足場 なし 外壁 塗装。 屋根塗装を足場なしで行う3つのリスクとは!?

DIY塗装の足場について

足場 なし 外壁 塗装

外壁・屋根塗装の費用を知りたい方はこちら! 1.外壁塗装には、足場が必要な3つの理由 そもそも足場が、なぜ必要なのかをご存知でしょうか。 足場を設置するのには、大きく3つの理由があります。 1-1 安全管理のため 足場を設置する最大の目的は、高所で作業を行なう職人の安全を守ることです。 万が一、現場で転落事故が発生してしまった場合、工事を依頼した側の精神的な負担も甚大なものになります。 労働安全衛生法でも、2m以上の高所で作業をする場合、足場の組み立て等の安全対策が義務づけられています。 1-2 施工品質を保つため 適切な足場を設置していないと、きちんと塗ることができず、施工品質の低下を招きやすくなります。 1-3 近隣への配慮のため 足場を組むことで、その上に飛散防止ネットを張ることができます。 飛散防止ネットは、近隣の建物へ塗料が飛散するのを防ぐ役割を果たします。 2.悪徳業者から身を守るために、知っておくべき足場費用の相場 外壁塗装費用の約2割とも言われる足場費用。 少なくない金額が故に、悪徳業者に狙われやすいポイントとなっています。 心ない手口に引っかからないために「足場費用の相場」をしっかりと把握しておきましょう。 2-1 足場費用の相場 足場費用は、600~800円/㎡が相場。 ちなみに飛散防止ネットの相場は、100~200円/㎡が目安です。 2-2 足場費用は、自分でも簡易計算で算出できる 見積書の足場費用を、下記の計算方法でチェックすることができます。 家の外周にプラスする8mは、外壁から足場までの部分の数値です。 詳細な金額は業者に問い合わせてください。 2-3 足場代は絶対に無料にはならない そもそも足場を組むには、足場の組立て等作業主任者(国家資格)を配置する必要があるため、専門の足場業者に依頼する塗装業者が少なくありません。 また足場の費用には、足場の材料を運ぶ運搬費をはじめ、足場を組む施工費、解体費等も含まれています。 それだけの工程・人件費がかかるはずの作業を簡単に無料で提供できるはずがないのです。 「足場代を無料にします」というセールストークをする業者には要注意。 足場代を無料にすると言いながら、その分、資材代や人件費が高くなっているかもしれません。 2-4 外壁と屋根をいっしょに塗装するとお得になる?! 「お得に塗装をしたい」と考えるなら、外壁と屋根をいっしょに塗装してしまうのがオススメです。 外壁塗装をする際にも、屋根塗装をする際にも、足場が必要となります。 そして、その足場自体に大きな違いはありません。 つまり、屋根塗装と外壁塗装を一緒に実施すれば、一つの足場で、屋根も外壁も塗装できるというわけです。 いずれにしても、外壁も屋根も定期的な塗り替えが必要となりますので、ぜひ一緒に検討してみてください。 3.足場は DIY できない 2-3でお伝えした通り、足場を組むには足場の組立て等作業主任者という国家資格が必要です。 また足場の組み立て等に関わる作業者は、全員が特別教育を受講する必要もあります。 そのため素人には足場を組むことはもちろん、板を一枚動かすこともできません。 できれば足場を設置する前に、どの種類の足場を建てるのか、なぜその足場を選んだのかなどを業者に確認しておくと安心です。 また、足場を設置しない工法も併せてご紹介します。 ただし、現時点では無足場工法に対応できる技量を持った職人はまだまだ少なく、足場を組むやり方が一般的です。 無足場工法を提案された際には、施工実績等で技術レベルを確認されることをオススメいたします。 5.知っておきたい足場に関するトラブル例 5-1 建物等の破損トラブル 足場の組み立て時や解体時に、家の外壁や窓をはじめ、車、場合によっては接近している隣家を傷つけてしまうことがあります。 そのような事態が発生した場合に、トラブルの焦点となるのが、補償してくれるのか・そもそも誰が補償するのか、という2点です。 「壊したのは業者なのだから、業者が責任をとるはず」というのは、当然の意見なのですが、足場業者は、塗装業者が依頼した下請けであることも多く、足場業者と塗装業者の責任逃れに巻き込まれ、結局泣き寝入りをしてしまうケースもあるのです。 このような最悪の事態を避けるためには、足場業者が保険に加入しているか、事前に塗装業者から確認してもらうと良いでしょう。 その際、保険の対象範囲は、工事箇所だけでなく、工事箇所以外の場所や工事関係者以外の人まで含まれているか、あわせて確認することが重要です。 5-2 隣人トラブル 足場を組むだけのスペースを自分の敷地内だけで確保できない場合、隣の敷地を借りて足場を組む必要があります。 その際、慎重に進めたいのが、近隣対応。 足場を勝手に組み、後から報告したり、業者だけに説明を任せて自身で何の説明もしなかったがために、トラブルに発展してしまうケースは少なくありません。 隣の敷地を借りる必要がある場合には、足場を組む前にお願いにあがるようにしましょう。 できれば業者にも同行を依頼し、専門的な観点からの説明もできるとベストです。 まとめ 足場費用には一定の費用がかかるため、高いと感じる方も多いと思います。 しかし、そんな消費者心理につけこみ、あの手この手で罠を仕掛けてくる悪質業者がいることも忘れてはいけません。 「足場を無料にします」という甘い言葉の先には、大きなしっぺ返しが待ち受けているのです。 心ない手口に騙されないためには、この記事でご紹介した『足場が塗装工事に必要な理由』、『足場には一定の費用がかること』を正しく理解しておくことが重要です。

