仮想通貨 チャート おすすめ。 暗号資産(仮想通貨)チャート一覧【リアルタイム更新】

仮想通貨・ビットコインおすすめアプリ|投資家必見の人気アプリ一覧

仮想通貨 チャート おすすめ

リアルタイムで仮想通貨を見る必要性 仮想通貨で資産運用する場合、原則は 安いタイミングでコインを購入し、値上がりしたところで売却することです。 こうすれば、利ザヤを稼げ、自分の資産を増やせます。 仮想通貨で運用する場合、チャートの見方をマスターすることは大事です。 チャートはリアルタイムにおけるそれぞれのコインの価値の推移を表示したものです。 チャートを見ることで、今後その通貨がどのような値動きをするか予測が立てられます。 そして今買いなのか、通貨を持っているなら売り時はいつなのかを予想して、自分のトレードに反映させるわけです。 仮想通貨のトレードをする場合、リアルタイムで値動きに関するチャートが出てきます。 そのほかに数字がいろいろと書かれている表も表示されるはずです。 こちらの数字の表は テクニカル指標と呼ばれています。 いろいろな方法で指標を定めて、一種の基準とするものです。 このテクニカル指標をチェックすることで、これから先どのように相場が展開されていくかを予想するわけです。 このようにチャートには、これからどう運用すればいいかについての道しるべ的な情報が網羅されています。 もし本格的に仮想通貨を使った資産運用を検討しているのであれば、チャートの見方をマスターしておくことがおすすめです。 ローソク足の見方をマスターすること 仮想通貨のチャートをマスターするにあたって、何はともあれ、ローソク足の見方を理解する必要があります。 ほとんどのチャートで、ローソク足は表示されているからです。 文字通り、ローソクのような形をしたチャートのことで、 始値・終値・高値・安値といった情報をすべて網羅しています。 そのほかにも一定時間の値動きについてもローソク足で表示されます。 1秒単位のリアルタイムで表示されるものもあれば、長いと1か月を一つの単位にして表示するローソク足も見られます。 その一定期間の中で、仮想通貨がどのような値動きをしたのか、価値として上がったのか下がったのかが把握できます。 ローソク足は、赤と青or緑で表示されます。 前者を陰線・後者を陽線といいます。 陽線とは一定期間でその通貨の価格が上昇したこと、陰線は逆に下落したことを意味します。 ローソク足を見てみると、四角い本体からひげのような細い線が伸びているはずです。 上部に出ているひげを上ひげ・下部に出ているひげを下ひげといいます。 陽線の場合、上ひげが高値と終値の間・下ひげが始値と安値の間になります。 陰線の場合、上ひげが高値と始値の差・下ひげが終値と安値の差を意味しています。 ローソク足の見方はいろいろとあって、まず始値と終値の差についてチェックする方法があります。 始値と終値の大きい状態を、大陽線もしくは大陰線といいます。 大陽線は大きく価格上昇を意味していて、当面その銘柄は価格が上昇すると見られます。 逆に大陰線は勢いがない状態で、今後も当面価格の下落する可能性が高いと推測できます。 逆にあまり始値と終値との間に差のない状態を 小陽線・小陰線といいます。 ローソクの本体の四角い部分が短い状態でチャートには表示されます。 このような状況に陥っている仮想通貨があれば、当面売りと買い注文が拮抗して、均衡状態を保つ可能性が高いです。 ただしリアルタイムでこまめにチェックしておいたほうがいいでしょう。 