ヤマト 運輸 お 問い合わせ 伝票 番号。 クロネコヤマトの荷物お問い合わせシステム

ヤマト運輸のチェックデジットの算出方法

ヤマト 運輸 お 問い合わせ 伝票 番号

ヤマトのチェックデジットは、単純に7で割った余りになっています。 たとえば、11桁が、1234-5678-901? だったら、 「12345678901」を7で割った余りは3ですので、チェックデジット込みの全体の番号は 「1234-5678-9013」になります。 「12345678901」という11桁の数は32bit整数の範囲を超えており32bit演算はできませんので、 「1234」「5678」「901」の3つに分けて計算しています。 これで、「checkdigit "1234-5678-901" 」と呼び出せば「3」が返って来ます。 「7チェック」はどの方式ですか?。 それがわからないことには組み立てもできません。 算出にて、一般的な式でよいか、そのシステム独自の式になるのかは確認してください。 仕様提示した人に聞く。 ここでコード等を提示されたとして、それが本当に正しいのかどうかはあなたは判断できません。 そこが一番の問題です。 作り方は任せたとしてもどの算出結果なら正しい、かは把握してください。 「7チェック」と言葉でいっても違う概念の算出を採用すればおかしくなるので、 「これのことですか?、この算出式ですよね?」 「こういう値のときはこういう結果になる式ですね?」 という裏づけ、は着手前に相手に確かめておくべきです。 これのことだろう、という個人の解釈で進めてはダメです。 算出仕様が分かればそれをシートなりVBAなり組み立てるわけですが、 シートでは、こんな感じで作っていきます。 「49010051359」の11桁があれば まずこの値をA1に入力し A2にはmid a1,1,1 B2にはmid a1,2,1 C2にはmid a1,3,1 D2にはmid a1,4,1 ・・・ としていくと1桁ずつに区切られた状態になります。 さらに7で割った余りとあれば、 L4にはL3/7の余りを出す。 L4がチェックデジットの桁です、という具合になります。 L4が「2」なら、 「49010051359」の末尾が「2」、 結果「490100513592」がコードとなる。 これとデータ上のコードと照らし合わせてあっていれば問題なし、違えばズレている、となる。 VBAになると 「49010051359」を引数で渡して、末尾桁を返すか、12桁を返す。 for文mid関数で11桁数分繰り返し1桁ずつに区切ります。 区切られた1桁1桁を配列に退避して、そこを操作します。 日本語説明の仕様をコードに落とすためにはどうしたらいいか、 これができるようにならないと、提示された仕様からシステムを構築はできません。 日本語説明仕様をプログラムの仕様に置き換えながら大まかな骨組みが確定させる、 そこからコードを作り始める、細かい部分のコードはそれから考える。 11桁を1桁ずつチェックなので、どうやってそれぞれを1桁にするか、 11桁数繰り返しはどの関数、命令が使えるか、 途中の算出結果はどこに保持させるか、 そんな感じで組み立ては進んでいますか?。 上司ほか有識者とレビューをしましょう。

