トップ ガン ジャケット。 トップガン|マーベリックが着てたジャケットとか!【時代考察】

映画トップガンでトム・クルーズが着ていたフライトジャケットがG

トップ ガン ジャケット

香港(CNN) 1986年のヒット映画「トップガン」の続編をめぐり、新たに公開された予告編でトム・クルーズ演じる主人公が着ているジャケットから日本と台湾の旗が消えていると指摘され、ネットで物議をかもしている。 1作目で主人公が着ていたジャケットでは、背中に日本の国旗と台湾の旗をあしらったパッチが付いていた。 ところが続編の「トップガン・マーベリック」予告編では、この部分が同じような色を使った別のシンボルマークに入れ替えられているように見える。 ソーシャルメディアではこの入れ替えについて、中国をなだめるための措置ではないかとの臆測が飛び交っている。 続編は米パラマウント・ピクチャーズが来年夏に公開予定。 ツイッターではこの作品について、中国のインターネット大手テンセントとパラマウントの提携関係を指摘する声が相次いだ。 テンセントは昨年12月、子会社のテンセント・ピクチャーズがこの続編に出資し、共同で宣伝を行うと発表していた。 パラマウントとテンセント・ピクチャーズにコメントを求めたが、これまでのところ返答はなかった。 中国と日本の間ではこの数年、東シナ海の島を巡って緊張が高まっていた。 台湾を巡っては、台湾を中国の一部とみなす中国が世界各国の民間企業や航空会社、政府機関に対し、台湾を中国の一部として表記するよう圧力をかけている。

次の

完全復刻!「トップガン TOP GUN」ボンバー・レザージャケット【英国直輸入】【高級牛革製】 革ジャン【代金引換不可】 :topgun

トップ ガン ジャケット

しかし、この予告編動画の中でトム・クルーズ演じる主人公のマーヴェリックが来ている ジャケットに、異変が起きているのです。 それは何かというと、 〈ジャケットの国旗〉です。 どういうことなのでしょうか。 調べてまとめてみました。 世間の反響もまとめていますので、ぜひご覧ください。 トップガン続編 物議の理由はジャケットから消えた国旗…【予告動画・画像あり】取材に沈黙…内容 まずは、こちらのニュース記事をご覧ください。 香港(CNN) 1986年のヒット映画「トップガン」の続編をめぐり、新たに公開された予告編でトム・クルーズ演じる主人公が着ているジャケットから日本と台湾の旗が消えていると指摘され、ネットで物議をかもしている。 1作目で主人公が着ていたジャケットでは、背中に 日本の国旗と台湾の旗をあしらったパッチが付いていた。 ところが続編の「トップガン・マーベリック」予告編では、この部分が 同じような色を使った別のシンボルマークに入れ替えられているように見える。 ソーシャルメディアではこの入れ替えについて、中国をなだめるための措置ではないかとの臆測が飛び交っている。 続編は米パラマウント・ピクチャーズが来年夏に公開予定。 ツイッターではこの作品について、中国のインターネット大手テンセントとパラマウントの提携関係を指摘する声が相次いだ。 テンセントは昨年12月、子会社のテンセント・ピクチャーズがこの続編に出資し、共同で宣伝を行うと発表していた。 パラマウントとテンセント・ピクチャーズにコメントを求めたが、これまでのところ返答はなかった。 中国と日本の間ではこの数年、東シナ海の島を巡って緊張が高まっていた。 台湾を巡っては、台湾を中国の一部とみなす中国が世界各国の民間企業や航空会社、政府機関に対し、台湾を中国の一部として表記するよう圧力をかけている。 これに対して米ユナイテッドなどの航空大手やマリオット、アメリカン・エクスプレス、ゴールドマン・サックスなどの大手が要求に応じた。 ソーシャルメディアでは、パラマウントもこれに追随したとして批判する声が相次いでいる。 テンセント・ピクチャーズはほかにも、「ワンダーウーマン」「ターミネーター:ニュー・フェイト」「キングコング: 髑髏島の巨神」といった人気映画でパラマウントと提携している。 これが本当だとすると、単純にがっかりですね…。 どこが出資しているかによって、映画の設定を簡単に変えてしまうなんて…。 しかも、主人公が着ているジャケットですよ! めちゃめちゃ重要なアイテムではないですか! それでは、実際の画像を見てみましょう。 こちらが、主人公マーヴェリックのジャケットの比較画像になります。 Top Gun — Flag details on the jacket worn by Maverick Tom Cruise. Japenese and Taiwanese flags removed. — Movie Details moviedetail 左が1986年公開当初のもの、右が2020年公開となる映画で使用されているものです。 本当だ…。 まるっきり違いますね! 出資元の中国企業、テンセントに忖度した演出があってもいいとは思います。 ですが、かなり目につく部分ですし、やはり主人公の衣服ということで 設定的には揺らいではいけない部分だと思います…。 だからこそ(目立つから)中国側としては変えたかったのかもですが。 やるとしたら、新たな登場人物を中国系の人にして大活躍させるとか、 エンドロールの協賛の字を大きくするとか…。 (適当) しかも、台湾は今本国との関係が悪化しているので、中国からの声で国旗が消されるのは 分かるのですが、日本まで消しちゃうか…? アメリカの映画製作会社、 「パラマウント・ピクチャーズ」も中国の映画製作会社 「テンセント・ピクチャーズ」も、 だんまりを決め込んでいるようですし、ファンとしては納得できないでしょうね…。 悔しいけど、映画館行って観ちゃうんだろうなあ。 笑 トップガン続編 物議の理由はジャケットから消えた国旗…【予告動画・画像あり】取材に沈黙…世間の反応 それでは、この驚きのニュースについて、ネット上の反応を見ていきましょう。 すでに見る気が半減してしまった。 まぁ、スポンサーの件もだろうけど日本と中国の動員数を比べたら、制作側としても安全パイを選ぶよね。 でもアメリカも金次第、嫌だ嫌だ。 出資した中国企業の意向もしくは製作会社の忖度の結果ですね。 映画でしょ? どうでもいいような気がしますが・・・ やることがしょぼいね ホント 笑 おいおい、 日本が幾らアメリカに金あげたとおもってんだよ 観たくなくなったな 最近のアメリカの映画は中国が正義の味方みたいに描かれてるのも多いからなあ…もう駄目だ…おしまいだ…からの、中国が助けてくれるぞ!みたいな現実ではありえない展開。 アメリカの映画ももう終わりかもね。 ハリウッドもすっかり中国にベッタリ阿るようになり忖度するようになってしまった 政治と文化は別と言うが、実際に文化やスポーツに政治を持ち込んでるのは中韓の方なんだよなぁ せっかく見に行こうと思ってたのに見る気が失せたな このところハリウッドはチャイナマネー頼りだから.仕方がないのかな? オープニングでアリババなんて出てくると何だか.がっかり。 マット.デイモンのオデッセイなんか気持ちの悪い程中国推しだったし.グレイトウオールなんてまるっきり中国だし.お金がなければ無いなりに工夫をして映画を作ればいいのに。 ハリウッドにはプライドが無いのかな? あら残念。 けどショービジネスである以上はスポンサーは大事だもんね。 でも気分悪いから自分はこの映画は見ません。 こういう変な所で政治的配慮のようなことをすると、ストーリー上の政治的な事とかにも物言いがつけられてしまう。 作品の本質に口出しさせないためにも、一貫して細かいところまで突っぱねるのが正しい対応だったろうに。 — yoshi-the-player yoshitheplayer トップガン マーヴェリックでトム・クルーズが着るジャケット、微妙にデザイン変わってるな。 1作目の時はアメリカ国旗の下に日本と台湾が並んでいたが…。 「トップガン」は、日米台で軍事同盟が結ばれていたパラレルワールド、という説がありましてな。 — キルゴアさん KilkilGoregore 映画「トップガン」の続編でトム・クルーズが着るジャケットから台湾と日本の国旗がなくなっていると話題になっているが、こんなの中国大陸マーケットを考えての配慮に決まってるじゃないか!嫌なら見に行かなければ良いだけの話だ。 是非当時のG1ジャケットのパッチに修正して頂きたいです。 日本のファンもこれには相当がっかりしている様子でした。 これまで映画会社から何の説明もないのが納得いきませんね…。 今後何らかの動きがあるのでしょうか…。 気になります。

