洗濯 槽 キッチン ハイター。 キッチンハイターを衣類で使用するのはやめましょう(ネット情報の間違い)

キッチンハイターを衣類で使用するのはやめましょう(ネット情報の間違い)

洗濯 槽 キッチン ハイター

Q、「キッチンハイター」と「ハイター」の違いは? 代わりに使えるの? [キッチンハイター]と[ハイター]は、どちらも次亜塩素酸ナトリウムを主成分とする塩素系の漂白剤ですが、台所で使う[キッチンハイター]には洗浄成分がプラスされているので、漂白と同時に軽い汚れまで落とせるのが特徴です。 塩素系漂白剤は、漂白・除菌力が高い反面、使い方を誤ると思わぬ失敗や事故を招くことがあります。 そのため、注意表示をよく読んでから使うことが大切ですが、台所用の[キッチンハイター] と衣料用の[ハイター]では注意表示の内容が違います。 例えば、「酸性タイプの製品と一緒に使うと塩素ガスが出て危険」という表示は共通ですが、[キッチンハイター]には、さらに「塩素系の排水口用ヌメリとり剤や、生ゴミ・食酢・アルコールと混ざらないようにする。 有害なガスが発生して危険」という注意表示があります。 また、[ハイター]にある「白のワイシャツを長く漂白液につけると衿や袖が黄色く変色することがある」という注意表示は、台所用の[キッチンハイター]にはありません。 トラブルがおこらないように、用途に合わせてきちんと使い分けることをおすすめします。 出典: 今一つ腑に落ちない説明です。 どちらも次亜塩素酸ナトリウムを主成分とする塩素系でキッチンハイターには 漂白と同時に軽い汚れまで落とせるとなっています。 この説明ではキッチンハイターの方がいいのでは?と思ってしまいます。 違いは注意表示 当たり前ですがハイターは衣類用で衣類に関する注意が書かれており、キッチンハイターは台所用としての水回りの掃除に関する注意です。 用途別の注意表示が異なるだけでキッチンハイターを衣類に使えない説明ではありません。 ハイター部分の説明にある通り 「白のワイシャツを長く漂白液につけると衿や袖が黄色く変色することがある」は塩素系の漂白剤全般に言えることです。 下記の様な表示で平成28年12月から表示が変わってます。 平成28年11月までの表示 現在の表示(平成28年12月以降) 個人的な見解 ここからメーカー推奨している使い方ではありませんので自己責任でお願いいます。 個人的には衣類の洗濯表示に従って使えばキチンハイターで問題ないと思います、むしろキッチンハイターを使う方がいいでしょう。 奥さん曰く、 「ハイターよりキチンハイターの方が匂いが濃いので少し薄めにしないとプールの様なツンとする匂いが衣類に残る」らしいです。 成分を理解すればキチンハイターは水回りから衣類まで最強のアイテムです。 キッチンブリーチ 調べ終わって大掃除しようとキッチンハイターを手に取ると! ん? キッチンブリーチ? なんと我が家にあるのはキッチンハイターではなくキッチンブリーチです。 奥さんに再度、聞いてみると「キッチンハイターとキッチンブリーチは成分が同じで価格が半分だから」と答えが帰ってきました。 奥さんはキッチンブリーチの事をキッチンハイターと呼んでいます。 ちなみにホンビノス貝をハマグリと言います。 ここまで読んで頂いた方すいませんここに来てキッチンブリーチの話になります。 キッチンハイターとキッチンブリーチ ここまで来たらこんどはキッチンハイターとキッチンブリーチの違いも調べない訳には行けません! 登録商標 ハイターとブリーチの名称の違いはハイターは花王さんの登録商標で同社の塩素系漂白剤全般にハイターの名称がついています。 花王さん以外のメーカーは漂白の意味のブリーチと呼んでいて商品ジャンルは同じです。 成分の違い キッチンハイター 3.両性界面活性剤 水に溶けたとき、アルカリ性領域では陰イオン界面活性剤の性質を、酸性領域では陽イオン界面活性剤の性質を示す界面活性剤です。 洗浄性や起泡性を高める補助剤として広く使用されています。 出典: どちらも広く一般的に使われている界面活性剤で素人考えですが説明だけみるとアルカリ性と酸性の両方に聞く 両性界面活性剤の入ったキッチンブリーチ方が優れていのではと思います。 使用量 キッチンハイター 5Lの水にキャップ 約1. 2杯 キャップ1杯は約25ml キッチンブリーチ 5Lの水に30ml キャップ約1杯強 キッチンブリーチの方が5ml多く使用しますが値段がキッチンハイター半額程度で売られていますのでコスパではキッチンブリーチです。 キッチンハイターの使用量 キャップ1杯は約25ml キャップ約1. キッチンハイターの半分以下です。 まとめ• ハイターよりキッチンハイターの方が優れていてキッチンハイターですべてかなえる。 キッチンハイターとキッチンブリーチはほとんど同じでコスパはキッチンブリーチがいい。 結果、キッチンブリーチですべてOKとなりました。 しかし、主婦は直観的にキッチンブリーチを選んでいのはすごいです。 番外編 今回調べている時にハイターの「次亜塩素酸ナトリウム」濃度も調べました。 「キッチンハイター」 6% 「ハイター」 6% 「強力カビハイター」 0. 5% 「トイレハイター」 1% 「キッチン泡ハイター」0. 6% 「パイプハイター」 0. 8% 一番強そうなイメージの「パイプハイター」で0. 8%です。 ノロウイルス対策に使う「病院用ハイター」も6%でキッチンハイター最強です。

