怖い 話 実話 短編。 怖い話の超まとめ100話!怖い話ならココ!実話や都市伝説の短編集

怖い話の実話 もくじ

怖い 話 実話 短編

これは私が小学校5年生に体験した「本当にあった怖い話」です。 お正月に父方のおばあちゃんお家に家族4人で帰省しました。 父と母と私と5歳の妹です。 おばあちゃんの家にはたくさんの親戚が集まってかなり賑やかでした。 大人はお酒を飲んで子供たちはお年玉をもらってみんな喜んでいます。 僕はあまり人との付き合いが得意ではなくて、みんなの中ではどうやって話をしていいかわからない方でした。 学校でもあまり友達はいません。 だから親戚の従妹の中でも話の輪に入ることが出来ずになんとなく居心地が悪いなと感じていました。 怖い話実話系「誰かがやってきたよ」 お昼ご飯を食べて食器をお母さんたちが片づけているときでした。 「ごめん下さい」 玄関の方で男の人の声がしました。 みんなはその声が聞こえていないのか何の反応もしません。 仕方がないので僕が対応することにしました。 「あけましておめでとうございます」 玄関にいたのは60歳くらいのおじいさんでした。 おじいさんは腰を曲げて丁寧に頭を下げました。 ニコニコと笑っています。 「あけましておめでとうございます」 僕も慌てて返事をしました。 「これお年玉だよ。 あんたの分と妹の分ね」 そういっておじいさんはポチ袋を2つ手渡してくれました。 「ずいぶん大きくなったね。 何年生だい?」 「じゃあね。 確かに渡したからね。 私は行くよ」 おじいさんはそう言うと玄関を出ていきました。 「ありがとうございます」 おじいさんの背中に向かって僕は言いました。 それから「そうだ!名前を聞かなくちゃ」と思い、今閉まったばかりの玄関を開けました。 しかし、そこにはおじいさんの姿はもうありませんでした。 怖い話実話系「足跡が無い・・・」 粉雪がパラパラと舞って庭の木や家屋の屋根を白く染めています。 「あれ?」 僕は玄関から道路に続く3mくらいの庭に足跡が付いていないことに気が付きました。 「おじいさんの足跡が無いな?」 僕は不思議に思いましたがそのまま家に入りました。 「お父さん。 今おじいさんが来てお年玉貰ったよ」 僕は父に話をしました。 「誰に貰ったんだ?」 「わからない。 名前を聞こうと思って玄関開けたけど直ぐにいなくなった」 僕がそういうと、父は「ダメだろ!ちゃんと名前を聞かなくちゃ」そういって怒りました。 「まあまあ。 今日は正月なんだからそんなに怒らないの」 助けに入ってくれたのはおばあちゃんでした。 「で、お年玉をくれた人はどんな人だったの?」 「60歳位で髪の毛は白くて丸い眼鏡をかけていたよ」 僕が答えるとおばちゃんは「白髪で丸い眼鏡の60歳ね~」そう言って何か考えるような仕草をしました。 怖い話実話系「あんたの所にも来たの・・・」 その時にリリリリリンと電話のベルが鳴りました。 おばあちゃんが電話に出ると「えっ、あんたの所にもきたの」そういって僕の方を見つめました。 それから少し話をしてからおばあちゃんは電話を切りました。 「もう一回お年玉をくれた人の話を聞かせてくれるかい?」 おばあちゃんがそういうので僕は思い出せるだけ詳しく話をしました。 いつの間にか親戚の人がみんな僕の周りに集まっていました。 僕が話を終えるとおばあちゃんは涙をこぼしていました。 そして仏壇の前から一枚の写真を持ってきました。 「この人じゃなかったかい?お年玉をくれた人は」 そこには白髪頭の60歳くらいのおじいさんが映っていました。 スーツを着て真面目な顔をしています。 僕は少し違うような気がして頭を振りました。 「そう・・・」 おばあちゃんは少し悲しそうな顔をしました。 そして思い出したように「こっちの写真はどう?」ともう一枚の写真を持ってきました。 そこにはおばあちゃんと並んで笑っている男の人が映っていました。 怖い話実話系「あんたのお爺ちゃんよ」 帰ってきたおじいちゃんの怖い画像 「あっこの人だ!」 僕がそういう親戚のみんなが「おーっ」とため息のような声を漏らしました。 「そうかい。 おじいちゃんがきてくれたのかい」 おばあちゃんは大事そうに写真を撫ぜました。 涙がぽたぽたとこぼれていました。 「この人はね。 あんたが生まれて直ぐになくなったおじいちゃんだよ」 おばあちゃんはそう言いました。 「おじいちゃんね。 ガンだったのよ。 あんたが生まれてくるまでは生きるんだ!ってね辛い治療も頑張ってたの。 それであんたが生まれたら必ず10歳になるまで生きてやる。 そう言ってたのよ」 僕は今年で10歳になったところだ。 「上手に手を動かせるようになったわね。 私の可愛いい坊や。 野球のピッチャーになれるかもしれないわね」 母親が坊やの手にキスをすると坊やは笑顔で足をバタバタとやる。 「こんなに上手に足を動かせるのならサッカー選手もいいかもしれないわね」 坊やはキャッキャッと喜んで腹ばいになった。 ポッコリと膨らんだおなかで亀のようになる。 「いろいろなものが食べれるようになったから少しダイエットとした方が良いかもしれないわよ」 母親は坊やの可愛いお尻にキスをした。 母親の後ろに坊やの父親が立っていた。 「そろそろ外にも連れて行った方が良い時期かな」 父親が聞いた。 「そうね、外遊びにはいい季節ね」 「お前は幸せか?」 父親が聞くと母親は「幸せに決まってるじゃない」と答えた。 「そんなに血まみれになるまで殴られても幸せなのか?」 「私は幸せよ可愛い坊やと一緒だもの」 母親の顔に坊やのげんこつが飛んできた。 ひきこもりになて30年が経過した50歳の坊やのげんこつが・・・.

