デロイトトーマツコンサルティング 新卒。 【第二新卒】デロイト トーマツ コンサルティング Poolユニット 求人特集 | 第二新卒転職・コンサルタント転職のムービン

デロイト トーマツ コンサルティング 新卒採用 | 仕事を知る

デロイトトーマツコンサルティング 新卒

協働する仲間と共に、活躍の場は、世界中どこでも。 「日本企業を強くしたい」という熱い想い クライアントの成功・成長が われわれの成功・成長である。 DTCのビジョンである「100年先に続くバリューを、日本から。 」を実現するためには、まず一人一人が成功・成長をリードしたいという「熱い想い」をもてるかどうかが重要と考えます。 グローバルなマインドセット 「グローバル=英語力」ではない。 文化・価値観の違うクライアント・メンバーと共に、混沌とした状況下でも平常心で、粘り強いコミュニケーション能力・強いリーダーシップを発揮できる人物こそ、真の「グローバルプレイヤー」といえるでしょう。 特定領域の深い専門性 「過去の栄光」はいらない。 今、そして将来にわたって、市場から、クライアントから、真に認められる卓越した専門性を身につけているかどうか。 それをチームのために惜しみなく提供し、チームと共に問題意識を持ち、その能力を高めたいと考えられるかどうかが重要と考えます。 明確な長期的自己実現ビジョン まずは自分自身がどうありたいか。 周囲の共感・理解は得られているか。 長期的な視野で自身のキャリアを計画し、DTCにおいてその計画を実現したいと考え、自己実現に向けて具体的に行動できるかどうかが重要と考えます。

次の

デロイト トーマツ コンサルティング|会社案内|デロイト トーマツ グループ|Deloitte

デロイトトーマツコンサルティング 新卒

デロイトトーマツコンサルティングのケース面接の内容 デロイトトーマツコンサルティングの第二新卒転職の面接では必ずケース面接が行われます。 デロイトの現場マネージャーレベルの人とケース問題についてディスカッションを行います。 ケース面接は2時間行われ内55分間は転職者がケース問題を考え部屋のホワイトボードに自身の考えをまとめ、その後1時間でデロイトの現場マネージャーレベルの面接官とケースについてディスカッションをします。 気になる具体的なケース面接の内容はこんな感じです。 ギグエコノミーについて賛成か反対か• 電子書籍と紙媒体のどちらに賛成か反対か• 民泊について賛成か反対か これを見て感づいた方もいると思いますが、デロイトトーマツのケース面接のお題は流行のニュースについて賛否を問う問題が多いのです。 A44枚程度のケースのお題に関する資料(お題に関する賛否両論が記載されている新聞の抜粋)が与えられ、それを読んで自分の考えを整理し発表するのがメインです。 ちなみに2019年7月現在は働き方改革やクラウドソーシングに関する賛否両論を問うケースが多いみたいです。 実際に出されたデロイトトーマツのケース面接(中途向け)です。 参考までにどうぞ ケース面接で転職者の見られているポイント デロイトトーマツコンサルティングのケース面接で主に見られている観点は、論理的思考力とプレゼン力と柔軟性です。 そのため、前職がコンサルタントかどうかを最初に面接官に確認されます。 その後、前職のレベル感に応じて詰められる内容の厳しさが決まります。 つまり、未経験からコンサルタントを目指す中途転職者にはそこまでのロジカルシンキングは求めていません。 それよりかは自分の意見を相手に伝えるコミュニケーション力と間違いを詰められた時の対処の仕方を見ています。 また、デロイトトーマツコンサルティングのケース面接の特徴は圧迫されることで有名です。 転職者を圧迫して辛抱強く相手の考えに合わせて自分の意見を柔軟に変え、最後まであきらめない精神力を有しているかどうかを判断しようとします。 ちなみに私は元コンサルだったのでロジカルさに関して激詰めされ泣きそうになりました。 かなり理不尽亜ところを突っ込まれました。 そのため、ケース面接を突破するコツとして物事をフレームワークを使って整理しわかりやすく相手に伝えることを意識すれだけでいいです。 あとは、面接時に詰められるので右から左へ受け流すように耐えしのぎましょう。 デロイトトーマツコンサルティングのケース面接の効果的な対策 デロイトトーマツコンサルティングのケース面接の効果的な対策は、物事を整理するフレームワークを理解しておくこと。 そしてプレゼン力をあげるために参考書を読み実際に練習してみることです。 フレームワークはこちらの記事に書いてあることを知っとくだけでもいいです。 ただ詳しくは解説できていないので(解説する労力がきつい。。。 )全てきちんと知りたいって人は「グロービズ学び放題」で学習することをおすすめします。 10日間無料体験できますので面接前に一気にフレームワークを詰め込んじゃいましょう。 新人外資コンサルが最初に読むことが推奨されているぐらいの良本です。 また私も面接になんども読み返していました。 ものすごく役に立ちます。 伝わるプレゼンの法則100•

