生活苦。 生活苦で毎日が嫌になっております。家計診断して頂けるでしょうか。

年金13万円、生活苦に悩む高齢者たちの実情

生活苦

派遣が生活苦に陥りやすい理由 派遣で働くスタイルが生活苦に陥りやすい理由は、「時給が高い」ということと、「キレイな職場で働ける」という2つです。 派遣社員は時給が高い 派遣社員はアルバイトやパートに比べると時給が高い事が多いです。 そこで「アルバイトよりはマシだから」「パートよりはいい条件だから」と 優越感や余裕を持ってしまいがちです。 しかし、交通費は出ない事がほとんどですし、ボーナスもほぼありません。 社員とはやはり違うという感覚を持つことが大事です。 社員さんたちと同様に飲み会に参加したり、一緒にランチに行ったりしていると手元に残るお金は彼らよりは少なくなるのは当然です。 社員であれば社内食堂で割引されたり、交際費や文房具など経費で落としてもらえるものも、派遣社員は自腹で払わなくてはいけない等、目に見えない部分で恩恵を受けられない場面はたくさんあります。 また、派遣という働き方は、時給制なので、体調を崩して休めばその分がダイレクトに手取り金額に影響を受けます。 なので、時給の高さだけに安心せずに、 手取り金額や出費金額の把握をすることが大事です。 もしもの備えを考えると、多少休んでも生活に問題がない収入があっても足りないくらいでしょう。 派遣ならキレイな職場で働ける 大企業や上場企業などの綺麗なオフィスでお仕事ができることも派遣社員のメリットです。 IDカードを首からぶら下げておしゃれなビルに入っていけば、確かに、気分よく職場に通うことはできますね。 しかし、職場での服装のルールがあったりすれば、安くてカジュアルな服を着るわけにもいかず、周りの同世代の正社員の人たちがおしゃれな服を着ているならば、ある程度近い恰好をする必要が出てきます。 服やカバン、ヘアスタイルにネイルケアなど・・・。 田舎の中小企業で来客もない職場で働いているのならば、普段着ですみますが、おしゃれな都会のオフィスではそういう訳にもいきません。 身だしなみにかかる費用は毎日のことなので、 細かい事の積み重ねで、結構、出費が積もるものです。 派遣生活が苦しい根本原因 生活苦に陥ってしまう根本原因は、 収入よりも出費が多いことです。 派遣社員である時点で収入が全くない訳ではないので、外食費を削ったり、美容やファッション代を抑えたり出来ればよいですが、それができない場合、借金をしてしまい、その返済から抜け出せなくなっている人もいるでしょう。 借金を抱えている場合は、返済をすることが第一ですが、派遣社員でいるが為に発生している出費が大きい様であれば、派遣社員という環境自体が合っていないのかもしれません。 正社員と非正規社員の給料の違い 派遣社員やアルバイトという非正規社員は正社員に比べると給料が少ないと言われていますが、具体的にはどのくらい違うのでしょうか? 国税庁の民間給与実態統計調査によると、2016年に受け取った平均給与の差は315万円になるそうです。 (参考:) 税金や控除の額が違いますし、正社員には毎月の給料だけでなく、ボーナスや手当としてもらえるお金があるので、わかりにくいですが、大人一人が十分生活できる額位の差があるので、倍とか、数倍の開きがあるということになります。 派遣社員で働くならば、普通のサラリーマンの半分の給料しかもらえていないことを自覚しておく必要があります。 派遣生活を続けるコツ 派遣社員で働いていても、自分の立場、将来設計などをしっかり把握し、 周りに流されずに自分のペースを守れる人であれば、身の丈に合った余裕のある生活ができるでしょう。 「周りの人はネイルサロンで爪を綺麗にしているけれど自分だけセルフケアの爪でいる事は嫌だ」とか、「昼食を持参のお弁当にしたいけれどもランチの誘いを断れない」というタイプの人は、 価値観や考え方の問題で、派遣社員を続けながら余裕ある生活をすることは難しいかもしれません。 逆に、派遣ならではのメリットの一つである残業が少ない事を活かして、別のアルバイトやフリーの仕事とかけ持ちをしたりすれば、生活苦にはならずに、自分でリスク管理をしながらある程度の自由がある生活も実現可能といえるでしょう。 派遣生活に限界を感じたら? 生活苦になり始めると、どんどん選択肢が少なくなってしまいます。 生活をうまくやりくりして派遣で働いていくスタイルを、早めに確立させることが大切です。 派遣社員の場合は、仕事があるので、生活苦と合わせて、仕事が忙しくて体を壊してしまうことが心配です。 収入が全くないわけではないので、消費過剰の生活スタイルをひきづったまま、ある日突然働けなくなって収入が途絶えると最悪です。 そのような状態で、借金が膨らんだりしてしまうと、底なし沼に落ちてしまいますね。 その場合、まずは、 支出を最低限に抑える必要があります。 それでも、やりくりができない場合は、早めに専門家に相談して債務整理の相談をしましょう。 働けない状態であれば、様々な制度を利用することもできるので、健康を取り戻し、働ける状態になることが先決です。 今はまだ仕事はできて、借金の額が少なかったとしても、派遣社員という働き方は、このようなもしもの時の備えが薄い働き方です。 少しでも貯金をしておくとか、スキルアップや副業で収入を増やす努力をするなどの日頃の備えが大切です。

