スラックス amazon。 メンズスラックス

スラックスおすすめ12選|専門家によるフォーマル&カジュアル別ランキングを紹介

スラックス amazon

スーツは冬場は温かいですが、夏場には着るのが辛いですよね? 元々スーツを着るのは日本が発祥ではなく、海外の風習を継いだ物ですから、高温多湿な日本の季節には合っていません。 ただ、仕事はもちろん、公の場ではスーツが公式化していますので、今更スーツを着るのが嫌とも言えません。 会社によっては、制服としてスーツが共用されますが、夏場は辛いというのは間違いがない所です。 一時期クールビズなんて言葉が流行りましたが、 最近またクールビズと言う言葉が使われるようになりました。 地球温暖化のせいばかりではないですが、昔に比べると真夏日が多くなったように感じます。 女性のスーツは、涼しいタイプもありますが、なぜか男性のスーツは涼しくないタイプが多いです。 まさか、仕事場で半袖のポロシャツなどを着るわけにもいかないので、スーツを使わないで済むならそうしたいと思う男性も多いのではないでしょうか? そんなクールビズですが、実践するとしたらスラックスかスーツが思い浮かびます。 実や両者には違いがあるのですが、クールビズで穿くとしたら、どちらが良いのか迷う所です。 どうせなら、問題のない服装で、かつ涼しくなりたいものですよね? 以下に、スラックスとスーツの違いや、クールビズにあっているのはどちらが良いのかなど、ご紹介します。 Contents• スラックスとスーツの違いは? スラックスと聞くと、スーツのズボンの事を指している気がしますよね? でも実際には、スーツのズボンであるとは限らないんです。 スラックスの語源は「Slack(スラック)」から来ていて、その意味は「緩い ゆるい 」という意味があります。 ですので、スラックスはスーツのズボンを指すのではなく、ゆったりめのズボンは全てスラックスになるというわけですね。 一方スーツの意味ですが、こちらは「同じ生地を使って作られた上下揃いの服」という意味があります。 実は、 スーツとスラックスには明確な違いはありません。 スーツも上着とセットになっていることがありますし、スラックスも上下ともに同じ素材で作られたものを指すことが多いからです。 ちなみに、スーツの場合は、上着だけの場合「背広」などと呼ぶことがあります。 基本的に、スーツとスラックスの違いは、ゆったりめのズボンであるかどうかの差しかないんですね。 スラックスはズボン単体も指しますが、上の服と揃ったものもまたスラックスと呼ばれることもあるからです。 スーツとスラックスを分けるなら、スーツは上下揃って初めてスーツと呼び、スラックスはズボン単体も指すことがあるという違いだけなんですね。 また日本では、スラックスとスーツ以外にも、ズボンやパンツなどと使い分けますよね? それらの違いも簡単にご紹介しますと。 スラックスって何?チノパンとの違いは? スラックスには、前述もしましたように、英語で「緩い ゆるい 」という意味があります。 つまり、体にぴったり合うようなズボンではなく、緩い感じのフルレングスのズボンを指すんですね。 スラックスと言うと、男性のズボンのイメージがありますが、意味的に考えると、女性のズボンもスラックスに当てはまることが多いです。 スラックスはズボン単体も指しますが、基本的には、上着とセットになっているズボンのことを指します。 一般的なスーツはもちろん、パーティで着るような燕尾服も、スラックスと呼ぶことがあるんですね。 実は、スラックスと同じくクールビズに良く使われるチノパンには、明確な違いがあります。 