コロイド シルバー。 自然の抗生物質「コロイダルシルバー」

コロイダルシルバーの働きとサプリメント一覧

コロイド シルバー

85 重量10オンス 3,500 数量 : 超微粒子シルバー含有の20PPMのコロイド溶液 最も人気のあるライフプラスのコロイダルシルバーをもうお試しになりましたか?ライフプラスのコロイダルシルバーは天然の原料だけを使用しています。 ライフプラスのコロイダルシルバー生産には高度な技術が必要です。 非イオン水に電子磁力を充電し、銀の粒子を20ppm(1億に対する)含むように製造されています。 この粒子は、99. 999%の純度で直径0. 001ミクロンに過ぎません。 充電後の粒子はいかなる化学物質、たんぱく質、安定剤、人口保存料などを必要とせず中毒反応を起こす心配もありません。 この深い黄金色が高品質の証です。 ご使用法:外用にはスプレーでふきかけてください。 内服の場合はよく振ってから服用してください。 小さじ1杯(5ml)。 スプレー40回が小さじ1杯に相当します。 成人で1日3回、小さじ1杯(5ml)ずつ服用します。 理想摂取量を超えて服用しないでください。 コロイダルシルバー ライフプラス関連ページ ライフプラスのキャッツクローは免疫力を高める作用で有名になったペルー原産のハーブです。 ライフプラスのキャッツクローは環境にやさしい方法で収穫されています。 キャッツクローの内皮にある6種類のオキシンドルアルカノイドを含んでおり、それらは免疫力を強化する成分として証明されています。 また、免疫力の向上に働くパウドアルコスとスマといった2種類のハーブも配合されています。 ライフプラスのキャッツクロープラスを免疫力とエネルギー向上のために是非お試しください。 体内の全細胞には、ミトコンドリアと呼ばれる細胞構成要素が多く含まれ、体内の総エネルギーの95%を作り出しています。 コエンザイムQ-10は、このミトコンドリア内に多く存在し、体内の基本エネルギーであるATP(アデノシン三リン酸)の生産に不可欠な役割を担っています。 わたしたちの身体の全細胞のコエンザイムQ-10を適切なレベルに保つことが、きわめて重要です。 最適な細胞保護に、ライフプラスのCo-Q-10プラスをご利用ください。 ライフプラスのデイリーバイオベーシックスベジーキャップスは、便利で飲みやすいカプセル入りです。 ライフプラスのデイリーバイオベーシックスベジーキャップスは、粉末のデイリーバイオベーシックスと同じ栄養素を摂取できます。 使用しやすいカプセル状で繊維質は約半分(7g)です。 私たちの体は生涯、変化し続けます。 デヒドロエピアンドロステロン(DHEA)は、副腎がコレステロールから生成する天然ステロイドホルモンで、加齢と共にこのホルモンの量が減少します。 若い頃のレベルを維持するには、外部からこのホルモンを摂取する必要があります。 ライフプラスのエンドクリンDHEA粒では、このDHEAを補給することで代謝を高めることができます。 18歳未満は使用できません。 ライフプラスのEPAプラス。 寒冷地の深海魚から抽出したオメガ 3 系脂肪酸は、心臓と循環器系、脳、中枢神経系、目、視力をサポートし、安定した感情や前向きな気分を促します。 またコレステロールを健康的なレベルに保つ効果があります。 ライフプラスのEPA プラスは、簡単、確実にこの貴重な栄養素を摂取できるサプリメントです。 ライフプラスのリプリネックスは健康な関節を維持します。 ライフプラスのリプリネックスは、ミドリイガイから抽出したオイルを安定化させて、効果を最大限に高める特許取得済みの抽出プロセスによって生成されています。 ライフプラスのマイクロミンズプラス、植物抽出ミネラルで健康で豊かな生活をサポート! ミネラルは生化学的に重要な機能を果たすホルモンや酵素の成分となるため身体の基礎と言えます。 ライフプラスでは、マイクロミンズプラスに配合するミネラルについて、慎重にさまざまな原材料を調査しました。 ライフプラスのMSM プラスは、生物学的利用能の高い硫黄を補給できるサプリメントです。 