マイコプラズマ 肺炎 特徴。 子どもや若者に多い「マイコプラズマ肺炎」に注意!その症状と治療法

マイコプラズマ肺炎の咳の特徴は?いつまで続く?咳止めは効くの?

マイコプラズマ 肺炎 特徴

肺炎の種類と特徴 公開日:2016年7月25日 14時00分 更新日:2019年8月 6日 13時14分 肺炎にはいろいろな分け方がある 肺炎の分類の仕方 一言で肺炎といっても、原因となる病原微生物が違っていれば、治療法が異なります。 また、どこで、どのような原因で肺炎に感染・発症したのかという、発症の仕組みによっては、予後が大きく変わることがあります。 原因となる病原微生物による肺炎の種類 これは、大きく3つのタイプに分かれます。 肺炎の原因となる病原微生物には、細菌(細菌性肺炎)、ウイルス(ウイルス性肺炎)、その2つの中間的な性質をもつ微生物(非定型肺炎)の3つが考えられます(表1)。 いずれも、感染の経路としては、発症している人の咳に含まれる病原微生物が、口や鼻から入り込んで感染する「飛沫感染」と、ドアノブなどに付着した病原微生物が自分の手の指を経由して口や鼻から体の中に入り込んで感染する「接触感染」があります。 一般的には、肺炎や風邪などの感染は、飛沫感染であることが多いのが特徴です。 表1:病原微生物による肺炎の種類と特徴 原因 特徴 細菌性肺炎 肺炎球菌、インフルエンザ菌、黄色ブドウ球菌などの細菌が原因で起こる。 湿った咳と共に、黄色や緑色を帯びた痰が出る。 ウイルス性肺炎 インフルエンザウイルス、麻疹ウイルス、水痘ウイルスなど、さまざまなウイルスが原因で起こる。 一般的なかぜ症状に続き、激しい咳、高熱、倦怠感などの症状が出てくる。 非定型肺炎 マイコプラズマ、クラミジアなど、細菌とウイルスの中間的な性質を持つ微生物が原因で起こる。 乾いた咳が長く続くことが多い(痰は少なめ) 初期の症状は、咳、痰、発熱など、似ているところも多いのですが、細菌性肺炎と非定型性肺炎では、咳の状態に違いがあります。 またウイルス性肺炎の場合は、急に39度以上の発熱があることが多いため、そういった症状のわずかな違いからでも、病原微生物を推測することができます。 医療機関を受診した時は、自分の症状を細かく説明し、熱の出方(朝方に高熱になり日中は下がるなど)の特徴なども、分かる範囲で伝えるようにしましょう。 感染場所による肺炎の種類 一般的には、自宅で日常生活を送る中で、病原微生物に感染し、肺炎を発症することが多いようです。 しかし、高齢者になると、ちょっとしたきっかけで入院した時に、病院などの中で肺炎に感染することもあります(表2)。 表2:感染場所による肺炎の種類と特徴 原因 特徴 市中肺炎 病院や診療所など以外で、日常生活を送っているうちに感染した肺炎のことで、風邪やインフルエンザをこじらせた時に起こる 早めに適切な治療を行えば、完治が期待できる 院内肺炎 病院や診療所(施設)などに入院してから、48時間以上経過した後に発症した肺炎のことで、抵抗力(免疫力)が非常に低い人や、人工呼吸器が原因で起こる 予防や治療が比較的難しく、死亡率が高い 市中肺炎とは、自宅などを拠点として日常生活を送っている人が、その過程で病原微生物に感染し、発症した肺炎です。 ただの風邪だと思っていたら、いつの間にか重症化して、肺炎を発症することもあります。 特にインフルエンザが流行する時期は、インフルエンザウイルスが原因となる肺炎が多くみられますので、予防接種をしっかり受けておくことが必要です。 院内肺炎とは、病院などに入院して48時間以内に発症する肺炎です。 原因となる病原微生物はさまざまですが、入院する理由は呼吸器の病気ではないこともあります。 例えば、心臓の病気や脳血管の病気、がんや骨折などの手術による入院でも、感染・発症する可能性があります。 いずれの場合でも、特に抵抗力(免疫力)が低下している高齢者に多くみられ、気づいた時にはすでに重症化していたり、呼吸機能が改善しないまま死に至ることもあります。 感染した組織による肺炎の種類 一般には、肺胞そのもので病原微生物が増殖し、炎症を起こした状態を肺炎と言います。 これに対し、肺胞の周りにある「間質」という部分に炎症を起こした場合を「間質性肺炎」と呼び、一般的な肺炎と区別しています(表3)。 表3:感染した組織による肺炎の種類と特徴 肺炎が起きている部位 特徴 肺胞性肺炎 肺の末端にある「肺胞」が炎症を起こす肺炎 高熱が出て、咳とともに膿ともいえる黄色や緑色(時には茶褐色)の痰がたくさん出る 間質性肺炎 「肺胞」を支える組織である「間質」が炎症を起こす肺炎 呼吸困難や呼吸不全が特徴で、痰を伴わない乾いた咳が続く 肺胞性肺炎の場合、早期からしっかりと治療をして、肺胞の中に溜まった膿をしっかり体の外に出せれば、特に目立った後遺症もなく、完治が期待できる場合があります。 一方で間質性肺炎の場合、肺胞を支えている(包み込んでいる)間質に強い炎症が起こるため、症状が治まっても、間質自体が線維化(硬くなって動きが悪くなること)したり肥厚(厚くなって動きが悪くなること)してしまうことがあります。 こうなると、肺胞自体が上手く膨らまなくなるので、新鮮な空気をしっかりと取り込むことが出来ません。 仮に、肺胞の中には新鮮な空気が入って来ても、上手くその周囲にある毛細血管を通じたガス交換(酸素と二酸化炭素を入れ替えること)が出来なくなり、結果的に呼吸困難の状態が続きます。 間質性肺炎はさらに、肺炎の症状の悪化、治療薬の副作用、感染症などをきっかけとして、急激に病状が悪化することがあります。 これを「急性増悪」といいますが、致命的となることもあります。

