日本 バレー 世界 ランキング。 【2020年版】男子女子バレーボール世界ランキング!日本は何位?

【2019最新版】バスケットボール世界ランキング!日本は何位?強い国はどこ!?

日本 バレー 世界 ランキング

東京五輪で日本女子ビーチバレーは、開催国枠で出場権は確保されている 東京五輪で日本女子ビーチバレーは、開催国枠で出場権は確保されている 降り注ぐ陽光のもと、白い砂の上に張られたネットを挟み、水着姿でプレーするビーチバレー。 一見すると華やかでありながらも、インドアのバレーボールとほぼ変わらない広さのコートをたった2人で守り、レシーブとトスで切れ目なくボールつないで相手コートに落とすという、実はハードなスポーツだ。 最近のオリンピックでは、最も観客動員数が多く、世界的には非常に高い注目度を誇るビーチバレー。 日本でも、以前に女子ビーチバレーの浅尾美和選手が一大ブームを起こした。 浅尾引退後は、坂口佳穂など人気のある選手も登場したが、全体的に見て、日本人選手たちが国際大会などで目立った結果を残せていないこともあってか、ビーチバレーに対する盛り上がりは少し欠けているようだ。 開催国枠で出場は確保されているが、オリンピックでメダルを獲得するためには、今後、さらなる飛躍が必要だ。 最高位は4位入賞。 インドアからの転向組が多数、浅尾美和ブームで認知 ビーチバレーは1992年バルセロナ五輪の公開競技として行われ、その盛り上がりを受けて1996年アトランタ五輪から正式種目に採用された。 女子はアトランタ五輪から4大会連続で出場しているが、メダル獲得にはまだ至っていない。 最高順位は2000年シドニー五輪で、高橋有紀子・佐伯美香ペアが獲得した4位入賞。 次いでアトランタ五輪で高橋有紀子・藤田幸子ペアの5位入賞、同大会で中野照子・石坂有紀子ペアの9位が続く。 このほかは17位以下と振るわなかった。 最高順位は2000年シドニー五輪で、高橋有紀子・佐伯美香ペアが獲得した4位入賞。 最高順位は2000年シドニー五輪で、高橋有紀子・佐伯美香ペアが獲得した4位入賞。 高橋有紀子はビーチバレーで2回オリンピックに出場する前に、1988年ソウル五輪と1992年バルセロナ五輪に女子バレーボール全日本のメンバーとして出場している。 4回の出場のすべてで入賞を果たした唯一の存在だ。 佐伯美香もバレーとビーチバレーでオリンピックに3回出場している。 シドニー五輪後に結婚、出産したが、その半年後に現役復帰して、2008年北京五輪に出場した。 藤田幸子は、元全日本エース、大林素子の同期でソウル五輪に出場している。 オリンピック出場経験はないものの、ビーチバレーの女子選手として、最も有名なのは浅尾美和だろう。 2004年よりビーチバレーに転向し、2008年に全日本女子選手権、2009年ビーチバレージャパンで優勝した。 競技生活と平行して、ファッションモデルやグラビアアイドル、テレビタレントとして活動し、「ビーチの妖精」と呼ばれて大ブームとなった。 長年、西堀健実ペアを組んでプレーした。 2012年に現役を引退している。 浅尾と同様にビーチバレーの人気をリードした浦田聖子の存在も大きい。 元全日本のメンバーで「かおる姫」の愛称で親しまれた菅山かおる選手もバレーボールからビーチバレーに転向している。 石井美樹・村上めぐみペアが出場か 日本ビーチバレーボール連盟が発表した2018年12月9日現在の国内ランキングベスト10を見てみよう。 1位石井美樹、2位村上めぐみ、3位村上礼華、4位鈴木千代、5位西堀健実、6位草野歩、7位溝江明香、8位橋本涼加、9位熊田美愛、10位永田唯選手となっている。 一方、2018年の国際バレーボール連盟のワールドツアーランキング 10月29日時点 で、石井・村上ペアが22位、二見梓・長谷川暁子ペアが40位、溝江・橋本ペアは50位となっている。 国内ランキングでトップ2の石井美樹 左 ・村上めぐみ 右 ペア 国内ランキングでトップ2の石井美樹 左 ・村上めぐみ 右 ペア 2020年東京五輪の出場枠は男女各24チームで1カ国あたり最大2枠となる。 日本は開催国枠として男女各1チームの出場が確定していて、もう1枠を獲得することが可能だ。 このままだと、1枠はランキング1位・2位のペアでワールドツアーランキングでも日本人選手1位の石井・村上ペアが選ばれるだろう。 石井選手は久光製薬スプリングスやJTマーヴェラスなどVリーグで活躍後、2014年にビーチ転向。 ブロックのタイミングを計る能力は抜群で、スピードのあるサーブと鋭いアタックが武器だ。 