硫黄は身体の正常な機能や構造に不可欠なミネラル成分で、コラーゲン、結合組織、皮膚、髪、骨、歯、インシュリンなどの主要成分となるタンパク質、硫黄含有アミノ酸を豊富に含む多くのタンパク質の生成に必要です。 ライフプラスのフェイズオリーンフォーテを 1 粒飲むと、100 グラム強のでんぷん質の消化吸収を抑えることができます。 でんぷん質でカロリーを計算すると、これは 400 カロリー強になります。 ごはん約2杯半、自転車こぎ50分の吸収を抑えるタブレットです。 ライフプラスのオメゴールドは脂溶性の抗酸化物質各種を豊富に含むオイルサプリメントです。 植物から抽出した特製オイルを独自の配合でブレンドしDHAとEPA、オメガ3系脂肪酸のほかビタミンDと一緒にソフトカプセルに詰めました。 ライフプラスのソマザイムは、大きな分子の多くを分解するという身体に本来備わっている能力を高めて健康的な代謝を促します。 ライフプラスのソマザイムに含まれる酵素は、 自然な栄養補給によって若々しい身体を保ち、抗酸化物質を補給し健康な膵臓や免疫系の機能をサポートします。 ライフプラスのスレンダーリーンは、完璧な食事と運動プログラムの一環として、健康的で明るい気分や活力、食欲、さらには体重管理を栄養面からサポートする画期的な製品です。 長年の研究の成果により、ライフプラス独自の植物性栄養素ブレンドを使用したスレンダーリーンは、特許によって保護されています。 ライフプラスのビタミンCは重要な抗酸化物質で、循環器系の健康を促進します。 またビタミンCは、健康な目、肝臓、副腎の機能を維持します。 ビタミンCはストレスやフラストレーションに耐えるカラダの能力を高めます。 ライフプラスのビタミンEは、身体中の組織や器官に酸素を運ぶ赤血球の働きをサポートします。 神経系、血管、および血液循環系をサポートする抗酸化物質です。 ライフプラスのビタサウルスは、成長や発達の時期に、 身体に必要な栄養素を確実に摂取できるよう特別に配合されたマルチビタミン剤です。 シュガーフリー 必須脂肪酸をたっぷりと含んだライフプラスのイブニングプリムローズオイル(EPO)は自然に手に入る油の中で特に貴重で価値のあるサプリメントです。 体内で作る事ができない為、食事から摂取しなければならない必要脂肪酸(EFAs)を含んでいます。 エネルギー補給のサプリメント。 ライフプラスのリアルエナジーはコーヒーや清涼飲料水に代わるとってもおいしいサプリメントです。 元気の素になる天然ガラナと、各種のビタミン、ミネラル、アミノ酸といった栄養素をたっぷり含んでいます。 フルーツの超濃縮ブレンドで関節の健康をサポート!ライフプラスのサプリメント、フュージョンズ・レッドには、サワーチェリー、ザクロ、コンコードグレープ、ブラックチェリー、ノニ、クコ、マンゴスチン、アサイー、サジー、ガックといった、天然の抗酸化物質をたっぷり含む果物のエキスが凝縮されています。 数ある脂溶性の抗酸化物質の中でも特に強力な成分で、しかも体にとって吸収しやすく簡単に利用できるという優れた性質があります。 アロエベーションアロエベラ粒は、優れた相乗効果が期待できるアロエベラ、アミノ酸L-グルタミン、およびL-グリシンを便利なタブレットに配合した製品です。 米国および、その他の国で特許取得のこの製品は、胃や腸など消化器系の健康に効果があります。 必須ビタミン・ミネラル類がたっぷり入ったライフプラスのヤミーズは、心も体も育ち盛りのお子様の栄養補給にぴったりです。 天然素材と自然な風味でおいしく食べられるので、幅広い年齢層のお子様にお勧めです。 ライフプラスのエクセルは、アルギニンを主成分とする、手軽に使えるパウダータイプのサプリメントです。 無糖ながら、柑橘系の風味でおいしくお飲みいただけます。 ライフプラスのビタミンDとビタミンKはいずれも、骨や血液の維持を正常に保つ働きにも関与しています。 また、ビタミンDは血中のカルシウム濃度の維持を助け、ビタミンKは正常な血液凝固をサポートしています。

