチャレンジタッチにオプション料金はある? スマイルゼミは低価格で充実した英語のオプション料金あり 進研ゼミが運営するチャレンジタッチですが、最初はテキストなど紙ベースの通信教材から始まったこともあり、テキスト形式のオプションが多く揃っています。 チャレンジタッチは毎月学習教材がタブレットに配信されるのですが、子どもによっては2週間ほどで終わってしまったりするため、子どもがもっと勉強したいという場合に追加するのがよさそうです。 ただお金がかさむため、子どもがチャレンジタッチを気に入っており、進研ゼミで引き続き学習したいといった場合や、お金を気にしていないという場合におすすめします。 料金は下記のとおりで、どれも毎月テキストが自宅に配送されてきます。 オプションは子どもが勉強するようになって、必要であれば追加するというのがよいでしょう。 ここでは、小学4年生で通常のスタンダードコースと、タブレットの支払い料金ごとにいくらになるのか紹介します。 1ヵ月払いの場合は、クレジットカードでしか払うことができません。 支払い方法 毎月払い 6か月一括払い 12か月一括払い クレジットカード 〇 〇 〇 銀行振込 — 〇 〇 コンビニ払い — 〇 〇 チャレンジタッチ チャレンジタッチは何か月かのプランに関わらず、どの支払い方法でも利用することができます。 支払い方法 各プラン クレジットカード 〇 銀行口座からの引き落とし 〇 郵便口座からの引き落とし 〇 郵便振込 窓口振込 〇 コンビニエンスストア 〇 スマイルゼミもチャレンジタッチもクレジットカード払いにすることで、手数料をかけずに利用できます。 どちらの方がコスパがいいのか? 料金面だけで見ると、スマイルゼミが若干高いですが、料金が5000円など大きく変わるわけではないため、一概にコスパが良いかというのが判断が難しいところです。 スマイルゼミとチャレンジタッチでは、画面のつかいごこちが違うので、実際に使用して勉強するこどもと資料を眺めたり、実際に体験してから決めてみるのをおすすめします。 この記事では紹介していませんが、スマイルゼミにはゲームアプリが豊富だったりと、子どもに継続して勉強してもらうための仕組みもチャレンジタッチと異なります。 *大学受験の例 中学・高校・大学と塾に行かなくても難関校に合格してる人は沢山いるのは事実です。 とくに周囲に塾がない地域に住まれている方に支持されています。 スタディサプリは何回も見直しができて時間がなくても復習できるところが最大のメリット。 授業では分からないところが出てもその瞬間にわかるまで聞きなおすことができないですが、スタディサプリは動画なので わかるまで聞きなおす事ができるから納得いくまで勉強ができます。 また、東進などの有名予備校よりも 安価で成績を伸ばすことができます。 唯一のデメリットは、 「仲間なしで自分で頑張れるか?」 この一点で、自宅で集中できないときは図書館や自習室、カフェなど集中できる環境で利用するのがポイントです。 重要なのは自分に必要なことをどうやって勉強するか。 参考書をベースに、分からないところや苦手な教科だけスタディサプリを利用するなど、自分に合った方法を見つけて効率的に勉強することが大切です。 ぜひ、頑張ってほしいと思います。

