耳 の 下 しこり。 耳の下のしこりの原因 痛み無し リンパが腫れている?

耳下腺リンパ節の場所としこりや腫れや傷みの原因と対処法!

耳 の 下 しこり

耳下腺リンパ節の傷みなどの症状は?原因など 耳の下の傷みは、耳そのものに原因があって起こる場合だけでなく、耳以外の体の部分の病気が原因となって起こるものもあり、その際に、判断としては傷みだけでなく、耳の下から首にかけて腫れが現れていないか、その他の全身症状が出ていないかをチェックすることが重要です。 耳下腺リンパ節とは? 耳の後ろに傷みを感じたら、腫れやしこりができていないかを手で触れてみたり、家族や知人に見てもらうことで確認すると良いでしょう。 そして、耳の周辺には耳下腺リンパ節、耳後部リンパ節、上顎部リンパ節が存在しており、一般的にリンパ腺と呼ばれるリンパ節には、リンパ液中の異物に対する免疫反応の役割があります。 出典: このように、耳下腺リンパ節とは、耳たぶと頬の間あたりに位置しているんですね。 ところが、次のような原因で耳の下のリンパ節が腫れることがあるので、上記の画像を参考にリンパ節部分に傷みや腫れが生じているなら、次をチェックしてみてください。 ・ 流行性耳下腺炎(おたふく風邪) 流行性耳下腺炎は、ムンプスウイルスの感染によって耳下腺が腫れる病気で、俗におたふく風邪と呼ばれています。 そして、潜伏期間は2~3週間で、症状としては耳の傷み、耳下腺や唾液腺の腫張、発熱や食欲不振などがあるそうです。 それから、おたふく風邪を発症すると両側の耳下腺が腫張するのが特徴ですが、片側だけに起こる場合もあるので、自身で判断せず、なるべく病院の医師に診てもらうようにしましょう。 ・ リンパ節炎 耳の下が痛くなった場合の原因として想定されるリンパ節炎には、耳後部リンパ節炎、耳下腺リンパ節炎、上顎部リンパ節炎の3つがあり、それぞれ原因が異なるとされています。 例えば、中耳炎や外耳炎でも腫れが起こる場合がありますし、虫歯や口内炎で腫れを起こすこともあります。 また、普通の切り傷や擦り傷といった皮膚の損傷があると、そこを猫がひっかいたりなどして細菌が入り、炎症が起こると、傷口のそばにあるリンパ節が腫れることもあります。 こうした症状はおたふく風邪などとも症状が似ているのですが、触診だけで医師の診断が可能なので、リンパ節炎の疑いがある場合はできるだけ早く病院を受診しましょう。 ・ 風疹 風疹は、風疹ウイルスの気道からの感染により発症する急性発熱性発疹性疾患で、3日はしかとも呼ばれています。 そして、季節としては冬から春にかけて、子供に流行しやすく、2~3週間の潜伏期間を経て全身に倦怠感、発熱や頭痛などの症状が出るほか、鼻水や咳が出て喉が痛くなったり、耳の後ろから下、首にかけてリンパ節の腫れや傷みが生じることもあるそうです。 また、麻疹に似た発疹が顔面にでき、その後全身に広がりますし、感染力が強い病気のため、症状が見られた場合は早めに医療機関で診察を受け、学校や会社へ行くことを控える、家族との接触を減らすなどの対応が必要です。 スポンサーリンク 耳下腺リンパ節の傷みなどの症状への対処法は? 耳下腺リンパ節の腫れの大半は一過性のもので、数日から1週間で自然と消えていくものですが、次のようなしこりがないかだけ、自分でチェックしてみましょう。 ・ しこりに弾力がなく硬い ・ しこりをグリグリしても動かない ・ しこりを押さえても傷みがない ・ しこりの数が増えたり、大きくなる こうしたしこりがない限り、悪性腫瘍や重大な病気が隠れているといったことは考えにくいようです。 ただ、リンパ節やリンパ管にはリンパを流す役割だけで、血液を押し出す心臓のようなポンプ機能はなく、滞ったリンパ液を流すためには、筋肉を動かして刺激を与える必要があります。 そこで、リンパ節の腫れや傷みを感じたら、次のようなマッサージを行なってみましょう。 ・ 鎖骨 鎖骨を体の中央から外側に向けて30秒間優しくさする ・ 首の後ろ 首の後ろ側の髪の生え際から鎖骨にかけて、30秒間リンパが流れることを意識してさする。 ・ 耳の下 耳の裏側から鎖骨にかけて、リンパを流すように30秒間さする。 ・ 顎の下 耳の下~フェイスライン~顎~鎖骨にかけて、リンパを流すように30秒間さする。 ・ 脇の下 右腕を上げて、左手を脇の下に当てて、外側から内側にリンパを流すように30秒間さすり、次に腕を上げたまま、肘上から鎖骨にかけて15秒間さする。 ・ ひじ 右の手のひらを内側に向けて、指先からひじの内側にかけてリンパを流すように30秒間さすり、逆側も同じように行なう。 このように、耳のまわりだけでなく、上半身全体のリンパを流すようにマッサージを習慣的に行なうと、耳下腺リンパ節が腫れにくくなり、顔のむくみなどもとれてスッキリするのでオススメですよ。 ちなみに、リンパ節はぐいぐい押すとかえって良くない刺激を与えてしまうので、やさしくリンパ液を流すイメージでさすり、皮膚が赤くなるような強いマッサージは避けるようにしましょう。 また、リンパ節の傷みの原因が、前述で紹介したようにおたふく風邪や風疹など、ウイルス性の場合は抗ウイルス剤での治療となり、医師に薬を処方してもらわない限り治ることはありません。 そのため、前述の通りウイルス性の症状が疑われる場合は、周囲への感染のリスクも考えて早めに病院を受診するようにしてください。 まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は、耳下腺リンパ節の場所としこりや腫れや傷みの原因と対処法について詳しくお伝えしました。 耳下腺リンパ節とは、耳たぶと頬の間あたりに位置するリンパのことで、細菌などを濾過、貧食・除去して、リンパ液をキレイに浄化する働きをするなど、異物に対する免疫反応を司るとされています。 そして、この耳下腺リンパ節の腫れ、傷みといった症状は、おたふく風邪や風疹といったウイルス性の病気である場合、病院で抗生物質を処方してもらう必要がありますが、それ以外にも口内炎など別の原因もありますが、ほとんどの場合が一過性のもので、一週間ほどで自然と引いていくものも多いので、上半身のリンパを流すマッサージの方法をお伝えしたので、やってみて顔のむくみなども取るようにすると良いのでした。 ただし、しこりがある場合などは注意が必要なので、不明点が残る場合はすぐに病院を受診しましょうね! スポンサーリンク 各リンパ節についての他の記事はコチラ! (関連記事:) (関連記事:) (関連記事:) (関連記事:) (関連記事:) (関連記事:) カテゴリー•

