阪急 オアシス 南 千里。 ATMコーナー 阪急オアシス南千里店 | 三菱UFJ銀行

阪急オアシス南千里店の場所はどこ?従業員が新型コロナ感染【吹田市】

阪急 オアシス 南 千里

会社情報は(平成20年)9月30日時点での情報を記載 目次• 歴史・概要 [ ] 創業からフェルタまで [ ] の完全子会社として(35年)に株式会社オアシスとして設立され、(昭和36年)6月に第1号店となる高槻店が開店した。 (昭和49年)6月には株式会社阪急オアシスへ(初代)と社名が変更された。 (平成3年)7月に高槻店を高質食品スーパー「フェルタ」に業態転換したのを皮切りに(平成7年)12月に小野原店 、(平成9年)2月14日に桃山台店 、(平成11年)11月に尼崎潮江店と「フェルタ」に業態での出店を進め 、揚げたての天ぷらやフライなどの揚げ物や大皿に盛ったバイキング形式の惣菜などを売場内に設けたオープンキッチンで調理して展開する新たな総菜売場の導入など 品質や品揃えを訴求した 新たな売場作りに取り組み始め 、(平成14年)3月期決算で三年ぶりに黒字に転換した。 当時は阪急共栄ストア(後の)と業態などが重複していたが、(平成14年)5月に阪急百貨店グループのスーパーマーケット事業の整備の一環として郊外に展開する方向で棲み分けを図ることを当時の阪急百貨店の社長が表明していた。 阪食による統合と出店エリアや出店形式の拡大へ [ ] (平成18年)9月1日付で食品事業グループを統括する中間持ち株会社として 株式会社阪食が設立されて同社の子会社となった。 その後も株式会社阪急オアシス(初代)が運営していたが、(平成20年)10月1日付けで当時同じく阪食の設立した当時から子会社であった、、とともに計4社が阪食に吸収合併 された ため、阪急オアシスは阪食が運営する食品スーパーの店舗ブランドとなった。 (平成21年)から「阪急百貨店スーパーマーケットグループ」として展開している。 2006年(平成18年)8月10日に京阪電鉄沿線では初出店となる枚方出口店を開店させ 、2008年(平成20年)3月に滋賀県初の店舗となる草津店を開店する など出店エリアも徐々に拡大した。 (平成28年)1月28日、エイチ・ツー・オー リテイリングはグループの再編を発表。 同年4月1日付で阪食はにより食品事業のとなる株式会社を設立。 同年6月1日に、阪食は持株会社機能をエイチ・ツー・オー食品グループにして、スーパーマーケット経営を主とする企業となり、株式会社阪急オアシス(2代目)に商号変更した。 高質食品専門館の展開 [ ] (平成19年)11月27日に旧店舗隣接地にガーデンモール清和台の核店舗として新店舗を開店した清和台店で「高質食品専門館」という業態を目指し 始めた。 (平成20年)6月にプロジェクトを立ち上げて国内外の有力スーパーマーケットを視察して研究を重ね、「 専門性」・「 ライブ感」・「 情報発信」の3つをコンセプトにした「高質食品専門館」のプロトタイプとして(平成21年)7月に千里中央店、同年8月に御影店を開店させた。 この「高質食品専門館」では、オープンキッチンでお好み焼き やピザ、丼物 、揚げ物などの総菜や焼きたてパンが来店客の目の前で出来上がって香ばしい匂いが店内に広がり 視覚と嗅覚に訴え 、本マグロ や生け締めの国産ブリなどの切り売りをする解体の実演 、漁港からの直送近海魚を目玉商品とする水産物や専用牧場で肥育した和牛を売り物にした食肉 などを顧客の要望に応じた切り身や焼き物に加工したり 、野菜や果物売り場でも販売員が常駐して量り売りや試食 、ジュース販売も行うなど生鮮3品と総菜で対面販売による ライブ感を演出する と共に、米売場に産地別の少量パックを並べて様々な米を楽しめるようにしつつ 、のりなどの乾物や鍋といった調理器具 、更にはレシピ本も置くなど関連商品も一緒に販売する工夫を凝らし 、電子看板でお奨め商品とそのポイントなど 売り場の見どころを店員が話す映像を流すなどサービスを重視した こだわりや 専門性を強めた売場作りをしている。 また、店内に料理教室など料理に関連するセミナーを毎週定期的に開催するキッチンスタジオを設置して 情報発信に力を入れ 、の設置や105円均一の焼きたてパンコーナーなど他社にない加工食品を充実させて独自性を出し 、大理石の床 や関西で定着している阪急百貨店の高級イメージも活用して高級感を演出している。 こうした高品質路線を支えるため産地直送の生鮮品や直輸入のグローサリーの取り扱いの拡大や3温度帯での配送を可能にする総合物流センター建設などを進めている ほか、(平成24年)8月1日に肉や魚介類など処理やレジなどの技術研修だけでなく、実際の店頭と同じ什器を使って商品の陳列やポップなどの配置を含むビジュアルマーチャダイジング技術を学べる実習室を備えた阪食研修センターを大阪府豊中市の服部西店2階に開設して高いサービスレベルを実現する人材育成を目指している。 プロトタイプとして出店した店舗が軌道に乗って 新店はいずれも計画数値に対して2桁増で推移した。 そのため、(平成22年)5月20日の宝塚山手台店 や同年4月1日の山科店 など新店舗として開店させると共に、同年7月1日に南千里店 、同年8月5日に武庫之荘店 、同年10月1日に本山南店 、同年10月9日に日生中央店 など既存店の改装による出店を含めて「高質食品専門館」の水平展開を図った。 また、(平成22年)11月2日に開店した淡路店 や(平成23年)1月13日に改装の宝塚店で「高質食品専門館」の小型店舗プロト化を図った。 (平成23年)4月からの新年度入り後も同月9日に尼崎潮江店 、同月23日にえるむプラザ店 、同年7月1日に豊中駅前店 、同年12月1日に服部西店 と「高質食品専門館」の水平展開として大型改装を進められ 、(平成24年)2月1日の平野西店の開店で新店7店舗と既存店舗の改装18店舗の計25店舗が「高質食品専門館」業態となった。 (平成24年)3月1日に開店した野中北店や先述した平野西店などの競争の激しい大阪市内などに出店する都市型「高質食品専門館」 の出店は、同年6月7日の昭和町店 や同年7月7日の同心店 、野江店 、あべの店 など阪急ファミリーストアを改装して開店したものを含めて大阪市内でのドミナントを磐石にする戦略の一環として展開が進められている。 プライベートブランド [ ] (平成20年)1月にプライベートブランドに関してと阪食が業務提携し 、グループ会社のなどとも連携して 価格訴求型のプライベートブランド ハートフルデイズを同年9月27日から店頭に展開し始め 、その後高価格帯のプライベートブランド プライムタイムの展開も始めて価格帯の異なる2ブランド を展開している。 ポイントプログラム [ ] 自社のとして、「クラブFカード」が存在する。 自社の「クラブFカード」以外でもSTACIAカード、阪急百貨店・阪神百貨店のポイントカード、阪急阪神おでかけカード、の「GFO OSAMPOカード」やイズミヤのポイントカード(ヒナタス)など「スタシア」のマークのあるクレジットカードや「Sポイント」のマークの存在するクレジットカードやポイントカードを提示して使用することが出来る(クレジット決済をする必要は無い)。 現金、クレジットカード、電子マネー、商品券など支払い方法は問わず、税抜200円毎1ポイント加算される。 毎月1日、5日、10日、15日、20日、25日(30日は対象外である) がポイント5倍デーとなり、税抜200円以上でポイントが税抜40円毎で1ポイント加算される(例えば、税抜180円であると加算対象外であるが、240円であると6ポイント加算される)。 2017年4月1日より阪急阪神グループ共通のポイント「Sポイント」に対応した新カードを発行開始した。 それ以前に発行されていた旧カードはを以て取扱を終了するため、各店舗で切り替えを必要とする。 また、旧阪急オアシス、旧ニッショーストア(阪急ニッショーストア)、旧阪急ファミリーストアが発行したポイントカードも現在の阪急オアシスの各店舗でも使用することが出来るが、旧カードのため2020年3月に取扱を終了する。 旧カード、新カード共にのポイントおまとめサービスが利用できる。 自社の「クラブFカード」限定の特典として、月に税込3万円以上の購入で翌月の3~15日にボーナスポイントとして200ポイントが加算され、以降税込2万円に200ポイントずつ加算される(5万円以上で400ポイント、7万円以上で600ポイントなどとなる)。 2019年4月以降は、税込月3万円以上で200ポイント、5万円以上で500ポイント、7万円以上で800ポイント、以降税込2万円に200ポイントずつ加算される。 現在の「クラブFカード」には電子マネー(自社のLittaもしくは)が搭載されたもののみとなっており、電子マネーを搭載しないものは選択できない。 Littaのカードは発行手数料は税込200円、Edyカードは発行手数料は税込300円となっている。 また、Littaのものはチャージ残高がカード紛失時でも保証されるが、楽天Edyのものは他のEdyと同じようにカード紛失時でも残高の保証はされない)。 楽天Edy搭載のものは決済時に楽天ポイントではなく、Littaのカードと同様に 税込200円1ポイントでSポイントが加算される(お買い上げポイントは 税抜200円毎に1ポイントとなっている)。 クレジットカード、電子マネーへの対応 [ ] (平成20年)4月22日から、、の3種類のによる支払が可能になった。 (平成27年)4月から、およびやなど交通系電子マネーに対応。 (平成29年)4月20日から、独自電子マネーを導入。 クレジットカードは、、、、など5大ブランドに対応している。 日本国外で発行されるMasterCardのデビットカードである(マエストロ)は使用出来ない。 2019年3月現在、全てのクレジットカードでによる決済は行われずにによる決済が行われている。 、、、(アメリカンエキスプレスもJCBグループとしてJCB経由で処理される)、、(この2社はUC・セゾンとして処理される)、、、、の加盟店となっている。 上記の会社以外の発行するVISA、MasterCardブランドのカードは三井住友カード、JCBブランドはJCB、アメリカンエキスプレスのブランドのカードはJCBグループ(AMEX)として処理される(ただし、セゾンカードのJCB、アメリカンエキスプレスは「UC・セゾン」として処理されずにJCBで処理され、楽天カードのアメリカンエキスプレスブランドについても「楽天カード」と処理されずにJCBグループとしてJCB経由で処理される)。 その他、が発行(正式には同社の子会社の株式会社ペルソナが発行)するハウスカード「」については毎月20日に請求時に優待が存在するため、その他一般のカードと区別されて処理され、「ソレーナSTACIAカード」(イズミヤのハウスカード)についても区別されて処理される。 で使用出来るやや、(LINE PayカードはJCBに加盟しているため使用可能)、、、などの国内外の、「阪急阪神お得意様カード プレミアム」、阪急友の会のお買物カード(2017年3月まで発行されていた商品券は使用出来る)は使用出来ず、、、、アメリカン・エキスプレスのコンタクトレス決済などNFC Type Aに基づく決済も使用出来ない。 展開店舗 [ ] 大阪市 [ ]• 仮店舗での営業を経て、(平成25年)3月7日、取り壊された天六阪急ビル跡地に建設されたのジオタワー天六の1階に開店。 当店の沿革についてはも参照のこと。 同心店 - (平成24年)7月7日に阪急ファミリーストアからリニューアル• 淡路店 - 区画整理に伴い閉店した阪急ファミリーストア淡路店を移転させる形で(平成22年)11月2日に開店• 福島玉川店• 福島ふくまる通り57店 - 2019年(令和元年)5月15日に開店。 が入る複合ビルの1-2階にある。 