それは、 チノパンは綿100%で作られているカジュアルパンツであるということです。 綿で作られているチノパンには、スラックスと同じように、ノータックやツータックというのもあります。 ですが、チノパンはあくまでもカジュアル向けであって、ビジネス向けではないんですね。 スラックスの基本的な定義は、前述もしましたように、ズボンと上着がセットになったものです。 もちろん、ズボン単体も指しますが、基本的にはセットで考えます。 また、スラックスは上着とセットですから、チノパンとは違い、センタープレスも入ってます。 チノパンは、ズボン単体しかないので、スラックスとは呼べないんですね。 もし会社の服装で、クールビズを推奨している場合は、しっかりと確認しておきましょう。 その上で、スラックスかチノパンとある時には、チノパンはカジュアルなズボンですので、仕事に相応しい綺麗めなものを選ぶのがおすすめです。 ただ、チノパンは営業をされている方には不向きです。 お客さんと相対する時に、チノパンを履いていると不審に思われることもあります。 ですので、 営業を専門にする方は、例えチノパンがOKの会社でも、普段からスラックスを穿くことをおすすめします。 クールビズで穿くならスーツとスラックスどちらが良いの? スーツとスラックスの違いは、前述した通りですが、クールビズで迷ったら、スラックスを選ぶのがおすすめです。 クールビズは、涼しくなるのが目的ですから、スーツだと上下が揃わないといけない分、涼しさを堪能出来ません。 一方 スラックスなら、ズボンだけをゆったり目の物に変えて、上はクールビズ用のワイシャツを着ればOKと言う事になります。 もちろん、スーツでも上着を脱げば良いだけではありますが、スーツの場合は上下が揃って初めて役割を果たします。 と言う事は、 ズボンだけ穿くとズボンだけが消耗し、いざ上下揃ったスーツを着ようと言う時に、上着だけが新品なのは恰好が悪いですよね? スラックスは、ズボンだけでも役割を果たしますので、スラックスが痛んだら、スラックスだけを買いかえれば済みます。 また、スラックスはスーツに比べると安く手に入りますので、買い換えるのも楽になります。 クールビズ目的で使うとしたら、スーツよりもスラックスがおすすめなんですね。 スーツとスラックスの違いは前述もしましたが、 スーツは上下セットで使うのが基本です。 例えば、ワイシャツをクールビズにしても、スーツの場合はジャケットもセットで使うようにいなっていることを忘れないで下さい。 明確に定義されている会社は少ないかも知れないですが、 スーツとスラックスの違いを理解して、クールビズでも恥をかかない服装にしましょう。 また、同じようにチノパンも、会社内でしか履けない可能性を考えておきましょう。 ですので、クールビズの服装に迷った時には、スラックスを選んでおけば間違いがありません。 まとめ スーツもスラックスも、両者の違いは上下揃うかどうかだけだったんですね。 クールビズは、仕事場によっては、チノパンがOKな場合もあります。 ですが、仕事内容によってはスラックスを選ぶと間違いがないみたいです。 スラックスのようなゆったりとしたズボンなら、男性でも夏が涼しく過ごせますね。 スーツもスラックスもフォーマルな用途で使いますが、日本の夏の気候にはスーツは合わないようです。 ワイシャツやズボンなど、クールビズに使うなら、仕事場に適したデザインの物を選ぶのもおすすめです。 クーラーが付いている会社ならスーツでもOKですが、やはり夏にはスラックスが良いようですね。 仕事場でも違和感のないクールビズを決めて、 仕事の能率を上げるようにするのが、 本来のクールビズかも知れませんね。

