リ オード ロイヤル。 【シャドバ】月の刃・リオードの評価と採用デッキ【シャドウバース】

【シャドウバース】月の刃・リオードの評価と影響の予想

リ オード ロイヤル

現在のローテーション環境では、10ターン前後で終わる試合が多いなか、潜伏ロイヤル使用者は試合展開が早いため、休憩を長く取ることができます。 機械ウィッチ以外のウィッチに圧倒的有利が取れ、メリットも多い潜伏ロイヤルについて、数名から質問を受けましたので、ポイントを記載します。 よろしければ参考にしてください。 デッキ (JCG予選トーナメント決勝にて) 2.リオードの横並べ、相手に盤面ロックをさせたなら、ほぼ勝ちです。 デッキには、リオードが3枚と、リオードを引っ張ってくるスペルカードが6枚あります。 すなわち、リオードが実質9枚です。 そうすると、リオードを素引きしてしまうと、素ドロー1枚分が無駄になります。 そこで、理想的な展開としては、 ・4ターン目までのリオードは素引きかスペル ・4ターン目以降のリオードは、スペルでデッキから引っ張る ことが望ましいです。 3.「魅惑の一撃」を打たせてナンボ。 RAGEで多く採用されているであろう機械・復讐複合型ヴァンプからは、「魅惑の一撃」が放たれます。 2ターン目に配置した「リオード」は「魅惑の一撃」により倒されてしまう確率が高いですが、「リオード」を配置することに躊躇してはいけません。 相手が2個目の「魅惑の一撃」を打ってくる確率は低くなりますので、第二、第三のリオードを配置する算段を立てたマリガンを意識すると良いでしょう。 ヴァンプ相手に理想的な手札の流れとしては、 4ターン目までにリオードを着地し、 4~5ターン目に「勇気ある乱入」で「リオード」を特殊召還し、進化という流れになります。 また、「ジライヤ」で相手のスタッツを1/1に下げることによって、相手のリーサルを回避することも可能です。 ただし、「エイラの祈祷」の効果により。 1/1のスタッツになったフォロワーも、バフ(数値上昇)しますので、注意が必要です。 安易に「飢餓の輝き」を使うと、「魅惑の一撃」のみならず、「機械神」によって「リオード」を失ってしまいますので、注意が必要です。 また、進化・復讐ヴァンプデッキに搭載されている「ヴィーラ」が進化すると、リーサルを取れなくなります。 相手が進化・復讐ヴァンプの場合は、「エンジェルシュート」を安易に切ることを避けるべきです。 エイラ側に横並べをされつつバフをかけられてしまうと、負けます。 それゆえ、対エイラでは特に、4ターン目にそれまで伏せていた「リオード」を露出し、相手の盤面を取ることも視野に入れましょう。 詳しくは、下記URLの動画をご参照ください。