次の

コロナショックで生活苦の人なんてそんなに居ますか?

生活苦

新型コロナウイルス感染拡大の影響で仕事や収入を突然奪われ、生活苦におちいる人が増え続けています。 もはや、職業、職種問わずに、生活苦におちいっています。 フリーランス、個人事業主と言った人たち。 正規、非正規問わず会社員。 そして、 年金生活者。 安定して、高収入を得ていると思われていた 開業医まで生活苦におちいってしまっているという怖い現実が、目の前にあります。 あらゆる人の、日々の糧を奪いさってしまう、新型コロナウイルス。 新型コロナウイルスは、 未曽有の生活危機を現実として引き起こしています。 これを自己責任と切り捨てることは到底できない誰もが、当事者になり得る現状が、今、目の前にあるわけです。 まるで うめくかのような悲痛な訴えを、明日は、自分があげていても不思議ではない状況がおこっているわけです。 明日出ていってください 外出自粛や休業要請で突然収入を断たれてしまった人々。 当然、暮らしが立ちゆかなくなってしまったわけです。 給与体系が歩合給ということもあって、手取りが数万円まで減ってしまった人。 手持ち金も僅かばかりしかなくて、5月から、どうやって生活していけばいいのか、途方に暮れている人。 新型コロナウイルスの影響で、 4月に解雇され、5月に社宅を出て行ってくださいと非常な仕打ちを受けている会社員。 休業要請が終わる5月6日までは、仕事が無いため、収入が途絶えてしまったパート勤めの人。 収入を断たれ、生活拠点まで奪われ、明日からどうやって生きていけばいいのか。 そんな人を増やし続けている新型コロナウイルス。 あなたは、 「明日、出ていってください」と言われたら、どうしますか? 開業医まで生活苦におちいっている現実 個人事業主やフリーランスの人こそ、まともに大きな影響を受けているという現実。 理美容店やバー・スナック、ペンション、居酒屋。 そして、音楽教室やパソコン教室、空手や柔道などの格闘技ジムや武道道場を経営している人たち。 インストラクターや通訳と言ったフリーランスの人。 職種は多岐にわたっています。 そして、驚くことに 開業医ですら、経営が成り立たず、生活苦におちいっているのが現実です。 3月、4月は、ジムを閉鎖して、収入がゼロという、中学生の子と2人暮らしの格闘技ジムのインストラクター。 夫婦で英会話教室を自営しているけど、3月から教室を休まざるを得なかったため収入がなくて、どうしたらよいか判らないと嘆くご夫婦。 夫の仕事は、建設関係の自営なのだが、3月から急激に仕事が減ってしまい、4月の仕事はゼロで全く収入が無い状態に。 奥さんは、パートをしているのだが、パート先から、「今月は、仕事休んでください」と言われ、パート収入もゼロに。 子どももいて、家のローンもあるのに、どうやって生活していけばいいのかと途方に暮れてしまっていました。 また、運送業手伝いの高齢男性は、新型コロナウイルスのせいで、売り上げが急減してしまい、4月は手取り3万円しかなかったと。 この男性、年金を5万円貰っているとのことだが、その年金を合わせても、家賃を支払うと生活費がほとんど残らないと悩んでいました。 開業医を営んでいる男性も、急激に患者が減って、収入が半減してしまい、職員の給与や機器代金の返済や家賃が払えなくて困り果てていました。 もはや、新型コロナウイルスの前では、 収入の確保すらままならないのが現実と化しています。 十分に機能していない生活安全網 もう、どうにもならなくなってしまい、役所に、生活保護の相談に行ったら、貯金があるから生活保護は受けられないと言われてしまった人もいるようです。 貯金があると言っても、通帳に数万円程度しか入っていない状態なのだそうです。 このように、 生活保護については、この 緊急事態にもかかわらず、水際作戦と呼ばれる相談窓口での利用抑制やたらい回しが行われているようです。 つまり、雇用保険の失業給付や生活保護と言った安全網が、この突然の緊急事態である生活危機に、十分に機能していないということなのです。 失業給付を受けようと思って、ハローワークに行ったら、自己都合退職扱いですぐに受給できないと言われ、車と住宅のローンの支払に困ってしまったという男性。 