ご 無理 を 申し上げ まして 恐縮 です が。 ご無理なお願い(承諾)のお礼の例|#話術.com

ご無理を申しまして?無理を申しまして?

ご 無理 を 申し上げ まして 恐縮 です が

A ベストアンサー こんにちは。 8/20の英語のご質問以来ですね。 ご質問: <「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?> 「お急ぎ立てして申し訳ありません」 などもあります。 1.「すまない」はさらに丁寧な言い方だと 「申し訳ございません」 なども可能です。 2.「急がして」「急がせて」は、相手にある動作を「させる」という強制的な使役のニュアンスがあります。 3.この「使役」のニュアンスを、「立てる」がカバーすることがあります。 例: 「ご用立てして申し訳ありません」 =(常体)「用事を言い付けてすまない」 「お呼び立てして申し訳ありません」 =(常体)「呼びつけてすまない」 4.これらの「立てる」には、「物事や動作がはっきり表われるようにさせる」という、話し手の使役の意志が込められています。 従って「急ぎ立てる」=「話し手が相手を急がせる」という意味で使われています。 5.「お急ぎ立てして」「ご用立て」「お呼び立てして」の「お」「ご」などは、その動作を受ける相手に対する謙譲の接頭語となります。 以上ご参考までに。 こんにちは。 8/20の英語のご質問以来ですね。 ご質問: <「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?> 「お急ぎ立てして申し訳ありません」 などもあります。 1.「すまない」はさらに丁寧な言い方だと 「申し訳ございません」 なども可能です。 2.「急がして」「急がせて」は、相手にある動作を「させる」という強制的な使役のニュアンスがあります。 3.この「使役」のニュアンスを、「立てる」がカバーすることがあります。 例: 「ご用立てして申し訳ありません」... Q 先日、メールのやりとりの中で、「いくつかご質問があります。 」という一文がありました。 相手が、私に対して質問したいことがあるという状況です。 自分が質問したい場合に、そのことをさして「ご質問があります」は、なんだか違和感があるな、と思ったのですが正しい用法なのでしょうか? また、そういったご質問に対して、「"ご"回答いたします。 」と自分が回答することに対して「ご」をつけるのは正しいでしょうか? 仕事のメールでしばしば見かけるし、私も曖昧な使い方をしているかもしれないと思って、不安になってきました。 まスマートな表現をお教えいただけましたら幸いです。 ちなみに私は下記のようにしています。 質問があるとき「下記の事項についてお教え下さいますでしょうか」「ご教示下さい」「質問があります」 回答するとき「ご質問頂きました件につき、下記の通り回答いたします」もしくは、質問事項(引用)に回答を付記する。 A ベストアンサー こんにちは(^^ この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。 基本的には、敬語はNo. 2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。 では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。 (Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。 ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。 たとえばNo. 回答の場合は、(「ご回答」を避けるために) 「ご質問いただきました点につきましては、以下の通りですので、宜しくご確認お願いいたします」 と書いたりします。 ちなみに蛇足ですが「いたします」には「謙譲」「丁寧」の両方の意味がありますが、相手によっては「丁寧」の意味しか無いと思っている場合がありますね~。 これもあいまいなとこです(^^; こんにちは(^^ この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。 基本的には、敬語はNo. 2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。 では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。 (Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。 ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。 たとえばNo. A ベストアンサー No. 4です。 補足とお礼を拝読しました。 私もNo. 5さんのおっしゃる通り、基本的には意見の違いは無いと思います。 ただ問題は「依頼」の漢語サ変動詞の場合に「ご」をどうするかという事になります。 まず整理すると相手の「依頼」に対する「ご」をつけた謙譲語や尊敬語は問題ないと思います。 問題は自分が「依頼」する時ですね。 「依頼」は「用件を頼む事」という名詞です。 yahoo. これに「ご」をつける場合、 ・相手が「依頼」する時は 「ご依頼いただく」「ご依頼くださる」と謙譲も尊敬も使えます。 ・自分が「依頼」する時は 「〇〇のご依頼」「ご依頼する」「ご依頼します」などと「ご」は付けません。 「〇〇の依頼」「依頼する」「依頼します」です。 理由として「依頼」は相手に向いていますが、相手を立てるものではないからです。 ashir. php? livedoor. html [ですが、自分からの依頼や質問などは、 自分から発する動作であり、相手を立てるものではないので、 謙譲の「ご(お)」は不要です。 goo. html 回答No. 3 [ご質問文の中の例からは、「ご理解」「ご依頼」は謙譲の用法はありません。 ] ---------------------------------------------- 上記は『自分がする「質問」「依頼」』などに謙譲の「ご」はないとするものです。 (余談ですが上に挙げたように「敬語の指針」は私も参考にしています。 ただ以前から「ここは誤解を招きそうな表現だな」と思っていたのですが、 謙譲語 I は「向かう先を立てているもの」を謙譲語の中でI・IIと分類したものです。 重要なのは「立てている」事です。 例えば謙譲語 II の「申す」は相手がいますが立ててないので「II」になります。 「敬語の指針」39ページ「自分側に「お・御」を付ける問題も 「自分の動作やものごとでも,それが<向かう先>を立てる場合であれば」となっています。 ) (別件「ご説明」は謙譲語として問題ないと思います。 ) これを踏まえて、あえて「ご」を付けて使用する場合は 専ら「ご依頼申し上げる」と使います。 「ご依頼する」は使いません。 (難しいのは謙譲の「ご依頼する」は使わないという事で、謙譲語ではない常体の(普通の)「依頼する」「依頼します」は使うという事です。 chiebukuro. yahoo. ] Yahoo知恵袋:『致しますと、申し上げます の違いは? 「お願い致します」と、「お願い申し上げま... chiebukuro. yahoo. ただし、その一方しか使われない語もあります。 例えば「依頼(する)」の場合、「ご依頼申し上げる」 とは言いますが、「ご依頼します」という言い方はしません。 ] ---------------------------------------------- 上記参考URLのように、私も「ご依頼申し上げる」はよく見ますし違和感はないです。 bunka. pdf 27ページ 謙譲語Iの【一般形の主な例】「お ご ……申し上げる」 の形しか使わないと理解しています。 (ちなみに「申し上げる」は「言う」の謙譲語ではなく、「~する」の場合の行為の対象を敬う、敬意が高いほうの「~申し上げる」です。 yahoo. cgi? 4に書いたように、「相手がどう取るか」「尊敬語と混同しないか」と言う部分があり、尊敬語と混同された場合に自分の行為に「ご」をつけて「ご依頼する」とは非常に不遜な態度となります。 なので相手への最上級の敬意を持った「申し上げる」では明らかに謙譲の「ご」と分かり、混同されないので「ご依頼申し上げる」は使うのではないかと思います。 次に「ご依頼いたします」という「ご~いたす」についてですが、 これは「敬語の指針」 20ページ------------------------------------------ [【補足イ:謙譲語Iと謙譲語IIの両方の性質を併せ持つ敬語】 謙譲語Iと謙譲語IIとは,上述のように異なる種類の敬語であるが,その一方で, 両方の性質を併せ持つ敬語として「お ご ……いたす」がある。 「駅で先生をお待ちいたします。 」と述べる場合,「駅で先生を待ちます。 」と同じ 内容であるが,「待つ」の代わりに「お待ちいたす」が使われている。 これは,「お待 ちする」の「する」を更に「いたす」に代えたものであり,「お待ちする」(謙譲語I) と「いたす」(謙譲語II)の両方が使われていることになる] 28ページ------------------------------------------ [【「謙譲語I」兼「謙譲語II」の一般形】の [上述の「謙譲語I」兼「謙譲語II」の一般的な語形として「お ご ……いたす」がある。 ]] -------------------------------------------------- にある「お ご ~いたす」の形です。 ここにあるように「お ご ~する」をさらに「いたす」にした形なので「謙譲語I」兼「謙譲語II」となります。 まず謙譲語 I の「お ご ~する」が成立しないと成り立ちません。 さぁどう解釈するかです。 私は上記のように謙譲語 I の「ご依頼する」は使わないと考えています。 なので「ご依頼いたす」は無いです。 ただし下記のような方もいます。 chiebukuro. yahoo. ~~ 理屈から言えば「ご依頼いたします」で可と考えられるが、発音上、違和感があるので、あえて謙譲語IIを使わず「ご依頼申し上げました」と、動作の<向かう先>だけを立てる言い方ですませる方が無難かもしれない] Yahoo知恵袋:『ほかの方の似たような質問をよんだのですが、いまいちすっきりしないので質問いた... chiebukuro. yahoo. ] -------------------------------------------------- この場合は(理由が「相手に向いている言葉だから」と言うのが気になりますが)「ご依頼する」「ご依頼いたします」を可とした上で、ただし「ご依頼申し上げる」のほうが「無難」「落ち着きがよい」と考えていますね。 本質問の他の回答者の方も「ご依頼いたす」は可という事だと思います。 ただ前述のように、受け取る側の問題として「不遜」と取られる可能性があるので、「〇〇をご依頼申し上げます」を使うのがベストだと思います(これは間違いなく可なので)。 ただ一般的には自分が依頼する場合は、 題名には「〇〇の依頼」とは使いますが、本文の中では 「〇〇をお願いいたします」「お願い申し上げます」 「〇〇していただけないでしょうか」 「〇〇していただいてよろしいでしょうか」 などを使うほうが多く、あえて「依頼」を使う事は少ないです。 4です。 補足とお礼を拝読しました。 私もNo. 5さんのおっしゃる通り、基本的には意見の違いは無いと思います。 ただ問題は「依頼」の漢語サ変動詞の場合に「ご」をどうするかという事になります。 まず整理すると相手の「依頼」に対する「ご」をつけた謙譲語や尊敬語は問題ないと思います。 問題は自分が「依頼」する時ですね。 「依頼」は「用件を頼む事」という名詞です。

