パラレル ワールド 体験。 【実話】世界のパラレルワールド体験談14選

パラレルワールドの存在を示す体験談5選! その正体とは?

パラレル ワールド 体験

9.存在しない国から日本に来た男 1954年の日本、羽田空港で入国管理者ともめ合う不思議な男がいた。 男は、スペインとフランスの間にあるTaured(トレド)という国から来たビジネスマンだと話す。 だが、管理者が調査してもそのような名前の国は実在しない。 男は主言語のフランス語に加えて日本語やいくつもの他言語を話すことができた。 パスポートやビザのスタンプ・銀行の小切手なども所有しており、どう見ても偽物ではなかった。 だが、奇妙なことに世界のどこにも存在しない機関によって製造されたものだった。 日本で予約したと言うホテルの名を尋ねると、またも存在しないホテルだった。 ふと思いついた入国管理者が男に地図を見せ母国を訪ねる。 すると、スペインとフランスの間にあるアンドラという小さい国を指すも、名前が全く違うことに男は驚く。 調査するために入国管理者が男を一晩ホテルに泊めることにしたが、翌日確認するとその男の姿は消えていた。 部屋のホテルは15階。 扉の前にはガードマンが警備していたという。 その後、東京都の警察が捜索するも男が見つかることはなかった。 () 8.ユタ州の砂漠で異世界に迷い込んだ4人の女性 1971年のユタ州。 帰りが遅くなっていた4人の女性は、ショートカットするためにモアブ砂漠を走るも迷ってしまった。 このままでは、車の中で寝ることになると悩み彷徨っていると、辺りが穀物畑と湖に囲まれた白いセメントの道に変わっていた。 と、同時に大きなネオンの看板が照らす建物が目に入ってくる。 女性達は助けを求め尋ねると、やたら背の高い男が現れた。 が、その姿はどう見ても人間ではなかった。 叫びながら車で逃げようとすると、卵型の奇妙な乗り物で追いかけ、峡谷を超えると元の砂漠に戻ることができたという。 () 7.ウールピットの村に現れた緑色の子供達 12世紀、イギリスに実在する村「ウールピット」に突如、不思議な子どもの兄妹が現れた。 奇妙な服を着た2人は、緑がかった肌色をしており、理解できない未知の言語を話していた。 現地の食事を与えながら、しばらく生活させると、彼らの緑肌は次第に消えていった。 少年は病で亡くなってしまうが、英語を学んだ少女は、後に「私たちは太陽の光が刺さない永遠に夕暮れの地下の世界「セントマーチンズランド」と言う世界に住んでいた。 その場所では、父親が飼う牛を世話していて、突然起きた騒音と共にここにやって来た。 」と話したという。 () 6.朝起きたら世界が変わっていた女性 41歳のスペイン人女性・レリーナ・ガルシア氏は、朝起きると奇妙な変化に気づいた。 来ていたパジャマやシーツが全く別のものに変わっており、どう見ても4ヶ月前まで借りていたマンションにいる。 何かの夢かと初めは思ったが、20年間働くオフィスに行くとドアにある名前は変わっており、所属する部署も存在しなかった。 また、部長は会ったこともない人間に変わっていたという。 気分が悪くなった彼女が帰宅すると、新たに記憶喪失を疑うような事実が判明する。 新しく付き合っていたはずの彼氏の存在が完全に消えていたのだ。 彼氏となっていたのは、6ヶ月前に別れたはずの元彼氏。 4ヶ月前から付き合い始めていたはずの現在の彼氏のアパートや仕事場の存在も消えていた。 ガルシア氏は、「この話をすると精神異常者だと誰も信じてくれず、説明するのはとても難しい。 だけど、もし同じ体験をした人がいるならばすぐにメールが欲しい」と呼びかけている。 () 5.マルカワシ高原の体が麻痺する洞窟 アンデス山脈にあるマルカワシ高原。 この場所でキャンプをした女性とその友人の2人は、洞窟の中に17世紀のファッションを身にまとい火に照らされながら踊る人々を発見した。 洞窟の中に入ろうとする女性を友人が止めようと引き抜くと、洞窟の中に入った体の半分が麻痺していたという。 () 4.未知の国「ラクサリアン」から来た男 1851年、ドイツの小さな村に突然として得体の知れない男が現れた。 