ダンベル。 ダンベル

ダンベル・バーベル・サンドバッグ等の通販|ファイティングロード

ダンベル

ダンベル、バーベル、サンドバッグ(サンドバック)などのトレーニング機器メーカー「ファイティングロード co. ,ltd. 」の公式通販サイトになります。 ファイティングロード co. ,ltd. のトレーニング機器は、本格的に鍛えようとされている方から運動不足解消やダイエット目的の方にまで幅広くお求め頂ける商品をご用意しております。 プロ格闘家も認めるサンドバッグ(サンドバック)をはじめ、ダンベルやバーベルなどすべての商品が高品質ながらも安く、これまでにも多くのお客様にご利用頂いております。 ただし、高品質のトレーニング器具を買っただけではトレーニングにはなりません。 正しいダンベルトレーニング、正しいバーベルトレーニングなど、正しい使い方をしてこそ、その効果を発揮します。 当サイトでは、サイト内でも色々なトレーニング方法を紹介しております。 ファイティングロード co. ,ltd. があなたの本気のトレーニングをサポートします。

次の

ダンベルの選び方。初心者におすすめの重さ・メーカー・種類。

ダンベル

初心者や女性でも20kgのダンベルが必要なのか 片方20kg〜30kgは重すぎると感じるかもしれません。 おそらくそれはアームカール(この記事のトップの画像みたいにダンベルを腕で持ち上げるやつ)の使い方をイメージしているからでしょう。 ダンベルを使うのは腕のトレーニングだけではありません。 例えば、ダンベルベンチプレスとかダンベルを両手にぶら下げてスクワットとかにも使います。 アームカールなら10kgで十分だけど、ダンベルスクワットだと 10kgじゃ物足りないという感じになります。 トレーニング種目や鍛える筋肉によって使う重さは様々なので、20kgを持っていた方が重宝します。 重さを変えられる可変式ダンベルがおすすめ これは必須。 絶対に重量を変えられるものがいい。 トレーニングの種類で必要な重さは変わりますし、筋トレのレベルアップに合わせて変えたり、体調やコンディションによっても重さを変えられるべきです。 重さ別に何種類も自宅にダンベルを置ける人以外は、 重量変更が可能なものにしましょう。 ラバー付きダンベルだと傷・騒音が防げる プレート(重り)の周りがゴムになってるもの。 床に置くときの傷や音を考慮してあります。 これは好みです。 ダンベルを置く時は重量が一点に集中するので、 直で床に置くと100%傷がつくので注意。 下にゴムマットなどをしける人であれば通常の金属プレートでもOK。 上記の内容について考慮できていれば、あとは好みで問題りません。 なんだかんだ言って所詮は鉄のかたまりですから。 デザインや値段と相談して決めてください。 次から、ダンベルの特徴や人気のダンベルの紹介となります。 ダンベルのタイプは3種類 ダンベルは3タイプに分けられます。 固定式(重さが固定)• ウエイト交換式(プレートを付け替えて重量変更)• おもり部分が多面体のタイプ、ラバーコーティングされたものもあります。 固定式は重り部分とシャフトが溶接固定された一体成型なので、重さを変えることは出来ません。 そのため、 トレーニング目的に応じ、何種類もの重さを揃えなければいけないので、自宅で使う場合は収納しにくいというデメリットがあります。 ウェイト交換式ダンベルの特徴 ウエイト交換式は、シャフトにプレートを付け替えることで重量が変えられるタイプです。 重さを変えるたびにプレートを付け替える手間はありますが、収納に場所を取らず、高重量まで対応できるメリットがあります。 可変式のシャフトには ノーマルタイプとスクリュータイプの違いがあります。 スクリューシャフト ノーマルシャフトとは溝がないシンプルなバーに、カラー(留め具)でプレートを圧着するタイプです。 プレートの付け替えを簡単に行えるのがメリットですが、カラーが緩むとプレートが落下する危険性があります。 それに対し、スクリュータイプは、バーにネジの溝が入っており、専用のカラーをクルクルと締め付けてプレートを固定します。 プレートを付け替えの時間がかかりますが、プレートが外れるリスクは低く、安全性が高いと言えます。 可変式ダンベルが人気 ウェイト交換式のプレート付け替えの手間をなくした、高性能タイプの可変式ダンベルが近年人気です。 価格は高くなりますが、収納に場所を取らず、トレーニングを快適に行うことができるので、自宅トレーニング用アイテムとして魅力的です。 次に、固定式・可変式タイプ別おすすめダンベルをご紹介します。 ダンベル購入の参考にどうぞ。 高性能な可変式ダンベルのおすすめ ボウフレックスやパワーブロック、後述するフレックスベルのようなタイプは、スクリュータイプとは異なり素早く重量が変えられるので、余計なインターバルを取らずにトレーニングに集中できます。 セットごとに重量を変える、スーパーセットやドロップセットなどを実施しやすいというメリットがあります。 基本的にはこれらワンタッチで重量が変更できるダンベルが最もおすすめできます。 ボウフレックス 高性能タイプのダンベルです。 ボウフレックスは、ダイヤルの切り替えのみで重量の調節ができる可変式のダンベルです。 24kgのタイプと41kgのタイプがあります。 スピンロックダンベルは、外したプレートの置き場所をとりますが、ボウフレックスダンベルの場合、使用しないウェイトは収納された状態を保つことができます。 つまり、 ダンベルが1セットあれば、様々な重量に対応できるのみならず、取り外したウエイトもコンパクトに収納できるため、自宅でのトレーニングに最適です。 デメリットを挙げるとすれば、価格が高いことくらい。 ウェイト交換式ダンベルのおすすめ 可変式は、プレートでウエイトを調整しますが、単純な構造のものから、着脱のスピードにこだわったものなど、バリエーションが豊富です。 真剣にトレーニングに取り組むためにはある程度の重量が必要です。 自宅などの限られたスペースで使うには、可変式ダンベルが現実的な選択肢になると思います。 アイロテック アイアンダンベル シャフトにウエイトプレートを取り付けて使用する「スピンロックダンベル」です。 この製品は鉄に塗装しただけのシンプルなアイアンダンベル。 そのため価格が最もリーズナブルです。 できるだけコストを抑え、数を揃えたい時には良いかもしれません。 ですが、錆が出やすいのでメンテナンスが面倒なことと、床などに傷がつきやすいため、ラバーマットなどを準備した方が良いでしょう。 40kgセット内容 シャフトは直径 28mm シャフトの長さ 40cm 1. 25kgプレート 4枚 2. 5kgプレート 4枚 5. 0kgプレート 4枚.