攻守ともに世界レベルと言えるだろう。 一方、ペアを組む村上選手は、地道な努力で実力をつけており、サーブの精度や攻撃のコントロールはピカイチだ。 2018年8月のアジア大会で石井・村上ペアは、決勝戦に進出するも、中国ペアに敗れた。 しかし、同ペアの決勝進出は、日本の女子ビーチバレー界において、12年ぶりの快挙であり、東京五輪に向けて他の選手を勇気づけた。 ビーチバレーでは短期間でのペアチェンジは珍しくないが、彼女たちは4年という長い歳月をともにしている。 ビーチバレーは次のプレーがしやすくなるように、相手のことを考えてボールをパスしないと、有効な攻撃が成立しない。 言い換えると、ネットを使ったさまざまなスポーツの中で、最もチームメイトの技量や考え方への理解が求められるとされている。 信頼関係の厚さが、石井・村上ペアの最大の武器なのだろう。 欧米諸国がリードする世界の勢力図。 果たして東京五輪は 過去のオリンピックで金メダル獲得国はアメリカが3回で、ブラジル、オーストラリア、ドイツがそれぞれ1回ずつ。 これらの国は五輪以外の世界大会でも強豪国として君臨している。 世界ランキングを見れば、カナダやチェコ、オーストラリア、スイスなども上位にいる。 2004年アテネ五輪から3連覇し、2016年リオデジャネイロ五輪では銅メダルとなったアメリカのケリー・ウォルシュ・ジェニングス選手は40代に入り、世代交代が進む。 リオ五輪で金メダルのラウラ・ルートヴィヒ選手(ドイツ)、銀メダルのバルバラ・セイシャス選手(ブラジル)らは現在、30代前半で、東京五輪でも活躍しそうだ。 2020年東京五輪のビーチバレーの会場は、お台場の潮風公園に新設される。 レギュレーションにより1万2000席を用意しなければならない。 日本バレーボール協会でも東京五輪での観客動員数は1万2000人が目標だそうだ。 ビーチバレーをメジャーな競技に育てることが最大の課題となっている。 そのためには、日本選手のレベルアップが必要不可欠だろう。 開催国の意地を見せられるのか。 ビーチバレー勝負の1年が始まる。

次の

日本女子バレー2019世界ランキング順位は何位?最新の中国や韓国の最新ランクは?

日本 バレー 世界 ランキング

では 男子バスケットボール日本代表チームは、世界ランキングの中では何位に位置しているのでしょうか? 今回は、 男子バスケットボール日本代表チームのランキングや、その他にもランキング上位国についてまとめていきます! 【2019最新版】バスケットボール世界ランキング!日本は何位?強い国はどこ!? 男子バスケットボール日本代表は最新版世界ランキング38位! 今勢いに乗っている日本代表チームですが、 FIBA世界ランキングでは順位を10上げて38位(2019年9月時点)に位置しています。 登録されている国が約160カ国なので、 上位25%以上には入っています。 では、FIBA世界ランキングはどのように順位付けされているのでしょうか? 国際的な大会での順位によって、この世界ランキングは決まっていきます。 参加国が多いFIBA世界大会での順位はポイントが高く、参加国が少ないアジア大会、ユーロ大会ではポイントが少ないなど、大会の規模ごとに取得できるポイントは変わます。 開催国枠で出場した2006年以来、日本代表は予選を通過できず、ワールドカップに出場できていませんでした。 あまりポイントが獲得できなかった日本は世界ランキング48位まで順位を落としてしまいました。 しかしワールドカップではランキング上位国を破るなど快進撃を見せ、順位を10上げた38位にランクインしました。 男子バスケットボール日本代表の世界ランキングはこれから上がる!? そんな苦難続きの日本代表でしたが、八村塁選手、渡邊裕太選手、ニック・ファジーカス選手の活躍もあり、2018年に行われたワールドカップ予選を突破! ワールドカップの出場権を約21年ぶりに手に入れました! 2019年に行われた親善試合では、格上のドイツ(世界ランキング22位)に逆転勝利を収めるなど、今の日本は史上最強とも謳われるほどの強さを持っています。 また、八村塁選手(21歳)、渡邊裕太選手(24歳)共に、選手としてまだ年齢が若く、これから長きに渡って日本代表を引っ張ってくれることが期待できます! これからも国際的な大会で勝利を重ね、日本の世界ランキングが上がっていくことが予想できますね。 男子バスケットボール世界ランキング第一位は強豪アメリカ!