次の

「足場なしの外壁塗装」、無足場工法はしません|外壁塗装・屋根塗装のプロタイムズ総研

足場 なし 外壁 塗装

外壁塗装にかかる費用で意外と大きな割合を占めているのが、足場代です。 そうなると、少しでも節約するために「足場なしで塗装工事はできないの?」と思いませんか? そこで、この記事では 「無足場工法」のメリット・デメリットについてお伝えします。 無足場工法とは 無足場工法とは、足場を作らない工事方法のことです。 無足場工法では屋上から吊るされるロープブランコやゴンドラに乗り、熟練の職人さんが作業することで、足場の組み立て作業および解体作業を省略することができます。 したがって無足場工法の最大のメリットは、工事期間の短縮とコストの大幅削減ができることです。 ただ無足場工法は不安定な空中での作業になるので、職人技となります。 まだまだ足場を組んだ施工が一般的で、無足場工法は業者の中でも技術的な差があるため、業者選びが重要となります。 無足場工法のメリット 費用の削減と工期の短縮ができる 足場の組み立て作業と解体作業がない分、コストを大幅に抑えることができますし、工事期間も短縮できます。 住人にかかるストレスが少ない 工事期間中ずっと窓がシートで覆われたり、窓の前に鉄パイプがついたりしないため、圧迫感や暗さは最小限で済みます。 そのため工事期間中も住み心地が比較的良いです。 防犯性が高い 足場がある場合、それを利用した空き巣や覗きなどに狙われる被害が報告されています。 その点、無足場であれば、その日の作業が終われば平常時の状態に戻るため、防犯面での心配がありません。 一括施工の必要がない 基本的に塗装工事を頼む際は、外壁だけでなく、屋根・雨戸・ベランダ・雨樋・破風・軒天などもまとめて依頼する「一括施工」がおすすめです。 なぜなら足場代は安いわけではないので、同じ頼むなら一気にまとめて塗り替えたり防水加工したりする方が、足場代が一度で済むからです。 しかし無足場工法なら足場代がかからないので、その時の予算や工事可能期間に応じて「今回はここだけ塗り替えよう」という選択もできます。 無足場工法のデメリット 施工管理が難しい 足場があれば、その足場をわたって作業箇所を確認できます。 しかし無足場工法だと作業箇所の目の前に行って確認できないので、塗り残しがないかなど、現場をきちんと管理できる人が必要です。 信頼できる業者でないと手抜き工事される恐れがあります。 仕上がりは職人さんの腕次第 作業は空中でロープにぶら下がって行われるので、大変不安定な状態での塗装工事となります。 そのため、ぶら下がった状態でも、ムラなく、塗り残しもなく、しっかりと塗り替えをしてくれる腕のある職人さんが必要となります。 場合によっては、この技術料の対価が塗装作業費に加えられます。 建物によっては施工できない場合もある 無足場工法は屋上でロープを固定するため、屋上に上がれない建物の場合は施工できません。 また屋上から職人さんがブランコでぶら下がる形になるので、特殊な形状の建物、たとえば丸い建物や、庇(ひさし)が突き出した形、三角形の瓦屋根の建物の場合は施工が難しいです。 無足場工法のまとめ 以上より、 無足場工法は料金の大幅削減という魅力がある一方、作業管理が難しいのと、職人さんの腕によって仕上がりが大きく変わってきます。 そのため無足場工法に興味がある場合は、業者選びを慎重に行い、信頼性と実績を見極める必要があります。

