生理 運動 ダイエット。 生理後1週間で一気に痩せる!成功率を上げる食事・運動方法を徹底解説

「生理中のダイエットは意味がない」は嘘!生理後に痩せるための最も効果的な過ごし方って!?

生理 運動 ダイエット

この記事の目次• 生理中の運動はOK! でもカラダの声を聴いてから 生理中、女性は誰でもカラダの不調に悩まされがち。 下腹部や腰、頭などの痛みや倦怠感など、症状は人それぞれ。 なかには、吐き気やめまいがある人も…。 こんな不調なときに運動してもいいのかな?と、不安になるかと思います。 ですが、 生理中は絶対に運動はNG という決まりはないんです。 むしろ、生理痛がそこまで重くなければ、 軽い運動は生理中の不快な症状を和らげてくれる場合があるんです。 生理中の運動のメリット 生理中は血の巡りが悪く、冷えたりむくんだりしやすい時期。 その冷えが痛みやコリの原因になることもあるので、 軽い運動で血の巡りを良くしてあげれば、生理痛の緩和になります。 また、些細なことでイライラ、そんな自分に自己嫌悪…なんて、ウジウジ、くさくさしてしまいがちな生理中のメンタルにも効果が。 軽い運動は気分の切り替え、ふさぎがちな心のリフレッシュに最適です。 生理中の運動のデメリット とはいえ、生理痛が辛いときや、体調が思わしくないときには、運動は避けるのがベターです。 体調が悪いのに無理して「運動しなくちゃ!」と思うのは、ストレスになって不調を悪化させてしまうことも。 また、生理の症状がたとえ軽くても、 長時間にわたるジョギングやランニングなどの激しい・極端にキツイ運動は避けましょう。 腹筋に力を入れる筋トレや、雑菌に弱くなっている時期なので水泳もオススメできません。 また、 生理期間中は貧血になりやすいので、出血量を多くしてしまう運動は避けたいところです。 特に日頃ジョギングやランニングを頑張っている人は「アスリート貧血」なんて貧血の種類もあるので、注意が必要です。 アスリート貧血(行軍貧血) ジョギングやランニングで、足裏に衝撃が加わることで赤血球が破壊され、貧血に。 加えていちどに汗をたくさんかくこと、筋肉量が多いほど運動時に鉄を消費するので、日頃走る運動をしている女性は特に鉄分を多くとる必要があります。 また、生理期間中はどうしても生理用品や下着との摩擦で肌トラブルが起きがち。 運動で汗をかいてムレたり、モレたりも気になるところ。 PMSの症状で胸が張って痛いという人は、ジョギング・ランニングや激しいダンスなど、胸に刺激を与える運動は避けましょう。 カラダ喜ぶ!生理中にオススメの負担のない運動 ここでは、生理中でも身体に負担をかけずにできる運動を紹介しますね。 ヨガ・ストレッチなどのエクササイズ 全身を気持ちよくのばすエクササイズは、生理中に凝り固まったカラダに優しい運動方法。 骨盤回りをやわらかくするもの、滞りがちな脚の付け根の血行をよくしてくれるものがオススメです。 合蹠前屈 がっせきぜんくつ 下半身の血の巡りを良くしてくれる、ヨガのポーズ。 骨盤と股関節をゆるめてくれるので、生理痛に効果があります。 【やり方】• 両足の裏をくっつけて、ひざを開いて座ります。 両手で足首を持ち、ゆっくりと自分の股関節方向に引き寄せます。 そのままゆっくりと上体を倒していきます。 呼吸は止めず、息をゆっくりと吐きながら。 背中が丸まらないように気をつけながら、10秒~20秒キープします。 ネコのポーズ こちらも、身体のこわばりをラクにしてくれるヨガのポーズ。 生理中の、肩や背中の緊張をほぐしてくれます。 【やり方】• 四つん這いになり、両肘と手首は肩の真下あたり、両ひざは腰の真下あたりにくるようにします。 目線はおへそを覗き込むように、息を吐きながら背中をアーチのようにして、天井へ突き出します。 息を吸いながら、目線は斜め上に。 腰をそらしながら、四つん這いのポーズへ戻ります。 呼吸に合わせて背中を丸める、反らすを3~5回ほどくりかえします。 大丈夫!生理期間中に運動しなくたって、生理が終わった後に取り返せばいいんです。 だって生理が終わったあとの期間は、運動・ダイエット効果が出やすいんです。 生理が終わったあと、次の排卵までの期間は、エストロゲンというホルモンが優勢になります。 エストロゲンとは 美容ホルモンとも言われ、身体の新陳代謝を促して、老廃物やむくみを排出・改善してくれるホルモンになります。 