次の

グラマス達成 自然ロイヤル

リ オード ロイヤル

ゆずレモンサイダー(ペットボトル)を道中で派手に落とし、ただのゆずレモンにしてしまった男!! しろくさです!! 今回は自然ロイヤルっぽいリオードロイヤルを組んでみました。 デッキ紹介 シャドウバースを長くやっているとリオードロイヤル(潜伏ロイヤル)といえば嫌われ者というイメージがあります。 まぁ実際ストレスたまるので当たるのは嫌なんですが() しかし好き嫌いでデッキを作るのはよくありません。 皆さんにより多くのデッキに触れてい欲しいという願いがありますのでこのデッキを紹介することにいたしました。 そういう思いでデッキ開発をしているのです!! そんなこと言ってるとデッキのネタが尽きてしまうなんて口が裂けても言えない プレイについて 1. 進化ターンまでに リオードと ベイリオンをサーチしておく サーチカードである 優雅なもてなし、 アイテールを使って進化ターンまでに準備を整える 月の刃・リオード 進化前 潜伏 進化後 潜伏 進化時 隠伏1枚を手札に加える。 陰伏 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に1ダメージ。 アサシン1枚を手札に加える。 アサシン 進化前 ファンファーレ 自分の指揮官・フォロワー1体は 潜伏 を持つ。 進化後 効果なし 進化前 守護 ファンファーレ このバトル中、自分のリーダーは「自分のターンごとに1回、自分のPPがカードの能力で回復したとき、 王の一閃1枚を手札に加える」を持つ。 リーダーはこの能力を重複して持たない。 進化後 守護 進化時 自分のPPを1回復。 サーチした2枚のカードを進化させる。 リオードに 王の一閃や 武力強化などのバフをかけて殴る。 後攻の理想は 6ターン目にウルフをプレイし効果発動(PP1回復の方)させ王の一閃を加える。 その後進化し、リオードで相手リーダーを殴る。 陰伏をプレイ(リーダーが理想ではあるが正直どこに打ってもいい) その後陰伏から手札に加わるアサシンでリオードを隠して終了 先攻の理想は 6ターン目にブレイブ・マナをプレイし王の一閃を加える。 その後進化し、リオードで相手リーダーを殴る。 陰伏をプレイ(リーダーが理想ではあるが正直どこに打ってもいい) その後陰伏から手札に加わるアサシンでリオードを隠して終了 (これよりいい動きがありましたらコメントください) 4. 二刀流を7ターン目にかけて試合終了 先攻後攻共に同じです。 これが理想の動きではあるんですが正直ここまで躍起になってバフをかける必要はないです。 攻撃力が7以上あればいいので(7ターン目までに二刀流を手札に抱えることができれば)十分だと思ったところでバフかけるのをやめて大丈夫です。 サーチについて 優雅なもてなし 指揮官・カードをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。 自分の残りEPが相手より多いなら、そのコストを-1する。 (進化可能でないターンの残りEPは0) 指揮官カードをサーチするカード このデッキにおいては リオードか アイテールがサーチされます。 確定サーチではないのが課題部分にはなるんですがアイテールもリオードもパーツとして必須なので採用しています。 基本的には 自分の残りEPが相手より多いなら、そのコストを-1する。 (進化可能でないターンの残りEPは0) 部分は使いません。 リオードロイヤルは速さが命なので序盤にひいたらすぐ使ってください。 試合中盤以降はほとんど使用しません。 ロイヤルカードをサーチするカード このカードですが3ターン目のみ ベイリオンサーチで4ターン目以降は 躍動する獣戦士になっています。 3ターン目にしかベイリオンサーチのチャンスがありませんが 優雅なもてなしもあるのである程度アイテールサーチが可能になっています。 先攻4ターン目は微妙に暇なターンになることもあるのでそのターンもベイリオン確定サーチにしたいよという方は ミストリナを入れることをお勧めします。 詳しくは デッキの改善点で御確認ください。 PP回復カードについて または王の一閃を加えるカードともいう ブレイブ・マナ ナテラの大樹1枚を手札に加える。 5ターン目かそれ以降なら、自分のPPを1回復。 使い勝手がえげつないくらいいいカード ナテラの大樹を手に入れることもできますし、王の一閃を加えるときも大きく貢献してくれます。 その分雑に扱うと負け筋にもなってしまうカードになります。 特に序盤に関しては他に代用できるカードが手札にある場合、そちらを優先して使うようにしてください(ウルフ、荒野の案内人) ウルフ 進化前 ファンファーレ ナテラの大樹1枚を手札に加える。 相手の場のフォロワーの数が自分より多いなら、自分のPPを1回復。 進化後 効果なし 雑に使ってもいいカード!! 弱いカードではないです() 投げるカードに困ったらとりあえず投げちゃおうというカードが必要になる場合はぼちぼちあります。 暇を埋めてくれるカードとしても優秀です。 また条件が揃えばですが王の一閃を加えるカードでもあります。 積極的に進化して王の一閃を加えられるようにしてください。 またその時にベイリオン含め王の一閃を使わないほうがいいです。 できる限りリオードに使うようにしてください。 稀に使ってもいい場合もありますが最初のうちはとりあえず使わないことを意識してください。 躍動する獣戦士 進化前 突進 ファンファーレ 自分の場にナテラの大樹があるなら、自分のPPを3回復。 エンハンス 8; 疾走 を持つ。 このカード一枚でやれることが多いです。 基本的にはリオードで削り切れなかった体力を削る役割を持たせています。 フィニッシャー 月の刃・リオード このカードが火力の大部分を担っています。 基本的にはこのカードのみで体力を削れるように動いてください。 そのためには バフをかけるカードをできる限りリオードに集中させることが大切になります。 ベイリオンのところでも話しましたができる限り王の一閃も例外ではなく、リオードにかけるようにしてください。 破格のカードであるがゆえに使いどころを間違えてしまうと負け筋になってしまいます。 進化権は残らないことがほとんどなので8点出すのは難しいと思います 改善点について 躍動の獣戦士 森の姫・ミストリナが入れ替え候補です。 進化前 レート 1;輝ける剣撃1枚を手札に加える。 ---------- 守護 ファンファーレ 輝ける剣撃1枚を手札に加える。 「相手の場のフォロワーの数」が自分より多いなら、自分のPPを2回復。 進化後 守護 輝ける剣撃 攻撃力最大の相手のフォロワー1体に3ダメージ。 自分の場にナテラの大樹があるなら、3ダメージではなく5ダメージ。 (攻撃力最大のフォロワーが複数いるなら、その中からランダムに1体) ランダムな自分の森の姫・ミストリナ1体は 疾走 を持つ。 躍動する獣戦士 メリット ・10ターン目に二刀流とくっつけてプレイできる。 ・実質5コスト疾走なのでミストリナよりもコストに余裕を持たせてプレイできる。 など デメリット ・守護に比較的弱い。 ・10ターン目までいくことが少ないため実質二刀流とのが薄い。 など 森の姫ミストリナ メリット ・単体の守護であれば輝ける剣撃を使って守護を除去できる。 ・躍動する獣戦士よりも条件が揃えば早くプレイできる。 ・ベイリオンをアイテールでサーチするとき1ターン余裕ができる。 ・守護がある など デメリット ・条件が揃わないと躍動する獣戦士と疾走するターンが同じになってしまい、バフもかけずらい など メリットデメリットの量だけ見るとミストリナの方が基本的には使いやすい印象がありますが、環境によってはそうとも限りません。 例えばリノセウスデッキが流行った場合です。 リノセウスデッキは受け身のデッキになりますので盤面にフォロワーを並べることはほとんどありません。 そうした場合ミストリナの採用は見送られる可能性が高いです。 迷ったら2枚とも入れるという手もあるけどね!! そうするとアイテールサーチの恩恵はなくなります。 ただただ単純に要らなかったです() リオードのバフについてですが王の一閃でほとんど十分でした。 抜いてください() この場合の候補については レンシスターズ登場!、 簒奪の蛇剣、 森の姫・ミストリナなどが挙げられます。 実は他にもあったりするんですがこれ以上はもう疲れたよ… (最初はいらないと勝手に思っていた 勇気ある乱入入れたほうがいいんじゃないかとか) というか結構改良点見つかったので最悪大幅に改良するかもしれません。 そしたらまたブログに挙げますね。 最後に 今の環境ではリオードをまともに取れるカードは実はあまりなかったりします。 エルフは ラティカいれないデッキの方が主流だったり、ネクロも 機械鋸の死運びはほとんど採用されていません。 今だったら戦えると信じていますので是非使ってみてください。 (環境デッキにメタられるという最大の弱点はありますが…) 面白かったら ・のチャンネル登録 ・B! ブックマークの登録 ・読者になる してくれると嬉しいです。 最後までみていただきありがとうございました。 sirocusa14.

