コロナ 対策 家賃 補助。 コロナウイルス感染症関連給付金・補助金・助成金一覧まとめ

【家賃補助】最大600万円!家賃支援給付金(テナント賃料の補助制度)の申請手続きは?必要書類(賃貸借契約書等)は?いつから支給が始まる?【新型コロナ感染症】

コロナ 対策 家賃 補助

新型コロナウイルスの影響が日増しに強くなっている中、不動産賃貸業をされている大家さんにとっても、他人事ではありません。 4月7日には、政府が「緊急事態宣言」を発出する事態に至り、多くの企業が休業や時短営業を余儀なくされ、企業収益が悪化し、従業員の解雇もでてきております。 その結果、収入が減った賃借人から、大家さんに対して家賃の減額要請がでてきており、どのように対応すればよいか、悩んでいる大家さんも多いと思います。 そこで、その際の対応方法を以下にまとめてみましたので、ご参考になれば幸いです。 本稿では、店舗用途(飲食店舗、物販店舗等)について、考えていきます。 【家賃減額要請があった場合の大家さんの対応について】 個々の大家さんの経済状況や賃貸状況により、減額を受け入れるのか判断することになると思いますが、大家さんの中には、家賃収入で日々の生活資金をまかなっている、借入金の返済、リフォーム資金、税負担等で余裕がない大家さんも多いのが実情です。 本当は、家賃減額を受けてあげたいけど、現実的に減額を拒否せざるをえない大家さんも多いかと思います。 その際に、大家さんは「減額は無理」と一蹴するのではなく、「緊急事態なので、できる限りお互いに協力していこう」の気持ちで、テナント様(賃借人様)に対応していくことが大切なのではないかと思います。 そこで、まずは、国及び自治体の「コロナ対策の各種補助制度」をオーナー様自身が知り、また、テナント様にその情報を提供することで、家賃減額要請をしなくてもよくなった、または、家賃減額要請を当面先延ばしできる効果も期待できるのではないかと思います。 テナント様におかれましても、現段階で活用できる補助制度があるか調べる、また関係機関に相談・申請を試みて、具体的に「動く」ことをした上で、それでもどうしようもなく、厳しい場合に、はじめて具体的にオーナー様へ「家賃減額要請」をしていくことが、オーナー様に対しての誠意ある対応なのではないかと感じております。 日本国中が経験したことのない厳しい状況に直面しており、誰しもが不安や焦りを感じております。 政府・自治体が一刻も早いオーナー様・テナント様の双方への支援政策・制度を拡充していただき、早期に通常の賃貸借関係に戻れることを、祈念しております(令和2年4月20日時点)。 一言でいうと、「テナント様の売り上げ減少に伴う給付金」となります。 この制度をオーナー様からテナントにご案内し、テナント様が活用できるのであれば、もしかしたら家賃減額をしなくとも、当面営業を継続できる方もいるのではないでしょうか。 ただし、現時点(令和2年4月20日)では、補正予算が成立していないので、あくまで予定ということになります。 具体的には、「例えば、1戸の店舗を賃貸しており(その収入しかない場合を想定)、通常家賃の50%の減額要請がテナントからきたケースで、50%の家賃減額を3ヵ月間に限定して受け入れた場合に、 2021年度の建物固都税が「全額減免」されることになります。 建物の固都税が年間いくらかかっているか、複数の賃貸物件を賃貸している場合の総収入の減額幅がどの程度になるか等により、活用できるかの判断は変わってきますが、オーナー様が当該制度を活用できれば、「家賃減額を受け入れても、オーナー様の家賃減額の影響がトータル的に少なくなる」ことにつながりますので、今後、積極的に検討していただいてもよいかと思います。 ただし、現時点(令和2年4月20日)では、当該関連法案が国会で成立していないので、あくまで予定ということになるのと、減免されるのは、 来年度の2021年度の固都税になりますので留意が必要です。 オーナー様が気になる点を中小企業庁に電話で確認したところ、以下の回答がありました。 減額要請がきていない不動産収入を合計して、前年同期比でどのくらい不動産収入の減少があったかで判断する。 2.各自治体の補助制度を確認する。 (1)東京都 「感染拡大防止協力金」 【概要】 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、都の要請や協力依頼に応じて、施設の使用停止に全面的に協力いただける中小の事業者に対し、協力金を支給いたします。 要件等は下記のサイトで確認ください。 【支給額】 50万円(2店舗以上有する事業者は100万円) 【問い合わせ先】 「東京都緊急事態措置等・感染拡大防止協力金相談センター」 開設時間 9時~19時(土日祝日を含む毎日) 電話番号 03-5388-0567 (2)神奈川県 【概要】 県は、新型インフルエンザ等対策特別措置法第24条第9項に基づく協力要請(令和2年4月10日付け)に協力していただいた事業者に最大30万円の支援を行い、負担の軽減を図ります。 要件等は下記のサイトで確認ください。 お電話でのご連絡• 新宿本部 03-3320-6281• 横浜オフィス 045-620-3701 お問い合せ・ご相談フォームからのご連絡.

