ゲイ の 精神 科 医 tomy の つ ぶ や き。 精神科医 Tomy先生の授業・プロフィール

ゲイの精神科医・Tomy「SNSでアピールしている人は、ほぼリア充じゃないわ」

ゲイ の 精神 科 医 tomy の つ ぶ や き

しかし、入院して薬を規則的に飲むようになると、つらい症状がウソのようにおさまっていったという。 「精神科の薬をこわがる人が多いのですが、脳内物質のバランスを整えて、脳の機能を正常にするなら、やはり薬物療法が基本。 うつ病の場合、脳内の神経伝達物質にピンポイントで作用するSSRI、SNRIと呼ばれる薬が主流です」とTomy先生。 少量から始めて、1~2週間様子を見るのが一般的だという。 薬である程度の効果が出てきたら、精神療法(精神科医や臨床心理士によるカウンセリング)を並行して行うことが多い。 「現在、有効だと実証されているのは、認知行動療法です」と野田先生は解説する。 「簡単にいうと、マイナス思考のクセを変えていくものです。 『仕事を完璧にこなせないといけない』『こんなこともできない私はダメな人間』。 そうした考え方が偏っていることに気づいてもらい、修正していく。 うつ病の再発防止に効果があるといわれています」 薬が効かないか、副作用が深刻で薬が使えない場合は、麻酔下で脳に微弱な電流を流す「修正型電気けいれん療法(mECT)」を実施することも。 電極をつけることに抵抗をおぼえる人もいるが、即効性があり、自殺するリスクが高い重度のうつ病に有効だという。 このほかに、磁気を出すコイル装置を頭部に近づけて、脳の神経細胞に刺激を与える「反復性経頭蓋磁気刺激法(rTMS)」というものがある。 こちらは麻酔の必要がなく、2018年内に保険適用される見込みだ。 うつ病は再発しやすく、長期休職すると復職が難しいというイメージもあるが、近年は復職支援(リワーク)プログラムに力を入れる医療機関が増えている。 認知行動療法で考え方のクセを修正するほか、対人関係をスムーズに行うためのグループワークや、規則的な生活を送り、きちんと休息を取るよう指導を行う。 職場に戻れば再びストレスにさらされるが、「悲観的な考え方」を修正できれば、心のダメージは軽減される。 また、生活のリズムを整え、仕事以外に楽しむ時間をもつようにすれば、ネガティブな感情をひきずらずにすむ。 「大事なのは、ストレスとのつきあい方を変えていくことだと思います」と丸山先生は話す。 すべて悪いものだと決めつけず、上手に楽しくつきあっていくという発想を取り入れてほしいです」 イラスト=MAIKO SEMBOKUYA (1)投薬 脳の神経伝達物質(セロトニン、ノルアドレナリンなど)に作用する抗うつ剤は、SSRI、SNRIと呼ばれる薬が主流。 不安障害や強迫性障害などにも処方される。 (2)認知行動療法 特別な訓練を受けた精神科医や臨床心理士が行う精神療法。 ものごとを悲観的・否定的にとらえるクセ(認知のゆがみ)を患者に自覚させ、修正していく。 (3)修正型電気けいれん療法 麻酔下で、頭の表面から電流を2~3秒通し、軽いショックを与えてうつ病の症状を改善する。 即効性があり、自殺する危険がある重症な患者に適用される。 (4)復職支援プログラム 産業医や臨床心理士などの有資格者が、精神障害で長期休業している患者の復職をサポート。 日常生活の改善指導や対人交流を学ぶグループワークもある。