次の

洗濯機のカビに酸素系漂白剤やキッチンハイターが効果的?

洗濯 槽 キッチン ハイター

Q、「キッチンハイター」と「ハイター」の違いは? 代わりに使えるの? [キッチンハイター]と[ハイター]は、どちらも次亜塩素酸ナトリウムを主成分とする塩素系の漂白剤ですが、台所で使う[キッチンハイター]には洗浄成分がプラスされているので、漂白と同時に軽い汚れまで落とせるのが特徴です。 塩素系漂白剤は、漂白・除菌力が高い反面、使い方を誤ると思わぬ失敗や事故を招くことがあります。 そのため、注意表示をよく読んでから使うことが大切ですが、台所用の[キッチンハイター] と衣料用の[ハイター]では注意表示の内容が違います。 例えば、「酸性タイプの製品と一緒に使うと塩素ガスが出て危険」という表示は共通ですが、[キッチンハイター]には、さらに「塩素系の排水口用ヌメリとり剤や、生ゴミ・食酢・アルコールと混ざらないようにする。 有害なガスが発生して危険」という注意表示があります。 また、[ハイター]にある「白のワイシャツを長く漂白液につけると衿や袖が黄色く変色することがある」という注意表示は、台所用の[キッチンハイター]にはありません。 トラブルがおこらないように、用途に合わせてきちんと使い分けることをおすすめします。 出典: 今一つ腑に落ちない説明です。 どちらも次亜塩素酸ナトリウムを主成分とする塩素系でキッチンハイターには 漂白と同時に軽い汚れまで落とせるとなっています。 この説明ではキッチンハイターの方がいいのでは?と思ってしまいます。 違いは注意表示 当たり前ですがハイターは衣類用で衣類に関する注意が書かれており、キッチンハイターは台所用としての水回りの掃除に関する注意です。 用途別の注意表示が異なるだけでキッチンハイターを衣類に使えない説明ではありません。 ハイター部分の説明にある通り 「白のワイシャツを長く漂白液につけると衿や袖が黄色く変色することがある」は塩素系の漂白剤全般に言えることです。 下記の様な表示で平成28年12月から表示が変わってます。 平成28年11月までの表示 現在の表示(平成28年12月以降) 個人的な見解 ここからメーカー推奨している使い方ではありませんので自己責任でお願いいます。 個人的には衣類の洗濯表示に従って使えばキチンハイターで問題ないと思います、むしろキッチンハイターを使う方がいいでしょう。 奥さん曰く、 「ハイターよりキチンハイターの方が匂いが濃いので少し薄めにしないとプールの様なツンとする匂いが衣類に残る」らしいです。 成分を理解すればキチンハイターは水回りから衣類まで最強のアイテムです。 キッチンブリーチ 調べ終わって大掃除しようとキッチンハイターを手に取ると! ん? キッチンブリーチ? なんと我が家にあるのはキッチンハイターではなくキッチンブリーチです。 奥さんに再度、聞いてみると「キッチンハイターとキッチンブリーチは成分が同じで価格が半分だから」と答えが帰ってきました。 奥さんはキッチンブリーチの事をキッチンハイターと呼んでいます。 ちなみにホンビノス貝をハマグリと言います。 ここまで読んで頂いた方すいませんここに来てキッチンブリーチの話になります。 キッチンハイターとキッチンブリーチ ここまで来たらこんどはキッチンハイターとキッチンブリーチの違いも調べない訳には行けません! 登録商標 ハイターとブリーチの名称の違いはハイターは花王さんの登録商標で同社の塩素系漂白剤全般にハイターの名称がついています。 花王さん以外のメーカーは漂白の意味のブリーチと呼んでいて商品ジャンルは同じです。 成分の違い キッチンハイター 3.両性界面活性剤 水に溶けたとき、アルカリ性領域では陰イオン界面活性剤の性質を、酸性領域では陽イオン界面活性剤の性質を示す界面活性剤です。 洗浄性や起泡性を高める補助剤として広く使用されています。 出典: どちらも広く一般的に使われている界面活性剤で素人考えですが説明だけみるとアルカリ性と酸性の両方に聞く 両性界面活性剤の入ったキッチンブリーチ方が優れていのではと思います。 使用量 キッチンハイター 5Lの水にキャップ 約1. 2杯 キャップ1杯は約25ml キッチンブリーチ 5Lの水に30ml キャップ約1杯強 キッチンブリーチの方が5ml多く使用しますが値段がキッチンハイター半額程度で売られていますのでコスパではキッチンブリーチです。 キッチンハイターの使用量 キャップ1杯は約25ml キャップ約1. キッチンハイターの半分以下です。 まとめ• ハイターよりキッチンハイターの方が優れていてキッチンハイターですべてかなえる。 キッチンハイターとキッチンブリーチはほとんど同じでコスパはキッチンブリーチがいい。 結果、キッチンブリーチですべてOKとなりました。 しかし、主婦は直観的にキッチンブリーチを選んでいのはすごいです。 番外編 今回調べている時にハイターの「次亜塩素酸ナトリウム」濃度も調べました。 「キッチンハイター」 6% 「ハイター」 6% 「強力カビハイター」 0. 5% 「トイレハイター」 1% 「キッチン泡ハイター」0. 6% 「パイプハイター」 0. 8% 一番強そうなイメージの「パイプハイター」で0. 8%です。 ノロウイルス対策に使う「病院用ハイター」も6%でキッチンハイター最強です。