次の

耳の後ろのしこり:医師が考える原因と受診の目安|症状辞典

耳 の 下 しこり

今回の流れ• 耳の下を押すと痛いと感じたら… 耳の下を押したときに痛みを感じたら、その原因には次のようなことが考えられます。 中耳炎 中耳炎は、鼻から鼓膜の奥にある中耳へ細菌やウイルスが侵入し増殖することによって炎症を起こす病気です。 とくに子どもの場合、大人と比べて耳管が短く、さらに水平に近いこともあり、鼻から耳へ菌が入りやすいため、中耳炎にかかりやすいといわれています。 中耳炎にかかると、 急激な痛みと腫れが起こります。 痛みは2~3日程度、腫れは1週間程度で治まります。 ただし、症状は改善しても、鼓膜の奥にある中耳では膿が溜まっているため、聞こえが悪いと感じる状態が続きます。 そのため、膿が完全に 体の外に排出されるまでには1~3か月程度かかります。 内耳炎 耳には、外字・中耳・内耳の3つの器官がありますが、その中でも最も 耳の奥に位置しているのが内耳です。 この内耳が、細菌やウイルスに感染し炎症を起こすことによって、痛みや腫れを引き起こすのが内耳炎です。 内耳炎の場合、 ・めまい ・耳鳴りや難聴 といった症状が目立ちます。 ただし、急性中耳炎から発症した内耳炎や髄膜炎から発展した内耳炎の場合は、 症状が異なります。 急性中耳炎から発症した場合は、 耳の奥に強い痛みや激しい頭痛を引き起こす場合があります。 また、髄膜炎から発展した内耳炎の場合は、頭痛や高熱などの症状も同時に起こります。 虫歯 虫歯が原因で耳の下に痛みを感じる場合、その原因は、正確には「顎の痛みがおきたことで、あたかも耳の下が痛んでいるような錯覚が起きる」ということになります。 特に親知らずのように、耳の下に近い奥歯が虫歯になると、 奥歯に伸びている神経が刺激され強い痛みを発します。 その時の痛みが、 耳の下の痛みとして脳が認識してしまうのです。 虫歯が原因で耳の下に痛みを感じる場合は、やはり根本的な原因である虫歯の治療が優先されます。 歯医者に行きましょう。 顎関節症 顎関節症で耳の下が痛いと感じる場合、主に何か物を噛んだ時に痛みを感じるというケースが多いようです。 顎関節症が起きる原因には、 生活習慣における様々な癖が原因にあるとも言われています。 たとえば、 ・頬杖をつく ・片側で物を噛む ・強くかみしめ などの癖も、顎関節症の原因として考えられます。 さらに、噛み合わせの悪さも原因に挙げられます。 ほかにも、ストレスや歯ぎしりによる睡眠障害なども、顎関節症の原因と考えられ、いずれも、顎を動かすときに耳の下に痛みを感じることが多いです。 また、悪い姿勢や同じ姿勢を長時間続けたことにより、身体にゆがみが出来たことで顎関節に負担がかかり、痛みを感じるというケースもあります。 このような痛みを発する顎関節症の場合、 口腔外科または歯医者での治療が、有効な対処法となります。 ただし、体のゆがみが原因で顎関節症を引き起こしている場合は、整骨院または整体院での治療も、対処法としては良いでしょう。 ちなみに、顎関節症については以下の記事で詳しく解説をしています。 おたふく風邪は、医学的には「流行性耳下腺炎」といいます。 一般的には、幼少期特有の病気という認識が強いようですが、それは正しくはありません。 おたふく風邪は、 年齢問わず感染します。 特に、免疫力や抵抗力が落ちていると、感染しやすいといわれています。 おたふく風邪の特徴 おたふく風邪の特徴は、耳の前下にある唾液腺が大きく晴れる症状が一般的に見られます。 そのため、その他の症状は風の諸症状とほぼ同じなのですが、耳の下の腫れがある場合には、おたふく風邪であると診断する大きな決め手となります。 一般的には、左右の唾液腺が同時に腫れるというのも特徴にあるのですが、中には ・片方しか腫れが見られない ・左右の腫れのタイミングがずれる ということもあります。 おたふく風邪の場合、特徴的な症状が現れるので発見がしやすいのですが、感染しても、症状が現れず治癒するというケースもあります。 