次の

メンズスラックス

スラックス amazon

ですが、それがどんな着こなしのことを指すのか、よく分からないという方も少なくないでしょう。 それもそのはず、実はビジネスカジュアルの定義には確固たる正解がないのです。 もちろん大前提は、「上下揃いのスーツによる正統派スタイルよりもくだけた着こなし」なのですが、ではTシャツ+ショートパンツのようなスタイルもありなのかというと、決してそうではありません。 上下の明暗を変えたビジネスカジュアルスタイルでは見た目でカジュアル感が出ていますので、必要以上にカジュアル感を出さないためにもサイズ感には注意を払ってスマート感を出しましょう! ポイントは3つ「もも」「ヒップ」「ウエスト」です。 ももはきついとしゃがんだ時にミミズのようなシワが横に数多く入ります。 穿いた感覚でのサイズ判断は一回パンツを穿いて屈伸をしてみて、破れなさそうであれば大丈夫です。 見た目の判断は、ヒップですと、太すぎるとシワが多く入り、また、細いと食い込みが生じてしまいます。 ウエストは指一本入る程度の余裕があれば問題ありません。 あまりに余裕がありすぎますと、ベルトを締めた時に弛みができてしまいスマートさにかけてしまいます。 もし、ヒップとウエストのどちらかしかちょうどいいサイズのものがなければ、ヒップのサイズがちょうどいい物を選びましょう。 ウエストであれば3~4cmはお直しすることができますし、お値段もヒップやももを直すよりも安く済みます。 ビジネスカジュアル用のスラックスを選ぶときは股上の浅いものを選んでみましょう。 股上が深いものだと下腹部が大きく見えたり、オシリが大きく見えたりして、野暮ったく見えてしまいます。 なので、お腹が気になる方には特におすすめです! 股上には前股上と後ろ股上があります。 エミネントのスラックスでは前股上が浅くても、後ろ股上が深くなっていたり、 型紙や縫製の技術により、見た目には股上が浅く見えても、穿き心地にストレスを与えないギミックが詰まっています。 股上の浅い、深いは最初はわかりずらいと思うので、エミネントのスタッフに聞いてみてください! 裾の長さは、ハーフクッションかワンクッションで 「裾の長さは靴を脱いだ時に裾が地面に着くか着かないかの長さにしましょう」という 店員さんがいますが、スラックスの専門メーカーエミネントがビジネスカジュアルで推奨するのは 「ハーフクッション」か「ワンクッション」 クッションとは、靴に被るスラックスの裾口前方のたるみのことです。 ノークッション・ハーフクッション・ワンクッションと種類がありますが、ビジネスカジュアルスタイルでおすすめはハーフクッションかワンクッションです。 ハーフクッションの方がより印象が軽やかになります。 どうしても短いのが気になるという方はワンクッションにしておくのがベターです。 スラックスの裾が長すぎると野暮ったく、短すぎるとカジュアル感が出てしまい、ビジネスでは相応しくなくなってしまいます。 スーツのジャケットを使うならチグハグ感に注意! ビジネスカジュアル用に揃えたスラックスと、スーツのジャケットを組み合わせるときに一番起きる問題は「上下のチグハグ感」です。 スラックスやジャケットを単品で購入しようとした場合は、同じコーナーに置いてあることが多いので組み合わせのしやすいものが置いてあることが多いですが、スーツは別コーナーにあってスラックスやジャケットの単品と組み合わせることが前提として考えられていないので、3つの注意ポイントに気をつけましょう。 ポイントは「サイズ」「素材」「色・柄」です。 もし、ジャケットはスーツのものを使ってスラックスだけを購入しようとする場合は、実際に合わせようと思っているスーツを着て行って確認することをおすすめします。 しかし、この企画は始まったばかりでまだまだ世間一般ではこのプロジェクトを知らない人が多く、受け入れ体制が整っていないと言えるでしょう。 なので、ビジネスカジュアルでは「取引先」や「会社」がどのように感じるかをメインに考えるため、今回の記事ではスニーカーを履くことは推奨していません。