次の

【速報】新型コロナ関連の企業融資・補助金・助成金まとめ※4/6追記

コロナ 対策 家賃 補助

画像素材:PIXTA 政府は5月27日、2020年度第2次補正予算案を閣議決定。 今回の予算案には飲食店の家賃負担を軽減する「家賃支援給付金」も盛り込まれた。 これを待ち望んでいた飲食店経営者は多いのではないだろうか。 「家賃支援給付金」が6月下旬より受付開始 「家賃支援給付金」は、自粛要請による休業や短縮営業などの影響で売上が減少した事業者の地代・家賃を補助するものとして新設された。 給付対象は、2020年5月~12月でいずれか1か月の売上高が前年同月比で50%以上減少したか、連続する3か月の売上高が前年同期比で30%以上減少した事業者。 給付額は申請時の直近の支払家賃に基づき算出し、6か月分が給付される。 給付の上限額は、法人が月50万円、個人事業者が月25万円。 複数店舗を保有する場合には、特例措置として法人が最大月100万円(最大6か月で600万円)、個人事業者が最大月50万円(6か月で300万円)まで上限額が引き上げられる。 なお、6月下旬から受付が開始される予定で、給付金が支払われるのは7月以降になる見通し。 原則オンライン申請となるという。 詳しくは、を参照。 画像素材:PIXTA 「雇用調整助成金」は上限額が引き上げられる予定 経営上の理由により事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、やむを得ず雇用を維持したまま従業員を休ませることになった場合に、休業手当の一部を助成する「雇用調整助成金」。 売上高または生産量などの事業活動を示す指標について、1か月5%以上減少しているなどが受給の要件で、雇用保険被保険者でない労働者の休業も助成金の対象。 助成金の上限額は、現状1人あたり1日8330円だが、6月上旬に第2次補正予算案が国会で成立すれば、1万5000円に引き上げられる。 同制度は以前より手続きの煩雑さが指摘されていたが、多くの事業主が助成金を受給しやすくなるようにと、現在は申請手続き・算定方法ともに簡略化されている。 詳しくは、を参照。 従業員自らが給付金を受け取れる新制度も 雇用保険の特例制度として、雇用調整助成金を申請しない中小企業に勤める従業員を対象に、月額賃金の8割程度(上限額は月33万円程度)を給付する制度も新設された。 従業員は企業から休業証明を受け取り、オンラインなどでハローワークに申請すれば、給付金を直接受け取ることができる。 すべて6月以降の実施にはなるが、飲食店経営の経費の中で特に大きな割合を占める家賃の補助が決まり、ホッと胸をなでおろした人も多いことだろう。 どの支援策も申し込みが殺到することが予想される。 差し戻しになることなくスムーズに給付金・助成金を受け取れるよう、すでに必要書類がわかっているものに関しては、あらかじめ準備しておきたい。 【お知らせ】 弊社シンクロ・フードでは新型コロナウイルスによる外食業界への影響を鑑み、飲食店の皆さまの店舗運営の一助となるべくキャンペーンの実施や様々な情報発信を行っております。 ・アルバイト求人(3か月掲載:通常料金59,400円)を無料でご掲載いただけます ・受付期間:2020年4月9日(木)~2020年6月30日(火) ・3月以降、求職者が急増中です。

次の

兵庫県(補助金・助成金・融資情報)