症状が現れるのは、感染者の7割程度であると考えられており、残りは、症状が現れないため、感染の有無すら築かないというケースもあるようです。 このムンプスウイルスは、 耳下腺や顎下腺に感染するのが大きな特徴にあります。 その後、顔の腫れが現れます。 顔の腫れは、約1週間でひき、腫れが収まれば感染の可能性はほぼなくなります。 おたふく風邪が原因で起きる合併症には、次のようなものがあります。 髄膜炎 おたふく風邪の合併症のうち、全体の10%に見られるのが「髄膜炎」です。 髄膜炎とは、脳の周りにある髄膜が炎症を起こすことによって、 激しい頭痛や嘔吐などの症状を引き起こす病気です。 このような症状が現れたら、速やかに医療機関を受診してください。 脳炎 おたふく風邪の合併症のうち、 全体の0. 2%に見られるのが「脳炎」です。 この脳炎は、完治しても、その後にてんかんや発達障害などの後遺症が残る可能性があります。 その他にも、こんな事例が… おたふく風邪の合併症の中では珍しいケースではありますが、 おたふく風邪が原因で難聴を引き起こすというケースもあります。 また、成人がおたふく風邪に感染した場合は重症化しやすいといわれています。 男性の場合は「精巣炎」「精巣上体炎(睾丸炎)」「無精子症」、女性の場合は「卵巣炎」の可能性があるといわれています。 さらに、妊婦が妊娠初期でおたふく風邪にかかると、「流産の危険性が高まる」といわれています。 スポンサーリンク 耳の下が痛くてしこりが出来ていたら? 耳の下の痛みには、様々なことが原因に考えられるということはわかりました。 でも、もしもその痛みにしこりが出来ていることが分かったら、どんなことが原因だと考えられるのでしょう? 耳の下が痛くて「しこり」が出来るときに考えられる原因 耳の下に痛みを感じるしこりが見られた場合には、「耳下腺腫瘍」の可能性があります。 耳下腺腫瘍が起きる原因は、現在のところは明確にされていません。 耳下腺腫瘍で見られるしこりには、「良性腫瘍」と「悪性腫瘍」の2つがあります。 耳下腺腫瘍の「良性腫瘍」とは? 耳下腺腫瘍でも「良性腫瘍」の場合、実はしこりにあまり痛みは感じません。 また、耳の下だけでなく顎の下にもしこりが出来ることがありますが、こちらも痛みを感じることはほとんどありません。 そのため、 しこりに気が付きにくいという点があります。 良性腫瘍の場合は、手でしこりの部分をつかむと、上下左右にしこりが移動します。 耳下腺腫瘍の「悪性腫瘍」とは? 耳下腺腫瘍で「悪性腫瘍」の場合は、しこりに痛みを感じます。 また、 顔面神経麻痺がおこるケースも多いです。 悪性腫瘍の場合は手でしこりの部分をつかんでも、良性腫瘍のようには動きません。 また、しこりのサイズも、どんどん大きくなります。 耳下腺腫瘍の対処法 耳の下に腫瘍を発見したら、自己判断せず、早めに耳鼻咽頭科を受診しましょう。 悪性腫瘍であっても、腫瘍が小さい段階で摘出すれば、術後の傷跡も目立ちにくく、 顔面神経麻痺などのような症状を抑える可能性も出てきます。 治療方法は? 耳下腺腫瘍の場合は、良性・悪性問わず、 腫瘍の摘出が治療の中心となります。 これは、耳下腺腫瘍の場合、放射線療法および化学療法の効果が出にくいという特徴があるからとされています。 良性腫瘍の場合は、顔面神経を温存する手術が主な方法になります。 悪性腫瘍の場合、腫瘍の摘出が最優先とされるため、場合によって顔面神経を切除することもあります。 まとめ 耳の下に痛みを感じるというだけでも、様々な原因が考えられることがわかりましたが、同じようにしこりがあった場合でも、その 原因や対処法には様々なものがあるということがわかりました。 あなたが今感じている症状の原因によっては、相談すべき専門医の種類も異なってきます。 ですから、まずは 気になる症状の原因を探るということが、症状改善の第一歩ということになるでしょう。 スポンサーリンク.