次の

ヤマト荷物の調べ方!伝票番号分からない時やどこにあるか検索法

ヤマト 運輸 お 問い合わせ 伝票 番号

ヤマトのチェックデジットは、単純に7で割った余りになっています。 たとえば、11桁が、1234-5678-901? だったら、 「12345678901」を7で割った余りは3ですので、チェックデジット込みの全体の番号は 「1234-5678-9013」になります。 「12345678901」という11桁の数は32bit整数の範囲を超えており32bit演算はできませんので、 「1234」「5678」「901」の3つに分けて計算しています。 これで、「checkdigit "1234-5678-901" 」と呼び出せば「3」が返って来ます。 「7チェック」はどの方式ですか?。 それがわからないことには組み立てもできません。 算出にて、一般的な式でよいか、そのシステム独自の式になるのかは確認してください。 仕様提示した人に聞く。 ここでコード等を提示されたとして、それが本当に正しいのかどうかはあなたは判断できません。 そこが一番の問題です。 作り方は任せたとしてもどの算出結果なら正しい、かは把握してください。 「7チェック」と言葉でいっても違う概念の算出を採用すればおかしくなるので、 「これのことですか?、この算出式ですよね?」 「こういう値のときはこういう結果になる式ですね?」 という裏づけ、は着手前に相手に確かめておくべきです。 これのことだろう、という個人の解釈で進めてはダメです。 算出仕様が分かればそれをシートなりVBAなり組み立てるわけですが、 シートでは、こんな感じで作っていきます。 「49010051359」の11桁があれば まずこの値をA1に入力し A2にはmid a1,1,1 B2にはmid a1,2,1 C2にはmid a1,3,1 D2にはmid a1,4,1 ・・・ としていくと1桁ずつに区切られた状態になります。 さらに7で割った余りとあれば、 L4にはL3/7の余りを出す。 L4がチェックデジットの桁です、という具合になります。 L4が「2」なら、 「49010051359」の末尾が「2」、 結果「490100513592」がコードとなる。 これとデータ上のコードと照らし合わせてあっていれば問題なし、違えばズレている、となる。 VBAになると 「49010051359」を引数で渡して、末尾桁を返すか、12桁を返す。 for文mid関数で11桁数分繰り返し1桁ずつに区切ります。 区切られた1桁1桁を配列に退避して、そこを操作します。 日本語説明の仕様をコードに落とすためにはどうしたらいいか、 これができるようにならないと、提示された仕様からシステムを構築はできません。 日本語説明仕様をプログラムの仕様に置き換えながら大まかな骨組みが確定させる、 そこからコードを作り始める、細かい部分のコードはそれから考える。 11桁を1桁ずつチェックなので、どうやってそれぞれを1桁にするか、 11桁数繰り返しはどの関数、命令が使えるか、 途中の算出結果はどこに保持させるか、 そんな感じで組み立ては進んでいますか?。 上司ほか有識者とレビューをしましょう。