スペイン、オーストラリアが追いかける! FIBA世界ランキング第1位は、バスケットボール発祥の地であり、バスケットボール大国として君臨する アメリカです。 1992年にプロ選手のオリンピックが解禁されて以来、アメリカ代表はNBA(アメリカのプロバスケットボールリーグ)の選抜メンバーでチームを構成。 1992以来、 2004年のアテネオリンピックを除いて、全てのオリンピックで金メダルを勝ち取りました。 NBA選手をチームに入れて以来、アメリカはずっとバスケの強い国として君臨し続けています。 他国のランキングは以下の様になっています。 強豪アメリカに次ぐのが 2位のスペイン、 3位のオーストラリア。 どちらの国も複数のNBA選手が所属する強豪チームです。 スペインはNBAでプレーするマルク・ガソル選手をセンターに、10代の頃からスペイン代表として活躍してきたキノ・コロム選手をガードに置き、組織的なバスケットボールをするのが特徴で、2019年のワールドカップでは優勝を果たしました。 対してフランス代表はNBAで活躍するパティ・ミルズ選手やジョー・イングルス選手を中心にワールドカップで快進撃を見せ、大きく世界ランキングの順位を上げました! また日本代表は、FIBAワールドカップ予選の際に、3位のオーストラリア代表をベストメンバーではなかったものの撃破。 歴史的大勝利を日本は納めました。 次に各代表がぶつかるのは2020年の東京オリンピック。 アメリカが優勝してワールドカップでの雪辱をはらすのか!それともオーストラリアやスペインなどの強豪が優勝するのか! 期待がかかりますね。 バスケットボールの試合は 各ポジションの役割や動き方を理解して観戦すると、より試合を楽しむことが出来ます。

次の

男子バレーの日本代表は世界ランキング12位ってことは勝つこともある...

日本 バレー 世界 ランキング

かわいい選手が増えている女子スポーツ界 新生「火の鳥NIPPON」は平成生まれの若手選手が多く、見た目もかわいい・美しい選手が増えてきた印象です。 近年、平成生まれの容姿端麗なスポーツ選手は増えましたが、中でも女子バレーボール界は顕著にそれが見て取れるようです。 特に、バレーボール選手は高身長となるため小顔効果もあり、まるでスーパーモデルような選手も多数います。 バレーボールは室内スポーツのため色白美人が多いのもポイントかもしれません。 歴代の女子バレーボール選手でかわいい・美人と人気を博している選手について、日本と世界に分けてTOP15のランキングに総まとめしましたのでご紹介しましょう。 ランキング作成に当たっては他サイト様のランキングを参考に、総合的に得票数が多かった順にランク付けしています。 小顔でスタイル抜群のリオ五輪日本代表選手・石井優希 石井優希選手は現在Vプレミアリーグの「久光製薬スプリングス」に所属しており、2016年リオオリンピックへ出場した日本代表選手でした。 そして 2020年東京オリンピックの新生チーム「火の鳥NIPPON」のメンバーにも選ばれています。 石井優希さんについて詳しいプロフィールはこちら。 本名: 石井 優希(いしい ゆき) 生年月日: 1991年5月8日 出身地: 岡山県倉敷市 身長: 180cm 体重: 68kg 血液型: A型 所属: 久光製薬スプリングス 愛称: ユキ ポジション: WS 指高: 232cm 利き手: 右 スパイク: 306cm ブロック: 302cm 引用: 石井優希選手がバレーを始めたきっかけは母親がやっていたことから影響を受けたからで、小学校2年生から習い始めました。 強烈なスパイクから「ニッポンの大砲」の異名を持ち、 2011年から日本代表選手入りを果たした石井優希選手は、オリンピック、世界選手権、ワールドカップと世界三大大会への出場をしている強豪選手です。 2020年東京五輪でも石井優希選手のその強烈な「大砲」が火を吹くことでしょう。 元々の髪型はセミロングでしたが、ショートヘアに変えてからよりキュートなイメージになり人気がさらに上がったようです。 石井優希選手は180cmとバレーボール選手としては決して高い方ではありませんが、小顔でスタイルが良いことから存在感のある佇まいをしています。 ちなみに、石井優希選手は3年ほど前にテレビ出演した際に彼氏はいないことを明かしていたようですが、現在はもしかしたら結婚を考えている彼氏がいてもおかしくないでしょう。 石井優希選手のかわいい・美しい画像 2020年東京オリンピック代表選手に選ばれた佐藤美弥 佐藤美弥選手は「ミイ」の愛称で親しまれ、Vプレミアリーグの「日立リヴァーレ」に所属しています。 