次の

「ご無理を承知」の例|#話術.com

ご 無理 を 申し上げ まして 恐縮 です が

依頼する時のクッション言葉:例)「恐れ入りますが... 」「お手数ですが... 」「お差し支えなければ... 」「ご面倒をおかけしますが... 」「恐れ入りますが... 」「勝手を申しますが... 」「ご都合がよろしければ... 」「お手数をおかけしますが... 」「可能であれば... 」「ご面倒でなければ... 」「突然のお願いで恐縮ですが... 」 無理を承知でお願い 無理難題だと分かったうえで、相手にお願いする時の言葉。 ご無理を承知で、お願いに上がりました。 不躾(ぶしつけ)ながら、ご無理を承知でお願い申し上げます。 無理なお願いとは存じますが、明日までにお見積りを送信いただけますか?• ご無理を申しまして大変恐縮ですが、明日までに追加注文分を納品いただければ幸いです。 ご無理を申し上げますが、仕様変更の件、どうかご承諾をいただけませんでしょうか?• ご無理なお願いであることは重々承知いたしておりますが、もう少しだけ単価の値引きをご検討いただけませんか? ご無理を申し上げますが 例• ご無理申し上げますが、お客様からクレームをいただきました件、よろしくお取り計らいくださいますようお願い致します。 ご無理を申し上げますが、仕様変更の件、どうかご承諾をいただけませんでしょうか?• ご無理申し上げますが、価格改定の件、何卒ご検討いただきますようお願い致します。 ご無理申し上げますが、先日提示させていただいた予算内でご検討いただけますと幸いです。 こちらの都合で誠に勝手を申し上げますが、明後日までに納品していただけますでしょうか。 勝手を言って申し訳ございませんが、先日の注文はキャンセルさせてください。 はなはだ申しあげにくいことではございますが、納入価格を2割ほど値引きしていただけませんか?• たいへん勝手ではございますが、今月末まで臨時休業させていただきます。 せかすようでたいへん申し訳ありませんが、明日までに仕上げをお願いいたします。 お忙しいところ恐縮ですが、明後日までに当方へ御足労いただきたく存じます。 何卒、内情をお汲み取りいただき、ご検討くださいますようお願いいたします。 申し訳ありませんが、予定が詰まっております。 恐れ入りますが、もう少しお時間をいただけないでしょうか?• 社内で案がまとまらず、申し訳ありませんが今週末まで待っていただけませんか?• 不躾なお願いとは存じますが、早急に補修をしていただきますようお願いいたします。 ご無理を申しまして大変恐縮ですが、本日中にお見積りをいただければ幸いです。

