ユーチュー バー ヒカル 炎上。 ユーチューバーはうざい?嫌われているYouTuberランキングTOP17

ユーチューバーはうざい?嫌われているYouTuberランキングTOP17

ユーチュー バー ヒカル 炎上

概要 高速トークを操るのが特徴の一つとされる。 というブランドを創立している。 過去には小嶌宣輝と「」というも結成し音楽活動もしていた。 略歴 での活動を始める前はを行っていた。 2013年6月1日、チャンネル「Hikaru Games」を開設。 動画投稿を始めたのは人気がほしかったためだとしている。 2016年3月18日、チャンネル「ヒカル(Hikaru)」を開設。 2017年4月3日、の春祭りでのを大量に買う動画を公開し、15万円分のくじを買っても当たりが出なかったことが話題となった。 8月20日、YouTuberの、と炎上軍というユニットを結成した。 2020年1月以降、とのYouTube上でのコラボレーションを実施、話題となった。 出演 CM 2020年• 「」-と共演。 脚注 [] 出典• YouTuberの本 October 2017』、、2017年9月1日、 25頁。 日刊サイゾー サイゾー. 2017年9月6日. 2018年10月5日閲覧。 YouTube. 2017年10月1日閲覧。 「SPECIAL INTERVIEW 06 ヒカル」『Next Stage オフィシャルファンブック』、コスミック出版、2017年8月5日、 58頁。 YouTube. 2017年4月6日閲覧。 ライブドアニュース. 2017年4月4日. 2017年4月6日閲覧。 引用エラー: 無効な タグです。

次の

ユーチューバーはうざい?嫌われているYouTuberランキングTOP17

ユーチュー バー ヒカル 炎上

出典:ライブドアニュース — livedoor ヒカル氏が炎上するきっかけとなったのはなんといっても VALU騒動です。 VALUとは2017年5月に始まったもので、VAと呼ばれる疑似株式を用い自らの価値をあげてビットコインで売買できるサービス。 ヒカル氏はVAZのメンバーであるラファエル氏や禁断ボーイズのメンバーとともにサービスを開始。 人気YouTuberということで買い注文が殺到、しかしメンバーはその後一斉に高騰したVAを大量売却してしまうのです。 これによってVAの価値は大暴落、購入した人たちに多額の金銭的被害を与えてしまいました。 VALU騒動についての詳細は。 それによって優待を受けたいユーザーが大量購入します。 にもかかわらず優待はしない、と態度を一変。 これは本来の株式市場であれば市場操作にあたることからVALU側からも違反通告を受けてしまったのです。 そして誰かが損をするのを承知で。 損する側に回っただけですよ。 — ヒカル kinnpatuhikaru 極めつけがこのツイート。 ファンに金銭的な被害を与えながら自分たちは高値で売り抜け、しかも悪びれる様子がありません。 こうした行為が2chのみならず多くのネットユーザーの怒りを買い、連日2ちゃんねる上でヒカル氏を批判する掲示板が立てられるようになりました。 ヒカル氏が2ch上で叩かれていることはいつものことですが、今回ばかりは2ch住民たちの熱の入れようが違いました。 具体的にどんな嫌がらせをされたのでしょうか? まずは 住所や電話番号や個人情報を特定されました。 ヒカル氏は、普段からツイートや動画内に個人を特定できる情報を大量に残していたのです。 2ch住民たちがブログに残していた位置情報から住所を特定し、さらにはツイッター上であげていた画像からYahooアカウントが特定し、そこに紐づけられていた電話番号を割ったことでいたずら電話を繰り返したのです。 その商品たるや一般人では到底手に届かない(そもそもいらない)超高額商品ばかりです。 ・アヒル5万羽 250万円• ・高さ4. 7mのブラキオサウルス造形物 226万円• ・巨大ロボ 1. 2億円• ・ポップコーンマシーン108万円• ・巨大大理石 3400万円 こうした大型注文されたヒカル氏の家は2ちゃんねる上で「ヒカルランド」と命名されます。 嫌がらせはこうした発注だけにとどまらず、実家住所で宗教団体の入信申込をされたり、海外の軍隊入隊届を勝手に送られたり、 様々な方向に及んできます。 ちなみに弁護士ユーチューバーの久保田氏によればこうした一連の他人名義での注文する行為は販売業者への詐欺罪に当たる可能性が高いと注意喚起をしていました。 騒ぎに便乗すると犯罪行為になってしまうので、面白半分で炎上に参加するのはやめたほうがよさそうです。 「すこすこ砲」と名づけられたこのツールを使うと、自動的にヒカル氏が投稿した多くの動画に低評価ボタンをつけていくのです。 それもすこすこ砲が多くの住民に配布されたことが原因でしょう。 さらにプレゼント企画で増やしたチャンネル登録を一斉解除しようという動きもあり、ヒカキン氏やフィッシャーズに迫っていたチャンネル登録者数も激減。 それまでは飛ぶ鳥を落とす勢いで伸び続けていたヒカル氏。 チャンネル登録者数が減ったことで、チャンネルパワーが落ち、急上昇に乗ることも少なくなり、動画の再生回数も落ちていったのです。