次の

ゲイの精神科医・Tomy「SNSでアピールしている人は、ほぼリア充じゃないわ」

ゲイ の 精神 科 医 tomy の つ ぶ や き

ゲイの精神科医・Tomyさん 新型コロナウイルス菌の感染を防ぐために変わった生活リズム。 既婚者からすると、いくら好きな相手とはいえ、パートナーと一緒に過ごす時間が急増したことにストレスを感じている人も多いはず。 この状況を回避するいますぐに自宅でできることは……? その答えを、著書も大ヒット中のゲイの精神科医・Tomyさんと、女性の生き方に関する著書が好評のエッセイスト・小林久乃さんが教えてくれる。 人を見る視点が特殊な二人の意見をどうぞ。 これにはどういう解消方法がありますか? 小林 友人から大変だとよく愚痴をリモ飲みで聞きますねえ。 もうそういうときは、公園でも買い物でもいいから、ひとりになれ! と言っています。 本当なら「ウチに来なよ」とでも言いたいけど、今はNG。 でもなんとなく自分の中で既婚者の友人の話を総括すると、専業主婦のほうがそもそも家族と過ごす時間が多いので、負担が少ないように見えます。 Tomy でも今、男性ひとりの稼ぎだけで家庭が形成できるパターンは少ないですよね。 共働きが前提。 それにこの騒動が与える不況は大きいから、二人で稼がないといけなくなるかもしれないし、専業主婦の数は減ることになると思うの。 もちろん兼業主婦も収束すれば、また以前の生活が戻ることになるわよね。 それに夏季休暇もどうなるかわからないし……だから、今は家族と過ごせる貴重な時間になるかも? エッセイストの小林久乃さん 小林 何事もちょっとした発想の転換は大事です。 Tomy先生は今、パートナーと同居されているそうですけど、ストレスはかかっていないですか? Tomy 職業柄、アテクシはリモートワークというわけにはいかないので、通勤はしていて、生活は変わらないです。 でももし二人で過ごすことになっても、負担にはならないかもしれないです。 ゲイには結婚制度がないから、生活を共にすることが結婚に近い。 ちなみにアテクシ、その生活を共にする基準がいかに相手の前で、だら〜んとしていられるか? なので、気遣いもしないですね。 でも精神科の治療に取り入れているような気分転換は、すでに生活習慣になっているので苦痛もないですし。 軽い運動はストレスの溜まった脳を休めてくれる効果があるんです。 なるべくなら、人混みのないその辺の原っぱ、河原、海岸、野山……鳥の声や草木を眺めながら、スマホはおうちに置いて歩いてみてはどうかしら。 その環境がないなら、公園や少しだけ車で出かけてみるとか。 小林 普段バタバタしていて、脳内フル回転だと、そういうことが癒やしになるという気も回らないんですよね。 作っている間は手先に集中して工夫をしようとするから、嫌なことを忘れます。 出来上がるまでの一連の作業すべてが、エンターテイメントなんですよ。 小林 いきなり毎食作ることになって大変なら、テイクアウトにしていいですよね。 今、飲食店の人たちは本当に大変な局面を迎えています。 私も、馴染みの店がつらそうで……そういうときは出前システムも使って、外食しましょうよ。 それに今なら「絶対、普段はテイクアウトなんてしないよね?」という店がどんどんリリースしています。 入りたかった店の味を安価で知ることができるチャンスだなって。 自宅で仕事をしていても求められるものは変わらないし、家事で頑張ろうとするのは一旦考えから外しちゃいましょう。 気分転換をしながら自分を見つめ直す。 でもどんなに好きな人でも一緒に過ごす時間が過剰に増えると、関係性に不安が生じるのでは? と悲観的になってしまうという意見があります。 