野江店 - (平成23年)9月8日に阪急ニッショーストアからリニューアル• 東中浜店• 京橋店 - 阪急ファミリーストアからリニューアル• 高殿店 - (平成25年)11月6日に開店• 野中北店 - (平成24年)3月1日に開店• 塚本店 - 阪急ファミリーストアからリニューアル• 神崎川店 - (平成26年)12月14日に開店• 瓦屋町店 - 阪急ファミリーストアからリニューアル• 今里店 - (平成20年)5月20日に阪急ファミリーストアとして開店• 真法院店 - (平成18年)4月4日に阪急ファミリーストアとして開店• 桃坂店 - (平成19年)2月15日に阪急ファミリーストアとして開店• 昭和町店 - (平成24年)6月7日に阪急ニッショーストアからリニューアル• あべの店 - 阪急ニッショーストアからリニューアル• 西田辺店• 東加賀屋店 - (平成23年)12月10日に阪急ファミリーストアからリニューア• あびこ店• 平野西店 - (平成24年)2月1日に開店• くまた店 - (平成25年)12月3日に開店 大阪府(大阪市除く) [ ]• 南千里店(ガーデンモール南千里内、旧・南センター店) - (平成22年)7月1日に「高質食品専門館」に改装• 北千里店• 桃山台店(アザール桃山台内) - (平成9年)2月14日にフエルタ・クレオの2業態をあわせた店舗として開店• 千里山竹園店 - (平成23年)11月12日に阪急ニッショーストアからリニューアル• 吹田片山店• 吹田穂波店 - (平成28年)4月6日オープン。 (平成27年)10月25日に閉店したエディオン吹田店の居抜き物件。 千里中央店 - (平成21年)7月に「高質食品専門館」のプロトタイプとして開店• 服部緑地店 - (平成24年)8月1日に「高質食品専門館」に改装• 豊中少路店• 豊中店 - (平成20年)10月1日に阪急ニッショーストアからリニューアル• 豊中駅前店 - (平成20年)10月1日に阪急ニッショーストアからリニューアル、(平成23年)7月1日に「高質食品専門館」に改装• 蛍ヶ池店 - (平成20年)11月14日に阪急ニッショーストアからリニューアル• 夕日丘店• 服部西店 - (平成21年)に阪急ニッショーストアからリニューアル、(平成23年)12月1日に「高質食品専門館」に改装 、(平成24年)8月1日に2階に阪食研修センターを開設• 小曽根店 - (平成20年)10月24日に阪急ニッショーストアからリニューアル• 箕面店 - (平成13年)1月25日に開店し 、(平成20年)9月27日に阪急ニッショーストアから譲渡(合併前)• 石橋店 - (平成21年)2月27日に阪急ニッショーストアからリニューアル• 池田店 - (平成20年)4月26日に阪急ニッショーストアから譲渡(合併前)• 千里丘店(フォルテ摂津内) - (平成21年)3月13日に阪急ニッショーストアからリニューアル• 茨木大手町店• 南茨木店 - (平成20年)10月1日に阪急ファミリーストアからリニューアル、(平成30年)6月18日より大阪北部地震による建物破損により休業中• 茨木東奈良店 - (平成23年)2月15日に阪急ニッショーストア南茨木店からリニューアル、(平成30年)6月18日より大阪北部地震による建物破損により休業中• 総持寺店 - (平成21年)11月21日に「パワープライス 阪急ニッショーストア」からリニューアル• 富田店• 高槻川西店 - (平成15年)12月12日に開店• 守口店(ジャガータウン内) - (平成21年)2月18日に阪急ニッショーストアからリニューアル• 枚方出口店 - (平成18年)8月10日に京阪電鉄沿線初の店舗として開店• ときわ台店 兵庫県 [ ]• 石屋川店 - 高架下に(平成25年)9月3日に開店。 を併設している。 神戸旭通店 - (平成25年)4月11日に開店。 を併設している。 六甲店• 本山南店 - (平成22年)10月1日に「高質食品専門館」に改装• 武庫之荘店 - (平成22年)8月5日に「高質食品専門館」に改装• 尼崎潮江店 - (平成23年)4月9日に「高質食品専門館」に改装• 伊丹大鹿店• 伊丹店 - (平成27年)3月1日に開店。 伊丹鴻池店 - 2017年(平成29年)7月4日に開店。 オアシスタウン伊丹鴻池中核店舗• 宝塚店 - (平成14年)3月29日に開店し 、(平成23年)1月13日に「高質食品専門館」に改装• 宝塚山手台店 - (平成22年)5月20日に開店• 宝塚南口店 - (平成20年)8月6日に阪急ニッショーストアから譲渡(合併前)• 宝塚中筋店 - (平成26年)6月15日に開店。 仁川店 - (平成17年)11月19日に開店• 名塩店• 立花店• えるむプラザ店 - (平成13年)1月に別館をオープンし 、(平成23年)4月23日に「高質食品専門館」に改装• 三田駅前店 - (平成17年)9月15日には兵庫県三田市のJR三田駅前に親会社の食品スーパー阪急百貨店と共に三田駅間の再開発ビルのキッピーモールに食品売場を担当する形態で開店• 清和台店 - (昭和53年)に旧店舗を開店し、(平成19年)11月27日に旧店舗隣接地にガーデンモール清和台の核店舗として新店舗が開店• 日生中央店 - (平成22年)10月9日に「高質食品専門館」に改装• キセラ川西店 - 2019年(令和元年)8月2日に開店。 オアシスタウンキセラ川西中核店舗 京都府 [ ]• かどの店• 西院店 - (平成26年)11月15日にリニューアルオープン• 伏見店• 山科店 - (平成21年)4月1日に開店• 西ノ京店 - (平成27年)9月2日に開店 滋賀県 [ ]• 草津店 - (平成20年)3月に滋賀県初の店舗として出店 過去に存在していた店舗 [ ]• 福島大開店 - 福島大開店の一部を割いて出店したが、数年で撤退。 のちにが出店。 