次の

クロネコヤマトの荷物お問い合わせシステム

ヤマト 運輸 お 問い合わせ 伝票 番号

アマゾンなどのように、「荷物を送りましたよ」とメールが入る通販ショップの場合 追跡番号は問い合わせが入ることが多いですから、発送完了のメールの文面にあらかじめ、伝票番号が書いてあることが多いです。 これで確認をして、番号が分かった上で もしくは で状況を調べます。 この番号をもとに、調べます。 もし最寄りのセンターに荷物が到着して、その日に配送する予定の荷物であるなら、 ドライバーさんが荷物をトラックに持ち出して運んでいる可能性があります。 伝票番号が分からない場合でも、自分の名前や住所で、ドライバーさんからの情報で荷物の確認が取れる可能性もあります。 しかし運ぶ荷物が大量であるのと、他のお客さんの配送もあり 調べるのに時間がかかるので、これはイレギュラーな方法と思ってもいいかもしれません。 また、発送した相手にも連絡したくない、という場合だと 身もふたもなくてすみませんが、荷物が届くまでもう少し待ってみる、というのも1つかもしれません。 もし荷物が到着して、自分が自宅に不在だと、不在票が入りますから 不在票が入れば、伝票番号もわかりますし、再配達の依頼もできます。 また到着の日時ではありませんが、発送先と到着先の距離から、おおよその配達日数は調べることができます。 その日数を待っても届かない時に、次のアクションをとる、という考えもあります。 (赤丸の部分) これが伝票番号ですから、もし相手から問い合わせがあったなどの場合は、この番号を伝えるようにします。 上の伝票がある場合と同じく もしくは に連絡をして状況を調べます。 使い方は スポンサーリンク 僕がアマゾンで通販で買い物した際の荷物でやってみました まずは、ヤマトの伝票番号を用意しておきます。 僕がアマゾンで買い物をした時の話ですが、 アマゾンは発送する荷物の準備ができて、発送した場合にメールでお知らせが来ます。 その際には、メールでヤマトの伝票番号が書いたのも、送られてきてました。 伝票番号が分かりました。 次にヤマトの問い合わせシステムに、アクセスします。 ページを見ると、伝票番号を入力する欄がありますので、ここに伝票番号を入力します。 僕は、伝票番号の12桁の数字をそのまま入力、数字のら列で 「1234〇〇〇〇〇〇〇〇」のように空欄に入力して ページの上の方にある「問い合わせ開始」というボタンを押しました。 ボタンを押すと、荷物がどんな状態かが表示されました。 「発送」されたということが分かりました。 上の赤線のところは、伝票番号が表示されましたが、ここを押してみると、さらに細かい情報が出てきました。 どこの地域のヤマトの支店から送られたのかが書いてありました。 この時に頼んだ荷物は、関東から運ばれてくる荷物のようでした。 到着予定は、「翌日」となっていました。 このページで「到着予定日」も確認ができます。 その後、数時間ごとに確認を取っていましたが、情報は更新されず 翌朝に再度見てみると、 荷物が最寄りのヤマトの営業所に届きました。 この時は店頭受け取りにしたので、営業所に「保管中」となっていました。 ヤマトのコールセンター コールセンターに電話をして教えてもらうこともできます。 電話をかけてオペレーターの人につながったら ・用件 「荷物がどこにあるか、いつ着くかを知りたい」 ・伝票番号 ・名前 電話番号 を伝えます。 住む地域が、どこのヤマトの営業所か調べたい場合 もし荷物のことで、運んでくれる営業所と連絡を取りたいが、どこの営業所か分からない時は、 上の検索のページから荷物を運んでくれる担当のサービスセンターを調べることができます。 おおよその到着までの日数を知りたい コールセンターに電話する時間がなく、到着するおおよその日数だけを知りたいのなら 上のヤマトのページで分かります。 他 荷物が問い合わせデータへの反映に遅れる場合も 上の「伝票番号の検索サイト」に伝票番号を入力しても情報が出てこないこともあります。 例えば検索結果のアナウンスで、 と出る場合もあります。 まだ発送の処理をして間もない、もしくは ヤマトのシステムへのデータの反映がまだ完了していない状態 だとも言えます。 ヤマトのスタッフの方が荷物を預かってすぐにネット上に反映されるのでなく、 データがシステムに反映されてからとなるので、時間のずれがあります。 時間を後にずらして検索をしてみると、データが反映されていることがよくあります。 コンビニでのヤマト宅急便の発送された場合 も同じことが言えます。 例えば発送の相手先が深夜の23時半にコンビニで荷物を出したとします。 コンビニで荷物を受け付けたのは、その日の23時半でも、ヤマトで荷物を集荷に来るのは、翌日になりえますから 例えば23時半過ぎに送り人が、伝票番号をすぐにメールで知らせてきても、ヤマトではまだ集荷しておらず、 荷物の検索結果も翌日以降のデータで反映されることになるでしょう。 もし気になる場合は、発送の相手先に「ちゃんと送ってくれたか」を確認するか、時間をずらして検索してみるようにします。 作業店通過とは?どういう流れで届くのか 伝票サービスの検索結果で、「作業店通過」という項目が出てくることがありますが これは、「発送の相手先から、自分の家に届くまでの、中継地点の ヤマトの大きなセンター」と理解しておくといいです。 伝票番号が分かれば、自分で荷物を営業所に取りに行くこともできる 荷物によっては、通販会社やショップの方針で、営業所止めができないものもありますが、連絡を入れて、営業所に荷物を置いたままの状態にしてもらうこともできます。 荷物を運ぶ手間はありますが、営業所が開いている自分の行きたい時間に受け取ることができます。 時間指定をしていない場合 いつ着くか 時間指定がされていない場合は トラックに積まれた他の時間指定された荷物の状況を見て、配送されます。 したがって、到着予定日には着きますが、何時に荷物が配送されるかはわかりません。 僕は時々やりますが、もし伝票番号が分かるのなら、 荷物の到着日時の前に、問い合わせセンターに連絡をとって、伝票番号を伝えて.

次の