小林 ちょっとハードな回答かもしれないですけど、パートナーとの関係性にひどく悩むならという前提で、離婚は選択肢のひとつかもしれないと思うんです。 東日本大震災の時に、周囲で離婚、移住をした友人たちがいました。 今から9年前、若さもあったし有事がほぼ初体験だったので、彼らの決断を理解することができなかった。 「なんで(地震を理由に)一家離散するの?」と何度も説得もしました。 でも今なら(離婚、移住をすることが)理解できる。 これから長寿社会を生きていくのに、決定的なところで価値観が違うと負担になりますよね。 けして悪いことじゃないなって。 Tomy いろいろな選択肢があってもいいんですよ。 でもね、相手に過度な期待をしないことを忘れないで。 普通の男女に当てはまるかどうかはわからないけれど、アテクシたちゲイのカップルには様々なタイプがあります。 交際をするということは、他の人とは付き合わないという約束を交わすこと。 でもオープンリレーションシップといって、他の人と体の関係ならOKというパターンもあるんです。 結婚制度のように絶対的なものはない。 小林 それ結婚していたら浮気ですから、ちょっとした惨事になりますよ〜。 Tomy だからこそ自分が相手に何を求めるかをきちんと持っているんです。 なかなかそういう人に巡り会うのは根気がいるけれど、条件を緩めずに探せば現れるものです。 自宅で過ごすのは、そういった条件を見直す貴重な時間、経験だと思いましょう。 ちなみにアテクシは今、幸せですよ。 家族と遠く離れて住んでいると「もし家族が感染したら……会えないかもしれない」。 この不安から少しでも脱出するためのメッセージをお願いします。 小林 例えば先ほどお話しをした飲食店さんが始めているテイクアウトでも、SNSを使ってアピールをして「この騒動が終わったら撮影のケータリングをお願いします」と大口注文を受けている店がありました。 対するように、サーバーから生ビールを出せば700円稼げる、弁当箱にチマチマ詰めて同じ金額なんてやっていられないと言っていた店も。 もちろん、金銭の価値観はそれぞれですから善悪は問えません。 どんな人だって、いつもいい意味で変身願望と戦っている。 今はその綿密な計画を立てる時間ですよ。 人生をうまく循環させていくチャンスです。 Tomy この状況は先が誰にも読めないので、不安になることは仕方がないわ。 むしろ不安を認めてつき合っていく……というスタイルの方がいいと思います。 意外とみんな「自分は大丈夫だ」なんて過信しているけど、それが怖いです。 「その時の状況で動けばいいや」と雑に考えること。 ケセラセラの精神ですね。 今までと全く同じことはできないけれど、楽しめることは探せばいくらでもあるわ。 そうやって毎日をていねいに楽しむことが大切よ。 大丈夫、この状況が永遠に続くわけではありません。 いつかは必ず終わりがきます。 【プロフィール・Tomy】 Tomy とみー 精神科医 精神科病院勤務を経てクリニックに常勤医として勤務。 2019年6月から本格的に投稿を開始したツイッターが話題を呼び、半年ほどでフォロワー13万フォロワー突破。 精神科医の知識とオネエキャラをミックスした愛の言葉に励まされる子羊たちが多く、さらに人気急上昇して現在16. 6万人が彼のツイを待ちわびている。 覆面にてメディアにも出演。 近著が好評発売中。 【プロフィール・小林】 小林 久乃 こばやしひさの エッセイスト/ライター/編集者/クリエイティブディレクター エンタメやカルチャー分野に強く、ウェブや雑誌媒体にて連載記事を多数持つ。 企画、編集、執筆を手がけた単行本は100冊を超え、中には15万部を超えるベストセラーも。 静岡県浜松市出身、正々堂々の独身。 女性の意識改革をライトに提案したエッセイが好評発売中。

