地味 な 起業。 地味な起業で食っていく

僕たちは、地味な起業で食っていく。 今の会社にいても、辞めても一生食いっぱぐれない最強の生存戦略

地味 な 起業

「長い人生、今の仕事だけで食べていけるのか」「転職まではふん切れない」「独立する勇気もスキルもない」、そんな仕事やキャリアの悩みを抱える方は、ぜひ本書を開いてみてほしい。 著者の穏やかな励ましに満ちた文章が、読者の背中をそっと押してくれるはずだ。 (小嶋平康) 本書の要点 (1)地味な起業は、誰かを応援することで稼ぐ、敷居が低くてリスクのない新しい働き方である。 (2)地味な起業の実践法は、大きく「マネジメント系」「クリエイティブ系」「コミュニケーション系」の3つに分けられる。 特別なスキルは必要なく、社会人の基本的なスキルがあればすぐにでも始めることができる。 (3)自分が応援したいという人と仕事でつながるためには、まず、その人のブログやメルマガに登録しておくことだ。 とっかかりがない人は、まずクラウドソーシングサービスで何かやってみることから始めてもよい。 この従来型の「起業」を、本書は「派手な起業」と呼ぶ。 一方で、本書が伝える「地味な起業」は、誰かを応援することで稼ぐ。 押し出しの強さも、特別なスキルも必要ないので、始める敷居は低い。 加えて、地味な起業はその後のキャリアの幅も広げてくれる。 今いる会社で働きつつ、地味な起業を合わせてダブルワークをしてもいいし、地味な起業で得た人脈などを活かして派手な起業をしてもいい。 地味な起業には、すごいアイデアも資格も専門スキルも必要ない。 「ウェブデザインができなくて困っている」「宛名書きを手伝ってほしい」というような、世の中に掃いて捨てるほどある、地味な困り事に着目するのが地味な起業である。 1万円、2万円、3万円レベルの細かい仕事をコツコツ積み重ねて、実績をつくっていく。 会社を設立するわけではなく、個人事業主として税務署に開業届を出しさえすればいいので、元手はゼロ円で始められる。

次の

地味な起業で30万円!