逆に、排卵後から生理期間中は、プロゲステロンというホルモンが優勢に。 プロゲステロンとは 身体に水分や栄養を蓄え、体温を高めたりするホルモンになります。 赤ちゃんを守るためのホルモンなので、 プロゲステロンが優勢の生理前は、外部からの刺激に敏感になってイライラ・鬱々…PMSの症状が出る人も多いんです。 この期間は運動をしても、水分や栄養をため込むためむくみがちになり、なかなか目に見えて成果が出づらいんですね。 だから、女性の身体の周期を大まかに2つに分けると、 生理後というのはチャンス期間! 生理前・生理中にため込んだ水分や栄養を、しっかり吸収・余分なものは排出して、美しくギュッと絞っていく期間と心得ましょう。 エストロゲンという、もともと女性が持ち合わせているホルモンが、自然と運動をサポートしてくれるんですよ。 生理中はカラダもココロもゆっくり、のびのびと 生理中は、理由もなく心身共にドンヨリ、不調になりがち。 さらに、ダイエットの為に始めた運動も出来ない・続けられない自分…もう嫌!なんて自分を責めては、負のループまっしぐらですね。

次の

生理周期とダイエットのタイミング。いつからが痩せる時期?

生理 運動 ダイエット

女性の皆さんなら、誰でも毎月やってくる生理を疎ましく思ったことがあるでしょう。 「ダイエット中なのに、生理前の食欲増進を抑えられない」「生理前、生理期間中はいつも肌荒れがひどい」「生理痛がひどくて仕事にも影響する」など、仕方がないことだと分かっていても面倒ですよね。 しかし、生理周期を理解することでダイエットに役立てることができるということをご存知ですか? 生理周期はホルモンの影響を受けて、あなたの体に痩せやすい時期と痩せにくい時期を作りだしているので、生理周期に合わせたダイエットをすることで、その効果を高めることができます。 そこで今回は、ホルモンバランスを把握することで自分の体の状態に合わせてダイエットを進めていく、「生理周期ダイエット」についてご紹介いたします。 コツを掴めば少しの努力で大きな効果が期待できます。 さっそく一緒に確認していきましょう。 生理周期ダイエット!日数ごとの方法と効果 生理周期ダイエットでは、決して無理をすることはありません。 生理周期に合わせて、適切な食事や運動を組み合わせていけばいいのです。 ここでは、生理が始まった日を「1日目」と設定して生理周期ダイエットを確認していきます。 ダイエットよりも体調の回復を優先!生理周期1~7日目 生理が始まった日を1日目としていますので、生理周期1~7日目は生理の真っ最中ですね。 生理の様子や日数には個人差がありますが、生理中は腰やおなかが痛くなったり、貧血気味になって目まいがする人もいます。 鎮痛剤が手放せない人も多く、多くの女性にとって過ごしづらい時期です。 女性ホルモンの値も低下するので、全身の代謝が悪くなり、ダイエット効果も低下してしまいます。 生理の最中はダイエットのことはいったん忘れ、体重維持を目標にしましょう。 体調があまり良くないのに極端な食事制限をしても良いことはありませんし、運動も効率が悪い時期です。 むしろ、出血が激しい期間は栄養のある食べ物をしっかりと体の中に入れるように心がけ、ダイエットよりも体調を崩さない、体調が悪ければ体調を回復させることを最優先にしましょう。 体を温める工夫を 冷えや血行不良は、生理痛の原因の一つ。 生理中は、ひざかけを使用したり、温かい飲み物を飲むなど、おなか周りを冷やさないような工夫をしましょう。 また、猫背や足を組む行為が血行不良の一因になることも。 普段から猫背に気を付けるなど、血行不良になりやすい体勢は避けるようにしたいですね。 適度な運動でストレス解消 激しい運動は体に負担をかけることになるので避けた方が良いですが、軽い運動はストレス解消になります。 また、体の血流を良くしてくれるので、生理痛を軽減してくれることもありますよ。 取り入れる場合は、体を伸ばすストレッチやエクササイズ、ウォーキングなど、軽めの運動がオススメ。 自分の体調と相談しながら、取り入れてみましょう。 バランスの良い食生活を心掛ける 生理中はとくに、バランスの良い食生活を心掛けるのを忘れずに。 ビタミンB群、亜鉛、カルシウム、マグネシウムは生理中にとりたい栄養素。 