次の

『コロイダルシルバー』、何年も使い続けている方に、質問です。目立った効果...

コロイド シルバー

コロイド溶液とは聞きなれない言葉ですが、私たちの身の回りにたくさん存在しています。 今回は、このコロイド溶液の性質や種類についてご紹介しましょう。 また、化学の実験などで「コロイド溶液」について学んだ方もいると思います。 何だか難しいと思いませんでしたか? しかし、コロイド溶液の作成や分離を応用したものは、料理や工業製品にたくさんあるのです。 この記事を読んで、身近な化学変化についてぜひ学んでみてくださいね。 コロイドとは?• コロイド溶液の種類は?• コロイド溶液の特徴• コロイド溶液の特徴コロイド溶液の作り方は?• コロイド溶液を分離する方法は? 1.コロイドとは? コロイドとは、2種類の物質が混じる際に一方が直径1~100nm程度の大きさの粒子となって、もう片方に均一に混じる状態のことを指します。 といっても、イメージがわかない方も多いでしょう。 もう少し具体的に説明しましょう。 砂糖や塩の粒は目に見えるほど大きいです。 それを水に溶かすと粒が目に見えなくなります。 これは、粒が分解して水の中に溶けこんでいるからなのですが、水の分子に比べて砂糖や塩の粒子はとても大きいのです。 このような状態をコロイドといいます。 コロイド溶液とは、水分の中に粒子の大きな別の物質が溶け混んでいる状態のこと。 粒子が大きいので、水の透過性が失われて不透明になるものが多いのです。 2.コロイド溶液の種類は? では、コロイド溶液にはどのような種類があるのでしょうか? この項で特徴とともにご紹介します。 2-1.自然現象 雲や霧は、空気中に水の粒子が均一に混じり合った状態です。 水の粒子が大きいので、空気がさえぎられて不透明に見えます。 霧の中に入るとしっとりとぬれるのは、雨よりも細かい水の粒子が空気中にたっぷりと含まれている証拠です。 ちなみに、水の粒子が雲の中でくっつき合って支えきれずに落ちたものが雨になります。 2-2.食品 食品にはコロイド溶液がたくさんあります。 先ほどご紹介した塩水や砂糖水もそうですし、牛乳もコロイド溶液です。 牛乳は、水の中にタンパク質や脂肪の粒子が溶けこんでいます。 ですから、乳白色なのですね。 溶液というくくりを外せば、チーズやヨーグルト、さらに豆腐などもすべてコロイドになります。 2-3.工業製品 コロイド溶液の工業製品も、数えきれないほどあります。 インクや燃料、さらに化粧品などもすべてコロイドになるのです。 コロイドでないものを探す方がかえって大変かもしれません。 3.コロイド溶液の特徴 コロイド溶液は、粒子を溶かす媒体が液体のものを指します。 さて、その粒子が溶け混んだ液体を加熱したり冷却したりすると流動性を失って固まるものもあるのです。 一例をあげると、豆腐、卵の白身、寒天。 寒天は、天草という植物を煮溶かしたものです。 これを冷やすと固まって固体になります。 逆に卵の白身は、熱を加えると固まるのです。 流動性を保ったままのコロイド溶液を「ゾル」。 固体になってしまったコロイド溶液を「ゲル」といいます。 「ゲル状の物質」という言葉を聞いたことがある方もいるでしょう。 このゲル状の物質からさらに水分を抜いたものを、キセロゲルというのです。 このキセロゲルは空気中にある湿度と結びつこうとする性質があります。 この性質を利用したものが、乾燥剤の「シリカゲル」になるのです。 4.コロイド溶液の作り方は? コロイド溶液の作り方は、とても簡単です。 媒体となる水溶液に粒子を溶かすだけで完成します。 しかし、そのままでは溶液の状態が安定しないというものもあるでしょう。 一例をあげると、泥水です。 