次の

可変式ダンベルの人気おすすめランキング15選【2020年最新】

ダンベル

筋力アップ、筋肥大を目指す人は、筋肉の部位ごとに重さを変える必要があるため、固定式ダンベルだと、5kg、10kg 、15kg、20kgの4セット8個のダンベルは、最低必要でしょう。 しかし、 自宅に8個のダンベルを置くのは現実的ではありません。 さらに筋肉が発達すれば、25kg、30kg、35kg、40kgと、買い足す必要も出てきます。 そこで、自宅用には、 一つで幅広いトレーニングに対応できる可変式がおすすめです。 プレートの枚数を変えるだけで、1. 25kg~5kg刻みで、細かく重さを調整ができます。 そのためこのランキングは、可変式ダンベルのみをランキングの対象にしています。 ,Ltd. ダンベルの価格は、ダンベルの種類、重さ、プレートの材質、によって値段が違います。 購入すべきダンベルの重さの目安は、次のとおりです。 そのため、バーベルベンチプレス100kgを目指す人は、片方40kg以上のダンベルが必要です。 はじめてダンベルを買う方は、 片方20kg以上あれば、問題なく背中や脚などの大きい筋肉を鍛えることができるでしょう。 そのためこのランキングでは、 各メーカーの20~25kgのセット価格を比較しています。 客観性を担保するため、口コミレビューも一通り確認にしています。 しかし、自らの命を預けるトレーニングベンチとは異なり、 ダンベルは安い商品と高い商品にそれほど差がないのが実際のところです。 そのため品質に関しては、同価格帯であった時の参考程度に考慮しています。 ただし、品質が低いダンベルの中には、 実際より1kg以上の誤差がある商品もあります。 このランキングは、全てのダンベルの重さを実測しているので、誤差が500g以上の低品質ダンベルはランク外にしています。 5cm 奥行:21. 0cm 幅:44. 5cm 重量切替:15段階 2. 5kg、3. 5kg、4. 5kg、5. 5kg、6. 5kg、8kg、9kg、10kg、11. 5kg、13. 5kg、16kg、18kg、20. 5kg、22. 5kg、24kg MOTIONSダンベルの特徴 約2秒で重さを切り替えることができる、ダイヤルタイプの可変式ダンベルです。 24kgセットは15段階、40kgセットは17段階の重さ変更ができます。 私は今まで、10セットのダンベルを購入していますが、 現在自宅で使用しているのは、ほぼこのダンベルだけです。 最大の特徴は、高級なダイヤルタイプでありながら、破格の安さで販売されている点でしょう。 ダイヤルタイプとしては、ボウフレックスというブランドのダンベルが有名ですが、こちらは24kgが片方で3万円以上、41kgが片方で4万円以上します。 MOTIONSの価格は2個セットでも、ボウフレックスの単品より安いです。 また、ダンベルの品質も悪くありません。 複雑な機構のダイヤルタイプの場合、ほとんどの商品で1~2kg以上の誤差がありますが、MOTIONSの誤差は100g以下です。 一般的なスピンロックタイプのダンベルよりは高価ですが、コストパフォーマンスの高さは、圧倒的にMOTIONSが上です。 一度使用したら、あまりの快適さに、もうスピンロックには戻れないでしょう。 MOTIONSアジャスタブルダンベルは、楽天市場でも販売していますが、 楽天のセット価格は5,000円高いため、購入はキャンペーンサイトからがおすすめです。 現在、先着300名限定ですが、トレーニンググローブがもらえます。 メーカープロフィール 株式会社コンプライアンスのスポーツブランドです。 プッシュアップバー、腹筋ローラー、バランスボールなど、幅広い筋トレグッズに加え、スポーツカメラやドローンも販売しています。 高品質・低価格を売りとしている、注目のスポーツブランドです。 FIGHTING ROADダンベルの特徴 安いながら品質もしっかりしている、コストパフォーマンスの高いダンベルです。 30kgセットまでであれば、床を傷付けないポリエチレンタイプもあります。 ダンベルに書かれている文字が最初から潰れているなど、 デザイン面では少し難がありますが、ダンベルとしての機能性は悪くありません。 