「ジョファー・ヴォーリン(Jophar Vorin)」と名乗る男が住む場所は、サクリアという星にあるラクサリアという国だという。 警察当局が調べるもそんな名前の国は地図のどこにも存在していない。 行方不明になっている兄弟を探すために船で航海していたが、難破してしまい記憶がほとんど残っておらず、帰れないという。 彼はドイツ語に加え「ラクサリアン」と「アブラミアン」という未知の言語を扱っていた。 () 3.運転中にテレポートした男性 1986年、11月9日。 ペドロ・オリバ・ラミレス氏は車の運転中に奇妙なテレポーテーション現象にあったことを伝えている。 彼は、午後11時頃にスペインの都市セビリアから15km離れた街アルカラ・デ・グアダイラに向かっていた。 不思議なことが起こり始めたのは、あるカーブを曲がった瞬間だった。 目の前の道路が急に6車線に変化したという。 驚いた彼は、引き続き運転を続けるも明らかに見慣れない景色が目に飛び込んで来る。 見たこともないような20階建ての建物が現れ、道路の端には高さ60cmはあろう草原が生い茂っている。 同時に運転する車の遠くから「 あなたは別の地球にある別の国へ転送されました。 」という声が告げられたという。 1時間ほど運転を続け彷徨っていると、3つの標識が目に入った。 「マラガ」・「セビージャ」・「アルカラ」の標識の内、セビージャから回り道していくことにした彼はふと車を止め左側を見ると、驚くことに目的地の街アルカラ・デ・グアダイラに到着していた。 あまりに混乱した彼は、遭遇した道筋を探しに戻るも草原の道路や3つの標識などは一切見つけることができなかったという。 () 2.ビートルズが解散していない世界に行った男 2009年、ジェームズ・リチャード氏は、カリフォルニア州のリバモアで愛犬と一緒に車を走らせていた。 尿意を催した愛犬のために車を停めしばらく待っていると、尿を終えたのか、外で大好きなウサギを追いかけているではないか。 リチャード氏は止めるため犬を捕まえようとすると、不意に転んでしまい意識を失ってしまった。 目を覚ますと彼は、見たこともない機械が置かれた部屋で治療されていた。 ジョナスと名乗る男が来ると、その男は自分が並行世界を橋渡しする仕事をしていること、偶然見つけたリチャード氏を助けたことを説明したという。 さらにこの世界では、宇宙の研究よりも並行世界の研究が主に進められていることを説明されたが、それよりも驚いたことがあった。 自分の世界では解散してしまった歌手グループ・ビートルズがその世界では、存続し続け全く異なる曲を出していたという。 ジョナスという男が席を外した間に、リチャード氏はとっさにそのカセットテープをポケットの中に入れた。 帰りは部屋に置かれた奇妙な機械を通して、元の世界に帰されたという。 彼はその後、証拠としてへカセットテープに収録されていた曲をアップロード。 様々な議論を呼んでいるが、真意は明らかにされておらず、彼は「 信じることは一切期待していない。 」と語っている。 1.故郷が一時的に消えていた女性 キャロル(Carol Chase McElheney)という名の女性は、彼女とその家族の故郷があるカリフォルニア州・ペリスに向かうため、道路標識を確認しながら車を走らせていた。 育った街に無事到着したかと思うと、彼女は驚いた。 記憶の中に確かにある街が一切なくなっており、身に覚えのない家ばかりが並んでいるのだ。 それは都市開発という次元ではなかった。 彼女は祖母が生活していた家へ車を走らせようとしたが、その家も同じように変わっていた。 また、祖母が埋葬されている墓地に行こうと試みると、そこは柵に覆われ雑草のみ生い茂る場所になっていた。 さらに車を進めると、レストランやホテルなど商業施設があった場所は、落書きで覆われた奇妙な場所になっている。 彼女は車から出ることすら恐れたが、通りを歩く人間に話を聞くと「 ここはずっと辺境だった。 」という。 数年が経ち、キャロルの父が亡くなってしまう。 祖父母と同じ墓地に埋葬されることが決まり、改めて同じ場所へ行くと、街が全て元に戻っていたという。 彼女は並行世界に訪れたと考えている。