何かをきっかけにして、一気に上昇・下降に転じる可能性があるためです。 また十字線と呼ばれるチャートの出てくることもあります。 文字通り十字の形になったローソク足のことです。 始値と終値が全く一緒だと、ローソクの本体も一本の線となります。 その結果上ひげと下ひげを合わせて、ちょうどクロスしたような状態になるわけです。 これは一種の転換期を迎えているといえます。 もし低値の時に現れれば今後上昇する可能性、高値の場合には今後下落する可能性が極めて高いです。 低値であれば買いですし、高値でそのコインを持っていれば売り時と解釈できます。 このようにローソク足をマスターすることで、今後どのような値動きをするか、予想ができます。 より正確な予想ができれば、資産を増やせる可能性も高まるわけです。 リアルタイムでチャート確認できるおすすめのアプリは? 仮想通貨のチャートを見てみると、常に値動きをしています。 そして時として、大きく値が動くこともあります。 そこでリアルタイムのチャートをできるだけこまめにチェックし、必要に応じてトレードをするのが、仮想通貨トレーダーとしての心得といえます。 リアルタイムでチャートのチェックをしたければ、 スマホアプリをダウンロードしておく のがおすすめです。 現在仮想通貨の値動きをリアルタイムでチェックできるアプリもいくつか出ています。 その中でもおすすめのアプリをいくつかピックアップしましょう。 コインチェック コインチェックとは国内にあるビットコインなどの仮想通貨の取引所です。 「日本一簡単にビットコインが返る取引所」をキャッチコピーにしています。 このコインチェックでは、ユーザーの皆さんを対象にしてチャートチェックできるアプリを配信しています。 iPhoneでもアンドロイドでも対応していますので、ほとんどのスマホユーザーがインストールし利用できます。 上記の画像がcoincheckのツールの Tradeviewです。 様々なデータをみながら、買い注文・売り注文を同画面ですることも可能です。 コインチェックの口コミを見ると、チャートが見やすい、リアルタイムで表示してくれるとおおむね高評価です。 それぞれの1通貨単位当たりの日本円をリアルタイムで表示してくれるところもおすすめポイントです。 BtcBox BtcBoxのチャートアプリも高い人気があります。 BtcBoxは日本国内でも最大級の取引所で、リアルタイムのチャートを表示してくれるのがおすすめポイントといえます。 しかも取引しやすいところも魅力で、売買ともにかなり活発にオーダーの出る傾向が見られます。 思った価格で取引成立する可能性が高く、利益確定を逃す、損切りできないといったトラブルも起こりにくいです。 取引手数料は無料で、こまめにどんどん取引を進めていきたい人にはコストもかからず気軽にトレードを進められます。 こちらもiPhoneとAndroidのいずれにも対応しているので、仮想通貨で資産運用しようと思っている人はダウンロードしておいて損のないアプリといえます。 3分で「本場のカジノ」を味わう方法を知らないままですか? カジノで遊びたくても飛行機に乗り、 海外に行って遊ぶ以外に選択肢がありませんでした。 では、カジノに遊びに行く最も手軽な方法はなんでしょうか? それは「インターネット」です。 最大手オンラインカジノでは、 自宅から スマートフォン・パソコンで「本場のカジノ」を楽しむ事が出来ます。 まずは「登録」して仮想通貨を狙ってみてはいかがでしょうか?.