2020年東京オリンピックの新生チーム「火の鳥NIPPON」のメンバーに選ばれています。 佐藤美弥さんについて詳しいプロフィールはこちら。 本名: 佐藤 美弥(さとう みや) 生年月日: 1990年3月7日 出身地: 秋田県秋田市 身長: 175cm 体重: 63kg 血液型: A型 所属: 日立リヴァーレ 愛称: ミイ ポジション: S 指高: 220cm 利き手: 右 スパイク: 284cm ブロック: 280cm 引用: 佐藤美弥選手がバレーボールを始めたきっかけは、小学校4年生の頃に友達に誘われたからでした。 それから佐藤美弥選手は中学校もバレーを続け、高校は強豪校として知られる聖霊女子短大付属高校へ進学し、春高バレーやインターハイにも出場経験を持っています。 そして嘉悦大学に進学した佐藤美弥選手は3年生の頃に初めて全日本代表選手に選抜されました。 大学卒業後は当時Vプレミアリーグの下部リーグに所属していた「日立リヴァーレ」に入団しましたが、2013年にVプレミアリーグ昇格に佐藤美弥選手は大きく貢献しました。 佐藤美弥選手は2014年から再び日本代表選手に選ばれて、 2015、2016年のシーズンには敢闘賞、ベスト6賞などを受賞し、主将として牽引してきた頼もしい存在です。 佐藤美弥選手はその非常に高い実力を持ちながら愛らしいルックスをしていることから男女問わず人気が非常に高い選手です。 佐藤美弥選手のかわいい・美しい画像 怪我に泣いたかつての日本代表ウイングスパイカー 狩野舞子選手はVプレミアリーグに昇格したばかりの「PFUブルーキャッツ」でプレーしていましたが、2018年4月23日に引退を表明しました。 現役時は2度のアキレス腱断裂に見舞われましたが、不屈の闘士で現役復帰をしました。 狩野舞子さんについて詳しいプロフィールはこちら。 そして、2007年にVプレミアリーグに所属する「久光製薬スプリングス」に入団した狩野舞子選手でしたが、翌年に右足アキレス腱を断裂してしまい2008年の日本代表入りはできなかったものの、2009年に晴れて日本代表選手入りを果たしました。 しかし、狩野舞子選手は2010年に今度は左足のアキレス腱を断裂してしまい、治療に集中するために「に久光製薬スプリングス」を対談せざるを得ませんでした。 足の怪我が完治すると狩野舞子選手はイタリアリーグのセリエA1に所属する「パヴィーア」に入団して活躍をするなど高い注目を集めました。 狩野舞子選手は2012年のロンドンオリンピックの日本代表選手に選抜されて、28年ぶりの銅メダル獲得に大きく貢献ししました。 2016年にVプレミアリーグに昇格した「PFUブルーキャッツ」に入団しましたが、狩野舞子選手は 2018年4月23日に引退を表明しています。 狩野舞子選手のかわいい・美しい画像 リオオリンピック日本代表として活躍した佐藤あり紗選手 佐藤ありさ選手は現在までに「日立リヴァーレ」の主将として率いてきましたが、2018年5月に移籍を希望していることが発表されました。 2014年の膝の故障が原因で引退直前まで追い込まれましたが、恩師の助言もあって怪我を克服し、2016年リオデジャネイロオリンピックの日本代表選手として活躍しました。 佐藤あり紗さんについて詳しいプロフィールはこちら。 本名: 佐藤 あり紗(さとう ありさ) 生年月日: 1989年7月18日 出身地: 宮城県仙台市 身長: 164cm 体重: 52kg 血液型: A型 愛称: リア ポジション: L 指高: 208cm 利き手: 右 スパイク: 275cm ブロック: 266cm 引用: 佐藤あり紗選手がバレーボールを始めたのは小学校2年生の頃で、中学校からはクラブチームに所属してプレーし、3年生の頃に「全国ヤングバレーボールクラブ交流大会」で優勝しました。 佐藤あり紗選手はバレーボールの強豪校である古川学園高等学校に進学しましたが、春高バレー、インターハイ、全国大会と出場するも良い成績は残せませんでした。 そして東北福祉大学に進学してスパイカーからリベロにポジションを変わったことで佐藤あり紗選手の本領が開花されます。 Vプレミアリーグの下部リーグ・Vチャレンジリーグに当時所属していた「日立リヴァーレ」に入団した佐藤あり紗選手はリベロとして目覚しい活躍を見せ、同クラブチームはVプレミアリーグへの昇格を果たしました。 佐藤あり紗選手はその活躍が認められて2013年には全日本代表選手に選ばれ、2014年シーズンも日本代表の頼れるリベロとして活躍をしました。 