次の

完全復刻!「トップガン TOP GUN」ボンバー・レザージャケット【英国直輸入】【高級牛革製】 革ジャン【代金引換不可】 :topgun

トップ ガン ジャケット

1987年から6年間、TOP GUNの舞台になったSan Diegoに住んでました。 最初のホームステイ先の父が運よく、TOP GUNインストラクターだったためにミラマー基地にはよく連れて行ってもらいました。 G-1はホスト父が着古した物を貰いました。 付属の物はミラマーの海軍購買部で私が選んだものを父がIDを使って購入してくれました。 すべて本物です。 ちょっと自慢w トップガンのロゴ入りキャップも当然その時購入しましたが、どこかにしまい忘れました。 探して次回アップします。 カンザスシティーバーベキューは幾度となく通いました。 ポークスペアリブとオニオンリングをお気に入りの中庭のテラスで食していました。 cockpitusa. cgi? サイズは各自が責任を持つ。 いっしょに買う方募集します。 グッさんさんへ 「ブラッド・チット」のことですね。 ブラッドチットと呼ぶと「血統書」みたいな意味になりますが、実際のところは「レスキュー(救護)パッチ」等と呼ばれていたモノです。 パイロットが墜落した際に、英語の通じない現地の人々に救援、救護を求めることを目的としています。 中華民国に対するアメリカの援助は参戦前から行われ、「フライングタイガース」と呼ばれたアメリカ義勇軍が存在し、パイロット達は緊急時に備え、その「ブラッド・チット」を支給されていました。 下のブラッドチットには中華民国の国旗に中国語で「戦い援護するために中国へ来た洋(アメリカ)人です。 軍、民間を問わず救護する事」と記されています。 他にもアメリカの国旗が書かれたもの、或いは「私を救護してくれれば政府が報奨を与えます」と書かれていたものもあるようです。 材質も布のほかにレザーのパッチも存在しています。 最初はポケットに入れるように指示があったようですが、後にフライトジャケットの背中部分に貼るパイロットも増えてきたようです。 ところが、実態としては中華民国では共産運動が始まり、場合によってはこのブラッドチットが不利になる場合もあり、終戦の頃には内側に貼ったりしていたようです。 参考までに。

次の