次の

仮想通貨でテクニカル分析のやり方をおすすめチャート分析ツールで紹介

仮想通貨 チャート おすすめ

【第1位】・・・BTC出来高No. 1!安心大手で セキュリティも世界一!• 【第2位】・・・手数料の安さNo. 1!積立投資機能や取引高に応じた 報酬キャンペーンも実施!• 【第3位】・・・取引所の利用が 初めての人でも見やすいチャート機能。 365日7:00〜22:00LINEサポート対応!• 私にピッタリのチャートサイトやアプリってどれ?• サイトやアプリによってどういう違いや特徴があるの?• チャートを見てどうやって相場を読むの? この記事では、 ビットコインのチャートを確認する時にオススメのPCサイトやスマホアプリの紹介と、チャートの見方の解説を行います。 この記事を読めば、 チャートの見方を理解して、あなたに合ったビットコインのチャートサイトやアプリを使えるようになります。 ビットコインの相場予想について知りたい方は、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてみて下さい。 ビットコインのおすすめチャートPCサイト6選 ビットコインのチャートをPCで見る際におすすめのサイトを初心者向けと、中級者・上級者向けに分けて紹介します。 初心者向け 前日比や上昇比率をロウソク足で見ることができます。 画面デザインがシンプルで見やすく、ビットコインだけではなく他の仮想通貨のチャートも簡単に見ることができます。 初心者にとってわかりやすく、使いやすいチャートサイトです。 各取引所の現在価格をリアルタイムで見ることができるので、このページを開いておけば、1ビットコインがいくらか現時点での詳細な値動きを把握することができます。 ビットフライヤーではエリアチャートを使用しており、ビットコインの価格推移がひと目で分かります。 期間の選択も簡単にすることができ、初心者にもわかりやすいシンプルなチャートを見ることができます。 中級者・上級者向け コインチェックはローソク足のチャートを導入しており、カーソルをチャートに合わせるとその位置の日時と価格を見ることができます。 画面背景が黒く、緑と赤のロウソク足が特徴的なデザインのチャートになっています。 チャートはシンプルなラインチャートで、通貨の時価総額ランキングや取引所ごとの取引量を表示できる点が特徴です。 各通貨の値動きグラフもで見ることができるので、仮想通貨市場全体を把握したい時の使用に向いています。 複雑な分析まではしないけれど、一つの通貨だけではなく、市場全体を見たいという中級者向けのチャートサイトです。 Zaifのチャートの特徴は、一つの画面に平均足やエリアチャート、ラインチャートなどの複数のチャートを表示させることができるところです。 またインジケーターの種類も豊富ですので、テクニカル分析をする上でも非常に便利な上級者向けのチャートです。 bitbankのチャートは、現物とFX両方のチャートを表示させることができます。 チャートにカーソルを合わせると日時と価格だけではなく、始値と終値も表示されます。 表示項目が多く、テクニカル分析もできるので上級者に向いているチャートサイトです。 ビットコインのおすすめチャートアプリ6選 ビットコインのチャートをスマホで見る際のおすすめアプリを「動作が安定しているアプリ」、「高機能チャートアプリ」に分けて紹介します。 また、評判の悪いZaifのアプリについても解説します。 動作が安定している 動作が安定しているのは、GMOコインとbitFlyerの2つのアプリです。 GMOコイン 仮想通貨ウォレット ロウソク足で仮想通貨の値動きを確認したり、テクニカル指標も利用することができます。 iOSとAndroid共に評判もよく、使いやすいアプリになっています。 bitFlyer(ビットフライヤー) 「使い勝手抜群」、「使いやすいです」という高評価のレビューがAppStoreで入っており、使いやすさに定評のある高品質アプリです。 高機能なチャートを利用できる 高機能なチャートをスマホでも利用できる4つのアプリ、BITPoin、bitbank、DMMビットコイン、coinchekを紹介します。 