コロナ 対策 家賃 補助

キーワード :• 緊急事態宣言が解除されたものの、コロナ禍は企業経営に大きな爪痕を残しています。 売上が急減したため、家賃の支払いに困る事業主が多数いるのです。 「このままでは倒産や廃業が続出する」とにらんだ現内閣は、先日28日、閣議決定しました。 今回は、6月下旬以降注目の「家賃支援給付金」についてお伝えします。 事業継続の下支えとするべく、地代や家賃を一部補助するためのお金として考案されました。 事業経営者にとって大きな経済的負担となるのは「人件費」「地代家賃」の2大固定費です。 人件費については、すでに雇用調整助成金や小学校休校等対応助成金・支援金により手当されていますが、地代家賃については、令和2年5月末日現在、次の3つの対応策しかありません。 ・固定資産税の納税の猶予(令和2年度分)• ・固定資産税の減免措置(令和3年度分)• ・家賃を減額した場合の法人税法上の損金算入扱い(通常は寄付金として損金不算入) この3つに加え、今般話題の持続化給付金で家賃をまかなえるはず、というのが当初の政府の目算でした。 しかし、緊急事態宣言が解除されてもまだまだ予断を許さない状況下では、既出の措置や給付金だけで足りないのが現実です。 そこで、他の様々な支援策とともに、家賃支援給付金が第二次補正予算案としてまとめられ、閣議決定したわけです。 ・令和2年5月から12月までの間のいずれか1か月間の売上高が前年同月比で50%以上減少していること• ・令和2年5月から12月までの間のいずれか連続する3か月間の売上高が前年同月比で30%以上減少していること ちなみに、もう一つの事業主向けの国のお金である持続化給付金は「令和2年1月から12月までの間」「いずれか1か月の売上が前年同月比で50%以上」というのが条件です。 一見似ていますが、条件となる期間が違うので、混同しないようにしましょう。 算定給付額は直近の月額家賃を基準に算定されます。 法人で最大600万円、個人で最大300万円が支給されますが、誰でも必ずこの金額が受け取れるわけではありません。 1店舗だけを保有するなら月額50万円(総額300万円)が、複数店舗を保有するなら月額100万円(総額600万円)が上限額となります。 また、給付率は75万円を境に変わります。 出典:経済産業省ミラサポplus「令和2年度第2次補正予算案の事業概要」 これだけだと分かりにくいので具体例で考えてみましょう。 月額家賃60万円の店舗を1店舗だけ保有しているケースと、月額家賃60万円の店舗を3店舗保有しているケースとで比べてみましょう。 【月額家賃60万円の店舗を1店舗だけ保有】• 1店舗だけを保有するなら月額25万円(総額150万円)が、複数店舗を保有するなら月額50万円(総額300万円)が上限額となります。 給付率は法人と同じですが、割合の変わる境目が違います。 月額家賃が37. 出典:経済産業省ミラサポplus「令和2年度第2次補正予算案の事業概要」 こちらも具体例で考えてみましょう。 家賃設定は法人のケースと比較しやすいように、法人の例で示したものをそのまま使用します。 【月額家賃60万円の店舗を1店舗だけ保有】• 5万円• 5万円• 具体的には以下のような資料が必要になるはずです。 ・確定申告書別表一(収受印が押されているもの、e-Taxの場合は「受信通知」を添付)• ・法人事業概況説明書• ・対象月の売上台帳• ・通帳の写し• ・確定申告書第一表(収受印が押されているもの、e-Taxの場合は「受信通知」を添付)• ・青色申告決算書(青色申告を行っている個人事業主のみ)• ・対象月の売上台帳• ・通帳の写し• ・本人確認の書類の写し• 実際に申請受付が開始されるのは、6月17日に閉会する国会で予算を成立させた後、6月下旬か7月あたりからではないかと思われます。 支給は7月以降になるはずです。 上記はさまざまな情報源からまとめたものに過ぎません。 国会で成立した後、経済産業省のホームページなどで正確な情報を必ず確認するようにしてください。 バナーをクリックすると㈱レックスアドバイザーズ(KaikeiZine運営会社)のサイトに飛びます 最新記事はKaikeiZine公式SNSで随時お知らせします。

次の