佐藤あり紗選手は 2018年5月現在は「日立リヴァーレ」からの移籍を表明しています。 佐藤あり紗選手のかわいい・美しい画像 バスケットボール選手になっていたかもしれない田中美咲 田中美咲選手は現在Vプレミアリーグに所属する「JTマーヴェラス」でプレーしていますが、2013、2015、2016年には日本代表選手として活躍していました。 田中美咲さんについて詳しいプロフィールはこちら。 本名: 田中美咲(たなか みさき) 生年月日: 1991年12月28日 出身地: 栃木県小山市 身長: 173cm 体重: 61kg 所属: JTマーヴェラス ポジション: S 指高: 221cm 利き手: 右 スパイク: 282cm 引用: 田中美咲選手は元々バスケットボールをしていましたが、小学校4年生の頃にバレーボールに移りました。 しかし、バレーを始めた頃はバスケットボールの方が楽しいと感じていたそうで、田中美咲選手がもし戻っていたら現在はバスケットボール選手だったかもしれません。 バレーでの才能を開花させた田中美咲選手は高校時代に春高バレー、インターハイなどで活躍し、卒業後は嘉悦大学に進学して全日本バレーボール大学男女選手権大会での優勝経験も持っています。 田中美咲選手は2013年、2015年にはユニバーシアード日本代表選手として活躍し、2016年には日本代表選手として選ばれましたが リオオリンピックには残念ながら選抜されませんでした。 田中美咲選手の顔立ちは目鼻立ちがしっかりした美人系ですが、メイクによっては少女のような可愛さも持っているようで非常に人気が高い選手です。 田中美咲選手のかわいい・美しい画像 今時美女で同性愛者という異色のバレー選手・滝沢ななえ 滝沢ななえ選手は現在はバレーボールコーチ・タレントとして活躍していますが、2006年にVプレミアリーグに所属していた「パイオニアレッドウィングス」に入団し、2009年に退団後、下部リーグのVチャレンジリーグ所属の「上尾メディックス」に移籍していました。 日本代表選手経験は無いものの滝沢ななえ選手はその美貌から常に注目を集めていました。 滝沢ななえさんについて詳しいプロフィールはこちら。 本名: 滝沢 ななえ(たきざわ ななえ) 生年月日: 1987年9月22日 出身地: 東京都三鷹市 身長: 167cm 体重: 56kg 血液型: O型 愛称: ナナ ポジション: L 指高: 210cm 利き手: 右 スパイク: 282cm 引用: 滝沢ななえ選手がバレーを始めたきっかけは母親の影響で、小学校2年生の頃に始めました。 滝沢ななえ選手は全日本選手としての経験はありませんが、下部リーグの「上尾メディックス」に所属しており、上尾中央総合病院のリハビリテーション技術科に勤務していたということで美人看護師でプロバレーボール選手ということでしょう。 2017年11月16日に放送されたバラエティ番組『衝撃のアノ人に会ってみた! (日本テレビ系)』に滝沢ななえ選手は出演しましたが、 都内の女性限定ジムで美尻専門トレーナーをしていることが明らかになりました。 そして、同番組では 年下の女性と交際していることをカミングアウトし、「上尾メディックス」に所属している頃から同性愛に目覚めて交際していたことも明かしています。 滝沢ななえ選手のかわいい・美しい画像 少女っぽさ全開の愛くるしい古賀紗理那選手 古賀紗理那選手は現在Vプレミアリーグ所属の「NECレッドロケッツ」でプレーしていますが、リオオリンピックに日本代表選手として出場し、 2020年東京オリンピックの新生チーム「火の鳥NIPPON」のメンバーにも選ばれています。 古賀紗理那さんについて詳しいプロフィールはこちら。 本名: 古賀 紗理那(こが さりな) 生年月日: 1996年5月21日 出身地: 佐賀県神埼郡 身長: 180cm 体重: 66kg 血液型: B型 所属: NECレッドロケッツ 愛称: サリナ ポジション: WS 指高: 235cm 利き手: 右 スパイク: 305cm ブロック: 290cm 引用: 古賀紗理那選手がバレーボールを始めたきっかけは母親で、小学校2年生の頃から始めました。 古賀紗理那選手は2013年に初めて日本代表選手に選ばれ、当時17歳の高校生でしたが「第1回世界U23女子バレーボール選手権」に出場して銅メダル獲得に大きく貢献しました。 2015年には世界三大大会出場の経験をした古賀紗理那選手は、2016年には自チーム「NECレッドロケッツ」の2年ぶりの優勝に貢献して最優秀選手賞とベスト6賞を受賞しました。 