次の

チャレンジタッチ1年生 2020年8月特大号🌻【タブレット教材比較】

スマイルゼミ チャレンジタッチ 特徴

チャレンジタッチではキャラクターが画面上で案内するシーンが多く、トップ画面などはちょっとガチャガチャしている印象。 大人からすると見にくいように感じますが、 子どもはタブレットを開くのが楽しくなるような賑やかさがあります。 加えてチャレンジタッチでは 年に数回の筆記式の実力テストや添削問題などもあり、実際に 紙に書く学習も併用となるのも大きなポイント。 教材も専用端末1台のみとなっていて紙に書くことは一切なく 全体にシンプルな学習スタイルとなっています。 ほかにも違いはたくさんありますが、 子どもがどちらのタイプで学習がすすめやすいかを判断する最初のポイントはタブレットの第一印象と教材にあるでしょう。 これと決めたら迷わずずっと一つの学習方法で続けるのであれば、スマイルゼミはおすすめです。 2倍、 学習時間約1. 詳しくは進研ゼミ小学講座でご確認ください。 共通ポイント 教科書準拠 自動採点機能がある 解き直しシステムでその場で解決する 専用タブレットで保護者とのコメントのやり取りができる 学習状況をメールで配信・確認ができる スマホやパソコンから 学習状況を詳しく見ることができる 学習専用端末は 外部との通信を制限できる 学習をすすめるとお楽しみがある スターを貯めてゲームアプリができる、ポイントをためて商品と交換できるなど) タブレットサポートサービスがある 使用時間の制限ができる ですが、いくつか大きな違いもありますのでそれぞれのおすすめポイントをご紹介します。 〈スマイルゼミ〉おすすめポイント まず大きなポイントは 全額保証返金期間や体験会があるということ。 子どもは 実際の画面に触れて、学習してみることができるので、子どもの反応をみて受講を決めることができます。 また 専用タブレットはタフな作りで子どもが多少乱暴に扱っても割れたり壊れたりする心配がないのも嬉しいですよね? 紙教材が一切ないので子ども一人でも整理整頓といった必要がなく常に 準備から学習、片付けまで一人で完結できます。 使用する機器 端末本体と専用ペン)は優秀で、 実際にノートに書くような書き心地のデジタイザーペンを使うことで 画面にしっかり手をつい書けるので書きやすいのも子どもの学習には嬉しいポイントです。 【朝日小学生新聞】【めいさくまんが】が追加費用なしで配信されるので楽しみながら時事問題に触れておくこともできます。 退会後も 受講したレッスンは無期限で残ります。 (お出かけモード) スマイルゼミのオリジナルのメリットも盛沢山ですよね? 特に、実際に使ってみることができるのは大きなポイント。 また書き心地を徹底的に研究したペンを採用しているあたりはさすがジャストシステム!といったところです。 ただ、 タブレット代は高く、1年以上の継続受講という条件付きでも9,980円の負担があります。 6か月以上、12か月未満で退会する場合は専用端末代金 6,980円(税抜)、6か月未満で退会する場合には専用端末代金 29,820円(税抜)の支払いが発生します。 また 有料サポートに入会していても故障や破損の交換時には6,000円(税抜)がかかります。 修理はなくすべて交換になります) スマイルゼミのタブレット通常価格は 39,800円 (税抜)なのでそれを考えると絶対に入って損はないサポートですが、やはり 端末本体代金はかなり高額といえるでしょう。 休会制度がなく、いったん退会してから、もう一度したい場合には新規入会となります。 再入会でも新規入会となるのですが、この時に 以前使っていたタブレットは使えない仕様になっているためもう一度購入する必要があるので要注意です! また 一度入会 受講開始)すると学年の変更はできません。 そのため、入会後に学年変更をするためにはいったん退会してから再度、希望する学年での入会となります。 ただ、スマイルゼミの専用タブレットは 卒業後は通常のandroid端末として使えるので再入会や再使用の予定がないのであれば普通にタブレットとして使うと無駄はないでしょう。 タブレットで学習しながら、 定期的に添削問題や実力診断テストといった筆記があり提出するスタイルが年に計6回あります。 一見面倒に感じますが 添削やテスト提出は赤ペン提出カメラ(アプリ)でも提出できるので、手間なく「書く」という実際のテストや授業に備えることができます。 添削問題では担当の赤ペン先生が採点して、 励ましのコメントを添えてくれるのも子供のモチベーションアップにつながります。 また、頑張れば【 ごほうびアプリ】ができたり【 努力賞ポイント】がもらえるのも子どもの目標の一つになり学習が進みます。 特に努力賞ポイントでは「今〇ポイントあるから、欲しいプレゼントをもらうためにはあと〇ポイント貯めよう!」と 「頑張って貯める」楽しみも学べます。 実際に「お小遣いをためて物を買う」という作業をバーチャルで体感できるので、金銭感覚を育むことにもつながります。 追加受講費不要で【漢字検定トレーニング】【電子図書館まなびライブラリー】【12段階習熟度別トレーニング】が見ることができます。 学習難易度によるコースは進研ゼミ小学講座では受講費が一律なので、受講費を気にせずコースを選べるもうれしいですよね? オプション教材も豊富にそろっているので、必要であればそういった追加も良いかもしれません。 他にもタブレットは左利きでもしっかり学べるように 利き手を選ぶことができるのも、特徴的です。 全体的に郵送物が少ないので進研ゼミ小学講座からのダイレクトメールや案内のチラシはほとんど届かないのもホッとするポイント。 同じベネッセの通信講座でも〈こどもちゃれんじ〉などは頻繁にイベントやキャンペーンの案内が届き、鬱陶しく感じたりしましたが、チャレンジタッチではそういった郵送物はほとんどありません。 ただ、 チャレンジタッチの画面は一見ガチャガチャしていて(カラフルでキャラクターが多い)ため、楽しい反面学習にはどうかな…?と思われる保護者も多いようです。 「その多くは子どもは楽しんでいるけれど…」 という意見のようですが、 シンプルで学習色の強いタブレット学習が向いている子どもの場合には嫌になるかもしれません。 画面を見てみたい場合にはでチャレンジタッチの画面を見ることができます。 また、 再入会時には 引き続き同じタブレットを使うことができて学習履歴や努力賞ポイントなども引き継がれるので、一時的に休会もあり得るのであればおすすめです。 もちろん、チャレンジからチャレンジタッチに戻すこともいつでもOK! 受講途中での学年の変更や、 退会、休会(退会してからの再入会)といった可能性があるのであれば、 チャレンジタッチが無駄がなく安心です。 進研ゼミ チャレンジタッチ.