どうにかクレジットカードで、食料品を買って、食いつないでいる、小学生と2人暮らしのシングルマザー。 昼と夜にそれぞれ飲食店でパートしていたが、夜の飲食店は、もう予約が全てキャンセルになって、新しい予約も入っていないから休んでほしいと言われたあげく、昼までも週2回に減らされ、このままでは家賃の支払いもできないと悩んだあげくに、役所に生活保護の相談にいったら、僅かばかりの貯金を指摘され、貯金があるから生活保護は無理とはねつけられた人もいます。 これだけの 緊急事態にも関わらず、最後の頼みの綱であるはずの生活安全網が機能していないというのは、おかしなことなのではないでしょうか。 今、国や自治体に求められていること 今の状態から言っても、 ここ数ヶ月のうちには、想像を超える多くの人が、失業・廃業に追い込まれるのは、目に見えています。 生活の基盤を失って、地域社会が崩壊するという、取り返しのつかない事態になるのではないでしょうか。 そんなときだからこそ、 国や自治体に求められるのは、自治体や社会福祉協議会などの相談崩壊を防ぐための人員強化や雇用保険の失業給付の自己都合退職における3カ月の給付制限期間の撤廃や給付日数上積みなどの措置であり、住宅ローンや税、社会保険料の支払い猶予と言った措置、行政が借り上げた空き室などの無償提供などによる住まいの確保と言った措置、生活保護への誤解、偏見の払拭と適用要件の緩和などではないのでしょうか。 遅かれ早かれ明日は我が身となっている生活苦という危機 もはや、 新型コロナウイルスの影響による生活苦という危機は、遅かれ早かれ、誰もが当事者となる可能性が非常に高くなっています。 新型コロナウイルス感染拡大による経済危機。 それは、インターネットカフェで暮らす潜在的なホームレス層の存在や非正規の仕事をかけ持ちするワーキングプアなどの現実を、全ての人に露わにしました。 そして、この新型コロナウイルス危機の最大の特徴となったのが、その影響が個人事業主やフリーランス、正規雇用の社員と言った中間層にまで、大打撃を与えているということです。 今、 私たちの想像をはるかに超えて、膨大な数の人々を生活危機におちいらせています。 今まで社会を支えてきたたくさんの人の暮らしが破綻するのを放置。 そんなことをすれば、社会そのものが破壊されてしまいます。 その先にあるのは、今は直接の影響を受けていないように見える職種や地域の人々も全てが、連鎖によって厳しい苦境に追い込まれるということです。 もはや、他人事ではありません。 遅かれ早かれ、あなたも、そして誰もが生活危機の当事者になります。 雇用や住居確保、各種ローン猶予、生活保護の適用緩和など、 あらゆる生活支援が必要です。 追い詰められた人々の命と暮らしを守るために。 アラ還おやじも、今を、乗り切り、乗り越えるために、できることを全て行っていく覚悟を決めました。 人気の記事• 2020年6月2日現在、Twitterでエラーで開けないという不具合が、主にInternet Explorer... 1k件のビュー• マイナポイントマイナポイントでのマイナンバーカードが読み取りできないことがあります。 885件のビュー• アラ還おやじは、知りませんでした。 車のブースターケーブルを自作できるって。 840件のビュー• 「0120536216」という電話番号から仕事場の固定電話に着信履歴がありました。 684件のビュー• 「0120536219」という電話番号から仕事場の固定電話に着信履歴が残っていました。 596件のビュー• 新型コロナウイルスを発生させた中国で、今度は、ハンタウイルスが発生したそうです。 発生し... 584件のビュー• 「0273319000」という電話番号から仕事場の電話に着信履歴がありました。 知らない... 372件のビュー• あなたの周りにもいませんか? 新たなスタートをきる身内の方。 入園、入学、成人、就職のお祝いは、そ... 370件のビュー• デイキャンプは泊まりのキャンプと違ってテントを張る必要はありません。 でも、セッティングしたりと気づけば... 351件のビュー• 毎日、たくさんの感染者を出し、死亡者報道を出し続ける新型コロナウイルス。 そして、その影響は、健康と言う... 318件のビュー.