東京五輪でも活躍が期待される非常に高い実力を持っている古賀紗理那選手ですが、その屈託のない無邪気な少女っぽい笑顔が男性の人気を一手に集めています。 過去に古賀紗理那選手が番組出演した際にしていたネックレスが彼氏からのプレゼントではないかと噂になったようですが、現在までに彼氏がいたかどうかは不明のようです。 古賀紗理那選手のかわいい・美しい画像 2017年にビーチバレーで初のメジャー優勝を果たした二見梓 二見梓選手は現在ビーチバレーボール選手として第一線で活躍していますが、かつてはVプレミアリーグ所属の「東レ・アローズ」ミドルブロッカーとして活躍し、日本代表選手にも選ばれていました。 二見梓さんについて詳しいプロフィールはこちら。 本名: 二見 梓(ふたみ あずさ) 生年月日: 1992年5月15日 出身地: 神奈川県三浦郡葉山町 ラテン文字: Azusa Futami 身長: 181cm 体重: 68kg 所属: ビーチバレー 愛称: アズサ ポジション: MB 利き手: 右 スパイク: 295cm 引用: 二見梓選手がバレーボールを始めたきっかけはアテネオリンピック時にカリスマ的な人気を得ていた「メグカナ(栗原恵選手・大山加奈選手)」に憧れたからでした。 1984年4月2日から1985年4月1日に生まれた女子バレーボール選手は「メグカナ世代」と言われ、憧れてバレーボール選手を目指す人が多くいました。 二見梓選手は2011年に「東レ・アローズ」に入団すると、その年にリーグ制覇をするなど大きく貢献しました。 そしてその活躍から翌年には「第3回アジアカップ女子大会」の日本代表選手として選抜され活躍を見せています。 二見梓選手は2015年にインドアバレーの引退を発表するとビーチバレーに転向し、2017年の「ビーチバレージャパン」で長谷川暁子選手とペアを組んでメジャー初優勝を果たしています。 現在も東レエンジニアリングに務めており、 2020年東京オリンピックでビーチバレーの日本代表選手に選ばれるべく努力を続けているようです。 二見梓選手のかわいい・美しい画像 写真集も出版したモデル顔負けの菅山かおる 菅山かおる選手はVプレミアリーグ所属の「JTマーヴェラス」でプレーしていましたが、現在はプロビーチバレークラブの「WINDS」で活躍しています。 菅山かおるさんについて詳しいプロフィールはこちら。 本名: 菅山 かおる(すがやま かおる) 生年月日: 1978年12月26日 出身地: 宮城県岩沼市 身長: 169cm 体重: 56kg 血液型: O型 愛称: ユウ 指高: 215cm 利き手: 右 スパイク: 293cm ブロック: 269cm 引用: 菅山かおる選手がバレーボールを始めたのは小学校3年生からで、高校時代にはキャプテンを務めていました。 卒業後に菅山かおる選手はVリーグ創設に大きく貢献した「小田急ジュノー」に入団しましたが、入れ替え戦で「JTマーヴェラス」に敗れて廃部が決定し、その後は同チームに移籍しました。 2005年のワールドグランプリ当時、 菅山かおる選手はその美貌から「かおる姫」と呼ばれて絶大な人気を得ており、その後2008年にビーチバレーに転向すると溝江明香選手、浦田景子選手、駒田順子選手らとペアを組んで活躍していました。 そして2009年に菅山かおる選手はバレーボール選手としては異例の写真集も発売しており、 写真集「VOAR! ボアール 菅山かおるファースト写真集」は当時大いに話題となりました。 「スーパー女子高生」と呼ばれブレークした木村沙織 木村沙織選手は現在Vプレミアリーグ所属の「東レ・アローズ」でプレーしていますが、2004年アテネオリンピックの当時に高校生ながら目覚しい活躍と屈託のない明るい性格から絶大な人気を集め 「スーパー女子高生」と呼ばれました。 木村沙織さんについて詳しいプロフィールはこちら。 本名: 木村 沙織(きむら さおり) 生年月日: 1986年8月19日 出身地: 埼玉県八潮市 身長: 185cm 体重: 68kg 血液型: O型 所属: 東レ・アローズ 愛称: サオリ ポジション: WS 指高: 233cm 利き手: 右(足は左利き) スパイク: 304cm ブロック: 293cm 引用: 木村沙織選手がバレーボールを始めたきっかけは両親で、小学校2年生の頃に始めました。 練習漬けだった木村沙織選手は、小学校4年生の頃に一度思い切り友達と遊んでみたいという欲求を叶えるために2週間ほどチームを辞めましたが、その後は遊びに犠牲にして練習に励んだようです。 