神戸阪急店 - ハーバーランド店の閉店と同退去跡へのハーバーランド店の開店とを契機として、(平成18年)2月1日に神戸阪急地階食料品売場の一部をスーパーマーケット化する位置付けで出店した が、(平成24年)3月11日に神戸阪急と共に閉店した。 名谷店 - 阪急ニッショーストアからリニューアル後、(平成22年)3月28日に閉店。 のちにマルハチが出店。 武庫之荘店 - のちにマルハチが出店。 杭瀬店閉店 - のちにマルハチが出店。 千本店 - (平成21年)に阪急ニッショーストアからリニューアル• 住𠮷店-のちにがデイリーカナートとして出店• 都島店 - (平成20年)11月28日に阪急ファミリーストアからリニューアル、(平成29年)9月25日に閉店。 のちにイズミヤがデイリーカナートとして出店。 茨木駅前店 - (平成20年)10月1日に阪急ニッショーストアからリニューアル、建物老朽化に伴う建替のため、2017年10月1日に一時休業としての形で閉鎖。 白川通店 - (平成21年)に阪急ニッショーストアからリニューアル。 12月31日をもって閉店。 のちにが出店。 晴明通店 - のちにイズミヤがデイリーカナートとして出店• 山下店 - (平成21年)3月19日に阪急ニッショーストアからリニューアル2019年7月31日をもって閉店。 脚注・出典 [ ]• New Balance 68号. 2010-1-1. 247• 日本食糧新聞社. 1997年2月26日• 日本食糧新聞社. 1997年2月24日• 日本食糧新聞社. 2000年3月1日• 日本食糧新聞社. 2002年5月24日• 日本食糧新聞社. 2006年8月2日• 読売新聞社. 2008年3月27日• 西井由比子 2008年10月1日. 神戸新聞社• 日本食糧新聞社. 2006年8月21日• 日本食糧新聞社. 2008年3月14日• 日本経済新聞社. 2005年8月17日• 神戸新聞社. 2005年12月31日• タイハン特報 大量販売新聞社. 2006年2月9日• 日本食糧新聞社. 2008年3月28日• 神戸新聞社. 2009年8月1日• 日本食糧新聞社. 2007年12月7日• 日本経済新聞社. 2010年6月2日• 日本経済新聞社. 2010年12月3日• 読売新聞社. 2010年9月6日• 流通ジャーナル. 2012年3月23日• 日本食糧新聞社. 2012年8月17日• 流通ジャーナル. 2010年7月29日• 日本食糧新聞社. 2010年6月4日• 日本食糧新聞社. 2010年6月4日• 日本食糧新聞社. 2010年4月16日• 日本食糧新聞社. 2010年7月16日• 日本食糧新聞社. 2010年8月13日• 日本食糧新聞社. 2010年10月1日• 日本食糧新聞社. 2010年10月22日• 日本食糧新聞社. 2011年1月21日• 日本食糧新聞社. 2010年11月19日• 日本食糧新聞社. 2011年2月9日• 日本食糧新聞社. 2011年4月22日• 日本食糧新聞社. 2011年5月6日• 日本食糧新聞社. 2011年7月8日• 日本食糧新聞社. 2011年12月16日• 廣瀬嘉一 2011年11月25日. 日本食糧新聞社• 日本食糧新聞社. 2012年2月10日• 日本食糧新聞社. 2012年3月9日• タイハン特報 平成24年6月18日号 大量販売新聞社. 2012年6月18日• 日本食糧新聞社. 2012年7月13日• PDF プレスリリース , , 2008年1月28日 , 2015年8月15日閲覧。 流通ジャーナル. 2009年4月27日• 日本食糧新聞社• 2019年4月より、毎月1日、5日、15日、25日に変更となり、毎週土曜日がポイント3倍デーとなる。 土曜日と5倍デーが重なった場合は、5倍デーとなる。 毎日新聞社. 2008年4月20日• 流通ニュース 2015年03月25日 2017年8月22日閲覧• litta公式サイト 2017年04月1日• 日本食糧新聞社. 2008年5月30日• 日本食糧新聞社. 2006年4月14日• タイハン特報 大量販売新聞社. 2007年3月8日• 日本食糧新聞社. 2012年8月17日• タイハン特報 大量販売新聞社. 2001年3月1日• タイハン特報 大量販売新聞社. 2002年4月15日• タイハン特報 大量販売新聞社. 2005年12月12日• タイハン特報 大量販売新聞社. 2001年1月22日• 神戸新聞社. 2012年3月12日 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

阪急ベーカリーショップ 南千里店

阪急 オアシス 南 千里

2019年5月15日 水 より下記料金体系に変更いたしました。 ・第1駐車場の最大料金はございません。 ・24:00~9:00まで入出庫できません。 上記時間内も課金されます。 ・最大料金 平日:8:00~20:00 900円 20:00~8:00 300円 土日祝:8:00~20:00 1200円 20:00~8:00 300円• 店舗ごとにサービスの基準額が異なりますので、詳しくは各店舗にお問い合わせください。 ・駐停車中のアイドリング、夜間の大音量等の行為は近隣の迷惑になりますので禁止します。 ・駐車の際は必ずパーキングブレーキをかけてください。 ・盗難防止のため、車から離れる際は必ず施錠してください。 ・駐車場内での事故、盗難、車両損害等につきましては一切の責任を負いかねます。 ご了承ください。 ・駐車場内・施設内は禁煙です。 ・駐車場内では、他人の迷惑となる行為、火気の使用、多量の可燃物・危険物の持ち込みは禁止します。 【トナリエ南千里提携店舗をご利用のお客様】 駐車料金割引サービスの内容についてはご利用の提携店舗にてご確認ください 割引サービスをご利用になる際は必ず駐車券をお持ちください。 【お問い合わせ】 タイムズ24株式会社 大阪北支店 担当:西田 06-6205-8924 (平日:9:00~17:00).

