足の親指の付け根 曲げると痛い。 足裏の親指の付け根が痛い!スポーツで起きやすい母趾種子骨障害とは

第7回 「強剛母趾」を知っていますか~親指付け根の痛み、痛風とは限りません~|足の悩み、一挙解決|時事メディカル

足の親指の付け根 曲げると痛い

サイト改善に向けた5分程度のアンケート実施中。 回答はから。 患者プロフィール1人暮らしの32歳の男性。 食べるのが好きで、食事はほとんど外食。 休日は有名レストランを巡ってレビュー記事を書き、ブログにアップするのが楽しみ。 お酒も好きで、レストランでは食事に合わせてワインを、平日の会社帰りには同僚とビールを飲むことが多い。 受診までの経緯明け方に突然、左足の親指がひどく痛んで目が覚めた。 原因が分からないのでしばらく様子をみてみようと思うが、痛みはだんだんと強くなっていき、治まる気配がない。 一瞬、同僚たちの「今に痛風になるぞ」という言葉が脳裏をよぎる。 しかし実は、同じところがひどく痛むようなことは半年前にもあった。 その時は忙しくて病院に行けなかったが、3日くらいで痛みがなくなったので、すっかり忘れていた。 ネットで「痛風」と検索しているうちに、どんどん不安になってきた。 会社に連絡を入れ、朝一番に近くの整形外科クリニックを受診した。 診察・検査足を見せると、ほかに痛いところはないかと聞かれた。 特になかったので、「ありません」と答えると、医師は足の親指の関節を触って、腫れや痛みの具合を診察した。 自分では気付かなかったが、「関節が少し腫れていて、熱っぽいですね」と言われた。 続けて、血液検査、エックス線(レントゲン)検査を行った。 レントゲンでは、関節の骨に異常はなかったと言われた。 だが、血液検査でCRP、白血球数という炎症を示す値が高くなっており、尿酸値も8. 尿酸値が高いので、やはりこの痛みの原因は痛風の可能性が高いという。 「以前にも関節がひどく痛むようなことがありましたか?」と聞かれ、半年前に同じ部位が痛んだことを話した。 医師によると半年前の痛みもおそらく痛風発作だそうで、痛風は、発作が起きては自然に治まるのを繰り返す病気なのだと言われた。 しかも発作を繰り返すと、痛風結節と呼ばれる「こぶ」のようなものができることもあるし、だんだん骨や関節が破壊されて変形し、最終的には痛みが続くようになるとも言われ、受診してよかったと思った。 この日は痛み止めの処方をされ、帰宅した。 診断・治療方針数日で痛みは少し残るものの、気にならない程度になった。 1週間後の受診では、痛風発作を起こさないためには尿酸値の値を低く維持することが大事だと説明を受け、尿酸値を下げる薬を内服することになった。 治療としては、「尿酸が作られにくくする薬」か「尿酸の排せつを促す薬」を使うと説明を受けた。 「尿酸クリアランス」という検査を受けると、尿酸値が高くなっている原因や腎機能の状態が分かると言われたので、後日検査を受けることにした。 検査当日は朝食をとらずに病院へ行き、まず水を飲んですぐに排尿した。 その後は1時間分の排尿を我慢して1時間後に排尿、全量を提出した。 また、最初の排尿後30分で採血検査も行われた。 おおむね2時間程度で検査はすべて終了。 1週間後、検査結果を聞くために受診をすることになった。 再度病院へ行くと、自分の痛風のタイプは尿酸が過剰に産生されてしまう「産生過剰型」だということが分かった。 そこで、尿酸が作られにくくする薬を飲むことになった。 医師からは「自分の痛風タイプに合った薬を飲んで尿酸の値を6. 一緒に治療を頑張っていきましょう」と言われた。 また、薬をきちんと飲むことはもちろんだが、やはり一番は運動量を増やし、食事量を減らすことだという。 平日の食べ歩きや同僚との飲み会はしばらく控えて、夜は定食屋で野菜中心の和食を食べることにした。 そのかわりと言っては何だが、ストレスをためすぎないためにも、土日だけは好きなものを食べ、酒を飲んでもよいことにした。 治療の経過1カ月後、外来で血液検査を受けた。 尿酸値は7. 医師からは「ゆっくり生活習慣を変えていきましょう」と言われた。 ひとまず、ウォーキングのかわりに一駅前で降りて、家まで30分ほどかけて歩くことにした。 加えて、自分でも痛風のガイドブックなどを読んで、プリン体(尿酸の原料)を多く含む食材はなるべく避けるようにした。 新しい生活にも慣れて、食事・運動ともにコツがつかめてきたこともあり、今は3カ月に1度、外来で経過をみてもらっている。 サイト改善に向けた5分程度のアンケート実施中。 回答はから。