2004年アテネオリンピックの時に木村沙織選手は2大会ぶりの本戦出場に大きく貢献して「スーパー女子高生」としてブレークし、高校卒業後にVプレミアリーグの強豪である東レに入社しました。 2006年~2010年までアジア選手権、世界選手権などの世界大会で優勝に貢献した木村沙織選手はワールカップ出場の他、自チーム「東レ・アローズ」の史上初のVリーグ三連覇を果たすなどその活躍には目を見張るものがありました。 日本歴代バレー選手の中でもトップクラスの実力を持つ木村沙織選手ですが、そのルックスと性格も非常に愛らしいものがありカリスマ的な人気を誇ってきました。 木村沙織選手は 2016年12月31日に元バレーボール選手の日高裕次郎さんと結婚を発表しましたが、妊娠報告はまだのようですね。 木村沙織選手のかわいい・美しい画像 モデルとしても注目を浴びたアンナ・ヴェルブリンスカ アンナ・ヴェルブリンスカ選手はウイングスパイカーながら身長が178センチと低めですが、非常に強力なジャンプサーブを持っており欧州チャンピオンズリーグの2005、2006年シーズンでサーブ賞を受賞している選手です。 2010年にはポーランド版の 「プレイボーイ誌」でヌードグラビアを披露して話題になりました。 アンナ・ヴェルブリンスカさんについて詳しいプロフィールはこちら。 2011年には日本のVプレミアリーグに所属する「東レアローズ」に入団してプレーしていました。 マノン・フリールさんについて詳しいプロフィールはこちら。 本名: マノン・フリール(Manon Flier) 国籍: オランダ 生年月日: 1984年2月8日 身長: 192cm 体重: 73kg 所属: 中華人民共和国・Fujian Xi Meng Bao 愛称: マノン ポジション: OP 利き手: 右 スパイク: 315cm ブロック: 301cm 引用: マノン・フリール選手のかわいい・美しい画像 トルコの攻撃の要・ネスリハン・デミル ネスリハン・デミル選手は19歳でワールドカップにトルコ代表として出場しサウスポーエースとして強力な攻撃力でチームを支えました。 2012年5月開催のオリンピックヨーロッパ予選においては強豪・ロシアやセルビアを下して 初のオリンピック出場を果たすことに大きく貢献しました。 ネスリハン・デミルさんについて詳しいプロフィールはこちら。 本名: ネスリハン・デミル(Neslihan Demir) 国籍: トルコ 生年月日: 1983年12月9日 出身地: エスキシェヒル県エスキシェヒル 身長: 187cm 体重: 72kg 所属: トルコ・ガラタサライ ポジション: OP 利き手: 左 スパイク: 315cm ブロック: 306cm 引用: ネスリハン・デミル選手のかわいい・美しい画像 セルビアのトップスター選手・イヴァナ・ネーショヴィッチ イヴァナ・ネーショヴィッチ選手は2003年に「OKレッドスター・ベオグラード」に入団してプロ選手となり、同年に国内選手権優勝に導く立役者となりました。 在籍3年間は主将を務めて最優秀選手に選ばれました。 イヴァナ・ネーショヴィッチさんについて詳しいプロフィールはこちら。 1』が原点のフランチェスカ・ピッチニーニ フランチェスカ・ピッチニーニ選手のバレーの原点は9歳頃に観た日本のアニメ『アタックNo. 1』で、16歳でイタリア代表に選ばれるなど高い才能を有しています。 2009年にはワールドグランドチャンピオンズカップで初優勝に導き、2009~2010年の欧州チャンピオンズリーグでは2連覇に大きく貢献してMVPを獲得しています。 フランチェスカ・ピッチニーニさんについて詳しいプロフィールはこちら。 本名: フランチェスカ・ピッチニーニ(Francesca Piccinini) 国籍: イタリア 生年月日: 1979年1月10日 出身地: マッサ 身長: 184cm 体重: 75kg 所属: イタリア・Igor Gorgonzola Novara ポジション: WS スパイク: 304cm ブロック: 279cm 引用: フランチェスカ・ピッチニーニ選手のかわいい・美しい画像 ポーランドの頼れるミドルブロッカー・アニエスカ・ベドナレク アニエスカ・ベドナレク選手は2007年に始めてポーランド代表に選抜されて、同年のワールドカップで活躍しました。 2009年のヨーロッパ選手権では銅メダルの獲得に貢献し、ベストサーバー賞を受賞しています。 