BITPoint(ビットポイント) ロウソク足のチャートを1分足から見ることができるので、こまめにチャートをチェックしたい人に向いているアプリです。 MT4 メタトレーダー4 Bitpointは「MT4 メタトレーダー4 」という約30種類のインジケーターを装備した高性能チャートツールを使用することができるのが特徴です。 MT4に対応しているのはビットポイントFXのみですが、MT4を使いたい方にはオススメのチャートアプリです。 MT4を使用するためには、口座開設後にMetaTrader4のアプリをインストール後、BITPoint-FX-Liveのサーバに接続して使用することができます。 詳細な使用方法はの公式サイトで解説があります。 bitbank ビットバンク) bitbankのアプリでは、100種類以上のテクニカル分析を使用できる「TradingView」を採用しています。 様々な分析をスマホアプリでも行いたい方におすすめです。 またリアルタイムの注文状況の表示を見ながら、注文をすることも可能です。 DMMビットコイン 4分割マルチチャート機能を搭載しており、複数の仮想通貨を比較したり、一つの仮想通貨を複数の時間帯で見比べることができます。 coincheck(コインチェック) 特徴はチャートのメモリが5分、15分、1時間、4時間、1日と細かく設定できるところで、時間ごとの詳細な値動きを知りたい場合に適しているアプリです。 評判が悪いZiaf(ザイフ)のアプリ Zaifでもビットバンク同様に高機能チャート「Trading View」を採用しています。 ただ、Zaifのアプリは以下のように低評価のレビューが入っており、AndroidとiOS共に評判が悪いです。 「不便です。 「ログインするのが時間効率悪過ぎますよ…」• 「正しいパスワードなのに認識しない。 」 そのためZaifで取引をしている人でなければ、Zaifのアプリはおすすめではありません。 ビットコインのチャートの見方 チャートの見方、デプスチャート 深度図 について解説します。 チャートの見方 チャートを見る際には、平均移動線とローソク足を比較することで相場の流れをつかむことができます。 平均移動線とは、一定期間の仮想通貨価格の終値の平均値をつなぎ合わせた折れ線グラフのことです。 またローソク足とは始値、高値、安値、終値をローソクの形に表したチャートのことです。 上昇相場、下降相場、横ばい相場の判断は以下のように行います。 上昇傾向相場:ローソク足が移動平均線より上にあるとき• 横ばい相場:ローソク足と移動平均線が重なっているとき• 下降傾向相場:ローソク足が移動平均線より下にあるとき 画像: Depthチャート 深度図 Depthチャート デプスチャート とは、どれだけ買い注文と売り注文があるかを視覚的に見ることができるチャートです。 日本語では深度図と言います。 上記のデプスチャートを見ると、売りのほうが多いことがわかります。 現在価格に近づくにつれてチャートが低くなり、現在価格から離れるとチャートが高くなっていきます。 まとめ ビットコインのチャートを見る際におすすめのPCサイトとアプリの紹介、チャートの見方を解説しました。 ポイントは以下の通りです。 初心者にオススメのチャートサイトはみんなの仮想通貨とbitFlyer。 中級・上級者にオススメのチャートサイトはCoincheck、CoinMarketCap、Zaif、bitbank。 動作が安定しているチャートアプリはGMOコイン、bitFlyer。 高機能なチャートアプリはBITPoint、ビットバンク、DMMビットコイン、Coincheck。 チャートを見る際には、平均移動線とローソク足を比較することで相場の流れをつかむことができる。 デプスチャート 深度図 で、売り・買い注文のどちらが多いかがわかる。 7月の注目ICO! 公平や平等が重視されたイスラムで全世界2兆ドル規模の市場で生まれた世界発の暗号通貨! 「Diner Coin」は国地域によって異なる基準や流通情報の不透明性をといったリスクをすべてクリアしたサービスです。