泥を水の中にいれて激しくかきまわすと、水と混じり合って茶褐色の液体になります。 しかし、かきまわすのをやめて静かにしていると、泥は水と分離して、下に沈んでしまうのです。 この現象を「沈殿」といいます。 この沈殿は、水や砂糖、さらに牛乳などでも起こるのです。 これでは、物質が安定しません。 そのため、粒子をより細かくして、媒体となる水に混じりやすくする処置が行われることもあります。 これを、「物質の均一化」、別名ホモジナイズというのです。 ホモジナイズの一例をあげてみましょう。 私たちが飲む牛乳は、さらさらしていて水のようです。 しかし、絞ったばかりの牛乳をおいておくと、表面に脂肪の膜がはります。 これは、脂肪の粒子が大きいために起こる現象。 飲む分には構いませんが、チーズやバターなどの加工食品を作るには不都合があります。 そこで、牛乳をよくかき混ぜて脂肪やタンパク質の粒子を壊すことによって、水の中に均一に混じるようにするのです。 また、コロイド溶液をよくかき混ぜると、より舌触りが滑らかになりますね。 これは、物質の粒子が壊されることにより、粒子が均一化するためです。 料理をよくかき混ぜると滑らかになったような感じがするのは、錯覚ではありません。 きちんと理由があることなのです。 5.コロイド溶液を分離する方法は? では、混じり合ったコロイド溶液を分離したい場合はどうすればよいのでしょうか? この項では、その方法の一例をご紹介します。 5-1.ろ過 ろ過とは、目の細かいものにコロイド溶液を通して媒体と粒子を分離する方法です。 泥水を真水にするときは、細かいじゃりなど詰めたペットボトルに泥水をゆっくりとそそぐと、水と土に分離することができます。 この目を細かくすればかなり細かい粒子でも取ることができるでしょう。 最も手間がかからない方法でもあります。 5-2.沈殿 前述した沈殿も、簡単な分離方法のひとつです。 特に、水に溶けにくい粒子を分離する方法として適しています。 また水を例に出しますが、浄水の一番最初の過程が、沈殿による水とゴミとの分離です。 また、水にこれ以上粒子が溶けきらないことを飽和といいますが、この飽和状態を超えた粒子だけを取りのぞくにも、沈殿は便利な方法でしょう。 5-3.遠心分離 遠心分離とは、コロイド溶液を高速で回転することにより、粒子と媒体に分離する方法です。 水に溶け混んだ粒子と媒体となった水の分子では、重さが異なります。 ですから、振り回すと重いものは下に沈み、軽いものは浮き上がるのです。 この性質を利用してタンパク質と水分など分離が難しいものを分けたりすることもできるでしょう。 化学の実験などでも、遠心分離器にコロイド溶液をいれて分離する様子を観察することもあります。 食品から工業製品まで、幅広く利用されている分離方法です。 おわりに 今回は、コロイド溶液についてご紹介しました。 コロイド溶液を利用した料理や工業製品がたくさんあることが、ご理解いただけたと思います。 また、コロイド溶液の仕組みを理解していれば、よりおいしい料理や高品質の工業製品を作ることも可能でしょう。 より高品質のコロイド溶液を作る製品や、媒体となる物質もたくさんあります。 たとえば、界面活性剤を使えば水と油といった本来ならば混じり合わないはずの溶液同士を混じり合わすこともできるのです。 油と水を使ったコロイド溶液といえば、ドレッシングがあげられます。 このドレッシングはよく振ることで、油の粒子を一時的に壊して水と混ぜ合わせることができるのです。 しかし、このままではやがて分離してしまうでしょう。 そこで、界面活性剤の役割を果たす卵を混ぜると、状態が安定します。 この仕組みを利用した調味料がマヨネーズです。 このほかにも、水分と油分を混ぜたエマルジョン燃料などもよく知られています。