次の

ヒカル VALU騒動で2chのなんJ民が住所を特定「嫌がらせやめて」

ユーチュー バー ヒカル 炎上

株を発行した人の社会的な知名度や人気度が増せば、株の値段は上がっていくというシステムです。 株の単位はVAで、VAはビットコインで売買する。 このVALU上で、ヒカルやラファエル、禁断ボーイズのいっくんがどちらがよりVALUの価格を上げることができるかという企画をしたことが一連の騒動のきっかけでした。 VAというのは株に近いものなので、欲しい人がいればいるだけ値上がりします。 「3人で1番VALUの価値を高めた人が勝ち」というレース企画をすることで視聴者の購買意欲をいたずらに煽ったのでした。 しかし、ここで勝負の結果発表だけをしていれば何の問題もなかったのですが、この時彼らの所属する会社VUZが所持していた彼らのVALUを大量に売却したことが問題でした。 2018年メキメキと人気を高めていったチョコレートスモーカーズ(略して、チョコスモ)ですが、メンバーの間でヨハンに対するいじめがあったことがわかりました。 具体的には、チャンネルの創設者・ヨハンに向けられたメンバーからのいじめです。 チョコスモの動画編集はヨハンがほぼ一人で担当しており、他のメンバーが寝た後も一人で重労働を強いられるということが健常化していたようです。 また、動画内におけるメンバーからの過激ないじりや動画外では暴力行為もあったようです。 また、チョコレートスモーカーズはグループ内いじめ事件の前に、動画の企画で大量に注文した食べ物を残したとして炎上しましたが、今回の一件でチョコスモは解散してしまいました。 【2】ジョーブログ、スクランブル交差点で道交法違反 世界を旅する旅行系ユーチューバーのジョーブログが、渋谷のスクランブル交差点のど真ん中にベッドを設置し、そこで寝たことで、道路交通法に違反し書類送検され、炎上しました。 交差点のど真ん中にベッドを設置することは、通行者の進路を妨害することから、道路交通法違反に該当したとのことです。 【3】AAA joken toys、大麻使用容疑で逮捕 子ども向けのおもちゃ動画等を投稿する「AAA joken toys」を運営するユーチューバーが、大麻使用の疑いで逮捕されました。 【4】メテオとファルコン、メグウィンTVから脱退 MEGWIN TVというチャンネルのメンバーで人気の「メテオ」と「ファルコン」がMEGWIN TVから脱退し、炎上しました。 広瀬ゆーちゅーぶ 広瀬ゆーちゅーぶが、FC2にみだらな動画をアップし、逮捕され炎上しました。 うざろんぐ 2018年、「うざろんぐ」という鉄道系ユーチューバーが旅先で空き巣をはたらいた容疑で逮捕されています。 ワタナベマホト、女性暴行で逮捕 UUUMを代表するカリスマユーチューバーのワタナベマホトが女性に暴行をはたらいた容疑で逮捕されました。 相手は「京香」というグラビアアイドル兼ユーチューバーのようです。 現在は、チャンネルを一新し、ユーチューバーに復帰しています。 へずまりゅう 山口県出身の「へずまりゅう」というユーチューバーが、ほかの有名ユーチューバーに迷惑行為をはたらく等して炎上しています。 彼の動画のスタイルは「リア凸」で、有名ユーチューバーが撮影をしている最中に 「山口県から来ました、へずまりゅうです。 あなたを愛しています。 コラボレーションしましょう。 」などと言って、メントスコーラをやらせようとする様を映し出しています。 へずまりゅうのスマホ壊された騒動では、実はガードマンとの間に示談が成立しており、壊されたスマホは弁償されておりましたが、この騒動にコレコレが割って入り、刑事事件に発展させようとして炎上しました。 レペゼンパワハラ事件 ゆたぼん 少年革命家を名乗る「ゆたぼん」というユーチューバーが「学校は行かなくていい」という動画を投稿し、炎上しました。 動画の内容はシンプルで「学校に行きたくないのであれば、行かなくていい」というスタンスを貫いています。 【2018年】YouTuber 炎上事件・不祥事まとめ【15選】 それでは、ここから 2018年の YouTuber 炎上事件・不祥事を 15コをまとめます。 ローガン・ポールはチャンネル登録1500万人をほこる大人気チャンネルですが、チャンネル登録者の少ないチャンネルでも過激な動画をアップして再生回数だけ稼ぐ手法が前々からありました。 今回の収益化要件変更はそんな過激系Youtuberの収益化をブロックするために設けられた措置に思えます。 健全にやっていた側としては迷惑以外の何物でもありませんが。 「炎上事件だけじゃなくて、おすすめのYouTuber も知りたい」という方には、こちらの記事もおすすめです。

次の