ご飯を食べるときはこれらの栄養素が含まれる食材を取っていきましょう。 逆に、カフェインやアルコールは生理中避けた方が良いとされる食べ物なので、コーヒーやお酒が好きな人は控えるようにしたいですね。 タイミング最高!8日目~14日目のダイエットと効果 生理が終わった直後~2週間は、女性が最もキラキラと輝く黄金期です。 生理前や生理中に荒れた肌も調子を取り戻すだけでなく、代謝も良くなりますので、ダイエット効果も面白いほどに感じられるでしょう。 体調も万全なので、ダイエットに力を入れるならこの時期がベストと言えるでしょう。 あなたが頑張った分だけの効果が得られるわけですから、積極的に取り組んで行きたいものですね。 オススメのダイエット方法は、食事管理と運動の組み合わせです。 食事制限 まず、食事制限で気を付けていただきたいのは、良質なタンパク質を補給することです。 ダイエットの基本は、食事制限などでカロリー摂取を減らしすぎることでなく、代謝をアップさせることです。 カロリー制限をすると、一時的には体重が落ちますが、食事制限をやめるとまた元どおりになります。 つまり、リバウンドしやすい、根本的に解決策となっていない方法なのです。 一方、基礎代謝は筋肉量の多い体の方が高くなります。 そのため、しなやかな筋肉を作り出すタンパク質を多めに摂取し、適度な運動を心がけることで筋肉量が増え、全身の代謝アップにつながります。 全身の代謝がアップすれば、同じだけカロリーを摂取しても消費が大きく、効率よくダイエット効果を得ることができ、リバウンドもしにくくなります。 良質なタンパク質を積極的に取り入れるようにしてください。 運動 適度な運動ですが、ダイエットの基本であるウォーキングやジョギング、水泳などの有酸素運動に加えて、腹筋や腕立てなどの筋肉トレーニングも取り入れるとより効果が期待できます。 きっとダイエットの効果がアップして、より引き締まった体付きになることができるでしょう。 排卵期はじっと耐えよう。 15日目~21日目ダイエットと効果 15日目~21日目は、停滞期に入ります。 以前のように頑張って取り組んでも、思うように効果が出ないのでイライラも募るでしょう。 しかし、思うように痩せない時期だと、最初から理解しておけばそのイライラも緩和されますよね。 この時期の目標は思いっきり体重を減らすことではなく、体の状態をキープしておくことです。 決して欲張ってはいけません。 体重が減らなかったからと言って落ち込んだり、さらにストイックに食事制限や運動をしたりしようとするのではなく、「体重がキープできていれば良し!」ぐらいの気持ちでいましょう。 排卵期のダイエットの方法としては、あまり効果が得られなくてもダイエットを諦めずに続けることです。 体重がグングン減った時期と同じように、食事管理や適度な運動を心がけて、ダイエットを続行していくことに意味があります。 大きなダイエット効果を得られなかったからと言って落ち込むのではなく、効果が出ないのは当たり前の時期なのです。 何しても太る時期!?22日目~28日ダイエットと効果 生理前の1週間は、やせにくい時期と言われています。 「どうしてこんなに頑張っているのに、体重が増えるの?」と疑問に感じる人もいるでしょう。 その結果「もうダイエットなんてやめた!」と投げ出してしまう人もいるかもしれません。 けれどもそれは生理前のこの時期特有のことですので、諦めず、投げ出さずにいきましょう。 といっても、何もしないのではなく体内の毒素を出すことに気を配るなどできることはあります。 白湯やデトックス効果の高いハーブティーを積極的に飲んで、体内の血の巡りを良くしたり、温かい湯船に浸かって血流促進に努めてみてはいかがでしょうか。 食欲が増進したり、肌荒れが起きたり、情緒不安定になったりと、何かとつらい時期でもあるので、リラックスしてストレスや毒素を溜め込まないことに努める一週間だと心得ておきたいですね。 あなたの生理周期が整っている?生理周期をチェック! ここまで、生理周期に合わせてどの時期がダイエットに効果的で、どの時期に効果が薄いのかをお伝えしてきましたが、そもそもこの生理周期ダイエットを成功させるためには、生理周期がきちんと整っていなければいけません。 生理周期がバラバラいわゆる生理不順であると、いつがダイエットに効果的かがわからないだけでなく、さまざまな体の不調や病気にもつながりかねません。 