次の

仮想通貨・ビットコインおすすめアプリ|投資家必見の人気アプリ一覧

仮想通貨 チャート おすすめ

1位 引用:bitbank公式アプリ おすすめチャートアプリランキング第1位は仮想通貨取引所 の公式アプリです! 他の取引所の公式アプリと比較しても、 bitbankのアプリはチ ャートが見やすいだけでなくトレードにすぐに移れるようになっています! 触ってみていただくと分かりますが、 ものすごく使いやすく、そして何より 動作が軽い!• シンプルで見やすいUI• 初心者も上級者も満足のチャート• トレードがしやすい シンプルで見やすいUI bitbankのアプリは UI(デザインや仕様)が優れています。 まず、アプリにログインすると表れるのはビットコインの価格と「チャート」「注文」「履歴」「歩み値」の4つのボタンのみ。 画面に限られた項目がシンプルに配置されているからこそ、 誰でも直感で使いこなせるようになっています。 ごちゃごちゃと複雑にいろんな機能が配置されているより断然使いやすいのです。 初心者も上級者も満足のチャート bitbankアプリのチャートは ローソク足で毎時の価格変動が確認できます。 対して他の取引所アプリは単純な価格変動のチャートしか見られず、上級者には満足のできないものでした。 bitbankアプリはこの点において特出しているのではないでしょうか。 初心者の方も、ローソク足の見方を覚えておくだけでトレードのコツがひとつ理解できますので、bitbankアプリでぜひ勉強してみてくださいね。 スマホでビットコインFX• チャートに線を記入できる• メモリの最低単位がtick• キャンペーン中! スマホでできるビットコインFX はスマホで快適にビットコインFXができる取引所です。 スマホアプリをリリースしている国内取引所は多くありますが、 はその中でも使い勝手が非常にいいです。 量を決めて値段をポチッと押すだけで注文が完了する、非常に便利なUIですので、スマホでレバレッジトレードを行いたい場合におすすめできます。 下げ相場でも利益出す「ビットコインFX」 現在、仮想通貨市場では下げ相場が続いており、現物取引だけで利益を出すことは困難です。 その中で稼ぎ頭になるのが 信用取引です。 🔷BTC価格の 下落がカギ(下げ相場でも儲けることができる) 上記のように 売り先行で利益を出せるのが信用取引の特徴です。 そして、 はビットコインFXに対応しており、このような 信用取引を行うことが可能です。 もちろん、 では現物取引を行うこともできます。 チャートに線を記入できる GMOコインのチャートでは以下の 5つの線を引くことができます。 単純移動平均線…仮想通貨の価格の変化を流れで捉えられる線(チャートの線では最もポピュラーなもの)• 指数平滑移動平均線…単純移動平均線より直近の価格に比重を置いたもの。 相場の動きに迅速に反応できる。 ボリンジャーバンド…単純移動平均線を中心としてその上下に価格の動きの幅を加えた線のこと• 一目均衡表…株価の均衡状態を捉えるもの。 ある特定の時間においての価格の動きから、その将来の動きを予測するもの。 平均足…ローソク足における始値と終値が違ったもの。 初心者の方は何を言ってるかはさっぱり…かもしれませんが、他の取引所が出しているアプリの中でも トップクラスで様々な機能が使えると覚えていただけばOK。 投資により興味が出てきても満足できるくらいの機能は揃っているのではないでしょうか。 メモリの最低単位がtick メモリの最低単位も tick リアルタイム)となっており、そこから1分、5分、10分と続いていきます。 ちょっとでも高く売買したい方にとっては、価格の推移をリアルタイムで見られるのはうれしいですよね。 また、上記の画像には写っていませんが、アプリ画面の下では自分の取引高を見ることができるので使いやすさも兼ね備えています。 もれなく20,000Satoshiキャッシュバックキャンペーン! 現在、 に登録するともれなく20,000Satoshiがもらえるキャンペーン実施中! 引用: Cryprofolioは自分が運用している仮想通貨の資産を一括で管理できるアプリです。 Cryprofolioの特徴は以下の通りです。 多くのコイン、取引所に対応• 日本語対応• 使いやすいUI• ニュース機能あり ではそれぞれ解説を加えていきます。 多くのコイン、取引所に対応 国内取引所ではbitflyer、zaif、coincheckに対応しており、海外では有名取引所のPoloniexやBITTREXに対応しています。 また通貨に関してもビットコインはもちろん、豊富な種類のアルトコインも取り扱っています。 日本語対応 仮想通貨の資産管理アプリではBlockfolioがありましたがこれは日本語非対応でした。 Cryptfolioは全て日本語対応しているので、安心して使うことができます。 使いやすいUI またUIも非常によく、どの取引所でどれだけの資産を持っているかも簡単に見ることができます。 チャートに関しても、自分の見たい取引所を選択すれば、そこで撮り歩かっている通貨の価格変動を最低単位一時間からローソク足で見ることができます。 ニュース機能あり また、取引所の公式アプリにはないニュース機能もあります。 これにより、仮想通貨界隈の最新情報を取り入れることができます。 今後の予測にも役に立つかもしれませんね。 取引所公式アプリを複数使っていて資産管理したい方や、チャート機能の使いづらさを感じた方は、ぜひこのアプリを使ってみてください。 jp 国内最大手取引所である の取引所アプリです。 主な特徴は以下の通りです。 価格変動がわかりやすい• PC版とほぼ同じ機能 では、それぞれ解説していきます。 