次の

足の親指の付け根が痛い原因は何?

足の親指の付け根 曲げると痛い

サイト改善に向けた5分程度のアンケート実施中。 回答はから。 患者プロフィール1人暮らしの32歳の男性。 食べるのが好きで、食事はほとんど外食。 休日は有名レストランを巡ってレビュー記事を書き、ブログにアップするのが楽しみ。 お酒も好きで、レストランでは食事に合わせてワインを、平日の会社帰りには同僚とビールを飲むことが多い。 受診までの経緯明け方に突然、左足の親指がひどく痛んで目が覚めた。 原因が分からないのでしばらく様子をみてみようと思うが、痛みはだんだんと強くなっていき、治まる気配がない。 一瞬、同僚たちの「今に痛風になるぞ」という言葉が脳裏をよぎる。 しかし実は、同じところがひどく痛むようなことは半年前にもあった。 その時は忙しくて病院に行けなかったが、3日くらいで痛みがなくなったので、すっかり忘れていた。 ネットで「痛風」と検索しているうちに、どんどん不安になってきた。 会社に連絡を入れ、朝一番に近くの整形外科クリニックを受診した。 診察・検査足を見せると、ほかに痛いところはないかと聞かれた。 特になかったので、「ありません」と答えると、医師は足の親指の関節を触って、腫れや痛みの具合を診察した。 自分では気付かなかったが、「関節が少し腫れていて、熱っぽいですね」と言われた。 続けて、血液検査、エックス線(レントゲン)検査を行った。 レントゲンでは、関節の骨に異常はなかったと言われた。 だが、血液検査でCRP、白血球数という炎症を示す値が高くなっており、尿酸値も8. 尿酸値が高いので、やはりこの痛みの原因は痛風の可能性が高いという。 「以前にも関節がひどく痛むようなことがありましたか?」と聞かれ、半年前に同じ部位が痛んだことを話した。 医師によると半年前の痛みもおそらく痛風発作だそうで、痛風は、発作が起きては自然に治まるのを繰り返す病気なのだと言われた。 しかも発作を繰り返すと、痛風結節と呼ばれる「こぶ」のようなものができることもあるし、だんだん骨や関節が破壊されて変形し、最終的には痛みが続くようになるとも言われ、受診してよかったと思った。 この日は痛み止めの処方をされ、帰宅した。 診断・治療方針数日で痛みは少し残るものの、気にならない程度になった。 1週間後の受診では、痛風発作を起こさないためには尿酸値の値を低く維持することが大事だと説明を受け、尿酸値を下げる薬を内服することになった。 治療としては、「尿酸が作られにくくする薬」か「尿酸の排せつを促す薬」を使うと説明を受けた。 「尿酸クリアランス」という検査を受けると、尿酸値が高くなっている原因や腎機能の状態が分かると言われたので、後日検査を受けることにした。 検査当日は朝食をとらずに病院へ行き、まず水を飲んですぐに排尿した。 その後は1時間分の排尿を我慢して1時間後に排尿、全量を提出した。 また、最初の排尿後30分で採血検査も行われた。 おおむね2時間程度で検査はすべて終了。 1週間後、検査結果を聞くために受診をすることになった。 再度病院へ行くと、自分の痛風のタイプは尿酸が過剰に産生されてしまう「産生過剰型」だということが分かった。 そこで、尿酸が作られにくくする薬を飲むことになった。 医師からは「自分の痛風タイプに合った薬を飲んで尿酸の値を6. 一緒に治療を頑張っていきましょう」と言われた。 また、薬をきちんと飲むことはもちろんだが、やはり一番は運動量を増やし、食事量を減らすことだという。 平日の食べ歩きや同僚との飲み会はしばらく控えて、夜は定食屋で野菜中心の和食を食べることにした。 そのかわりと言っては何だが、ストレスをためすぎないためにも、土日だけは好きなものを食べ、酒を飲んでもよいことにした。 治療の経過1カ月後、外来で血液検査を受けた。 尿酸値は7. 医師からは「ゆっくり生活習慣を変えていきましょう」と言われた。 ひとまず、ウォーキングのかわりに一駅前で降りて、家まで30分ほどかけて歩くことにした。 加えて、自分でも痛風のガイドブックなどを読んで、プリン体(尿酸の原料)を多く含む食材はなるべく避けるようにした。 新しい生活にも慣れて、食事・運動ともにコツがつかめてきたこともあり、今は3カ月に1度、外来で経過をみてもらっている。 サイト改善に向けた5分程度のアンケート実施中。 回答はから。