「生理周期がバラバラ」=「ホルモンバランスが崩れている」ということなので、生理不順の方はまずしっかりと生理周期を整えていくことを優先しましょう。 生理周期は、25~38日であれば正常ですが、それ以上早いまたは遅い周期できたり、決まった周期でこない場合は生理不順の可能性があります。 生理不順になる原因は人によってさまざまですが、以下のようなケースが考えられます。 精神的なストレスによるもの• 過度なダイエットによるもの• 睡眠不足など、不規則な生活• 冷えによる血行不良 精神的なストレスが生理不順を引き起こすこともあるので、スポーツや読書など自分なりのストレス解消方法を見つけましょう。 普段からストレスを溜めこまないようにすることも大切です。 また、過度な食事制限によるダイエットは、かえって体に負担をかけることになります。 バランスの取れた食生活は、生理不順の予防だけでなく、ダイエットの近道であることも忘れないようにしたいですね。 なお、上記の理由のほか妊娠や病気により生理不順になっている場合もあるので、少しでも気になる人は早目に医療機関に行き専門科の判断を仰いでくださいね。 健康的に痩せることが、ダイエット成功への近道! これは生理周期ダイエットに限った話ではありませんが、激しい運動や過度な食事制限は、体に負担をかけることになります。 短期間で体重をたくさん落とすと、体がその変化を「一大事」として受け取ってしまい、結果として生理が止まってしまうことも……。 それだけでなく、無理なダイエットは体が「飢餓状態にある緊急事態」と誤認してしまい、今ある脂肪を溜め込むように代謝を下げてしまったり、摂取した食べ物の吸収率を上げる働きをしてしまったりします。 減量ペースは、月に自分の体重の5%以内(体重50kgの人ならば2. 5kg以内)が目安です。 痩せたい気持ちが強い人は、無理をして体を壊してしまう傾向があるので気をつけましょう。 ダイエットは、モチベーションの維持が大切! ダイエットで最も大切なのが「続ける」こと。 生理周期ダイエットでいえば、生理前や生理中はなかなか痩せにくい時期なので、ダイエットを続けるのが嫌になってしまう人もいるかもしれません。 しかし、ダイエットは続けなければ効果は期待できません。 では、ダイエットを継続するモチベーションを維持し続けるためにはどうすれば良いのでしょうか?ここからはダイエットのモチベーションを維持する方法をご紹介していきます。 目標を設定する まず大切なのが、 ダイエットを始める前に具体的な目標を設定すること。 とりあえず、痩せたいという曖昧な目標はNGです。 ダイエットを始める前にウェディングドレスの試着に行き、結婚式で着たいウェディングドレスを見繕うのも良いかもしれません。 一般的に挙式の2~1カ月前にサイズ確認を行うので、それまでにはダイエットを成功するような目標設定にしたいですね。 ウェディングドレスを思い浮かべる どうしてもダイエットを頑張るのが辛いときは、 理想のウェディングドレス姿を想像して、もう一頑張り! ウェディングドレスを試着した様子の写真を撮っておくと、ウェディングドレスを着ている姿がイメージしやすいでしょう。 「このウェディングドレス着て、結婚式に出るんだ」という強い気持ちでダイエットに臨むようにしたいですね。 後戻りできない状況をつくるのは大切です。 周囲にダイエットしていることを報告 パートナーや家族、友人に結婚式に向けてダイエットしていると報告するのも、モチベーション維持に効果的。 周囲の協力が得られますし、周りに宣言したことでより一層頑張らないという気持ちになりますよね。 また、最近では、SNSにダイエットアカウントを作って自分のダイエット経過を公開している人もいます。 毎日その日食べた食事のメニューや運動内容などを報告することで、サボリにくい状況をつくれますよ。 頑張った自分へご褒美! モチベーションを維持し続けるためには、 達成感を味わうのが効果的です。 そのために、小さな目標を設定し、それを達成したらご褒美を自分にあげるようにしましょう。 例えば、2cmウエストが細くなったら、ご褒美にお菓子を買うといった形です。 逆に、間食をしがちな人は間食をするごとに罰を設定するのも良いですね。 