次の

【新型コロナ】ゲイの精神科医Tomyが教える!自粛疲れ・コロナ離婚を乗り切る生活術|#アベプラ《アベマで放送中》

ゲイ の 精神 科 医 tomy の つ ぶ や き

他人で穴埋めしない。 そして執着を手放す。 生きていると悩みや不安は尽きない。 「なーに言ってるの、本当にダメな人は自覚も反省もないわ。 自覚してる時点でもう、アナタが思うより、アナタはずっと素敵よ」と、精神科医のTomyさん。 悩みを吹き飛ばすつぶやきが評判のツイッターは17万フォロワー超。 一人一人の心に寄り添い勇気を与えている、新時代の聖母的存在! 「自己肯定感を高めるには、自分の足りない部分を他人で埋めないこと。 自ら試行錯誤するのはいい。 でも他人の存在で穴埋めしちゃ絶対ダメ。 自分の本心とガチで向き合うのよ。 そして、生きるって、いろんなことを処理しながらバランスとってやっとできること。 たとえ努力が実らなくても、精一杯やるだけでスゴイの。 執着心が不安や不満を生むわ。 時には手放すことも必要なの。 なるようになると思うだけで、少しラクになるわよ。 今を大切に、自分に素直に生きることから始めてみて。 これは誰にでもできることよ」 メンタル強化のカンフル剤。 精神科医Tomyのお悩み相談室 HELP1 家庭環境を考慮してもらい、地方から東京へ転勤。 そのことで、仕事内容は大好きなことから離れてしまうことに。 でも、半年経った今も、地方でやっていた仕事をもう一度やりたい気持ちが増すばかり。 自分がなぜここにいるのか、モヤモヤが消えず悩んでいます。 (31歳・会社員) 【ANSWER】半年で決めつけるのはあまりに時期尚早。 石の上にも三年よ。 「やりたいことを仕事にできるって、実はとても珍しいことなの。 まずは目の前にある仕事をしっかりやらないと、本当にやりたいことって見えてこないものよ。 それにその試練は、今の自分に必要なご縁やタイミングで巡ってきたものかもしれないし、学べることは必ずあるから、ある程度向き合ってみてもいいと思うの。 石の上にも三年ってよく言うように、もうちょっと粘って吸収し尽くしてみては。 やりたい、やりたくないは抜きにして、新しいことにチャレンジしているんだとモチベーションを上げながら楽しんでみるの。 それができないなら、転職するくらい思い切ったことをやってみてもいいけれど、時には成り行きを眺めたり、流れに任せるってことも必要よ」 HELP2 同じような仕事内容なのに、SNSで過度にアピールする同僚がウザいと思ってしまいます。 みんなで頑張った成果物も一人でやったかのような横取りアピール。 会社の人からは見破られていますが、フォロワーから称えられている状況が心地よくありません。 (25歳・会社員) 【ANSWER】一呼吸置いて俯瞰してみて。 大人の対応を。 「会社の人が分かっているなら、気にしなくていいんじゃないの。 SNSにアップすることで、彼女の評価が上がっているわけじゃないんだし。 手っ取り早い解決策は、彼女のSNSをチェックするのをやめることだけど、でも見ちゃうんでしょ、困った子ね~(笑)。 それなら発想の転換しましょ。 本当に日常が充実している人は、わざわざ自慢しないわよ。 SNSでアピールしている人は、ほぼリア充じゃないわ。 承認欲求が強いだけ。 そうすると、逆に可愛く思えてきちゃったりするわ、アテクシの場合(笑)」 HELP3 新しい部署のあるプロジェクトで、先輩と私が案を出し合ったのですが、先輩の企画が採用に。 いいものに決まればそれでいいのは頭では分かっているのですが、自分の案が採用されなかったことに心は嫉妬や焦りでいっぱいです。 (31歳・会社員) 【ANSWER】嫉妬や焦りのエネルギーを学びに転換して! 「先輩のほうが、経験豊富なんだから、いい仕事するのは当たり前じゃないかしら。 向上心が強いのはイイこと。 でもすぐに結果を求めちゃダメよ。 こういう経験をたくさん積んで、人は成長していくの。 もし自分の案が採用されなかったことを失敗だと思っているなら、失敗は次の成功へのヒントになるから、良い勉強のチャンスだと心得て。 先輩の案が採用された理由を周りの人に聞いてみたり、先輩本人にコツを教えてもらったり、とことん追求してみるの。 自分がうまくいかなかったことを材料にして学ぶのって、効率いいと思わない? 嫉妬や焦りにエネルギーを使っているなんてもったいないわよ。 先輩に食らいついて、悔しさをぶつけてみたらいい関係になれるかも」 HELP4 今の勤め先はかなりラクで給料もそこそこいいです。 ただ、やりがいがなく毎日会社の文句しか出ません。 このまま我慢して働くことがいいのか、給料が下がってでもやりがいを求めるべきかで、日々悶々と悩んでます。 (29歳・会社員) 【ANSWER】やりがいは、いろんな方法で見つけられるわ。 「隣の芝生は、青く見えるもの。 やりがいを求めて転職したとしても、今度は給料が低いことや会社への不満が出てくるんじゃないかしら。 我慢はどこへ行っても必ず生じるものだから、時には割り切ることも必要よ。 かなりラクで給料もそこそこいいなら、最高じゃないの~。 やりがいは、仕事だけでなく、いろんなことで見出せるものよ。 物足りないと思ったら何か始めてみれば? 自由に使える時間があるなら、趣味に没頭してもいいし、副業してみてもいいし、そっちで達成感を得ればいいじゃない。 お金とやりがいってよく比べられるけれど、お金がないと、やりたいことも始められないものよ。 今の勤め先で生活基盤を守りつつ、やりがいのあることを探してみて」 Tomy 精神科医。 Twitter「ゲイの精神科医Tomyのつ・ぶ・や・き」が話題を呼び、半年ほどで13万フォロワー突破。 それを書籍化した『精神科医Tomyが教える 1秒で不安が吹き飛ぶ言葉』(ダイヤモンド社)が発売中。 イラスト・カツヤマケイコ 取材、文・鈴木恵美 (by anan編集部)•

次の