地味 な 起業

【「TRC MARC」の商品解説】 「今いる会社で働き続けるか? 転職して他の会社に行くか? 」 「どんなキャリアが自分に合っているのか? 」 「このまま、会社にいるしかないのか? 」 今、そんな悩みや焦りを感じているあなた。 特に「やりたいこと」や「まとまったお金」、 「明確なビジョン」がなくても、 他のどんな働き方よりも安パイに 経済的に自立できるすごい働き方があります。 それが「地味な起業」です。 皆さんが知っている「起業」は「派手な起業」。 資金もいれば、人より抜きんでたスキル、 人脈、才能、ビジネスモデル……。 色々ないと、できません。 一方「地味な起業」に必要なものは、 スマホとP C 、あとはちょっとの「素直さ」。 これだけ。 「地味な起業」は、 あなたが普段やっていることをお金に変える働き方。 これで、今ある不安が消えて、 あなたの人生に「本物の安定」が訪れます。 さあ、一歩踏み出していきましょう。 会社勤めしながら、週末起業、副業という形で簡単にスタートできるように提案されています。 最初の一歩の始め方、人脈の広げ方まで具体的です。 また、事業を成長させるステップについても、働き方を次の3段階に分けて収入のステップも明示されているのが、副業を考えている人には具体的でイメージが掴みやすいです。 ・サポーター ・ディレクター ・プロデューサー また、中小企業・起業家向けの在宅秘書サービスという、事業主と在宅秘書のマッチングサービスがあるのことも参考になりました。 派手な企業でなく、地味な企業。 困っている人を助ける立場。 脇役でいい。 ネットで調べて、地味にサポートする。 強みを売り込む、のではなくサポートに徹する。 応援したくなる人を応援する仕事。 人を応援するための発信=特定の人に向けた発信。 いい仕事はブログやメルマガで募集されている。 クラウドソーシングサービス=クラウドワークス、ランサーズ、ジョブハブ、ココナラ。 単価が安くなる。 ある程度期間を決めて、次のステップに進む。 在宅業務仲介サービスに登録する。 しゅふJOBパート イベント、セミナーに参加する。 読んだ印象を一言でいうと、ロールキャベツ男子的。 草食男子に見えて中身は肉食というアレ 著者はベンチャー界隈に入り込んだ当初、所謂意識高い系の猛者の中で苦労したり、起業家に「成功するとは思えない」とか散々な言われようをしたりと大変だった様子で、この辺はフツーの人が読んで共感が得られる記述になっている。 その一方で、そもそもNTTデータに新卒入社、早々に今後の働き方に疑問を抱きベンチャー界隈に転身するという辺りは既になかなか普通じゃないよなと思う。 そんな苦労を重ねてきた著者の「浮かぶ瀬」は会社員時代に培った事務・調整能力で、ベンチャー起業家に「お手伝い」的に提供したところ、それが非常に喜ばれその後の飯のタネにつながって行ったという事らしい。 それを志高く事業に邁進する起業家に提供すれば喜ばれると…言われてみれば成程とは思う。 ただそんな起業家との繋がり方、ネットワーキングをどうするかが問題だとはどうしても感じる。 ここはSNSを駆使したりイベント・サロンに参加したりする方法が紹介されているが、若干ハードルが高い。 その中にクラウドソーシングや在宅仲介への登録もあるが、こうなると現在社会問題真っ只中の低賃金労働市場へ突入しそうな気もする。 極めて批判的な抜粋にはなるが、上記文脈に照らして「お金より経験を買え」とか「大事なのは『この人と仕事をしたら楽しそう』『この人を応援したい、貢献したい』という思い」という記述を並べてしまうと、どうしても構えてしまうというか、一定の留保はつけたくなってしまう。 マクロ的に見れば、日本の労働力不足の中で、クラウドソーシング市場は世界的に拡大中なのだ。 コレはその呼び水ではないかという疑念は、どうしても頭をよぎってしまう。 閑話休題。 本書のスタンスは、あくまで起業家に対する支援業務を、同じ起業家という立場で行うことを提案しており、その成否においては信頼関係が大事ということだ。 またネットワーキングの方法については、メルマガに返信とか中々気づかないTipsが多々あるので、丁寧に拾うと良いものができそうだ。 読了後は、地味な起業といえども起業だな、起業においては信頼関係の積み重ね、ネットワーキングが欠かせないのだなと��う事に思い至ったが、一般的にイメージされる「派手な起業」と異なる支援業務の領域も、最近のクラウドソーシングの潮流とも相まって、「地味な起業」として成立しうるのだなという事、それにあたっては信頼関係の積み重ねや業務にあたっての心構えや姿勢などが大切になるのだなという事を知ることができて、大変勉強になった。 「買い叩き」の懸念は拭えないが、こういう新しい働き方・市場も横目で睨みつつ、自らのキャリアを考えて積み重ねていきたい。 追記 「月10万円」といえば副業レベルである。 現在働き方改革関連で労働時間の通算とか安全衛生 労災 とか色々議論しているが、業務委託にしちゃった方がその辺の規制回避できてラクだし、本書の様な方向に行くのかな、なんて事もふと思った。 更に追記 というかこのジャンル既にあるじゃんね…クラウドソーシング。 起業っていうと派手なイメージがあったからね。 それに起業についてまったく無知だったので、少しでも起業のことを知りたいと思った。 僕がこの本で皆さんにお伝えしたいのは、好きなことをビジネスにするより、好きな人のビジネスを応援するとうまくいく、ということです。 P39 本書の一番いいたいことはこれ。 好きなことを仕事にするよりも、他人のビジネスを応援してお金を稼ぎましょう、ってこと。 それには特別な才能や資格などは必要ないという。 特に好きなこともないし、縁の下の力持ちなら受け身の私にも向いてそうだ。 ゲームでいうと味方をサポートするヒーラー的な役割だね。 それはどんな小さなことでもいい。 「え?そんなことに困ってるの?」みたいなことがビジネスに繋がることも。 つい最近まさにそんな体験をした。 私は前職を辞めるときに退職代行サービスというものを利用した。 その名のとおり、自分の代わりに退職の手続きをしてくれるサービスである。 退職代行会社とのやり取りはライン、退職の旨を伝えたら会社に電話をしてもらえる。 あとは退職届と社員証を郵送して完了。 会社との無駄なやり取りもなく、即日スムーズに退職することができた。 これは会社を辞めづらい人たちを狙ったうまいやり方だと思った。 会社を辞めるときって、上司に引き止められたりグチグチ言われたりでめんどくさいんだよね。 だから辞めるってかなり言いづらい。 こういう人たちって今世の中にすごい居るんじゃないかな。 だからこういうビジネスが成り立ってる。 しかし、この本を読んで起業の概念が変わった。 なにか1つでも自分の得意なことがあれば、それが武器になり他人の助けになると気づいたからだ。 ある人にとってはくだらないことでも、ある人にとっては大事なことかもしれない。 これからは常にアンテナを張り、周りの人たちがどんなことに悩んでいるのか、何を欲しているのかを察していけるようになりたい。 また、この本のおかげで起業に対するハードルがグッと下がった。 まずは自分の得意なことを見つけて、それをビジネスにつなげていきたい。

次の

【書評】経済的自由を手に入れる『僕たちは、地味な起業で食っていく。今の会社にいても、辞めても一生食いっぱぐれない最強の生存戦略』

地味 な 起業

著者:田中祐一、村山宇希 … 派手な起業が多い中、「地味」こそが生き抜く道。 派手な用に見えている起業も元々はシンプルなところから始まった。 (Inobe. Shion) 内容紹介 「今いる会社で働き続けるか? 転職して他の会社に行くか? 」 「どんなキャリアが自分に合っているのか? 」 「このまま、会社にいるしかないのか? 」 今、そんな悩みや焦りを感じているあなた。 特に「やりたいこと」や「まとまったお金」、 「明確なビジョン」がなくても、 他のどんな働き方よりも安パイに 経済的に自立できるすごい働き方があります。 それが「地味な起業」です。 皆さんが知っている「起業」は「派手な起業」。 資金もいれば、人より抜きんでたスキル、 人脈、才能、ビジネスモデル……。 色々ないと、できません。 一方「地味な起業」に必要なものは、 スマホとP C 、あとはちょっとの「素直さ」。 これだけ。 「地味な起業」は、 あなたが普段やっていることをお金に変える働き方。 これで、今ある不安が消えて、 あなたの人生に「本物の安定」が訪れます。 さあ、一歩踏み出していきましょう。 転職、副業、独立… すべてが「リスク」になる時代の、最強の生存戦略! Baby Steps to Giant Strides・・・ これに近いような考え方だと思いました。 Twitter でフォロー カテゴリー• 442• 540• 156• 299• 137• 297• 119• 137• 718• 108• 172• 200• 193• 6 人気ブログランキング 2020年1月 月 火 水 木 金 土 日 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 アーカイブ•

次の