次の

無理なお願いをするときのビジネスメールの書き方【例文付き】

ご 無理 を 申し上げ まして 恐縮 です が

ビジネスシーンでは、丁寧な言葉遣いや敬語で話すことが、マナーだとされています。 丁寧な言葉遣いや敬語となると、堅苦しいイメージがあり、覚えたり使ったりすることが、難しいと思われがちです。 そのため、ビジネスシーンで使われる言葉やフレーズ、挨拶などに対して、苦手意識を持たれている方も、少なくないでしょう。 「大変恐縮ですが」という言い回しも、ビジネスシーンで頻繁に使用されるフレーズの1つです。 意味や使い方を理解したで使いこなせると、何かと便利なフレーズですが、上記でも挙げたように、複雑そうなイメージや苦手意識を抱いている方も、少なくないでしょう。 そこで今回は、「大変恐縮ですが」というフレーズをテーマにして、意味や使い方、類語や言い換え表現などについて、考察・ご紹介していきます。 「早速ですが」を正しく使っていますか? まずは、「大変恐縮ですが」という言い回しに、どのような意味が含まれているのか、基本的な意味について確認するところから、始めましょう。 また、文章や会話において、「大変恐縮ですが」というフレーズを使用したい場合、具体的にどのような使い方をすれば良いのか、使い方や例文についても、考察・ご紹介していきます。 「大変恐縮ですが」の意味 早速、「大変恐縮ですが」という言い回しに含まれている、意味やニュアンスについて、考察していきましょう。 「大変恐縮ですが」という言い回しは、「大変」と「恐縮」と「ですが」に、わけて考えることができます。 今回は、特に意味や解釈に戸惑いやすいと考えられる、「大変」と「恐縮」の意味について、考察していきます。 「大変」の意味 まずは、「大変」という言葉について、意味を確認していきましょう。 「大変」という言葉は、日常生活でも非常に頻繁に使用されている、とても身近な言葉の1つです。 「大変恐縮ですが」という言い回しの場合は、どのような意味やニュアンスで使われているのか、知っておきたいところです。 「大変」という言葉の意味について、「goo辞書」では、以下の引用のように説明しています。 引用の内容から、「大変」という言葉には、さまざまな意味が含まれていることが読み取れます。 名詞や形容動詞として、「大変」が使用されている場合は、重大な事件や物事の程度が深刻であること、苦労などが大きいことを意味しているとされています。 一方で副詞として使用されている場合は、程度がはなはだしい様子を意味していると言われています。 [名・形動] 1 重大な事件。 大変事。 一大事。 2 物事が重大であること。 また、そのさま。 3 苦労などが並々でないこと。 また、そのさま。 [副] 程度のはなはだしいさま。 非常に。 たいそう。 「恐縮」の意味 続いて、「恐縮」という言葉の意味について、考察していきます。 「大変恐縮ですが」というフレーズに対して、難しそうなイメージや複雑そうな印象を抱いている方の中には、「恐縮」という言葉の意味がわからないために、上記のように感じているという方も、いらっしゃるでしょう。 この機会にぜひ、「恐縮」の意味について、確認してみて下さい。 「恐縮」の意味について、「goo辞書」では、以下の引用のように解説しています。 引用の内容から、「恐縮」とは恐怖や恐れで身が縮まったりすくむことを意味していることが、読み取れます。 また、相手に迷惑を掛けてしまったり、相手からの厚意を受け取ったりした際に、申し訳なく感じたり、おそれ多いと感じたりすることを意味するケースもあります。 1 おそれて身がすくむこと。 2 相手に迷惑をかけたり、相手の厚意を受けたりして申し訳なく思うこと。 おそれいること。 また、そのさま。 使い方【1】:お忙しいところ大変恐縮ですが 「大変恐縮ですが」という言い回しの意味を理解したところで、続いては使い方について、考察していきます。 「大変恐縮ですが」という言い回しを、文章や会話で使用したい場合、どのような形で使えば良いのか、さまざまなフレーズを使用した例文をご紹介していきます。 例文を通して、「大変恐縮ですが」という言い回しの実践的な使い方について、考えてみましょう。 「大変恐縮ですが」を使用したフレーズの中でも、特に頻繁に使用されるのが、「お忙しいところ大変恐縮ですが」というフレーズです。 以下の例文のような使い方ができると考えられます。 ・お忙しいところ、大変恐縮ですが、〇〇様はいらっしゃいますでしょうか。 ・お忙しいところ大変恐縮ですが、ご確認お願いいたします。 ・お忙しいところ大変恐縮ですが、本日中にご返信いただけますよう、お願い申し上げます。 使い方【2】:大変恐縮ですが宜しくお願い致します 上記でご紹介した、「お忙しいところ大変恐縮ですが」という言い回しと並んで、「大変恐縮ですが」を使用した言い回しの中でも、特に使用されることが多いのが、「大変恐縮ですが、よろしくお願いいたします」というフレーズです。 相手に何かを依頼したり、やってもらったりする際に、使用されることが多いと考えられます。 ・大変恐縮ですが、時間厳守ということで、よろしくお願いいたします。 ・急なお願いで大変恐縮ですが、よろしくお願いいたします。 ・大変恐縮ですが、明日までにご回答頂きますよう、よろしくお願いいたします。 社会人として働いていると、クライアントや顧客、消費者などから、クレームや苦情が入ることもあります。 そのような場合の対応として、相手に事情を理解するよう、お願いしなければならないケースもあるでしょう。 上記のようなシチュエーションで、使い方を覚えておくと何かと役立つ可能性がある言い回しが、「大変恐縮ですがご理解」というフレーズです。 ・大変恐縮ですが、納期の件についてはご理解頂きますよう、お願い申し上げます。 ・大変恐縮ですが、ご理解頂けますと幸いです。 ・ご迷惑をお掛けしているところ、大変恐縮ですが、ご理解頂きますよう、お願い申し上げます。 使い方【4】:大変恐縮ですが何卒 ビジネスシーンでは、日常的な会話では、あまり使用しない言い回しや言葉も、使用することになるケースがあります。 「何卒」という言葉もまた、日常の会話では使用しないものの、ビジネスシーンや公の場ではよく使われる言葉の1つと言えるでしょう。 そこで続いては、覚えておくと何かと役立つ、「大変恐縮ですが何卒」というフレーズについて、例文を通して見ていきましょう。 ・大変恐縮ですが、何卒よろしくお願い申し上げます。 ・お忙しいところ大変恐縮ですが、ご検討いただきますよう、何卒お願い申し上げます。 ・大変恐縮ですが、契約の件につきましては、何卒よろしくお願い申し上げます。 「大変恐縮ですが」の類語・言い換え表現 続いては、「大変恐縮ですが」という言い回しの、ビジネスにおける使い方について、考察していきます。 「大変恐縮ですが」という言い回しは、ビジネスシーンや公の場で使用されることが多い言い回しです。 「大変恐縮ですが」という一言を加えるだけで、相手への気遣いなどを表現できるケースもあり、相手からの印象も変わる可能性があります。 ですから、この機会にぜひ、ビジネスにおける適切な「大変恐縮ですが」の使い方についても、考えてみましょう。 ビジネスでの使い方【1】:メール ビジネスにおける「大変恐縮ですが」の使い方の1つとして、メールで使用する方法が考えられます。 最近では、ビジネスメールにおけるやり取りをする会社も増えており、重要なやり取りなどもメールで行うケースがあります。 しかし、メールの場合は文章なので、直接会って話している時や、電話で会話をしている時に比べると、感情や考えなどが伝わりにくいこともあります。 そのため、必要な内容のみを淡々と記入しただけのメールだと、事務的で冷たい印象を相手に与えてしまう危険性があります。 そのようなときに、「大変恐縮ですが」などの一言を付け加えて挨拶をしたり依頼をしたりすると、文章にあたたかみが出たり、相手への気遣いが表現できたりする可能性があると言われています。 ビジネスでの使い方【2】:依頼 「~していただけますと幸いです」という言い回しもまた、「大変恐縮ですが」という言い回しと同様に、よく使われている表現の1つです。 「幸い」という言葉には、「ありがたい」「助かる」といった表現が含まれているため、依頼などをする際に、不躾な印象や強引なイメージを、緩和することができると考えられます。 ・可能でしたら、明日までにご返信いただけますと、幸いです。 ・間違いなどございましたら、ご指摘しただけますと幸いです。 ・お手数ですが、ご連絡いただけますと幸いです。 別の表現【2】:申し訳ありませんが 「恐縮」という言葉には、申し訳ない気持ちを表現する意味が含まれています。 ですから、「大変恐縮ですが」という言い回しは、「大変申し訳ありませんが」といったフレーズと、文脈や内容によっては、置き換えて使用できると考えられます。 ・申し訳ありませんが、時間厳守でお願い申し上げます。 ・申し訳ございませんが、先程の回答について、ご理解いただけますと幸いです。 ・申し訳ございませんが、本日中にご返信いただきますよう、お願いいたします。 「大変恐縮ですが」は便利な表現.

次の