スシロー コロナ。 コロナ不況の明暗 「吉野家」が堅調で「スシロー」大苦戦の理由(FRIDAY)

コロナウイルスで生もの(寿司)は危ない?大手回転寿司の売り上げが激減のワケ

スシロー コロナ

スポンサーリンク スシロー 一人勝ち!その内容とは 回転寿司チェーン店のスシローは、27ヶ月連続で成長しつづています。 売上はダントツで、新型コロナが蔓延している現在も、店内は人でゴッタ返しているようです。 ガイドブックをみてお店にやってくる外国人もいるのだとか。 これだけ騒がれている中で通常のような営業をできるお店は、多くないですよね。 回転寿司チェーン店の競争が激しくなっています。 有名なところでは、かっぱ寿司やくら寿司。 かっぱ寿司は? かっぱ寿司は、日本国内にあった寿司は高級品というイメージを一新し、どんな人でも手軽に食べることができる形に落とし込むことを成功させました。 寿司といえばかっぱ寿司と答える人も多いと思います。 しかし、2010年ごろから安くて質が低いものよりも、多少高くてもおいしいものを求める人が多くなったので、売上は下がってきているそうです。 今は、質がいいものを使ったネタで勝負していますが、安くて味も値段と一緒というイメージを払拭しきれていません。 くら寿司は? くら寿司は、サイドメニューやサービスに力を入れてきました。 有名なところで言うと、「ビッくらポン」ですよね。 ついついガチャガチャをやりたくなってしまい、というかやらなきゃみたいな感じになって、あと1皿でビッくらポンできるってわかるとお腹いっぱいでも食べちゃいます。 くら寿司もスシローと同じように高級路線を走っていたのですが、ネットの炎上によってイメージがダウン。 信頼を落としてしまった結果、客足が遠のいているそうです。 飲食店はイメージが命ですからね。 なんでネットで炎上したかというと、従業員がゴミ箱に捨てたハマチを拾って、調理しようとしていた姿が拡散されたから。 それが一部であったとしても、食べる気にならないですよね。 二つの回転寿司チェーン店が人気を落としていることが、スシロー人気を高めている理由なのです。 スシロー寿司 一人勝ち!理由はメニューや持ち帰り? 引用元: くら寿司が一人勝ちしているのは、売上高を見るとわかります。 2019年3月の決算では、かっぱ寿司は約761億円。 2019年10月決算、くら寿司は約1361億円。 2019年9月決算、スシロー1990億円。 かっぱ寿司とスシローを比較すると売上高が2. 5倍も差があります。 これは大きな差ですよね。 スシローが一人勝ちしているのは、二つのチェーン店が人気を落としているだけではありません。 メニューは高級志向を追求していることやサイドメニューに肩入れしすぎていないこと、キャンペーンでも寿司に力をいれていることなどです。 持ち帰りでも寿司の種類がたくさんある方がうれしいですよね。 サイドメニューも全然ないわけではなく、ケーキとかアイスとかあるので、子どもからお年寄りまで広い年代の人を満足させています。 スシロー一人勝ちに世間は? スシローに行ったことがある人からは、味やネタの厚さなどに満足している声が多くあります。 また、売上の高さからアルバイトの時給が高いとの声も。 それでは、世間の声を見てみましょう。 「20年前からバイトの時給も首都圏だと200円以上上がってる。 くら寿司は当時と変わらず100円を貫いてるけど、スシローは一部値上げしていっている 営業利益の差はここら辺も関わってそう。 まさかここまで数字の差があるとは思わなかった。 」 「単純に、おいしさが スシロー>くら寿司>かっぱ寿司 の順。 」 「スシローは安くてうまい。 しかも、寿司だけではなく、茶わん蒸し、デザートなども安くておいしいものが充実している。 スシローが安くてうまいというイメージを作ることに成功したのは、卵焼きなどほとんど原価のかかっていない商品も100円で売ることで利益を出し、マグロの大トロなどは赤字覚悟で安く売っている。 これで安くうまい寿司が食べられるというイメージが定着した。 もう一つは、機械の操作が分かりやすく、豊富なメニューの中から自分の欲しいものを簡単に選べるようになっている。 かっぱ寿司は、スシローに比べて、注文する機械の操作が分かりにくい。 機械の操作が分かりにくいと、欲しいものを注文できないので客離れに繋がる。 値段はかっぱ寿司もスシローも似たようなものだが、これでかなり損している。 」 引用元:ヤフーコメントより 3店舗すべて行ったことのある人からは、味がいいとの高評価を得ています。 また、サイドメニューに対しても満足との声があるのです。 寿司を食べに行ったのに肝心の寿司がおいしくないとテンション下がりますからね。 時代にあった経営方針が売上増につながっているのでしょう。 スシロー一人勝ち!営業時間は変わる? 新型コロナの影響で、外食産業も大打撃を受けているわけですが、スシローは営業時間の変更などは公表していないようですね。 近くの店舗でも営業時間に変更はありませんでした。 しかし、大きなイベントが中止となっていることから、店舗側が営業時間の変更などをしなくても、お客さんの数は減っていくでしょう。 好調な経営状態だっただけに、この影響がどこまで出るのか気になるところですよね。 スシロー一人勝ちのまとめ スシローが回転寿司チェーン店の中で、一人勝ちしているとのことで話題を集めています。 その理由は、かっぱ寿司やくら寿司が人気を落としていることと、寿司にこだわった高品質なものを提供していることです。 おいしいとの評判が広がり、これだけの売上を伸ばしているよう。 新型コロナの影響が心配されますが、これからもネタにこだわったお寿司を提供してもらいたいですよね。