次の

デロイト トーマツ コンサルティング 新卒採用 | Q&A

デロイトトーマツコンサルティング 新卒

気になる項目をクリック• デロイト トーマツの平均年収は約830万円 デロイト トーマツ コンサルティング合同会社(以下、デロイト トーマツ)の平均年収は約830万円ほどです。 は約2億円ほどといわれていますので、平均より1億5,000万円近く多くもらえることになります。• 総合系コンサルティング企業の平均年収ランキングでは第2位 デロイト トーマツは「監査・保証業務」や「税務・法務」から「ファイナンシャルアドバイザリー」など幅広いコンサルティング事業を展開する総合系コンサルティング企業です。 同じ総合系コンサルティング企業で平均年収を比較したところ、アクセンチュアに次いで第2位に位置しています。 以下が第5位までをまとめた表です。 順位 企業名 平均年収 1位 アクセンチュア 約850万円 2位 デロイト トーマツ 約830万円 3位 プライスウォーター ハウスクーパース(PwC) 約807万円 4位 野村総合研究所 約811万円 5位 日本アイ・ビー・エム 約774万円 (参考:) 2. デロイト トーマツの年代別の平均年収とは? デロイト トーマツの年代別の平均年収をまとめたものが以下の表です。 年代 平均年収 年収の幅 20代 600万円 530~700万円 30代 750万円 630~900万円 40代 955万円 800~1,200万円 (参考:) 表を見ると、 20代にして平均年収は500万円を超えており、日本企業の平均年収432万円を上回っていることがわかります。 しかし、年収が1,000万円を超えることの多い外資系戦略コンサルティング企業「マッキンゼー・アンド・カンパニー」や、外資系金融コンサルティング企業「ゴールドマン・サックス」と比べると平均年収は低い傾向にあります。 (参考:) デロイト トーマツでは業務はプロジェクト単位で割り振られるので、 一概の固定の業務があるという訳ではありません。 例えば金融(保険領域)における業務では、「事業戦略策定」「海外展開支援」「オペレーションモデル変革支援」「リスク管理」等を顧客と相対して行います。 シニアコンサルタントの平均年収は約1,000万円 デロイト トーマツのシニアコンサルタントはおおよそ入社5〜8年目の社員が該当し、平均年収は900〜1,100万円のあたりです。 業務内容はコンサルタントと同じくプロジェクトごとにチームで動くためさほど変化はありません。 ただし、より責任ある立場として部下を管理する業務が徐々に増えていきます。 マネージャーの平均年収は約1,300万円 デロイト トーマツのマネージャーはおおよそ入社6〜10年目の社員が該当し、平均年収は1,200〜1,500万円のあたりです。 マネージャーからコンサルティング能力だけではなく、プロジェクトやメンバーのマネジメント能力も期待されるようになります。 シニアマネージャーの平均年収は1,750万円 デロイト トーマツのシニアマネージャーはおおよそ入社10年以降の社員が該当し、平均年収は1,500〜2,000万円のあたりです。 シニアマネージャーはプロジェクトの責任者であるため、コンサルタントとしての高い能力に加えて、チームの高いマネジメント能力も問われる役職です。 デロイト トーマツの働き方に関する口コミ 国の平均と比べて年収の高いデロイト トーマツですが、 その代わり激務だったり、社員の入れ替わりが激しい(解雇率が高い)なんてことはあるのでしょうか。 外資系ならではの働き方について、口コミサイト「」の情報を参考に解説していきたいと思います。 「Up or Out」の文化ではない。 社員を長い目で育てる社風 一般的に年収の高い外資系企業では「Up or Out(昇格するか? 去るか?)」という文化が根付いていることが多く、社員同士の競争も激しく入れ替わりも盛んなイメージがあります。 