次の

「コロイダルシルバー」の効果効能 感染症に有効? 天然の抗生物質 薬に頼らず健康に

コロイド シルバー

天然の抗生物質・コロイダルシルバーって何?その効果や銀皮症の心配について解説! 今や銀を使った日用品をよく見かけるようになりました。 抗菌や消臭グッズ、カビクリーナーや靴下にも銀が使われているようですね。 銀に抗菌などの作用があると分かったのは最近の事ではありません。 古代のローマやギリシャでは銀は感染を防ぐとして飲み物や食べ物を保存する容器として使われていました。 「医学の父」として知られるヒポクラテスも銀は傷を治したり、病気を防ぐものとして教えていたそうです。 またナポレオンと戦ったロシアのアレクサンドル1世の軍は、戦地の川で汲んだ水を銀の樽に入れて使っていたそうで、その慣わしは第一次、第二次大戦に於いてもロシア軍が引き継いだと言われています。 コロイダルシルバーって何? さてこういった歴史があって、コロイダルシルバーが生まれました。 まだ日本ではあまり目にも耳にもしないかもしれませんが、アメリカではサプリメントのショップで見かける事ができます。 コロイダルシルバーは電解を使って純粋な金属元素を蒸留水に混ぜ合わせたものです。 コロイダルとは超微粒子が溶液中に拡散している状態のことを言います。 この超微粒子状態の銀(コロイダルシルバー)は天然の抗生物質、抗ウィルス物質、抗カビ剤としての働きがあり、UCLAの研究では650種類の病原菌を数分の内に絶滅させたと報告されています。 またこういった殺菌効果は免疫力を上げるとも言われています。 服用や塗布する事で使用できます。 コロイダルシルバーの効果 感染症全般に効果を発揮します。 強い抗菌や抗真菌などの作用を持つコロイダルシルバーですが、台湾で行われた研究によると、抗生物質に対して耐性を持つMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)や緑膿菌(真正細菌に分類される常在菌)を死滅させたと報告されています。 コロイダルとは超微粒子が溶液中に拡散している状態のこと。 この超微粒子状態の銀(コロイダルシルバー)は天然の抗生物質、抗ウィルス物質、抗カビ剤としての働きがあり、殆どの菌を数分以内に殺してしまうほど効果があります。 抗生物質の使用は時として耐性菌を作り出してしまいますが、コロイダルシルバーは殺菌作用があるにも関わらず、耐性菌を作り出すことはありません。 通常の抗生物質が効かない肺炎や気管支炎などの改善にも期待できます。 鬱陶しいものもらいも雑菌により起こります。 また耳の感染症も色々な細菌や真菌によって起こりますが、こういった目や耳の感染症にはコロイダルシルバーを少量、点眼、点耳する事で殺菌する事ができ、症状が改善します。 その他、野菜やフルーツを洗う時、切り花の命を長引かせる、犬や猫の怪我、ペット臭の除去などにも使われています。 心配される銀皮症 コロイダルシルバーを飲むと皮膚が青くなってしまった(銀皮症)という方がいますが、用法や用量を守れば銀皮症になる心配はありません。 また銀皮症の心配のないコロイダルシルバーもあります。 注意点 処方薬を服用中の方は、事前に主治医にご相談ください。 またアイオニック・シルバーやシルバー・プロテインはコロイダルシルバーとは違います。 本物のコロイダルシルバーをお求めください。

次の