次の

【シャドウバース】月の刃・リオードの評価と影響の予想

リ オード ロイヤル

自然ロイヤル(17連勝デッキ、ローテーション) <> 栗の佃煮氏がローテーション17連勝を達成した自然ロイヤルのデッキレシピです。 自然ロイヤルは、黄金都市ナーフ後の環境でかなり有利になったデッキタイプとして注目したいですね。 具体的には、自然ビショップの「」が消えて「月の刃・リオード」が暴れやすくなったことや、リノセウスエルフに対する相性が悪くないことが挙げられます。 リオードに寄せたもありますが、リオードに寄せなくてもナーフ後環境では勝ちやすくなっているようです。 栗の佃煮氏のTwitterによると、自然ビショップ対面はエクセスプリーストがないだけでかなり違うみたいですね。 リオードの処理が難しいだけでなく、体力が高い守護フォロワーを2コストで手軽に処理できないのは大きいと思います。 リノセウスエルフは、潜伏フォロワーを処理する手段を持っていますが、守護が少ないので疾走フォロワーに弱くなっています。 「」「」で体力6以上の守護フォロワーが多いですし、「」も進化後は体力7で処理しづらいので、除去スペルが足りなくなることも多いのではないでしょうか。 除去スペルを十分に引けても、「」のコンボパーツが集まらないと、リーサルターンが遅くなって疾走で決められる展開になりそうですし、リノセウスエルフ側の要求値は高めだと思います。 自然ネクロに対しては、「月の刃・リオード」だけでなく「簒奪の絶傑・オクトリス」も刺さるので、もともと有利が付いています。 環境上位デッキに対する相性がかなり向上しているので、自然ロイヤルはナーフ後環境で注目したいデッキタイプですね。 隠伏天誅(ロイヤル、関連カード) 隠伏天誅(ロイヤル) ゴールド スペル 0コスト 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に1ダメージ。 アサシン1枚を手札に加える。

次の