価格変動がわかりやすい チャートは画像のように非常に見やすい形になっています。 初めて使う方でも価格変化が時間でどのように動いているかが一目でわかります。 PC版とほぼ同じ機能 PCとほぼ同じ機能を利用できることもこのアプリの強みです。 もちろん 入金、出金操作から トレードまでその場で行うことができます。 ただしbitFlyerのアプリはローソク足チャートが確認できないため、上級者の方には物足りないかもしれません。 しかし、見やすいチャートや販売所、ウォレット機能も使えるbitFlyerは 初心者の方にはかなりおすすめのアプリと言えます。 主な特徴は以下の通りです。 チャートのトレンドが確認できる• 各取引所で注文が行える• ICOのデータベースが豊富• その他機能満載! チャートのトレンドを確認できる まずチャートですが、 価格変動率、上昇率ランキング、下降率ランキング等様々なトレンドが確認できます。 UIも非常によく、使いやすいアプリです。 ローソク足、折れ線のどちらのグラフにも対応しており、最小単位は1分なので細かい推移も逃さずに見ることができます。 取引所の相場比較もすぐに確認できるのが嬉しいポイントです。 各取引所で注文ができる 何よりこのコイン相場のいいところは、このアプリ内でbitFlyer、zaif、coincheckの 各取引所の注文を行える点です。 2018-01-22 21:34 ICOのデータベースが豊富 コイン相場は「COIN JINJA」が運営するアプリなので、 ICOの情報が豊富です。 チャートの確認だけでなく、最新のICOの情報収集も同時に行えるのでとても有益です。 その他機能満載! コイン相場の優れているのはスマホアプリとしてのみではありません。 PC版のアプリ(Chrome版、mac版)もリリースしており、PCにインストールしておけば作業中も常に仮想通貨のリアルタイムの価格を確認できます。 またスマホ版アプリでは2018年4月から新機能 「エアドロップQ」が登場。 この機能は クイズに正解するだけで無料で仮想通貨がもらえるというものです。 高機能なスマホアプリ• アルトコインのレバレッジ取引 高機能なスマホアプリ の運営元であるDMMグループは、これまでも為替FXの運営経験があるため、 スマホアプリなどの作り込みには定評があります。 実際にスマホアプリなどでも複数銘柄の値動きの状態を一度に見ることができる画面が用意されていたりと、他の取引所では用意していない機能が沢山あります。 アルトコインのレバレッジ取引ができる! チャートアプリでありながら、実際に取引することができるのが取引所の公式アプリの良いところです。 は、世界でも珍しいアルトコインのレバレッジ取引のできる取引所です。 具体的には、 ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、イーサクラシック、ビットコインキャッシュを、JPY・BTCそれぞれでレバレッジ取引可能です。 このような取引所は、世界でもほとんどありません。 今後注目の取引所です。 取引所や取り扱い通貨だけでなく、国の紙幣 日本ならJPY を選択し、それをチャートに表示することも可能です。 また、日本の取引所ではbitFlyer lightningとcoincheckのチャートを見ることができます。 国内取引所の仮想通貨の値段を、世界中の取引所の値段と簡単に比べられることが強みです。 また、現在ビットコインがいくつ発行されているかやブロックチェーン上のブロックの生成時間はどれくらいといった数値、ニュース機能までついています。 チャートも非常に見やすく、最小単位は10分で、単純移動平均線が採用されています。 残念なところとしては、 日本語に非対応なところと、一部の機能を利用する際には 有料になってしまう点です。 しかしこのアプリ自体はBITPointが公式で製作したアプリではありません。 海外の会社が製作した高機能なFXトレードアプリにBITPointが対応しているのです。 具体的にこれを用いて、レバレッジ取引を行うことができます。 取り扱い通貨はビットコインのみですが、 最大25倍のレバレッジ取引が可能です。 チャートの最低単位は1分と設定されていて、非常によく見やすいです。 もともとFXトレーダーの中で非常に人気なアプリなので、高機能なのも間違いありません。 ただ、初心者が最初からこれを取り扱うには少々難しく感じることから、上級者向きのアプリであるといえます。 非常にシンプルな設計をしており、使いやすい設計ではあります。 また、他の取引所とは違い、counterpartyトークン(XCP の取引も可能です。 チャートとしても、ローソク足に対応しているだけでなく、メモリの最低単位も15秒まで落とせることも強みではあります。 ただ正直なところ、このアプリ自体の評判はそこまでよいものではありません。 例えば、セキュリティ強化のために毎回アプリを開く際にログインを必要としている所は利用者から面倒くさいという声が上がっています。 また、アプリの動作も重く、スマホの電池の減りも早いというところから、あまり好んで使われているものでもなさそうです…。 今後のzaifによるアップデートに期待されます。 まとめ 今回は仮想通貨チャートアプリのランキング付けと解説を行ってきました! おすすめは気に入ったアプリをいくつか併用すること。 具体的な順位をつけてまいりましたが、それぞれどのアプリも特徴や違いがありますので自分の目的にあったものを使ってみてくださいね。 便利なアプリをダウンロードして、より便利にトレードを行いましょう! 記事公開日: 2018年7月11日.

次の