次の

おすすめのスラックスハンガー9選 スラックス以外もすっきり片付くニトリのマルチハンガーラックも紹介

スラックス amazon

スラックスとは? By: 「スラックス」という言葉の定義は少し曖昧で、ロング丈のパンツ全体のことを表しています。 スーツや制服などで、ジャケットに合わせるパンツをスラックスと呼ぶことも多いです。 最近のファッションシーンでは、パンツ中央に「センタープレス」という折り目が付いたパンツのことをスラックスというのが一般的。 素材はウールやコットン、ポリエステルなどを採用していることが多く、シワになりにくい生地が用いられます。 もともとは太もも周りにゆとりのあるパンツを示していましたが、タイトなシルエットのモデルをスラックスとしてリリースしているブランドも多いです。 スラックスはチノパンやジーンズとは違うの? By: 厚手のデニム生地で作られているのがジーンズ。 労働者の作業着をルーツとしていて、ポケットを補強するボタンのようなパーツ(リベット)が付いていたり、ダメージ加工を施しているモデルがあったりと個性の強いアイテムです。 肌触りがなめらかな綿生地「チノクロス」を採用しているのがチノパン。 ラインナップの中にはセンタープレスが入っているモデルも存在します。 一方でスラックスは、本来は特定の素材パンツを指す言葉ではありませんが、現在はジャケットに合わせるきれいめなパンツ全般を指すことが多いです。 また、デニム生地のスラックスも数多く登場しているので、チノパンのようにカジュアルコーデにも合わせられます。 スラックスはどういうときに着る? 普段のカジュアルなファッションに By: フォーマルスタイルに合わせることの多いスラックスですが、前述した通りカジュアルな着こなしを想定したモデルも多くリリースされています。 コーデを引き締めるきれいめアイテムとして普段のファッションに取り入れられる汎用性の高いアイテムです。 特に、体型がスマートに見えるテーパードシルエットのモデルがおすすめ。 足首がチラッと見える「9分丈」や、ひざ下まで見える「7分丈」のモデルを選べば、裾周りがすっきり見えて着こなしやすいです。 ビジネスカジュアルに By: スーツのような堅さがなく、おしゃれに楽しめるビジネスカジュアルスタイルでも断然スラックスがおすすめです。 ノーネクタイのワイシャツやポロシャツと組み合わせる際は、パンツにセンタープレスがあるかないかで印象が大きく変わります。 カジュアルに寄せる場合は、ピンストライプやチェックが入った柄物のスラックスもよいでしょう。 スラックスのメンズコーデ カジュアルコーデにスラックスを組み込む By: カーディガン・カットソー・スニーカーといったカジュアルなアイテムとスラックスを合わせたシンプルコーデ。 プリーツとセンタープレスの入ったきれいめのスラックスが、コーデに上品さを加えています。 カラーリングをモノトーンで統一しているのも参考にしたいポイントです。 カラフルなトップスをスラックスで落ち着かせる By: 鮮やかなグリーンのニットを中心にしたコーデ。 同系色のニットキャップを合わせて上半身に統一感を出しているのがポイントです。 ボトムスにはダークトーンのスラックスをチョイスしており、センタープレスの入っていないリラックス感あるデザインがコーデによく馴染んでいます。 ホワイトのスニーカーとの相性もよいです。 チェスターコートとスラックスを合わせる By: チェスターコート・スラックス・レザーシューズをダークトーンで統一した落ち着きのあるコーデ。 チェスターコートをキレイに着こなしたい方は、このようにスラックスと合わせるのがおすすめです。 トップスにブルーのニットを選んでアクセントを加えているのがポイント。 秋冬のコーデをおしゃれに大人っぽく演出してくれます。 ベージュのスラックスをコーデの主役にする By: ダブルに折り返した裾やセンタープレス、そして深みのあるベージュでレトロな雰囲気のあるスラックスを主役にしたコーデ。 同じベージュのチノパンとは異なる落ち着いた色合いが魅力です。 ゆとりあるサイズ感のトップスと、テーパードシルエットのタイトなスラックスがバランスをとっており、ホワイトソックスとローファーで仕上げた足元も雰囲気作りに一役買っています。 スラックスをジャケットと合わせてフォーマルに着こなす By: ネイビーのジャケットとグレーのスラックスを合わせたフォーマルなコーデ。 ジャケットの着丈の短さやスラックスのタイトなシルエットなど、サイズ感に気を配ることでモダンな雰囲気を演出しています。 インナーにはチェック柄のシャツを選んでおり、アクセントを加えているのも注目ポイントです。 ジェルマーノ GERMANO 高機能ウールストレッチトロピカル1プリーツイージーパンツ 3TD-4606 テーパードシルエットとワンプリーツで仕上げられたトレンド感のある1本。 高級感のあるイタリアンファブリックを採用して上質な雰囲気を演出しているのがポイントです。 スニーカーと合わせたスポーティなスタイルから、きれいめなジャケットスタイルまでさまざまなコーデに合わせられます。 高機能素材を使用しているのも特長のひとつ。 シワになりにくいだけではなく、洗濯機でラクに洗えるため履きこなしやすいです。 折りたたんでコンパクトに収納できる専用ポーチが付属しており、旅行や出張にも最適。 オンオフ両方で活躍してくれるおすすめのスラックスです。 ジェルマーノ GERMANO コットンストレッチギャバジンサイドアジャスター2プリーツパンツ 329G-4806 チノパンに代表されるコットン素材を使用したスラックス。 サイドアジャスター・2プリーツ・サスペンダーボタンといったクラシカルな要素とカジュアルな生地を合わせているのが特徴です。 センタープレスの入ったテーラード仕立てなので、カジュアルなコーデはもちろんフォーマルなコーデでもしっかり活躍してくれます。 高級テキスタイルメーカーによるコットンを採用していて、サラッとした肌触りと光沢のある艶やかなルックスを併せ持っているのもポイント。 耐久性に優れていて型崩れしにくいので、ラクに履きこなせます。

次の