次の

耳下腺リンパ節の場所としこりや腫れや傷みの原因と対処法!

耳 の 下 しこり

今回の流れ• 耳の下を押すと痛いと感じたら… 耳の下を押したときに痛みを感じたら、その原因には次のようなことが考えられます。 中耳炎 中耳炎は、鼻から鼓膜の奥にある中耳へ細菌やウイルスが侵入し増殖することによって炎症を起こす病気です。 とくに子どもの場合、大人と比べて耳管が短く、さらに水平に近いこともあり、鼻から耳へ菌が入りやすいため、中耳炎にかかりやすいといわれています。 中耳炎にかかると、 急激な痛みと腫れが起こります。 痛みは2~3日程度、腫れは1週間程度で治まります。 ただし、症状は改善しても、鼓膜の奥にある中耳では膿が溜まっているため、聞こえが悪いと感じる状態が続きます。 そのため、膿が完全に 体の外に排出されるまでには1~3か月程度かかります。 内耳炎 耳には、外字・中耳・内耳の3つの器官がありますが、その中でも最も 耳の奥に位置しているのが内耳です。 この内耳が、細菌やウイルスに感染し炎症を起こすことによって、痛みや腫れを引き起こすのが内耳炎です。 内耳炎の場合、 ・めまい ・耳鳴りや難聴 といった症状が目立ちます。 ただし、急性中耳炎から発症した内耳炎や髄膜炎から発展した内耳炎の場合は、 症状が異なります。 急性中耳炎から発症した場合は、 耳の奥に強い痛みや激しい頭痛を引き起こす場合があります。 また、髄膜炎から発展した内耳炎の場合は、頭痛や高熱などの症状も同時に起こります。 虫歯 虫歯が原因で耳の下に痛みを感じる場合、その原因は、正確には「顎の痛みがおきたことで、あたかも耳の下が痛んでいるような錯覚が起きる」ということになります。 特に親知らずのように、耳の下に近い奥歯が虫歯になると、 奥歯に伸びている神経が刺激され強い痛みを発します。 その時の痛みが、 耳の下の痛みとして脳が認識してしまうのです。 虫歯が原因で耳の下に痛みを感じる場合は、やはり根本的な原因である虫歯の治療が優先されます。 歯医者に行きましょう。 顎関節症 顎関節症で耳の下が痛いと感じる場合、主に何か物を噛んだ時に痛みを感じるというケースが多いようです。 顎関節症が起きる原因には、 生活習慣における様々な癖が原因にあるとも言われています。 たとえば、 ・頬杖をつく ・片側で物を噛む ・強くかみしめ などの癖も、顎関節症の原因として考えられます。 さらに、噛み合わせの悪さも原因に挙げられます。 ほかにも、ストレスや歯ぎしりによる睡眠障害なども、顎関節症の原因と考えられ、いずれも、顎を動かすときに耳の下に痛みを感じることが多いです。 また、悪い姿勢や同じ姿勢を長時間続けたことにより、身体にゆがみが出来たことで顎関節に負担がかかり、痛みを感じるというケースもあります。 このような痛みを発する顎関節症の場合、 口腔外科または歯医者での治療が、有効な対処法となります。 ただし、体のゆがみが原因で顎関節症を引き起こしている場合は、整骨院または整体院での治療も、対処法としては良いでしょう。 ちなみに、顎関節症については以下の記事で詳しく解説をしています。 おたふく風邪は、医学的には「流行性耳下腺炎」といいます。 一般的には、幼少期特有の病気という認識が強いようですが、それは正しくはありません。 おたふく風邪は、 年齢問わず感染します。 特に、免疫力や抵抗力が落ちていると、感染しやすいといわれています。 おたふく風邪の特徴 おたふく風邪の特徴は、耳の前下にある唾液腺が大きく晴れる症状が一般的に見られます。 そのため、その他の症状は風の諸症状とほぼ同じなのですが、耳の下の腫れがある場合には、おたふく風邪であると診断する大きな決め手となります。 一般的には、左右の唾液腺が同時に腫れるというのも特徴にあるのですが、中には ・片方しか腫れが見られない ・左右の腫れのタイミングがずれる ということもあります。 おたふく風邪の場合、特徴的な症状が現れるので発見がしやすいのですが、感染しても、症状が現れず治癒するというケースもあります。 