サボらないように、「間食したら、腕立て伏せをする」などパートナーに公言しておくことで緊張感が保てますよ。 生理周期ダイエットで、理想のボディをゲット! 女性はホルモンバランスによって、体調も驚くほどに変化していきます。 もちろんそれは全て、子を宿したりするために必要なものですが、時にダイエットの大敵ともなってしまうことがあります。 今回は、大まかに1週間区切りでご紹介しましたが、より自分の体の状態を詳しく知るためにも基礎体温計を利用してきちんと生理周期を管理するようにしていくことが、生理周期ダイエットを成功させるための第一歩です。 自分の体の微妙なホルモン変化をしっかり察知し受け入れることで、効率的にダイエットを進めることができます。 無理をせず、自分の体を労わりながら少しでも理想の自分に近づく努力をしていけば、無理なく美しい形でダイエットを成功させることができるでしょう。 Search 最近の投稿• 2020年7月13日• 2020年7月11日• 2020年7月9日• 2020年7月7日• 2020年7月5日 カテゴリー• 372• 48 アーカイブ•

次の

体重が減らない生理前!痩せないのは嘘!食事と運動は本当に無駄なのか

生理 運動 ダイエット

生理とダイエットの関係 女性なら誰しも月に一度訪れる生理。 生理中はイライラしやすくなったり、肌が荒れたり、身体がだるくなる方もいるでしょう。 生理痛がひどい方は、日常生活にも影響が出てしまう方もいらっしゃいますし、ダイエット中の女性にとって生理の存在は、あまり嬉しいものではないと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 生理を上手く利用すればダイエットの味方に!? そんな女性を悩ませる生理ですが、この期間を上手く利用すれば、ダイエットの後押しをしてくれる事はご存知でしょうか。 生理周期に合わせてダイエットをしていけば、中々痩せなかった身体も、一気に体重が落ちる事もあるかもしれませんよ。 これを読んで、生理を敵にしてダイエットが失敗するのではなく、生理を味方にして、ダイエットを成功させましょう! そもそも生理のしくみって? 多くの方は、経血が出ている時期の事を生理と言っています。 ですが血が出ているのは月経のひとつの過程で、血が出ていない時も、女性の子宮の中ではたくさんの変化が起こっています。 その変化は周期によって変わります。 生理周期を把握しましょう 生理は28日間がひとつの周期で、増殖期、排卵期、分泌期、月経期の4つ周期があります。 これを生理周期といいます。 女性の身体は、常にこの周期のどこかにあります。 一般的に生理と言われている、血が出ている期間は、この内の月経期となります。 増殖期 卵胞期 生理が終了し、次の排卵までの期間を増殖期と言います。 おりものの量も徐々に増えてきます。 女性ホルモンのエストロゲンの分泌も増え、子宮内膜にも働きかけるので、子宮内膜が厚くなる事にも繋がります。 次の排卵に向けての準備期間と言えます。 排卵期 エストロゲンの分泌がピークとなり、脳下垂体にも働きかけるので、黄体ホルモン プロゲステロン が分泌されます。 排卵期自体は2~3日ですが、女性の身体がもっとも妊娠しやすい時期がこの排卵期です。 分泌期 黄体期 黄体ホルモン プロゲステロン の分泌がピークになるのがこの時期です。 その代わりに、エストロゲンの分泌が減ります。 黄体ホルモンの働きにより、子宮内膜が柔らかくなるので、受精卵の着床がしやすい時期となります。 月経期 今から生理が始まる時期の事を月経期といいます。 子宮内膜から分泌されたホルモンの働きによって子宮が収縮して、不要となった粘液が血液となって、身体の外に排出されるのが、一般的に「生理」と言われている現象です。 この女性ホルモンが、生理周期を利用したダイエットの大事な鍵となります。 一体どんなホルモンなのか、その詳細をご説明していきます。 エストロゲンって何? 増殖期と排卵期に多く分泌されるエストロゲン。 女性ホルモンの一種であるエストロゲンは、女性らしい身体を作り、美肌も作るので、美容の大きな味方です。 そして脂肪の代謝にも関わるので、ダイエットの味方にもなります。 別名「美人ホルモン」と言われる程なんですよ。 