咼 しめすへん。 パソコンで出てこない文字があります。示(しめすへん)に右です。

渦・鍋のしめすへん[ネ]=コロナ禍|読み方や意味、使い方を解説!

咼 しめすへん

コロナ禍の意味は? まず、「禍」の意味は「わざわい」です。 「わざわい」と聞くと「災」の漢字を思い出します。 「禍」と「災」には違いがあるのか調べてみました。 「禍」と「災」の違いとは? 面白い回答が知恵袋の方で比較されていました。 【災】わざわい。 (ア)火事。 大きな火事。 (イ)災難。 自然に起こるわざわい。 洪水・地震など。 神のとがめ。 思いがけず受ける不幸。 (『漢語林』大修館書店) 災・・・・・・・・・・天災的な災い。 防ぎようのない災い。 地震・台風・火山の爆発など。 禍・・・・・・・・・・人為的な災難。 工夫したり、予防していれば防げるもの。 火事・なだれ・洪水・など。 出典: 同じ災難を表すようですが、どうも 天災等のようにどうやっても防ぐことが出来ないのが「災」で、 人為的な原因により発生した禍であり、防ぐことが出来たものが「禍」のようです。 たしかに、今回の「新型コロナ」は「感染症の病気」なので、もっといろいろ対策を早い段階で措置を講じていれば「わざわい」となるまえに防ぐことが出来たものと言えそうなので 「災」ではなく「禍」と呼ぶのがふさわしいのかも知れません。 つまり 「コロナ禍」は「コロナが原因によって生じた禍」という意味になると考えられます。 ちなみに、先ほどの「禍災」は「かさい」と読み、「わざわい」や「災難」の意味を表します。 その他にも「禍」を用いた言葉に次のようなものがあります。 大禍(たいか):大きな禍 惨禍(さんか):むごたらしい禍 水禍(すいか):水難や洪水にあう事 さんずいの「渦」としめすへんの「禍」での区別の仕方が分からず、 「コロナ禍」と「コロナ渦」の意味の違いについては現在調査中です。 ちなみに英語では「災難」の事を「calamity」と呼ぶようです。 こちらの記事も人気です! Sponsored Links 「禍の語源」はわざはひ?「咼」+「示」が表す意味とは? wikipediaによると わざわい【災い、厄、禍】(歴史的仮名遣い:わざはひ) 「わざわい」の語源は「わざはひ」だったんですね。 興味深い記事を発見! 日本語の「わざはひ」はワザ(隠された神意)+ハヒ(這うように広がる)が語源で、「いましめる神意のきざし」が原義というが(『岩波古語辞典』)、古典漢語の禍は予想外の不幸や難儀の意味である。 禍は「咼(音・イメージ記号)+示(限定符号)」と解析する。 出典: 先ほどの記事によると ・「わざ」とは神意つまり神の意図 ・「わい」は古語で使われていた「はひ(這ひ)」が元。 「這ひ」を調べてみると「這ひ歩く」「這ひ蚊来る」「這ひ入る」「這ひ出」 という言葉等が見つかります。 いずれも 「這う」という意味で使われています。 出典: また、 ニコニコ大百科による「示」の意味 意味 示す、表す、人に告げる、教える、人の目に晒す、という意味がある。 もともとの意味は、神、神のお告げで、そこから示すという意味が出た。 また視と通じて視る、祇と通じて土地神、寘と通じて、おく、という意味があ 出典: 「示す」が神のお告げから来ている言葉だとは初めて知りました。 確かに「しめすへん」を表す漢字には「 神」「祈」「福」等、「神」を意識している感じはありますね 「禍」を表す「咼」の意味や成り立ちは? 「咼」は「冎」+「口」という字で成り立っています。 冎カ は、手足の骨が連続してつながる形で、ここでは関節部分をさす。 そこに口のついた咼カは、関節部分がまるいことを表し、関節の先端が、とびでてまるい意と、それを受けるへこんでまるい部分をいう。 具体的には、大たい骨のまるい上部とそれを受ける骨盤の骨臼をさすものと思われる。 咼を音符に含む字は、関節の骨の一方のくぼんだ「まるい穴」、骨の一方のまるく出た「まるい山形」のイメージをもつ。 出典: 「渦巻く」って水が丸くなっているイメージありますし、「鍋」は「丸い器」って、「咼」が 「丸い」ってイメージなのは分かりました。 禍 カ・わざわい ネ部 解字 「ネ(=示。 祭壇・神)+咼(まるい穴)」の会意形声。 神のたたりを受けて思いがけない穴(落とし穴)にはまること。 出典: 「禍」も同様なんですね。 Sponsored Links コロナ禍の読み方はなんて読む? では、「コロナ禍」はなんと読むのか? 「 鍋(なべ)」、 「渦(うず)」、 「過(か)」に似ている字です。 上記の漢字と間違えて 「コロナなべ」「コロナうず」「コロナか」等と読んでいる人は多そうな感じがします。 では、「禍」の「読み方」は? 「禍 読み方」で調べてみると 「禍」についての「訓読み」は次のようになっています。 「訓読み」では「わざわい」「まが」 と読みます 「わざわい」と聞くとどちらかというと 「災」の字を思い浮かべてしまいます。 一方、「禍」についての「音読み」は次のようになっています。 「音読み」では「カ」 と読みます。 この事から 「コロナわざわい」「コロナまが」「コロナか」に絞られます。 さすがに、「コロナまが」とは言わなそうなので、「コロナわざわい」か「コロナか」のどちらかだと思われます。 「コロナわざわい」とも読めそうですが、「禍」をつかう、その他の熟語を調べてみました。 「禍」を前に使用する熟語 「禍神(まがかみ)」「禍言(まがごと)」「禍事(まがごと)」「禍福(かふく)」「禍災(かさい)」 「禍」を後に使用する熟語 「水禍(すいか)、大禍(たいか)、惨禍(さんか)」 等があります。 「将来(未来)にかこんを残す」とか「かこんをのこした」って言葉を聞いた事ありません? 実はあの 「かこん」は「禍根」と書きます。 「禍」を後に使用する場合 「禍」は「か」と読んでいるため、おそらく 「コロナ禍」は「コロナか」と読むのではないかと考えられます。 テレビ等の報道で「コロナ禍」の文字が出てこないため、アナウンサーによる発音もありませんので、残念ながら、正式な読み方は発表されていません。 あくまでも予想にすぎませんが、 「コロナ禍」の読み方としては「コロナか」が一番高そうで、次に「コロナわざわい」ではないかと思われます。 同じ「わざわい」の字を2つ並べ「禍災」と書いて「かさい」と読む場合もあるようです。 追記:最近はコロナ渦も使用! 実は 「渦」も音読みで「カ」と読み、一部の記事やニュースでは 「コロナ禍」ではなく「コロナ渦」をタイトルで使われているものもあるようです。 冷静に考えてみると 「渦中(かちゅう)」では「渦(か)」とよみますね。 ニュース記事で「コロナ渦」が使われていました。 新型コロナ渦に見舞われた東京五輪、延期がまだ決まらない理由 — AFPBB News afpbbcom しかし、 ツイート上でのタイトルが「コロナ渦」、実際の記事は「コロナ禍」になっているのが不思議です。 「コロナ禍」と「コロナ渦」の使い分け方までは分かっていません。 「コロナ渦」を使う理由は 「誤り」もしくは「新語?」等と指摘する意見も・・・ 既に指摘されている方も多いようだが、「コロナ禍」と「コロナの渦中」が混淆したと思われる「コロナ渦」という表記が大量に出現中。 全くの誤りと見るべきか、新語と見るべきか。 — yhkondo yhkondo コロナ禍で不足中のマスクですが ネット購入可能なマスクを発見!.