2010年にはワールドグランプリ、世界選手権でチームの要として活躍しています。 アニエスカ・ベドナレクさんについて詳しいプロフィールはこちら。 本名: アグネシュカ・ベドナレク=カシャ(Agnieszka Bednarek-Kasza) 国籍: ポーランド 生年月日: 1986年2月20日 身長: 185cm 体重: 70kg 所属: ポーランドの旗 KPS Chemik Police ポジション: MB 利き手: 右 スパイク: 309cm ブロック: 292cm 引用: アニエスカ・ベドナレク選手のかわいい・美しい画像 ロシアの最強ウイングスパイカー、タチアナ・コシェレワ タチアナ・コシェレワ選手は2007年に始めてロシア代表選手に選抜され、同年のワールドグランプリで活躍しました。 2009年以降は代表選手の中心メンバーとして活躍し、2010年の世界選手権では2連覇達成に大きく貢献し、 ベストスパイカー賞を受賞しています。 タチアナ・コシェレワさんについて詳しいプロフィールはこちら。 本名: タチアナ・コシェレワ(Tatiana Sergeevna Kosheleva-Kuzina) 国籍: ロシア 生年月日: 1988年12月23日 出身地: ソビエト連邦ミンスク 身長: 191cm 体重: 67kg 所属: トルコ・エジザージュバシュ ポジション: ウイングスパイカー 利き手: 右 スパイク: 315cm ブロック: 305cm 引用: タチアナ・コシェレワ選手のかわいい・美しい画像 1試合得点数の世界記録保持者、エリツァ・バシレバ エリツァ・バシレバ選手は2009年に始めてブルガリア代表選手に選抜されて、同年の欧州選手権で活躍しました。 2014年シーズンに1試合で57得点を獲ったことがあり世界記録保持者となりましたが、2015年12月に更新されています。 エリツァ・バシレバさんについて詳しいプロフィールはこちら。 本明: エリツァ・バシレバ(Elitsa Vasileva) 国籍: ブルガリア 生年月日: 1990年5月13日 出身地: ブルガリア・ドゥプニツァ 身長: 190cm 体重: 73kg 所属: ロシア・ディナモ・カザン ポジション: WS 利き手: 右 スパイク: 302cm ブロック: 290cm 引用: エリツァ・バシレバ選手のかわいい・美しい画像 かつての木村沙織のチームメイト、ナズ・アイデミル ナズ・アイデミル選手はトルコ代表選手としてチームを支える頼れる大型セッターです。 2012~2013年シーズンから「ワクフバンク・テュルクテレコム」に移籍して在籍していた 木村沙織選手とチームメイトになっていましたが、その翌年に木村沙織選手は帰国して「東レ・アローズ」に復帰しました。 ナズ・アイデミルさんについて詳しいプロフィールはこちら。 本名: ナズ・アイデミル(Naz Aydemir Akyol) 国籍: トルコ 生年月日: 1990年8月14日 出身地: イスタンブール県イスタンブール 身長: 186cm 体重: 68kg 所属: トルコの旗 ワクフバンクSK ポジション: S スパイク: 304cm ブロック: 300cm 引用: ナズ・アイデミル選手のかわいい・美しい画像 日本も注目した美女バレーボール選手、サビーナ・アルシンベコバ サビーナ・アルシンベコバ選手は2014年7月にカザフスタン代表選手の補欠選手として選抜され国際大会に出場しましたが、 その類まれな美貌を目にした世界のメディアからこぞって取材を受けるようになり、最も熱心だった台湾に続き、欧米のタブロイド紙、そして日本のテレビ局もオファーを出して、『バイキング』『1分間の深イイ話』『めざましテレビ』に出演しました。 それがきっかけで日本の実業団チーム「GSSサンビームズ」に所属したこともあります。 サビーナ・アルシンベコバさんについて詳しいプロフィールはこちら。 0cm ブロック: 298. 歴代女子バレー選手かわいいランキングについて総まとめすると 「かわいい」「美しい」と注目を集める女子バレーボール選手について、日本と世界のTOP15ランキングを総まとめしてご紹介してきました。 日本での1位は誰もが予想したであろう木村沙織選手でしたが、世界の1位も日本人が好みそうなルックスをしたサビーナ・アルシンベコバ選手でした。 2020年東京オリンピックの新生代表チーム「火の鳥NIPPON」に所属している選手もランキングに入っていますが、五輪後のランキングは活躍したフレッシュな選手がランクインしてきそうですね。

次の