エストロゲンのメリット• 脂肪やコレステロールの代謝を増加させるので痩せやすい• 精神安定効果があるので、食欲をコントロールしやすい• 水分代謝が上昇するので、便秘解消にも繋がる• 髪や肌もキレイになるので美容効果も プロゲステロンって何? エストロゲンはダイエット中の女性の強い味方ですが、分泌期 黄体期 に多く分泌されるプロゲステロンは、反対にダイエットの敵と言えるでしょう。 プロゲステロンは妊娠するのにとても大切なホルモンなのですが、太りやすくなったり、生理前にイライラしやすくなる原因の一つは、このプロゲステロンです。 エストロゲンの美人ホルモンに対し、「ブスホルモン」と呼ばれる事があります。 プロゲステロンのデメリット• 皮下脂肪を増やす働きがある• 水分をため込もうとするので、便秘になりやすい• イライラしやすいので、食欲もコントロールしにくい• 皮脂の量が増えるので、ニキビができやすい 二つのホルモンと上手く付き合う事が大切! ここまでで、プロゲステロンについてはデメリットばかり紹介しましたが、このホルモンの分泌がないと、生理周期が不規則になってしまったり、妊娠しにくい身体になってしまいます。 逆にエストロゲンが過剰に分泌されると、精神的に不安定になりやすくなったり、疲れやすくなったり、食欲が増えて太りやすくなる事もあるんです。 ですので、エストロゲンを沢山分泌させ、プロゲステロンを分泌させない事で、ダイエットが上手くいく、という訳ではありません。 女性ホルモンのサプリも数多く販売されていますが、一番大切なのは、二つのホルモンのバランスをとり、上手く付き合っていく事を忘れないでください。 生理周期で痩せやすい時期がわかる! 生理周期によって分泌される女性ホルモン、ホルモンの量が違う事はおわかり頂けたと思います。 これによって、生理周期によって痩せやすい、痩せにくい、太りやすい時期があります。 この時期をしっかりと把握し、適切なダイエット、生活を送る事で、ダイエットの効果を十分に発揮させる事ができるのです。 合わせて読みたい「デブ卒」の記事! 生理前のダイエット 生理前は、痩せにくく、太りやすい時期です。 プロゲステロンの分泌がピークになります。 生理前に食欲が大きく増幅したように感じて、沢山食べてしまった経験はありませんか?生理前の女性の身体は、妊娠の可能性に備え、プロゲステロンが栄養や水分を蓄えようとします。 よって太りやすくなったり、むくみやすくなるのです。 太りやすい時期なので、この時に無理矢理痩せようとダイエットするよりも、痩せやすい時期に備える準備期間のように過ごされた方が良いでしょう。 運動や食事も、抑える、控える、様子を見るといった行動の方が良いですね。 太りやすい時期なので、ダイエット中の女性が生理前にやってはいけない事もお伝えします。 生理前のタブー 暴飲暴食はダメ 生理前には食欲が増幅しますが、欲のままに食べてしまうと、太る事は避けられません。 特に甘いものや脂っこいものの暴飲暴食は、栄養バランスもよくありません。 全く食べるなとは言いませんが、食べる量は控えるようにしましょう。 出来ればチョコレートやポテトチップスよりも、果物をドライフルーツを食べた方がいいですね。 コーヒーは控える 合わせて読みたい「デブ卒」の記事! 生理中のダイエット 生理中は痩せにくい時期です。 プロゲステロンの分泌は減りますが、生理中の女性の身体は心身共に大きな負担を受けている状態。 人によっては、強い生理痛に悩まされる方もいらっしゃいます。 生理中はストレスも感じやすいので、この時に無理なダイエット等をして強いストレスを感じてしまうと、女性ホルモンのバランスが崩れてしまう事もあります。 ホルモンバランスが崩れてしまうと、痩せやすい時期にまで悪影響が及んでしまう事もあります。 ストレスを感じにくい、あなたにとって無理のないダイエットをする事をおすすめします。 生理中は現状を維持する気持ちで ストレスやホルモンバランスを考えると、この時期に無理をして体重を落とす事はおすすめできません。 ダイエットをして、中々結果が出ず、ストレスになる…という可能性も考えれます。 ですので、体重を少しでも減らそうと考えるのではなく、今の体重を増やす事なく、キープしていく気持ちでいましょう。 生理中は運動していいの? 