次の

夏本番!怖い話 短編集

怖い 話 実話 短編

スポンサードリンク その電話を掛けたのが新潟県の〇〇町と言う所だったようです。 「もしもしお母さん?」 「そうよ。 どうしたの?ヒロシ」 その家は栗原と言う家だった。 そのため彼は栗原ヒロシを演じた。 「実は、交通事故にあって今すぐ通帳に3百万円振り込んで欲しい。 」 で、今すぐは無理と言うところをうまく彼は「もう今日でないとダメだ。 」と言うことで急がせることにした。 案の定それは成功し、栗原さんのお母さんも「わかった」と言った。 そして電話を切った。 夕方彼がお金を下ろしに行くととまんまと3百万円が入っていた。 そして、彼はそれを下ろして、家に帰り1人で祝杯をあげていた。 彼は、俺は電話1本で3百万円稼げる男だと言いながらずっとビールを、呑んでいた。 すると、テレビニュースでちょうど朝のニュースをやっていた。 彼は、ちょうど俺が電話していたところだなぁと思って見ていた。 彼は「俺なんかは電話1本で3百万円稼ぐのにあいつは強盗なんかしている情けない奴だなぁ」と言いながらお酒を飲んでいた。 強盗はどうやら民家に入って3百万円奪うと30分ほどどっかに行ってたって言うんです。 そして、30分ほどして現場に戻ってきて1つの手紙を書いて犯人は自分の持っていた包丁で自分の首を掻き切って自殺したと言う。 たまたま、自分の電話した新潟県〇〇町と一緒のところで3百万円の強盗があった。 彼はだんだんと怖くなってきた。 ひょっとするとと思っていると、犯人の名前が出た。 「栗原」って、書いてある。 間違いなく彼が電話したところである。 俺の電話を信じて、自分の子供を心配になって母親がお金がないものだから強盗に入ってどうも最後は自殺したらしい。 そして、その最後にメモが残されており、「ヒロシは何も悪くないから。 」と残されていたようだ。 そしてだんだんと怖くなってきて、「まぁ、自分が人を殺したわけではないけど、ここにある3百万円は確実に人の命のかかったもの。 」 彼はますます怖くなって、彼はどんどんどんどんお酒を呑んでいく。 お酒の力を借りて寝ようとして、だんだん酔いも回ってきて、このまま寝てしまおうと思って、電気を消して布団に入った。 すると夜中にドンドンドンドン、と激しくドアをノックする音が部屋に響いた。 彼は警察だなぁと思った。 むしろこのまま逮捕されたほうが気が楽だなぁと思った。 そしてそのまま寝ていた。 すると、ドン! ドアを蹴り破って警察が入ってきた。 でも彼はもういいやと思って寝ていた。 すると、誰かが布団をバッとめくって、彼の手を持った。 あ、刑事さんだなと思った。 しかし、その手がやたらと冷たい。 そして冷たいなぁと思っていた。 その時、女性の声で 「3百万返せ」 突然声がした。 そして、彼がパッと顔を挙げると、ちょうど、首が皮一枚で繋がっているオバさんがこっちを、見ながら怒ってた。 それからというもの、毎晩のようにオバさんが現れて安眠できないという。 それで、お祓いをしてほしいっていう話だった。 怖い話を募集しています。 あなたの身近で起きた聞いた怖い話を教えてください。 教えていただいた内容を当サイトで掲載したいと思います。 どんなにくだらない内容でもいいのでとりあえず送っていただけると嬉しいです。 よほどひどくなければ、こちらで多少の修正の後公開したいと思います。 なお、著作権は当サイトに移譲されたことになります。 ご注意ください。