次の

パラレルワールドを簡単に説明すると?実在した!体験談付 | こーさんのためになる情報

パラレル ワールド 体験

9.存在しない国から日本に来た男 1954年の日本、羽田空港で入国管理者ともめ合う不思議な男がいた。 男は、スペインとフランスの間にあるTaured(トレド)という国から来たビジネスマンだと話す。 だが、管理者が調査してもそのような名前の国は実在しない。 男は主言語のフランス語に加えて日本語やいくつもの他言語を話すことができた。 パスポートやビザのスタンプ・銀行の小切手なども所有しており、どう見ても偽物ではなかった。 だが、奇妙なことに世界のどこにも存在しない機関によって製造されたものだった。 日本で予約したと言うホテルの名を尋ねると、またも存在しないホテルだった。 ふと思いついた入国管理者が男に地図を見せ母国を訪ねる。 すると、スペインとフランスの間にあるアンドラという小さい国を指すも、名前が全く違うことに男は驚く。 調査するために入国管理者が男を一晩ホテルに泊めることにしたが、翌日確認するとその男の姿は消えていた。 部屋のホテルは15階。 扉の前にはガードマンが警備していたという。 その後、東京都の警察が捜索するも男が見つかることはなかった。 () 8.ユタ州の砂漠で異世界に迷い込んだ4人の女性 1971年のユタ州。 帰りが遅くなっていた4人の女性は、ショートカットするためにモアブ砂漠を走るも迷ってしまった。 このままでは、車の中で寝ることになると悩み彷徨っていると、辺りが穀物畑と湖に囲まれた白いセメントの道に変わっていた。 と、同時に大きなネオンの看板が照らす建物が目に入ってくる。 女性達は助けを求め尋ねると、やたら背の高い男が現れた。 が、その姿はどう見ても人間ではなかった。 叫びながら車で逃げようとすると、卵型の奇妙な乗り物で追いかけ、峡谷を超えると元の砂漠に戻ることができたという。 () 7.ウールピットの村に現れた緑色の子供達 12世紀、イギリスに実在する村「ウールピット」に突如、不思議な子どもの兄妹が現れた。 奇妙な服を着た2人は、緑がかった肌色をしており、理解できない未知の言語を話していた。 現地の食事を与えながら、しばらく生活させると、彼らの緑肌は次第に消えていった。 少年は病で亡くなってしまうが、英語を学んだ少女は、後に「私たちは太陽の光が刺さない永遠に夕暮れの地下の世界「セントマーチンズランド」と言う世界に住んでいた。 その場所では、父親が飼う牛を世話していて、突然起きた騒音と共にここにやって来た。 」と話したという。 () 6.朝起きたら世界が変わっていた女性 41歳のスペイン人女性・レリーナ・ガルシア氏は、朝起きると奇妙な変化に気づいた。 来ていたパジャマやシーツが全く別のものに変わっており、どう見ても4ヶ月前まで借りていたマンションにいる。 何かの夢かと初めは思ったが、20年間働くオフィスに行くとドアにある名前は変わっており、所属する部署も存在しなかった。 また、部長は会ったこともない人間に変わっていたという。 気分が悪くなった彼女が帰宅すると、新たに記憶喪失を疑うような事実が判明する。 新しく付き合っていたはずの彼氏の存在が完全に消えていたのだ。 彼氏となっていたのは、6ヶ月前に別れたはずの元彼氏。 4ヶ月前から付き合い始めていたはずの現在の彼氏のアパートや仕事場の存在も消えていた。 ガルシア氏は、「この話をすると精神異常者だと誰も信じてくれず、説明するのはとても難しい。 だけど、もし同じ体験をした人がいるならばすぐにメールが欲しい」と呼びかけている。 () 5.マルカワシ高原の体が麻痺する洞窟 アンデス山脈にあるマルカワシ高原。 この場所でキャンプをした女性とその友人の2人は、洞窟の中に17世紀のファッションを身にまとい火に照らされながら踊る人々を発見した。 洞窟の中に入ろうとする女性を友人が止めようと引き抜くと、洞窟の中に入った体の半分が麻痺していたという。 () 4.未知の国「ラクサリアン」から来た男 1851年、ドイツの小さな村に突然として得体の知れない男が現れた。 