次の

コロナ禍の意味と読み方、似ている漢字の使い方│タメマガ

咼 しめすへん

衤(ころもへん) スポンサードリンク 部首が 「ころもへん」の漢字一覧です。 衣部に属する部首で左側に位置するとき「衤」の形になり「ころもへん」と呼びます。 衣服の種類・布製品などに関する漢字、「衤」を含む漢字などが集められています。 主にJIS第1水準・JIS第2水準の漢字を対象に記載しています。 +3画• +4画• +5画• +6画• +7画• +8画• +9画• +10画• +11画• +12画• +13画• +14画• +15画• +16画• +17画• 背景色の は常用漢字、 は人名用漢字(表一)、 は人名用漢字(表二)を示しています。 スポンサードリンク•

次の

コロナ禍の読み方や語源は?禍の成り立ちのしめすへんや咼の意味も調査!

咼 しめすへん

ウチの娘が悩んでました。 漢字の「しめすへん」と「ころもへん」の違いがわからない、書くときにはウンウン考えて必ず逆を書いてしまう、どうにかして、とか言ってきました。 しょうがないなぁ、お父さんの出番かい? というわけで、娘に教えた方法をここに残しておきましょう。 意味と成り立ちを考える 漢字なんてのは、意味と成り立ちを考えたら割と簡単に覚えられるんです。 部首とつくりだって一緒。 それぞれに意味があるんだから、それを考えたらイッパツです。 それなのに、それぞれ字で覚えようとするから似てるモノが曖昧になってきちゃうのね。 さて、まず「しめすへん」と「ころもへん」の意味と成り立ちを考えてみましょうか。 しめすへん 「しめすへん」の元々の漢字は「示」。 示すって読むから「しめすへん」。 「示」は何を表しているかと言うと、神様への捧げものを置いたテーブルを表しています。 だから、しめすへんを書く漢字は神に関係する字ばっかり。 まず「神」がそうだしね。 その他には「社」「祈」「福」「礼」「祝」「禍」「禅」など、すべて神が関係するものばっかりです。 ころもへん 「ころもへん」の元々の漢字は「衣」。 そのまんま。 この「衣」は着物の「あわせ」を表しています。 裏地をつけて縫い合わせた着物のことをあわせの着物といいますが、それのこと。 漢字で書くと「袷」。 やっぱりころもへん。 なので、ころもへんを書く漢字は着るものを連想させる字ばっかりですよね。 「袖」「襟」「裾」「褌」「袴」「裃」などです。 「被」なんかは着物を「かぶせる」という派生した意味からきてます。 サラサラっと書くイメージ さて、「しめすへん」と「ころもへん」の意味と成り立ちはわかりました。 じゃあなんで「しめすへん」は「ネ」に、「ころもへん」は「ネにチョン」って書くのか。 それはそれぞれの元の漢字「示」と「衣」を毛筆でサラサラ~っと書いて横幅をギュッと圧縮したというイメージだと分かりやすいかと。 は?イメージ以前に説明が分かりにくいよ!ってか。 ハイ、説明ヘタでスミマセン。 そう言われると思って色分けしてみました。 これで分かりやすいはずです。 つまり、この記事のメインイベントです(笑) これ。 色が同じところがそれぞれ同じ部分です。 これで分かりますよね? これを頭に入れておけば、書こうと思ってる漢字の意味さえ考えたら間違えずに書けると思います。 最後に これで娘はなんとなく納得してくれましたが、いかがでしょう? ああ!大人になったのにまだ間違えて書いちゃうときがある!って人は参考にしてみてください。 意味と成り立ちと書き方、それらを意識しながら漢字辞典とか見るとこういうことがスッと頭に入ってきて割と面白いですよね、ええ。

次の