母の日 ペット好き。 離れて暮らすママに直送できる!どうぶつ好きのためのお花屋さん「動物のお花屋さんマイペリドット」2020年度の母の日ギフトぺージをオープン。|株式会社岡田商会のプレスリリース

葬儀までの日程

母の日 ペット好き

葬儀までの日程は、葬儀屋さんとお寺さんとで話し合って決めました。 通夜は、母がなくなった日の2日後にしました。 そして火葬、葬儀は通夜の翌日にしました。 基本的には、火葬場の開いている日、時間から決めていった感じです。 今回の葬儀は、新型コロナウィルスのこともありますので、自粛して、家族葬としました。 呼ぶのは、家族と、親戚のみです。 (母の昔からの特に親しい友人は、私たち家族同然ですから といって、葬儀に来る模様です。 ) 新聞などの御悔み欄につきましては、葬儀終了後に掲載してもらうようにしました。 通夜は、自宅で行うため、料理の手配、飲み物の買出し。 お菓子などの用意。 通夜に使う部屋の用意。 特に高年齢の人が多いため、膝が痛かったりして座れないこともあって、 テーブル、椅子を用意しました。 それからあいさつ文の準備です。 挨拶としては、 1.通夜のあいさつ 2.出棺時のお見送りのあいさつ 3.葬儀でのあいさつ 4.精進落しでのあいさつ があります。 葬儀屋さんで、テンプレートを用意してありましたので、それに若干のアレンジを付け加えた形にしました。 家族葬にしてしまったことにより、通夜までの間に弔問い訪れる人も多く、 なかなかやりたい事が出来なかったりしました。 - -, ,.

次の

犬好き猫好きお母さんへ贈る母の日プレゼント

母の日 ペット好き

ペットの似顔絵フラワーやキャラクターフラワーを制作するネットショップ「動物のお花屋さんマイペリドット」を運営する株式会社岡田商会(所在地:兵庫県西宮市、店長:小原冬萌)は、離れて暮らすママにかわいいペットをモチーフにしたお花が贈れる「2020年度 母の日ギフト特集」ページをOPENいたしました。 母の日ギフト特集2020 動物好きな方にとって、かわいいペットは家族そのもの。 わたしたちはお家に閉じこもっていなければならず、会いたくても会えない離れてペットと暮らすママに直接贈ることができる、ペットの似顔絵フラワーを制作しています。 こちらが2020年度の母の日ギフト特集ぺージ。 すべてオリジナルとなる、かわいい動物たちをモチーフにしたフラワーギフトがずらりとならびます。 こちらが1番人気の「アニマルキャンディ」。 ゴールデンレトリバーやミニチュアダックス、黒柴といったさまざまなワンちゃんのほか、猫ちゃんやうさぎさんなど30種類以上より、飼っているペットにあわせて選ぶことができます(背景のお花の色は6種類から選べます)。 こちらは2番人気の「マイペットフラワー」。 かわいいペットのお気に入りの写真を送るだけで、世界にひとつだけのユニークなペットの似顔絵フラワーが届きます。 「アニマルフラワーBOX」も人気の定番商品。 ペットのお顔の部分は40種類のかわいい動物から選ぶことができます。 母の日を象徴するお花といえばカーネーションですが、カーネーションを使用した3つのアレンジメントもご用意しました。 「カーネーションドーム」は、ピンクを基調にした大ぶりのカーネーションと赤いリボンがキュートなフラワーギフト。 かわいいペットのシルエットは、20種類から選ぶことができます。 「アニマル壁掛けスタンド」は、40種類のかわいいペットのお顔が選べる、白いフレームに入ったフラワーギフト。 壁に掛けて飾れるだけでなく、専用のスタンドをつけることで据え置きすることもできます。 「アニマルミニ2BOX」は、60ミリ四方の手のひらサイズのミニBOXに、20種類から選べるペットのシルエットと「Thank You」の文字が印字されたフラワーギフト。 左側のBOXではバラを、右側のBOXではカーネーションを楽しむことができます。 動物好きを笑顔にする「動物のお花屋さんマイペリドット」のフラワーギフト。 すべてかわいらしいラッピングとメッセージカード付きで、離れて暮らすママにそのまま贈ることができます。 わたしたちはこれからもプリザーブドフラワーを使ったユニークな商品づくりをつうじて、動物と人、そして人と人の絆をつなぐお手伝いをしてまいります。 <参考URL> 母の日ギフト特集 動物のお花屋さんマイペリドット.

次の

【アニマルキャンディ】プリザーブドフラワー 犬好き 猫好き うさぎ好き 人気 母の日 母の日ギフト 誕生日 バレンタイン ホワイトデー 花 ペット お供え :candy:プリザーブドフラワー動物のお花屋

母の日 ペット好き

葬儀までの日程は、葬儀屋さんとお寺さんとで話し合って決めました。 通夜は、母がなくなった日の2日後にしました。 そして火葬、葬儀は通夜の翌日にしました。 基本的には、火葬場の開いている日、時間から決めていった感じです。 今回の葬儀は、新型コロナウィルスのこともありますので、自粛して、家族葬としました。 呼ぶのは、家族と、親戚のみです。 (母の昔からの特に親しい友人は、私たち家族同然ですから といって、葬儀に来る模様です。 ) 新聞などの御悔み欄につきましては、葬儀終了後に掲載してもらうようにしました。 通夜は、自宅で行うため、料理の手配、飲み物の買出し。 お菓子などの用意。 通夜に使う部屋の用意。 特に高年齢の人が多いため、膝が痛かったりして座れないこともあって、 テーブル、椅子を用意しました。 それからあいさつ文の準備です。 挨拶としては、 1.通夜のあいさつ 2.出棺時のお見送りのあいさつ 3.葬儀でのあいさつ 4.精進落しでのあいさつ があります。 葬儀屋さんで、テンプレートを用意してありましたので、それに若干のアレンジを付け加えた形にしました。 家族葬にしてしまったことにより、通夜までの間に弔問い訪れる人も多く、 なかなかやりたい事が出来なかったりしました。 - -, ,.

次の