次の

「岡村発言は本当だった」生活苦のキャバ嬢の風俗デビューが増えている 「どうせコロナで困ってんだろ」

生活苦

自粛疲れの人が多い仲、不謹慎な感じなタイトルですが、私は自粛生活を始めて3ヶ月以上になりますがまったく苦じゃありません。 引きこもりを極めると自粛生活が余裕に 引きこもりを極めると家から出なくても余裕すぎます😌 昨年は旅行でカにいたんですが、1ヶ月くらいろくに 観光もせずにホテルに引きこもってました。 ラスベガスで宿泊していたのでホテルはめちゃくちゃ豪華で中の施設は24時間営業してるからしがちな引きこもり生活に最適。 控えめに言って最高でした。 海外旅行中の引きこもり生活 ホテル内の施設が充実してるんでホテルの外に出なくても色々できちゃいます。 好きな時間に起きて眠くなったら好きなだけ眠る。 プールとカジノ併設なのでプールでカクテル飲みながらダラダラして夜はカジノでダラダラ。 まぁ、快適なホテルだったから施設利用はしたけど、別に部屋にずーっといても全然平気。 廃人生活ですね。 まぁそんな感じで海外旅行中にすら堕落した生活してたんで自宅で自粛生活 引きこもり とか余裕すぎ。 自宅はホテル以上に快適なんで 3ヶ月どころか3年でもいけそう。 でも旅行に行けないのは残念 引きこもりが苦ではないとはいえ、別に積極的に何ヶ月もしたいわけではないんですよね。 ふらふらと海外や国内いろいろな場所行くのが好きなので飛行機に乗れなくなったのは本当に残念。 マイルはアホみたいにあるから2ー8月で ファーストクラスで世界一周でもするかなと思ってたらコロナで中止😌 あ、でもマイルの 有効期限は延長してくれました。 めっちゃ助かる。 マイルの貯め方 ちなみにマイルはこうやって貯めれば楽にに乗れるくらいは一発でたまります。 時期的に微妙な感じですがヨーロッパまでで余裕で往復できるほどのマイルが一撃で貯まります😌 来年以降の旅行に備えて今のうちにマイル貯めておきませんか🥺 — 321 321weblog そんなわけで私は外出るのも好きではあるけど引きこもるのもすごく好きだから自粛生活はめちゃくちゃ余裕だよっていう話。 ひきこもり耐性が役に立つ時が来るってのは喜ばしいことじゃないんだけどね…😌 自粛生活で最も困っていること 一つめちゃくちゃ困っていることがあった。 これは本当に頭を抱える問題。 寿司が食べれない …マジつらい 🥺ぴえん はい、1000文字 おわり。 hateblog-321web.

次の