次の

外壁塗装の予算がなくても絶対にやってはいけない8つの事

足場 なし 外壁 塗装

足場なしは職人さんの負担が大きい プロタイムズ総研では足場なし(無足場工法)で作業することはありません。 一般住宅においては、平屋の場合は足場を立てずに作業を行う業者もあるかもしれませんし、マンションなどで階段から手が届く範囲を足場なしで処理する場合もあるでしょうが、総研では足場なし工事はゼロだと思います。 基本として、2m以上の高所作業は法律で足場を組まなければならないことになっています。 梯子で屋根に登ることはあるかもしれませんが、外壁塗装で足場がないということになると、塗装の職人さんの負担がものすごく大きくなります。 脚立を2つ立てて「歩み板」という板を渡して作業をしている所もありますが、あれも「脚立足場」という分類になるので、足場なしとは違います。 ブランコ作業で外壁塗装はかなり困難 屋上から人を吊ったり、ゴンドラを吊ったりして作業をしている業者さんもいますが、あれは大きな建物で設備が整っているからできるのです。 ゴンドラの場合はマンションの屋上に吊るための装置があったり、ハーネスを留めるための輪っかが躯体に埋め込まれていたりします。 そういうものがなければ足場なしの作業は成立しないと思います。 ビルのガラス清掃などができるのも、ビルにそのための設備が備わっているからです。 足場なし作業のことをブランコ作業と言ったりしますが、ブランコで外壁塗装はかなり難しいと思いますね。 ブランコ作業で外壁塗装も請け負う業者さんもあるようですが、ほとんどは窓清掃などではないでしょうか。 外壁塗装となると扱う平米数が跳ね上がりますからね。 タワーマンションの中にはリフォームを考えていなかったものもあると思います。 足場の高さ制限を超えている建物もありますからね(枠組み足場でも高さは原則として45mまで)。 ゴンドラや移動昇降式足場(リフトクライマー)を設置しづらい建物もありますし。 あるタワーマンションでは、東日本大震災で大きなひびが入ったのですが、補修されないままになっています。 場所が高すぎて足場が架けられないからでしょうね。 もちろん、躯体に影響がなければとりあえず大丈夫なんですけど。 タワーマンションのリフォームは建物ごとにやり方を変えたりしなければならないので大変だと思いますね。 足場は組む時よりばらす時の方が危険 足場なしだと足場を組まなくていいという利点は確かにあります。 足場は組む時よりばらす時の方が大変。 上からばらしていくのですが、組む時よりばらす時の方が危険です。 組む時は、完璧な足場が完成するゴールに向かっての作業になりますが、ばらすのはそれを崩す作業ですから、進めば進むほど揺れるようになるのです。 設置なら、組めば組むほどガッチリしてくるんですけどね。 時間的にはばらす方が速いのですが、危険度はばらす方が桁違いに高くなります。 ばらし方を間違えたりしたら本当に危険ですし。 足場班としては、足場を解体してヤード(足場置き場)に運んでトラックから降りたらようやく「一件終わった」という感じです。 足場は重量物なので、運ぶ途中で交通事故などを起こしたら大変ですからね。 朝、ヤードを出た時から仕事が始まって、帰ってきてヤードに着くまでが1つの作業だと考えないとダメだと思います。 一級塗装技能士。 塗装職人としての実績が豊富。 関連企業としての関わりからプロタイムズ総研へ入社。 現場をまとめる役割も担っている。 なお、プロタイムズ総研には多数のが在籍しておりますのでよろしければご覧ください。 「足場なしの外壁塗装」、無足場工法はしませんの関連記事.

次の