「ジョファー・ヴォーリン(Jophar Vorin)」と名乗る男が住む場所は、サクリアという星にあるラクサリアという国だという。 警察当局が調べるもそんな名前の国は地図のどこにも存在していない。 行方不明になっている兄弟を探すために船で航海していたが、難破してしまい記憶がほとんど残っておらず、帰れないという。 彼はドイツ語に加え「ラクサリアン」と「アブラミアン」という未知の言語を扱っていた。 () 3.運転中にテレポートした男性 1986年、11月9日。 ペドロ・オリバ・ラミレス氏は車の運転中に奇妙なテレポーテーション現象にあったことを伝えている。 彼は、午後11時頃にスペインの都市セビリアから15km離れた街アルカラ・デ・グアダイラに向かっていた。 不思議なことが起こり始めたのは、あるカーブを曲がった瞬間だった。 目の前の道路が急に6車線に変化したという。 驚いた彼は、引き続き運転を続けるも明らかに見慣れない景色が目に飛び込んで来る。 見たこともないような20階建ての建物が現れ、道路の端には高さ60cmはあろう草原が生い茂っている。 同時に運転する車の遠くから「 あなたは別の地球にある別の国へ転送されました。 」という声が告げられたという。 1時間ほど運転を続け彷徨っていると、3つの標識が目に入った。 「マラガ」・「セビージャ」・「アルカラ」の標識の内、セビージャから回り道していくことにした彼はふと車を止め左側を見ると、驚くことに目的地の街アルカラ・デ・グアダイラに到着していた。 あまりに混乱した彼は、遭遇した道筋を探しに戻るも草原の道路や3つの標識などは一切見つけることができなかったという。 () 2.ビートルズが解散していない世界に行った男 2009年、ジェームズ・リチャード氏は、カリフォルニア州のリバモアで愛犬と一緒に車を走らせていた。 尿意を催した愛犬のために車を停めしばらく待っていると、尿を終えたのか、外で大好きなウサギを追いかけているではないか。 リチャード氏は止めるため犬を捕まえようとすると、不意に転んでしまい意識を失ってしまった。 目を覚ますと彼は、見たこともない機械が置かれた部屋で治療されていた。 ジョナスと名乗る男が来ると、その男は自分が並行世界を橋渡しする仕事をしていること、偶然見つけたリチャード氏を助けたことを説明したという。 さらにこの世界では、宇宙の研究よりも並行世界の研究が主に進められていることを説明されたが、それよりも驚いたことがあった。 自分の世界では解散してしまった歌手グループ・ビートルズがその世界では、存続し続け全く異なる曲を出していたという。 ジョナスという男が席を外した間に、リチャード氏はとっさにそのカセットテープをポケットの中に入れた。 帰りは部屋に置かれた奇妙な機械を通して、元の世界に帰されたという。 彼はその後、証拠としてへカセットテープに収録されていた曲をアップロード。 様々な議論を呼んでいるが、真意は明らかにされておらず、彼は「 信じることは一切期待していない。 」と語っている。 1.故郷が一時的に消えていた女性 キャロル(Carol Chase McElheney)という名の女性は、彼女とその家族の故郷があるカリフォルニア州・ペリスに向かうため、道路標識を確認しながら車を走らせていた。 育った街に無事到着したかと思うと、彼女は驚いた。 記憶の中に確かにある街が一切なくなっており、身に覚えのない家ばかりが並んでいるのだ。 それは都市開発という次元ではなかった。 彼女は祖母が生活していた家へ車を走らせようとしたが、その家も同じように変わっていた。 また、祖母が埋葬されている墓地に行こうと試みると、そこは柵に覆われ雑草のみ生い茂る場所になっていた。 さらに車を進めると、レストランやホテルなど商業施設があった場所は、落書きで覆われた奇妙な場所になっている。 彼女は車から出ることすら恐れたが、通りを歩く人間に話を聞くと「 ここはずっと辺境だった。 」という。 数年が経ち、キャロルの父が亡くなってしまう。 祖父母と同じ墓地に埋葬されることが決まり、改めて同じ場所へ行くと、街が全て元に戻っていたという。 彼女は並行世界に訪れたと考えている。