次の

足の親指の付け根が痛い

足の親指の付け根 曲げると痛い

【画像あり】足の親指の付け根の痛み 閲覧ありがとうございます。 当方20代女性です。 夕方突然右足の親指の付け根にずきんと痛みがあり、深 夜帰る頃には腫れて歩くのもやっとの状態になりました。 親指を曲げると痛く、また地面につかないようにかかとで歩いても痛くて悶絶します。 1月にも同様なことがあり、その際は病院にいけなかったのですが約2ヶ月で治りました。 またその間左が今度は同様に痛くなったりしました。 検索したら通風や外反母趾や糖尿病などで同じような症状がでるみたいですが、 でも1月には「外反母趾ではない。 疲労骨折では?」と併設の接骨院でいわれ、 先日献血の際の糖尿病関連の数値も問題なかったです。 病院に行く予定ですが、やっぱり通風の可能性を疑い内科に行くべきなのでしょうか? それとも整形外科に行ったほうがいいのでしょうか? 補足回答ありがとうございます。 ヒール等は苦手なので、全く履きません。 スニーカーのみです。 ぼくは今左足の親指の付け根がまさにその症状で、昨日通っている病院で見てもらいました。 糖尿と高血圧で通っており、循環器科だったので、先生自体も本を見ながらの回答でしたが、たぶん痛風と言われました。 血液検査の結果、尿酸値が8.3ありました。 ちなみに数ヶ月前は、一時期8.5まであがっていました。 そのときは何となく手の指の関節が痛いと言うわけないけど、違和感がありました。 その後7.5まで落ちており医者も大丈夫だろうと思っていたそうです。 1週間前から親指の付け根に違和感を感じていました。 土曜日から痛くて歩くのも困難になり、夜にはぱんぱんに腫れ上がり氷で冷やして寝ました。 朝の内はある程度腫れが引くのだけれど昼ぐらいから腫れ上がりの繰り返しで、昨日病院に行き痛み止めをもらってきましたが、薬を飲む前に落ち着きつつ有ります。 ちなみに歩くと親指の血管が破裂しそうな圧迫感は有りませんか。 写真を見る限りでは、まだそんなにひどくなさそうですが、病院に行くのなら、内科に行った方がよいと思います。 血液検査をして、尿酸値が7以上有ると可能性が大きいですよ。 数値が低くても、体質やストレスからもなる場合があるそうです。 病院まで行くレベルでないのなら、ネットで調べたのですが、水分をたくさん取って、トイレに行くのも良いとでていました。 ちなみに自分なりに考えたのですが、自分が違和感を感じたときは、トイレが少し離れており面倒で、結構我慢していた頃からなり悪化したような気がします。 参考になればうれしいです。 長々とすいません。

次の