次の

進研ゼミとスマイルゼミはどっちがいい?元教員が解説【中学生】|もちおスクール

スマイルゼミ チャレンジタッチ 特徴

Contents• スマイルゼミとチャレンジタッチどちらがいい? スマイルゼミとチャレンジタッチの2つの違いは、学習の方法が違います。 スマイルゼミはその子の苦手なところをつぶすような問題がランダムに出題されること、進研ゼミは誰にでも一律で問題が出題されるところが大きな違いです。 進研ゼミには漢検の対策がありませんが、スマイルゼミには漢検の対策が入っています。 また、スマイルゼミに付録はありませんが、チャレンジタッチにはAIスピーカーがついています。 AIスピーカーは、辞書で調べにくい技術家庭や音楽、美術などの副教科についての質問にも答えてくれるので、便利なようです。 スマイルゼミのデメリット スマイルゼミのデメリットは、• 赤ペン先生が無いこと• タブレットで遊べてしまうこと です。 スマイルゼミには添削問題がないので、赤ペン先生の添削を見て、ガリガリ復習していた人にとっては『添削問題がないなんて!』となりますが、 赤ペン先生って出すけど帰って来たのをちらっと見て終わってたな・・・という人にはあまり必要ないかもしれません。 またタブレットはモードの切り替えで、通常のタブレットとしても機能します。 ですからタブレットにゲームやLINEを入れてしまうと、そっちで遊んでばかりになる可能性も。 自制心が必要、もしくは保護者のみまもりネットワークをうまく活用して制限していく必要があります。 チャレンジタッチのデメリット チャレンジタッチのデメリットは• 問題数が少ない• 退会後のタブレットは私用には使えない スタンダードコースもハイレベルコースも、1教科15分間の学習時間でOKとなっています。 私立でも公立でも、レベルの高い学校へ入ろうとか成績で上位をとろうと思うと、1日2時間くらいの学習時間が必要です。 だから、進研ゼミをやるなら塾と併用するか、他の通信教育と併用するか、学校の自主学習を自分で充実させるかのどれかを行う必要があります。 またタブレットは進研ゼミ専用タブレットなので、普通のタブレット端末のようにLINEを入れたりゲームを入れたりすることはほぼ不可能です。 スマイルゼミのメリット スマイルゼミのメリットは• 机に座らなくても場所を選ばずどこでもできる• タブレットを私用目的にも切り替えて使うことができる ことです。 スマイルゼミのタブレットは、普通のandroidタブレットなんです。 だから、進研ゼミのタブレットと比べて薄いし、持ち運びも便利です。 デメリットのところでも書きましたが、スマイルゼミのタブレットはゲームなどを入れて使ったり、ネットサーフィンすることもできます。 ですからスマイルゼミ退会後も、タブレットは個人用として使い続けることができるんです。 せっかく1万円も出すのですから、タブレットは使えたほうがお得ですよね。 紙の問題集でも練習できる• 赤ペン先生がいる• チャレンジタッチ仲間がいる チャレンジタッチは、紙の問題集も定期的に届くので、タブレットだけでなく紙に書いて学習することもできます。 また赤ペン先生の添削問題があるため、本番のテストのように緊張感をもってテストの練習をすることができます。 またチャレンジは知名度が高く、申し込みまでのハードルがみんな低いので、周りにチャレンジをやっている子が沢山いるというメリットも。 中学生なので、みんながやっていると聞くとなぞの安心感が生まれるようですし、お友達がやっていると聞いて申し込む子もいるくらいなので、一体感も生まれやすいです。 周りのママさんたちに、体験した人がいたので聞いてきました。 スマイルゼミの体験談 <スマイルゼミだけでお兄ちゃんが進学校に入学したKさん。 > サッカー部に入っていたし、そのあとも地元のサッカーチームでの練習があったから、塾には通えなくて。 でも夫のたっての希望もあって、地元の進学校に入ってほしかったんだよね。 それなのに成績がちょっと足りなくて。 といってもサッカー浸けの毎日で勉強する時間があまり無いからね。 でも移動時間が結構あったから、持ち運びしやすいスマイルゼミが良いかなと思って。 