次の

【パラレルワールドは実在する】存在の意味と体験者が語る平行世界への行き方

パラレル ワールド 体験

9.存在しない国から日本に来た男 1954年の日本、羽田空港で入国管理者ともめ合う不思議な男がいた。 男は、スペインとフランスの間にあるTaured(トレド)という国から来たビジネスマンだと話す。 だが、管理者が調査してもそのような名前の国は実在しない。 男は主言語のフランス語に加えて日本語やいくつもの他言語を話すことができた。 パスポートやビザのスタンプ・銀行の小切手なども所有しており、どう見ても偽物ではなかった。 だが、奇妙なことに世界のどこにも存在しない機関によって製造されたものだった。 日本で予約したと言うホテルの名を尋ねると、またも存在しないホテルだった。 ふと思いついた入国管理者が男に地図を見せ母国を訪ねる。 すると、スペインとフランスの間にあるアンドラという小さい国を指すも、名前が全く違うことに男は驚く。 調査するために入国管理者が男を一晩ホテルに泊めることにしたが、翌日確認するとその男の姿は消えていた。 部屋のホテルは15階。 扉の前にはガードマンが警備していたという。 その後、東京都の警察が捜索するも男が見つかることはなかった。 () 8.ユタ州の砂漠で異世界に迷い込んだ4人の女性 1971年のユタ州。 帰りが遅くなっていた4人の女性は、ショートカットするためにモアブ砂漠を走るも迷ってしまった。 このままでは、車の中で寝ることになると悩み彷徨っていると、辺りが穀物畑と湖に囲まれた白いセメントの道に変わっていた。 と、同時に大きなネオンの看板が照らす建物が目に入ってくる。 女性達は助けを求め尋ねると、やたら背の高い男が現れた。 が、その姿はどう見ても人間ではなかった。 叫びながら車で逃げようとすると、卵型の奇妙な乗り物で追いかけ、峡谷を超えると元の砂漠に戻ることができたという。 () 7.ウールピットの村に現れた緑色の子供達 12世紀、イギリスに実在する村「ウールピット」に突如、不思議な子どもの兄妹が現れた。 奇妙な服を着た2人は、緑がかった肌色をしており、理解できない未知の言語を話していた。 現地の食事を与えながら、しばらく生活させると、彼らの緑肌は次第に消えていった。 少年は病で亡くなってしまうが、英語を学んだ少女は、後に「私たちは太陽の光が刺さない永遠に夕暮れの地下の世界「セントマーチンズランド」と言う世界に住んでいた。 その場所では、父親が飼う牛を世話していて、突然起きた騒音と共にここにやって来た。 」と話したという。 () 6.朝起きたら世界が変わっていた女性 41歳のスペイン人女性・レリーナ・ガルシア氏は、朝起きると奇妙な変化に気づいた。 来ていたパジャマやシーツが全く別のものに変わっており、どう見ても4ヶ月前まで借りていたマンションにいる。 何かの夢かと初めは思ったが、20年間働くオフィスに行くとドアにある名前は変わっており、所属する部署も存在しなかった。 また、部長は会ったこともない人間に変わっていたという。 気分が悪くなった彼女が帰宅すると、新たに記憶喪失を疑うような事実が判明する。 新しく付き合っていたはずの彼氏の存在が完全に消えていたのだ。 彼氏となっていたのは、6ヶ月前に別れたはずの元彼氏。 4ヶ月前から付き合い始めていたはずの現在の彼氏のアパートや仕事場の存在も消えていた。 ガルシア氏は、「この話をすると精神異常者だと誰も信じてくれず、説明するのはとても難しい。 だけど、もし同じ体験をした人がいるならばすぐにメールが欲しい」と呼びかけている。 () 5.マルカワシ高原の体が麻痺する洞窟 アンデス山脈にあるマルカワシ高原。 この場所でキャンプをした女性とその友人の2人は、洞窟の中に17世紀のファッションを身にまとい火に照らされながら踊る人々を発見した。 洞窟の中に入ろうとする女性を友人が止めようと引き抜くと、洞窟の中に入った体の半分が麻痺していたという。 () 4.未知の国「ラクサリアン」から来た男 1851年、ドイツの小さな村に突然として得体の知れない男が現れた。 