心と身体に負担がかかり、ストレスを感じやすい時期ではありますが、生理中でも出来る事があるなら、しておきたいと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。 けれど気になるのはデメリットですよね。 生理中は激しい運動はダメ 身体に大きな負担となる、ジムでの激しいトレーニングメニュー、長時間のジョギングのような、激しい運動はやってはいけません。 身体だけでなく、心も敏感な時期なので、運動がストレスになってしまう事もあります。 貧血になったり、激しい運動によって身体のエネルギーが不足し、最悪生理が止まってしまう事もあるので、十分に気を付けてください。 生理中はストレッチやマッサージがおすすめ 生理中でも、体調が良い時に、軽く身体を動かす事自体はストレス解消に繋がります。 軽い運動は血行の流れも良くなるので、つらい生理痛が軽減する事もあります。 リラックスできるストレッチやマッサージをすれば、生理中のイライラも軽減するので、心身共に良い影響があるのです。 ゴキブリと見てびっくりされた方もいるかもしれません。 もちろん本物のゴキブリを使ったりしませんので安心してください。 体操をしている時の姿が、殺虫剤などをかけられてひっくり返ったゴキブリに似ている事から、この名前がついています。 奇妙なネーミングもそうですが、運動自体も簡単なので、おすすめです。 仰向きになり、両手と両足を上に上げる• 手首と足首を軽く曲げる• 上げた両手と両足をブルブル震わせる 工程はこれだけですが、両手と両足を垂直に伸ばしていると、より効果は上がります。 身体への負担も少ないので気軽に出来るのも魅力的です。 この体操は手足の歪みの改善ができて、足腰の筋力も上がります。 また、筋肉の疲労を回復できるので、リラックス効果も期待できますね。 タオルを使ったストレッチ 激しい運動になってしまうジョギングはおすすめできませんが、軽く歩くウォーキングなら生理中もおすすめです。 ですが、フラフラになるほど歩くのは激しい運動になってしまうのでやめましょう。 景色を見ながらの適度なウォーキングは、ストレス解消にもなりそうですね。 正しい歩き方のポイント• 背筋をまっすぐと伸ばす• 肘を曲げる時は90度• 歩幅は普段歩く時よりも広めに取り、少し早めに歩く• 足をつける時は、かかとから着地する• 歩いている時の呼吸は、吸う時間よりも吐く時間が長くなるように意識する ウォーキング初心者の方は、まずは正しいフォームで歩くのを意識してください。 時間は5~10分程度で構いません。 間違った歩き方で20~30分歩いても、十分な効果が得られない事もあるからです。 正しいフォームがマスターできたら、1日20~30分を目安に歩くが正しいウォーキングです。 ポイント ウォーキングで脂肪燃焼効果が狙えるのは20~30分歩き続けた時ですが、生理中は10分程度でも構いません。 最初にお伝えしたように、ダイエット効果よりも、リラックス効果を重視したいからです。 深呼吸だけでもOK! 生理痛が酷い方や、貧血になりやすい方は、上で紹介したストレッチでもつらいと感じるかもしれません。 その場合は、深呼吸だけでも大丈夫です。 人間は痛かったり、苦しい時は浅い呼吸になりやすいです。 ですが浅い呼吸は自律神経によって筋肉が収縮し、痛みが更に酷くなってしまう事もあります。 だからこそ、生理中はしっかり息を吸って吐く事を意識してください。 深呼吸は副交感神経を優位にしてくれるので、痛みをやわらげる効果が期待できます。 お風呂に入っている時や、寝る時に深呼吸をすると、よりリラックス効果が高くなるのでおすすめです。 合わせて読みたい「デブ卒」の記事! 生理中、生理前後のダイエットまとめ 生理には生理周期があり、生理前は痩せにくく、太りやすい時期。 生理中は痩せにくい時期。 生理後は痩せやすくダイエットに適した時期です。 その為、生理前と生理中は無理なダイエットはせず、身体の状態を見つつ、抑えたり、控えるダイエットがおすすめです。 本格的なダイエットは、生理後に行っても、十分な効果があります。 生理前や生理中でも、軽い運動ならやっても大丈夫です。 心身共に敏感な時期に激しい運動をすると、ストレスになる事もあります。 それ以外にも貧血や生理が止まってしまう事もあり得るので、生理中の運動は、リラックス効果のある、ストレッチやマッサージにしましょう。

次の