次の

阪急オアシス

阪急 オアシス 南 千里

会社情報は(平成20年)9月30日時点での情報を記載 目次• 歴史・概要 [ ] 創業からフェルタまで [ ] の完全子会社として(35年)に株式会社オアシスとして設立され、(昭和36年)6月に第1号店となる高槻店が開店した。 (昭和49年)6月には株式会社阪急オアシスへ(初代)と社名が変更された。 (平成3年)7月に高槻店を高質食品スーパー「フェルタ」に業態転換したのを皮切りに(平成7年)12月に小野原店 、(平成9年)2月14日に桃山台店 、(平成11年)11月に尼崎潮江店と「フェルタ」に業態での出店を進め 、揚げたての天ぷらやフライなどの揚げ物や大皿に盛ったバイキング形式の惣菜などを売場内に設けたオープンキッチンで調理して展開する新たな総菜売場の導入など 品質や品揃えを訴求した 新たな売場作りに取り組み始め 、(平成14年)3月期決算で三年ぶりに黒字に転換した。 当時は阪急共栄ストア(後の)と業態などが重複していたが、(平成14年)5月に阪急百貨店グループのスーパーマーケット事業の整備の一環として郊外に展開する方向で棲み分けを図ることを当時の阪急百貨店の社長が表明していた。 阪食による統合と出店エリアや出店形式の拡大へ [ ] (平成18年)9月1日付で食品事業グループを統括する中間持ち株会社として 株式会社阪食が設立されて同社の子会社となった。 その後も株式会社阪急オアシス(初代)が運営していたが、(平成20年)10月1日付けで当時同じく阪食の設立した当時から子会社であった、、とともに計4社が阪食に吸収合併 された ため、阪急オアシスは阪食が運営する食品スーパーの店舗ブランドとなった。 (平成21年)から「阪急百貨店スーパーマーケットグループ」として展開している。 2006年(平成18年)8月10日に京阪電鉄沿線では初出店となる枚方出口店を開店させ 、2008年(平成20年)3月に滋賀県初の店舗となる草津店を開店する など出店エリアも徐々に拡大した。 (平成28年)1月28日、エイチ・ツー・オー リテイリングはグループの再編を発表。 同年4月1日付で阪食はにより食品事業のとなる株式会社を設立。 同年6月1日に、阪食は持株会社機能をエイチ・ツー・オー食品グループにして、スーパーマーケット経営を主とする企業となり、株式会社阪急オアシス(2代目)に商号変更した。 高質食品専門館の展開 [ ] (平成19年)11月27日に旧店舗隣接地にガーデンモール清和台の核店舗として新店舗を開店した清和台店で「高質食品専門館」という業態を目指し 始めた。 (平成20年)6月にプロジェクトを立ち上げて国内外の有力スーパーマーケットを視察して研究を重ね、「 専門性」・「 ライブ感」・「 情報発信」の3つをコンセプトにした「高質食品専門館」のプロトタイプとして(平成21年)7月に千里中央店、同年8月に御影店を開店させた。 この「高質食品専門館」では、オープンキッチンでお好み焼き やピザ、丼物 、揚げ物などの総菜や焼きたてパンが来店客の目の前で出来上がって香ばしい匂いが店内に広がり 視覚と嗅覚に訴え 、本マグロ や生け締めの国産ブリなどの切り売りをする解体の実演 、漁港からの直送近海魚を目玉商品とする水産物や専用牧場で肥育した和牛を売り物にした食肉 などを顧客の要望に応じた切り身や焼き物に加工したり 、野菜や果物売り場でも販売員が常駐して量り売りや試食 、ジュース販売も行うなど生鮮3品と総菜で対面販売による ライブ感を演出する と共に、米売場に産地別の少量パックを並べて様々な米を楽しめるようにしつつ 、のりなどの乾物や鍋といった調理器具 、更にはレシピ本も置くなど関連商品も一緒に販売する工夫を凝らし 、電子看板でお奨め商品とそのポイントなど 売り場の見どころを店員が話す映像を流すなどサービスを重視した こだわりや 専門性を強めた売場作りをしている。 また、店内に料理教室など料理に関連するセミナーを毎週定期的に開催するキッチンスタジオを設置して 情報発信に力を入れ 、の設置や105円均一の焼きたてパンコーナーなど他社にない加工食品を充実させて独自性を出し 、大理石の床 や関西で定着している阪急百貨店の高級イメージも活用して高級感を演出している。 こうした高品質路線を支えるため産地直送の生鮮品や直輸入のグローサリーの取り扱いの拡大や3温度帯での配送を可能にする総合物流センター建設などを進めている ほか、(平成24年)8月1日に肉や魚介類など処理やレジなどの技術研修だけでなく、実際の店頭と同じ什器を使って商品の陳列やポップなどの配置を含むビジュアルマーチャダイジング技術を学べる実習室を備えた阪食研修センターを大阪府豊中市の服部西店2階に開設して高いサービスレベルを実現する人材育成を目指している。 プロトタイプとして出店した店舗が軌道に乗って 新店はいずれも計画数値に対して2桁増で推移した。 そのため、(平成22年)5月20日の宝塚山手台店 や同年4月1日の山科店 など新店舗として開店させると共に、同年7月1日に南千里店 、同年8月5日に武庫之荘店 、同年10月1日に本山南店 、同年10月9日に日生中央店 など既存店の改装による出店を含めて「高質食品専門館」の水平展開を図った。 また、(平成22年)11月2日に開店した淡路店 や(平成23年)1月13日に改装の宝塚店で「高質食品専門館」の小型店舗プロト化を図った。 (平成23年)4月からの新年度入り後も同月9日に尼崎潮江店 、同月23日にえるむプラザ店 、同年7月1日に豊中駅前店 、同年12月1日に服部西店 と「高質食品専門館」の水平展開として大型改装を進められ 、(平成24年)2月1日の平野西店の開店で新店7店舗と既存店舗の改装18店舗の計25店舗が「高質食品専門館」業態となった。 (平成24年)3月1日に開店した野中北店や先述した平野西店などの競争の激しい大阪市内などに出店する都市型「高質食品専門館」 の出店は、同年6月7日の昭和町店 や同年7月7日の同心店 、野江店 、あべの店 など阪急ファミリーストアを改装して開店したものを含めて大阪市内でのドミナントを磐石にする戦略の一環として展開が進められている。 プライベートブランド [ ] (平成20年)1月にプライベートブランドに関してと阪食が業務提携し 、グループ会社のなどとも連携して 価格訴求型のプライベートブランド ハートフルデイズを同年9月27日から店頭に展開し始め 、その後高価格帯のプライベートブランド プライムタイムの展開も始めて価格帯の異なる2ブランド を展開している。 ポイントプログラム [ ] 自社のとして、「クラブFカード」が存在する。 自社の「クラブFカード」以外でもSTACIAカード、阪急百貨店・阪神百貨店のポイントカード、阪急阪神おでかけカード、の「GFO OSAMPOカード」やイズミヤのポイントカード(ヒナタス)など「スタシア」のマークのあるクレジットカードや「Sポイント」のマークの存在するクレジットカードやポイントカードを提示して使用することが出来る(クレジット決済をする必要は無い)。 現金、クレジットカード、電子マネー、商品券など支払い方法は問わず、税抜200円毎1ポイント加算される。 毎月1日、5日、10日、15日、20日、25日(30日は対象外である) がポイント5倍デーとなり、税抜200円以上でポイントが税抜40円毎で1ポイント加算される(例えば、税抜180円であると加算対象外であるが、240円であると6ポイント加算される)。 2017年4月1日より阪急阪神グループ共通のポイント「Sポイント」に対応した新カードを発行開始した。 それ以前に発行されていた旧カードはを以て取扱を終了するため、各店舗で切り替えを必要とする。 また、旧阪急オアシス、旧ニッショーストア(阪急ニッショーストア)、旧阪急ファミリーストアが発行したポイントカードも現在の阪急オアシスの各店舗でも使用することが出来るが、旧カードのため2020年3月に取扱を終了する。 旧カード、新カード共にのポイントおまとめサービスが利用できる。 自社の「クラブFカード」限定の特典として、月に税込3万円以上の購入で翌月の3~15日にボーナスポイントとして200ポイントが加算され、以降税込2万円に200ポイントずつ加算される(5万円以上で400ポイント、7万円以上で600ポイントなどとなる)。 2019年4月以降は、税込月3万円以上で200ポイント、5万円以上で500ポイント、7万円以上で800ポイント、以降税込2万円に200ポイントずつ加算される。 現在の「クラブFカード」には電子マネー(自社のLittaもしくは)が搭載されたもののみとなっており、電子マネーを搭載しないものは選択できない。 Littaのカードは発行手数料は税込200円、Edyカードは発行手数料は税込300円となっている。 また、Littaのものはチャージ残高がカード紛失時でも保証されるが、楽天Edyのものは他のEdyと同じようにカード紛失時でも残高の保証はされない)。 楽天Edy搭載のものは決済時に楽天ポイントではなく、Littaのカードと同様に 税込200円1ポイントでSポイントが加算される(お買い上げポイントは 税抜200円毎に1ポイントとなっている)。 クレジットカード、電子マネーへの対応 [ ] (平成20年)4月22日から、、の3種類のによる支払が可能になった。 (平成27年)4月から、およびやなど交通系電子マネーに対応。 (平成29年)4月20日から、独自電子マネーを導入。 クレジットカードは、、、、など5大ブランドに対応している。 日本国外で発行されるMasterCardのデビットカードである(マエストロ)は使用出来ない。 2019年3月現在、全てのクレジットカードでによる決済は行われずにによる決済が行われている。 、、、(アメリカンエキスプレスもJCBグループとしてJCB経由で処理される)、、(この2社はUC・セゾンとして処理される)、、、、の加盟店となっている。 上記の会社以外の発行するVISA、MasterCardブランドのカードは三井住友カード、JCBブランドはJCB、アメリカンエキスプレスのブランドのカードはJCBグループ(AMEX)として処理される(ただし、セゾンカードのJCB、アメリカンエキスプレスは「UC・セゾン」として処理されずにJCBで処理され、楽天カードのアメリカンエキスプレスブランドについても「楽天カード」と処理されずにJCBグループとしてJCB経由で処理される)。 その他、が発行(正式には同社の子会社の株式会社ペルソナが発行)するハウスカード「」については毎月20日に請求時に優待が存在するため、その他一般のカードと区別されて処理され、「ソレーナSTACIAカード」(イズミヤのハウスカード)についても区別されて処理される。 で使用出来るやや、(LINE PayカードはJCBに加盟しているため使用可能)、、、などの国内外の、「阪急阪神お得意様カード プレミアム」、阪急友の会のお買物カード(2017年3月まで発行されていた商品券は使用出来る)は使用出来ず、、、、アメリカン・エキスプレスのコンタクトレス決済などNFC Type Aに基づく決済も使用出来ない。 