実際、私も自宅でアイアンタイプ(60kgセット)を5年以上使用していますが、サビやカラーの締まり不良など、製品の劣化はほとんどありません。 FIGHTING ROADのダンベルは、楽天市場、Yahooショッピングでも売られていますが、だいたいamazonが一番安いです。 メーカープロフィール 株式会社ファイティングロードが販売するブランドです。 週刊少年ジャンプをはじめとする、多くのメジャー雑誌に広告を掲載しているため、知名度は群を抜きます。 そこそこの質を持ったトレーニンググッズを格安で買いたい、ダイエット希望者、初級~中級トレーニーにおおすすめのブランドです。 WILDFITダンベルの特徴 バリエーションが豊富なWILDFITのダンベルです。 ラバータイプには、白、赤、黒の3カラーが用意されています。 おすすめは、定番のアイアン、ラバーではなく、輝きのあるクロームタイプです。 プレートに手持ち穴が開いており、プレート単品でもダンベルとして使用できます。 しかも、他メーカーとは異なり、なぜかアイアンタイプ、ラバータイプよりも、クロームタイプの値段が安く設定されています。 シャフトの長さは、450mmと今回のランキングで紹介した商品の中では最長です。 さらに、1,500円の追加料金で550mmのロングシャフトに変更することもできます。 初心者から、片方40kg以上の超重量ダンベルを探している上級者まで、幅広いトレーニーにおすすめのダンベルといえるでしょう。 メーカープロフィール 株式会社ワイルドフィットが販売するブランドです。 実店舗がないため、ワイルドフィット社の製品はネットショップでしか手に入りません。 カラーバリエーションが多く、デザイン性が高いことでも知られています。 企業や団体のロゴが入った、オリジナルフィットネスグッズの製造も行っています。 IROTECダンベルの特徴 高品質で知られるアイロテックのダンベルです。 素手でのシャフトの握り心地は、今回のランキングで紹介した商品の中でもNo. 1です。 値段は少し高めですが、 使い心地や高級感などを気にする方におすすめです。 アイロテックのダンベルは、ネットショップの価格が統一されているため、好きなサイトで購入するといいでしょう。 メーカープロフィール 株式会社スーパースポーツカンパニーが販売するブランドです。 ブランド名のアイロテックには、鉄のような心と身体を創るテクノロジーを意味する造語です。 世界と戦える強靭な精神と肉体の創造を目指し、赤+黒のスパルタンカラーをイメージカラーとしています。 Bowflexダンベルの特徴 ダイヤル式ダンベルのパイオニア的商品です。 スピンロックダンベルとは、比較にならないほど快適な重量変更が魅力です。 ボウフレックスダンベルならではの安心感はありますが、 販売価格があまりにも高すぎるのは、さすがに気になります。 ボウフレックスに特別なこだわりがある方におすすめです。 メーカープロフィール アメリカのバンクーバーに本社を置く、Nautilus, Inc. のスポーツブランドです。 ダイヤル式ダンベル「SELECTTECH」やクロストレーナー「MAX TRAINER」など、数々の画期的な筋トレグッズを世に送り出しています。 最先端を行くスポーツメーカーの一つです。 ハードなトレーニングに加え、 適切な栄養摂取をしないと、筋肉は合成されず、トレーニングは無駄になります。 そのため、ボディビルダーは、プロテイン、クレアチン、BCAA、グルタミンなど、筋肉の成長のために、数種類のサプリメントを組み合わせて摂取しています。 しかし、一般人がボディビルダーと同じようなサプリメントを摂取することは、過剰摂取や拮抗作用を引き起こす恐れがあるので、推奨できません。 そこでおすすめなのが、筋肉の成長に必要な栄養素が一つにまとまっている 筋トレサプリです。 筋トレ初心者~中級者の場合、下手に専門知識が必要なサプリメントに手を出さず、これだけを飲めば、 必ず理想の身体に近づいていきます。 ここでは、筋トレサプリの中でも、特におすすめの筋トレサプリを紹介します。 バルクアップHMBプロ 基本情報 内容量:150粒 配合成分数:6種類 1食分の粒数 :5粒 1食分のHMB量:2,000mg 返金保証期間:90日間 通常価格:11,700円 定期価格:5,950円.

次の