次の

怖い話実話まとめ短編8|夜中の恐怖体験、人を引き込む鳥居

怖い 話 実話 短編

タグ 幽霊 新潟県 生き霊 震災の幽霊 岡山県 三重県 長崎県 レビュー 熊本県 ニュース 守護霊 広島県 あの世 愛媛県 青森県 会社の怖い話 心霊写真 福井県 岐阜県 山梨県 群馬県 滋賀県 大分県 鹿児島県 茨城県 静岡県 山口県 山形県 怖い話師 北海道 愛知県 車 石川県 沖縄県 秋田県 福島県 実話 車の霊 東京都 兵庫県 和歌山県 長野県 動物の霊 事故物件 学校の怖い話 埼玉県 女性の霊 親族の霊 子供の霊 男の霊 お葬式 音 コラム 妖怪 京都府 金縛り 福岡県 病院 ホテル 除霊 霊能力者 神奈川県 山の怖い話 岩手県 宮城県 海外 心霊動画 ポルターガイスト 幽体離脱 千葉県 大阪府 栃木県 今週人気上昇中の怖い話• 102件のビュー 0 件のコメント カテゴリ:• 99件のビュー 0 件のコメント カテゴリ: , ,• 97件のビュー 0 件のコメント カテゴリ: , , , ,• 87件のビュー 0 件のコメント カテゴリ:• 61件のビュー 0 件のコメント カテゴリ: , ,• 59件のビュー 0 件のコメント カテゴリ: , , , ,• 55件のビュー 0 件のコメント カテゴリ: ,• 55件のビュー 0 件のコメント カテゴリ: , , , , ,• 49件のビュー 0 件のコメント カテゴリ: , ,• 47件のビュー 0 件のコメント カテゴリ: , , , , , ,• 46件のビュー 0 件のコメント カテゴリ: , ,• 40件のビュー 0 件のコメント カテゴリ: , , ,• 38件のビュー 0 件のコメント カテゴリ: , , , ,• 37件のビュー 0 件のコメント カテゴリ: , , , , , ,• 37件のビュー 0 件のコメント カテゴリ: , , ,• 37件のビュー 0 件のコメント カテゴリ: , , ,• 36件のビュー 0 件のコメント カテゴリ: , ,• 36件のビュー 0 件のコメント カテゴリ: , , , ,• 36件のビュー 0 件のコメント カテゴリ: , , , ,• 36件のビュー 0 件のコメント カテゴリ: , , , ,• 34件のビュー 0 件のコメント カテゴリ: , ,• 31件のビュー 0 件のコメント カテゴリ: , , , ,• 31件のビュー 0 件のコメント カテゴリ: , , ,• 30件のビュー 0 件のコメント カテゴリ: , , , ,• 29件のビュー 0 件のコメント カテゴリ: , , ,• 29件のビュー 0 件のコメント カテゴリ: , , ,• 29件のビュー 0 件のコメント カテゴリ:• 27件のビュー 0 件のコメント カテゴリ: , , ,• 27件のビュー 0 件のコメント カテゴリ: , , ,• 27件のビュー 0 件のコメント カテゴリ: , , 気に入ったらクリック.

次の