しかし、 デロイト トーマツは外資系企業としては珍しく、「Up or Out」の文化は弱く、社員もじっくりと長い目で育てていく社風のようです。 若くても、責任の重たい仕事を任せられる社風。 上司もこれまで場数を踏んでここまでやってきた人が多く、失敗しても批判されるより建設的な意見を言われる事の方が多い。 一人一人が社員の成長を大事にしていると感じている。 (引用:) プロジェクト内容によって業務時間はさまざま 「外資系企業だから平日も休日も関係なくハードワークを強いられるのではないか?」と不安の方もいらっしゃると思いますが、労働時間はどれくらいなのでしょうか。 デロイト トーマツでは先ほども説明したようにプロジェクト単位で業務が進んでいくため、労働時間はプロジェクト内容によってさまざまなようです。 基本的には10時〜19時ごろが定時のようですが、プロジェクトによっては深夜を過ぎるケースもあるようです。 公認会計士• 税理士• セキュリティアナリスト• エンジニア• クリエイティブ・UXデザイナー• コーポレート デロイト トーマツのおもな福利厚生 デロイト トーマツでは多くの大企業と同じように、以下のような充実した福利厚生を社員に提供しています。 各種社会保険完備• 企業年金• 退職金• 出張手当• 通勤手当• 総合福祉団体定期保険• 財形貯蓄制度• 定期健康診断• 保養施設利用補助• カフェテリアプラン デロイトトーマツへの転職は「JACリクルートメント」を利用しよう! (引用) デロイトトーマツへの転職は、転職エージェント「」を利用しましょう。 JACリクルートメントは、グローバル・ハイキャリア・高年収求人に強みを持つ転職エージェントです。 つまり、外資系・ハイキャリア・高年収のデロイトトーマツへの転職を、どこよりも的確にサポートしてくれますよ。 また、「アクセンチュア」を始めとした コンサル業界への転職支援実績も多いため、安心して支援を任せられます。 実際にもあるため、デロイトトーマツへの転職ノウハウも豊富です。 登録や利用がすべて無料なのも嬉しいですね。 JACリクルートメントを利用し、デロイトトーマツへの転職を目指してみてはいかがでしょうか。 なお、推定年収の測定は、「」の登録を進めると表示される「適正年収を診断する」というボタンから行えます。 診断は3分ほどで完了しますので、ぜひ気軽に試してみてくださいね。 年収診断を行う流れ ちなみに、では キャリアアドバイザーへの転職相談も行えます。 年収アップを狙える求人を紹介してもらったり、実際に転職活動を行う場合は、書類作成などのサポートを受けることが可能です。 キャリアアドバイザーの相談は一切お金がかかりません。 対面・電話のどちらでも気軽に相談できますし、今の仕事に少しでも不安を感じているならば、 今後のキャリアを真剣に考えるきっかけになるはずです。 転職活動を考えている人はもちろん、まだ転職に現実味がない人も、ぜひ年収診断と合わせて転職相談を活用してみてください。 業界トップクラスの求人数や丁寧な転職サポートが評判で、「転職者満足度No. 1」にも選ばれています。 自分で求人を探したり、担当者に求人を紹介してもらったり、無料で様々なサービスを受けられるので、登録だけでも済ませておくのがおすすめです。 まとめ デロイト トーマツの平均年収は約830万円です。 総合系コンサルの平均年収ランキングでは、アクセンチュアに次いで2位です。 新卒初任給は約500万円で入社5〜8年目を目安に昇進するシニアコンサルタントでは年収900〜1,100万円となっています。 実力次第ですが、シニアマネージャーまで昇進すると年収は1,500万円超にものぼります。 また、デロイト トーマツは外資系コンサルとしては珍しく「Up or Out(昇進するか?去るか?)」という文化ではなく、新卒社員をはじめ、じっくりと長い目で社員を育てていく社風です。

次の