展開店舗 [ ] 大阪市 [ ]• 仮店舗での営業を経て、(平成25年)3月7日、取り壊された天六阪急ビル跡地に建設されたのジオタワー天六の1階に開店。 当店の沿革についてはも参照のこと。 同心店 - (平成24年)7月7日に阪急ファミリーストアからリニューアル• 淡路店 - 区画整理に伴い閉店した阪急ファミリーストア淡路店を移転させる形で(平成22年)11月2日に開店• 福島玉川店• 福島ふくまる通り57店 - 2019年(令和元年)5月15日に開店。 が入る複合ビルの1-2階にある。 野江店 - (平成23年)9月8日に阪急ニッショーストアからリニューアル• 東中浜店• 京橋店 - 阪急ファミリーストアからリニューアル• 高殿店 - (平成25年)11月6日に開店• 野中北店 - (平成24年)3月1日に開店• 塚本店 - 阪急ファミリーストアからリニューアル• 神崎川店 - (平成26年)12月14日に開店• 瓦屋町店 - 阪急ファミリーストアからリニューアル• 今里店 - (平成20年)5月20日に阪急ファミリーストアとして開店• 真法院店 - (平成18年)4月4日に阪急ファミリーストアとして開店• 桃坂店 - (平成19年)2月15日に阪急ファミリーストアとして開店• 昭和町店 - (平成24年)6月7日に阪急ニッショーストアからリニューアル• あべの店 - 阪急ニッショーストアからリニューアル• 西田辺店• 東加賀屋店 - (平成23年)12月10日に阪急ファミリーストアからリニューア• あびこ店• 平野西店 - (平成24年)2月1日に開店• くまた店 - (平成25年)12月3日に開店 大阪府(大阪市除く) [ ]• 南千里店(ガーデンモール南千里内、旧・南センター店) - (平成22年)7月1日に「高質食品専門館」に改装• 北千里店• 桃山台店(アザール桃山台内) - (平成9年)2月14日にフエルタ・クレオの2業態をあわせた店舗として開店• 千里山竹園店 - (平成23年)11月12日に阪急ニッショーストアからリニューアル• 吹田片山店• 吹田穂波店 - (平成28年)4月6日オープン。 (平成27年)10月25日に閉店したエディオン吹田店の居抜き物件。 千里中央店 - (平成21年)7月に「高質食品専門館」のプロトタイプとして開店• 服部緑地店 - (平成24年)8月1日に「高質食品専門館」に改装• 豊中少路店• 豊中店 - (平成20年)10月1日に阪急ニッショーストアからリニューアル• 豊中駅前店 - (平成20年)10月1日に阪急ニッショーストアからリニューアル、(平成23年)7月1日に「高質食品専門館」に改装• 蛍ヶ池店 - (平成20年)11月14日に阪急ニッショーストアからリニューアル• 夕日丘店• 服部西店 - (平成21年)に阪急ニッショーストアからリニューアル、(平成23年)12月1日に「高質食品専門館」に改装 、(平成24年)8月1日に2階に阪食研修センターを開設• 小曽根店 - (平成20年)10月24日に阪急ニッショーストアからリニューアル• 箕面店 - (平成13年)1月25日に開店し 、(平成20年)9月27日に阪急ニッショーストアから譲渡(合併前)• 石橋店 - (平成21年)2月27日に阪急ニッショーストアからリニューアル• 池田店 - (平成20年)4月26日に阪急ニッショーストアから譲渡(合併前)• 千里丘店(フォルテ摂津内) - (平成21年)3月13日に阪急ニッショーストアからリニューアル• 茨木大手町店• 南茨木店 - (平成20年)10月1日に阪急ファミリーストアからリニューアル、(平成30年)6月18日より大阪北部地震による建物破損により休業中• 茨木東奈良店 - (平成23年)2月15日に阪急ニッショーストア南茨木店からリニューアル、(平成30年)6月18日より大阪北部地震による建物破損により休業中• 総持寺店 - (平成21年)11月21日に「パワープライス 阪急ニッショーストア」からリニューアル• 富田店• 高槻川西店 - (平成15年)12月12日に開店• 守口店(ジャガータウン内) - (平成21年)2月18日に阪急ニッショーストアからリニューアル• 枚方出口店 - (平成18年)8月10日に京阪電鉄沿線初の店舗として開店• ときわ台店 兵庫県 [ ]• 石屋川店 - 高架下に(平成25年)9月3日に開店。 を併設している。 神戸旭通店 - (平成25年)4月11日に開店。 を併設している。 六甲店• 本山南店 - (平成22年)10月1日に「高質食品専門館」に改装• 武庫之荘店 - (平成22年)8月5日に「高質食品専門館」に改装• 尼崎潮江店 - (平成23年)4月9日に「高質食品専門館」に改装• 伊丹大鹿店• 伊丹店 - (平成27年)3月1日に開店。 伊丹鴻池店 - 2017年(平成29年)7月4日に開店。 オアシスタウン伊丹鴻池中核店舗• 宝塚店 - (平成14年)3月29日に開店し 、(平成23年)1月13日に「高質食品専門館」に改装• 宝塚山手台店 - (平成22年)5月20日に開店• 宝塚南口店 - (平成20年)8月6日に阪急ニッショーストアから譲渡(合併前)• 宝塚中筋店 - (平成26年)6月15日に開店。 