次の

コロナで進む“ぼっち飯”、身を寄せ合えないカウンター席

スシロー コロナ

今期の既存店売上高の振り返り では、同社のここまでの既存店売上高はどう推移してきたのでしょうか(同社は9月決算)。 既存店売上高は、前期(2019年9月期)全ての月でプラス成長となりました。 今期(2020年9月期)も2月までプラス成長が続きましたが、新型コロナ問題が本格化した3月はマイナス成長に転じています。 ただし上期合計では104. 全店売上高も既存店同様に前期から今期2月までプラス成長が続きましたが、3月はマイナス成長。 それでも上期合計は108. 過去1年の株価動向 最後に同社の株価動向を見ていきましょう。 同社の株価は2019年6月の1,498円を底に上昇し、2020年1月には2,578円に到達しました。 その後は反落し、2月後半以降の株式市場全体の下落により、3月17日には1,298円まで下落。 前期から高い成長を維持していましたが、新型コロナウイルスが店舗業績を直撃しました。 ただし2月までの貯金により、上期合計は既存店・全店ともプラス成長となりました。 感染拡大が続く中、今後の業績の落ち込み幅が注目されます。 LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。 その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。 LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。

次の

NEWS

スシロー コロナ

今期の既存店売上高の振り返り では、同社のここまでの既存店売上高はどう推移してきたのでしょうか(同社は9月決算)。 既存店売上高は、前期(2019年9月期)全ての月でプラス成長となりました。 今期(2020年9月期)も2月までプラス成長が続きましたが、新型コロナ問題が本格化した3月はマイナス成長に転じています。 ただし上期合計では104. 全店売上高も既存店同様に前期から今期2月までプラス成長が続きましたが、3月はマイナス成長。 それでも上期合計は108. 過去1年の株価動向 最後に同社の株価動向を見ていきましょう。 同社の株価は2019年6月の1,498円を底に上昇し、2020年1月には2,578円に到達しました。 その後は反落し、2月後半以降の株式市場全体の下落により、3月17日には1,298円まで下落。 前期から高い成長を維持していましたが、新型コロナウイルスが店舗業績を直撃しました。 ただし2月までの貯金により、上期合計は既存店・全店ともプラス成長となりました。 感染拡大が続く中、今後の業績の落ち込み幅が注目されます。 LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。 その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。 LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。

次の