スマイルゼミのタブレットは私と子どもとで連絡も取れるし。 それでやらせてみたら、ちょこちょこやってただけに見えたのに、成績がちょっと上がり始めて、結局合格できたよ。 スマイルゼミで良かったと思った。 <スマイルゼミと塾を併用してトップ校に合格したHさん> 塾に行こうかとも思ったんだけど。 夜眠いから嫌だって(笑) それで、進研ゼミとZ会どっちにしようかなと考えてたら、スマイルゼミっていうのを本屋さんで見て。 タブレットでできるって書いてあるし、うちにiPadもなかったし。 チャレンジタッチはなんとなくどうかなと思ってたから、スマイルゼミにしてみたの。 そしたら結構うちの子には合ってたみたいで。 最初、標準クラスにしてたんだけど、成績が上がってきたから特進クラスに変えて。 それでこの高校に受かったの。 という話を聞きました。 どちらのお母さんも、ガリガリ勉強している感じではなかったけど、テレビがついている部屋でも授業動画とか見始めると結構集中してみていて、のめり込むように勉強していたそう。 親から見れば、ゲームやってるのに成績が上がってる!という感覚になるそうです。 チャレンジタッチだけで学年1位。 サッカー部に入っていて、キャプテンも務めていて。 それなのに塾もいかず学年1位ということでめっちゃ有名です。 小学校の時からチャレンジタッチをずっとやっているらしくて、あとは学校の宿題(自主学習)で成績をとっているそうです。 チャレンジタッチどう?って言われても・・・チャレンジタッチはチャレンジタッチよ(笑) 小学校の時と基本的にはあまり変わらないかな。 テスト前とかは対策講座みたいなのやってるみたいだけど、基本、自分で勉強してるからあまり見てないのよね。 やっぱり自分から勉強して、予習復習などちゃんとやってるみたいです。 <チャレンジタッチと塾を併用しているKくん> 英語の成績が悪いから、英語は塾に通ってあとの教科はチャレンジタッチにしてるよ。 数学は楽しいみたいですぐに解いてしまうのだけど、あまり好きじゃない英語とか社会とか、そういうのはあとあとまで残してる気がする。 言わないとやらないから困ってるんだけどね。 でもチャレンジタッチを始めたら、成績は上がって来たかな。 どうしてもあの高校には入って欲しいから、もう少し続けてみるつもり。 進研ゼミやってるだけで、勉強時間が伸びてる気がするし私も安心できるから。 期末は中間に比べてちょっとよかったのよ。 進研ゼミの方は現在進行形のお話だったんですけどそれぞれに満足しているようでした。 スマイルゼミは• 持ち運び便利• オーダーメイド学習で何度も復習できる• 時間に合わせて出題形式が変わる という3点において、忙しい子の時間配分に合わせた学習形式をタブレット自身が提案してくれる形だからです。 チャレンジタッチは• 毎日コツコツがんばる人に• 付属の問題などでカバーする といった、タブレットだけでは収まらない学習法が必要だからです。 勉強が良くできて、もう少し点数を上げたいなという人はどちらでも構わないと思います。 好きな方で。 でも勉強があまり好きじゃなくて、ほんとに勉強しないという子はスマイルゼミがおすすめです。 勉強しない子はチャンレジだとやらずに貯めてしまうと思います。 スマイルゼミの方がちょっと楽しく作ってあるかなという感じなので、勉強しない子にはスマイルゼミをおすすめします。 さらに、スマイルゼミはタブレット代9980円がかかります。 値段的には 高い方から スマイルゼミ特進クラス>スマイルゼミ標準クラス>進研ゼミ となります。 スマイルゼミとチャレンジタッチ どちらがいい?まとめ スマイルゼミとチャレンジタッチはどちらも優秀な教材です。 チャレンジタッチの方が知名度がありますし、付録も多いです。 スマイルゼミはシンプルですが、教材内容は完璧です。 どちらを選ぶか決めかねる方は、一度資料請求をしてみてください。 公式HPなんかよりももっと詳しく、深く説明がされていますし、体験見本が付いてくるので実際お子さんに見てもらって好きな方を選んでもらうことも可能です。 高校受験は通信教育だけでも可能。 だから、部活も精一杯頑張ることができるんです。 ぜひ、考えてみてくださいね。

次の