「ジョファー・ヴォーリン(Jophar Vorin)」と名乗る男が住む場所は、サクリアという星にあるラクサリアという国だという。 警察当局が調べるもそんな名前の国は地図のどこにも存在していない。 行方不明になっている兄弟を探すために船で航海していたが、難破してしまい記憶がほとんど残っておらず、帰れないという。 彼はドイツ語に加え「ラクサリアン」と「アブラミアン」という未知の言語を扱っていた。 () 3.運転中にテレポートした男性 1986年、11月9日。 ペドロ・オリバ・ラミレス氏は車の運転中に奇妙なテレポーテーション現象にあったことを伝えている。 彼は、午後11時頃にスペインの都市セビリアから15km離れた街アルカラ・デ・グアダイラに向かっていた。 不思議なことが起こり始めたのは、あるカーブを曲がった瞬間だった。 目の前の道路が急に6車線に変化したという。 驚いた彼は、引き続き運転を続けるも明らかに見慣れない景色が目に飛び込んで来る。 見たこともないような20階建ての建物が現れ、道路の端には高さ60cmはあろう草原が生い茂っている。 同時に運転する車の遠くから「 あなたは別の地球にある別の国へ転送されました。 」という声が告げられたという。 1時間ほど運転を続け彷徨っていると、3つの標識が目に入った。 「マラガ」・「セビージャ」・「アルカラ」の標識の内、セビージャから回り道していくことにした彼はふと車を止め左側を見ると、驚くことに目的地の街アルカラ・デ・グアダイラに到着していた。 あまりに混乱した彼は、遭遇した道筋を探しに戻るも草原の道路や3つの標識などは一切見つけることができなかったという。 () 2.ビートルズが解散していない世界に行った男 2009年、ジェームズ・リチャード氏は、カリフォルニア州のリバモアで愛犬と一緒に車を走らせていた。 尿意を催した愛犬のために車を停めしばらく待っていると、尿を終えたのか、外で大好きなウサギを追いかけているではないか。 リチャード氏は止めるため犬を捕まえようとすると、不意に転んでしまい意識を失ってしまった。 目を覚ますと彼は、見たこともない機械が置かれた部屋で治療されていた。 ジョナスと名乗る男が来ると、その男は自分が並行世界を橋渡しする仕事をしていること、偶然見つけたリチャード氏を助けたことを説明したという。 さらにこの世界では、宇宙の研究よりも並行世界の研究が主に進められていることを説明されたが、それよりも驚いたことがあった。 自分の世界では解散してしまった歌手グループ・ビートルズがその世界では、存続し続け全く異なる曲を出していたという。 ジョナスという男が席を外した間に、リチャード氏はとっさにそのカセットテープをポケットの中に入れた。 帰りは部屋に置かれた奇妙な機械を通して、元の世界に帰されたという。 彼はその後、証拠としてへカセットテープに収録されていた曲をアップロード。 様々な議論を呼んでいるが、真意は明らかにされておらず、彼は「 信じることは一切期待していない。 」と語っている。 1.故郷が一時的に消えていた女性 キャロル(Carol Chase McElheney)という名の女性は、彼女とその家族の故郷があるカリフォルニア州・ペリスに向かうため、道路標識を確認しながら車を走らせていた。 育った街に無事到着したかと思うと、彼女は驚いた。 記憶の中に確かにある街が一切なくなっており、身に覚えのない家ばかりが並んでいるのだ。 それは都市開発という次元ではなかった。 彼女は祖母が生活していた家へ車を走らせようとしたが、その家も同じように変わっていた。 また、祖母が埋葬されている墓地に行こうと試みると、そこは柵に覆われ雑草のみ生い茂る場所になっていた。 さらに車を進めると、レストランやホテルなど商業施設があった場所は、落書きで覆われた奇妙な場所になっている。 彼女は車から出ることすら恐れたが、通りを歩く人間に話を聞くと「 ここはずっと辺境だった。 」という。 数年が経ち、キャロルの父が亡くなってしまう。 祖父母と同じ墓地に埋葬されることが決まり、改めて同じ場所へ行くと、街が全て元に戻っていたという。 彼女は並行世界に訪れたと考えている。

次の