症状が現れるのは、感染者の7割程度であると考えられており、残りは、症状が現れないため、感染の有無すら築かないというケースもあるようです。 このムンプスウイルスは、 耳下腺や顎下腺に感染するのが大きな特徴にあります。 その後、顔の腫れが現れます。 顔の腫れは、約1週間でひき、腫れが収まれば感染の可能性はほぼなくなります。 おたふく風邪が原因で起きる合併症には、次のようなものがあります。 髄膜炎 おたふく風邪の合併症のうち、全体の10%に見られるのが「髄膜炎」です。 髄膜炎とは、脳の周りにある髄膜が炎症を起こすことによって、 激しい頭痛や嘔吐などの症状を引き起こす病気です。 このような症状が現れたら、速やかに医療機関を受診してください。 脳炎 おたふく風邪の合併症のうち、 全体の0. 2%に見られるのが「脳炎」です。 この脳炎は、完治しても、その後にてんかんや発達障害などの後遺症が残る可能性があります。 その他にも、こんな事例が… おたふく風邪の合併症の中では珍しいケースではありますが、 おたふく風邪が原因で難聴を引き起こすというケースもあります。 また、成人がおたふく風邪に感染した場合は重症化しやすいといわれています。 男性の場合は「精巣炎」「精巣上体炎(睾丸炎)」「無精子症」、女性の場合は「卵巣炎」の可能性があるといわれています。 さらに、妊婦が妊娠初期でおたふく風邪にかかると、「流産の危険性が高まる」といわれています。 スポンサーリンク 耳の下が痛くてしこりが出来ていたら? 耳の下の痛みには、様々なことが原因に考えられるということはわかりました。 でも、もしもその痛みにしこりが出来ていることが分かったら、どんなことが原因だと考えられるのでしょう? 耳の下が痛くて「しこり」が出来るときに考えられる原因 耳の下に痛みを感じるしこりが見られた場合には、「耳下腺腫瘍」の可能性があります。 耳下腺腫瘍が起きる原因は、現在のところは明確にされていません。 耳下腺腫瘍で見られるしこりには、「良性腫瘍」と「悪性腫瘍」の2つがあります。 耳下腺腫瘍の「良性腫瘍」とは? 耳下腺腫瘍でも「良性腫瘍」の場合、実はしこりにあまり痛みは感じません。 また、耳の下だけでなく顎の下にもしこりが出来ることがありますが、こちらも痛みを感じることはほとんどありません。 そのため、 しこりに気が付きにくいという点があります。 良性腫瘍の場合は、手でしこりの部分をつかむと、上下左右にしこりが移動します。 耳下腺腫瘍の「悪性腫瘍」とは? 耳下腺腫瘍で「悪性腫瘍」の場合は、しこりに痛みを感じます。 また、 顔面神経麻痺がおこるケースも多いです。 悪性腫瘍の場合は手でしこりの部分をつかんでも、良性腫瘍のようには動きません。 また、しこりのサイズも、どんどん大きくなります。 耳下腺腫瘍の対処法 耳の下に腫瘍を発見したら、自己判断せず、早めに耳鼻咽頭科を受診しましょう。 悪性腫瘍であっても、腫瘍が小さい段階で摘出すれば、術後の傷跡も目立ちにくく、 顔面神経麻痺などのような症状を抑える可能性も出てきます。 治療方法は? 耳下腺腫瘍の場合は、良性・悪性問わず、 腫瘍の摘出が治療の中心となります。 これは、耳下腺腫瘍の場合、放射線療法および化学療法の効果が出にくいという特徴があるからとされています。 良性腫瘍の場合は、顔面神経を温存する手術が主な方法になります。 悪性腫瘍の場合、腫瘍の摘出が最優先とされるため、場合によって顔面神経を切除することもあります。 まとめ 耳の下に痛みを感じるというだけでも、様々な原因が考えられることがわかりましたが、同じようにしこりがあった場合でも、その 原因や対処法には様々なものがあるということがわかりました。 あなたが今感じている症状の原因によっては、相談すべき専門医の種類も異なってきます。 ですから、まずは 気になる症状の原因を探るということが、症状改善の第一歩ということになるでしょう。 スポンサーリンク.

次の