次の

カビにはハイターとカビキラーのどっちが良いの?成分等の違いは?

洗濯 槽 キッチン ハイター

塩素系漂白剤のおさらい 漂白剤は酸素系と塩素系、そして還元系と種類分けされますが、それはあくまでも化学反応での分類です。 その中で用途が違えば、もちろん製品の内容も違います。 今回は、それに注目したいと思います。 下に続く 全国10,000店舗で配付中のフリーペーパー WOMAN'S GATE それでは塩素系の漂白剤で、話を進めていきましょう。 代表的な製品として、花王のハイターがあります。 塩素系のハイターの主成分は、全ての種類が次亜塩素酸ナトリウムです。 ハイターだけではなく、塩素系漂白剤の主成分はすべて次亜塩素酸ナトリウムです だから衣類用ハイターとキッチンハイターを併用できそうにも思うのですが、ところがそれは間違いです。 一部のネット情報での話です 衣類用ハイターは、主成分の次亜塩素酸ナトリウムとアルカリ剤である水酸化ナトリウムですが、キッチンハイターには洗浄成分の界面活性剤が入っています。 キッチンハイターの場合は、キッチン用品を漂白しながら洗浄する用途があります。 それに対して衣類用ハイターは洗浄用ではなく、あくまで黄ばみ黒ずみの漂白・除菌や消臭・食べこぼしなどのしみ抜きに使用するものなのです。 つまりは衣類に塩素系ハイターを使用する場合は、 予めしっかりと洗濯をしてから、手洗いもしくはつけ置きで漂泊するのが基本です。 そもそもキッチンハイターの洗浄成分は、キッチン用洗剤の界面活性剤なので衣類には不向きなのです。 他にもカビハイターや除菌トイレハイターなどがあります。 これらは原液で使用するタイプで、しかも洗浄成分を多種配合された洗浄剤でもあります。 使ってみるとわかりますが、しっかりと泡立ちますし如何にも洗浄力がありそうです。 水で薄めないということは、次亜塩素酸ナトリウムの濃度が低いということで、衣類でも使えそうにも思えるのですが・・・、洗浄成分は高濃度の界面活性剤です。 次亜塩素酸ナトリウムは繊維にもダメージを与えるので、洗浄成分との併用は高いリスクを伴います。 また、原液は人体へもダメージを与える危険があるので、やはり用法を守り用途以外に使用しないようにしましょう。 すべての塩素系漂白剤のリスクとして、塩素ガスの発生があります。 塩素系漂白剤の注意事項で混ぜるな危険とありますが、塩素ガスは目に見えないので発生させると本当に危険です。 何度も言いますが、塩素系漂白剤の使用は用法を必ず守ってください。 最後になりましたが、GHSマークを紹介したいと思います。 GHSマークとは、化学物質を安全に使うための国際ルールに基づいた表示です。 今後、家庭用品の洗剤や漂白剤にも導入されて行きます。 とはいえ、版権があるのでココでは表示できないので 日本石鹸洗剤工業会 GHS関連情報 や 環境省のホームページおよりリーフレットなどをご覧ください。 (文/Takeshi Tsukiyama) TAKESHI TSUKIYAMAの最新記事.

次の