仁川店 - (平成17年)11月19日に開店• 名塩店• 立花店• えるむプラザ店 - (平成13年)1月に別館をオープンし 、(平成23年)4月23日に「高質食品専門館」に改装• 三田駅前店 - (平成17年)9月15日には兵庫県三田市のJR三田駅前に親会社の食品スーパー阪急百貨店と共に三田駅間の再開発ビルのキッピーモールに食品売場を担当する形態で開店• 清和台店 - (昭和53年)に旧店舗を開店し、(平成19年)11月27日に旧店舗隣接地にガーデンモール清和台の核店舗として新店舗が開店• 日生中央店 - (平成22年)10月9日に「高質食品専門館」に改装• キセラ川西店 - 2019年(令和元年)8月2日に開店。 オアシスタウンキセラ川西中核店舗 京都府 [ ]• かどの店• 西院店 - (平成26年)11月15日にリニューアルオープン• 伏見店• 山科店 - (平成21年)4月1日に開店• 西ノ京店 - (平成27年)9月2日に開店 滋賀県 [ ]• 草津店 - (平成20年)3月に滋賀県初の店舗として出店 過去に存在していた店舗 [ ]• 福島大開店 - 福島大開店の一部を割いて出店したが、数年で撤退。 のちにが出店。 神戸阪急店 - ハーバーランド店の閉店と同退去跡へのハーバーランド店の開店とを契機として、(平成18年)2月1日に神戸阪急地階食料品売場の一部をスーパーマーケット化する位置付けで出店した が、(平成24年)3月11日に神戸阪急と共に閉店した。 名谷店 - 阪急ニッショーストアからリニューアル後、(平成22年)3月28日に閉店。 のちにマルハチが出店。 武庫之荘店 - のちにマルハチが出店。 杭瀬店閉店 - のちにマルハチが出店。 千本店 - (平成21年)に阪急ニッショーストアからリニューアル• 住𠮷店-のちにがデイリーカナートとして出店• 都島店 - (平成20年)11月28日に阪急ファミリーストアからリニューアル、(平成29年)9月25日に閉店。 のちにイズミヤがデイリーカナートとして出店。 茨木駅前店 - (平成20年)10月1日に阪急ニッショーストアからリニューアル、建物老朽化に伴う建替のため、2017年10月1日に一時休業としての形で閉鎖。 白川通店 - (平成21年)に阪急ニッショーストアからリニューアル。 12月31日をもって閉店。 のちにが出店。 晴明通店 - のちにイズミヤがデイリーカナートとして出店• 山下店 - (平成21年)3月19日に阪急ニッショーストアからリニューアル2019年7月31日をもって閉店。 脚注・出典 [ ]• New Balance 68号. 2010-1-1. 247• 日本食糧新聞社. 1997年2月26日• 日本食糧新聞社. 1997年2月24日• 日本食糧新聞社. 2000年3月1日• 日本食糧新聞社. 2002年5月24日• 日本食糧新聞社. 2006年8月2日• 読売新聞社. 2008年3月27日• 西井由比子 2008年10月1日. 神戸新聞社• 日本食糧新聞社. 2006年8月21日• 日本食糧新聞社. 2008年3月14日• 日本経済新聞社. 2005年8月17日• 神戸新聞社. 2005年12月31日• タイハン特報 大量販売新聞社. 2006年2月9日• 日本食糧新聞社. 2008年3月28日• 神戸新聞社. 2009年8月1日• 日本食糧新聞社. 2007年12月7日• 日本経済新聞社. 2010年6月2日• 日本経済新聞社. 2010年12月3日• 読売新聞社. 2010年9月6日• 流通ジャーナル. 2012年3月23日• 日本食糧新聞社. 2012年8月17日• 流通ジャーナル. 2010年7月29日• 日本食糧新聞社. 2010年6月4日• 日本食糧新聞社. 2010年6月4日• 日本食糧新聞社. 2010年4月16日• 日本食糧新聞社. 2010年7月16日• 日本食糧新聞社. 2010年8月13日• 日本食糧新聞社. 2010年10月1日• 日本食糧新聞社. 2010年10月22日• 日本食糧新聞社. 2011年1月21日• 日本食糧新聞社. 2010年11月19日• 日本食糧新聞社. 2011年2月9日• 日本食糧新聞社. 2011年4月22日• 日本食糧新聞社. 2011年5月6日• 日本食糧新聞社. 2011年7月8日• 日本食糧新聞社. 2011年12月16日• 廣瀬嘉一 2011年11月25日. 日本食糧新聞社• 日本食糧新聞社. 2012年2月10日• 日本食糧新聞社. 2012年3月9日• タイハン特報 平成24年6月18日号 大量販売新聞社. 2012年6月18日• 日本食糧新聞社. 2012年7月13日• PDF プレスリリース , , 2008年1月28日 , 2015年8月15日閲覧。 流通ジャーナル. 2009年4月27日• 日本食糧新聞社• 2019年4月より、毎月1日、5日、15日、25日に変更となり、毎週土曜日がポイント3倍デーとなる。 土曜日と5倍デーが重なった場合は、5倍デーとなる。 毎日新聞社. 2008年4月20日• 流通ニュース 2015年03月25日 2017年8月22日閲覧• litta公式サイト 2017年04月1日• 日本食糧新聞社. 2008年5月30日• 日本食糧新聞社. 2006年4月14日• タイハン特報 大量販売新聞社. 2007年3月8日• 日本食糧新聞社. 2012年8月17日• タイハン特報 大量販売新聞社. 2001年3月1日• タイハン特報 大量販売新聞社. 2002年4月15日• タイハン特報 大量販売新聞社. 2005年12月12日• タイハン特報 大量販売新聞社. 2001年1月22日• 神戸新聞社. 2012年3月12日 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の