次の

マイコプラズマ肺炎の症状はかわいた激しい咳が特徴!検査と治療についても解説!|ましゅまろブログ

マイコプラズマ 肺炎 特徴

という 細菌に感染することで起こる• 感染者との濃厚な接触でうつる(通常の学校生活くらいの接触では流行は起こりにくい)• 感染経路は 接触感染と 飛沫感染• 接触感染の予防には手洗い・うがいをする• 飛沫感染の予防にはマスクをつけ、咳エチケット(口をティッシュで覆うなど)を守る• 飛沫核感染( 空気感染)はしない• に感染すると必ずを起こすわけではなく、一般的な症状のみで経過することも多い• 非定型とよばれるの一種• もともと持病がない若い人で感染しやすい• しつこい咳が出る一方で痰は少ない• 聴診などの診察で異常が出にくい• 潜伏期間は2-4週間• 潜伏期間には症状がないが周りにうつす可能性がある• 治ってからも1週間ほどは周りにうつす可能性がある• ごくまれにを引き起こす• のワクチン(予防接種)はない• 子供に多いが、大人にもよく起こる• と言えば普通は・ニューモニエ(Mycoplasma pneumoniae、)のこと• 同じ科に分類される細菌には多くの種類がある• 科の・ゲニタリウム(Mycoplasma genitalium)、ウレアプラズマ・ウレアリチカム(Ureaplasma urealyticum)はなどを引き起こし、性器と呼ばれる• 性器の感染は必ずしも性病ではない• マイコプラズマ肺炎は性病ではない• 感染症は以外もある• 5歳未満の幼児には比較的少ない• 治療はマイコプラズマ肺炎と同じ• (Stevens-Johnson症候群)• 心膜炎• 小脳性運動 失調• 横断性 脊髄炎• 関節炎• 凝固異常• と以外はまれ マイコプラズマ肺炎の症状• のような症状と、しつこい咳、痰が特徴• 発熱などの症状に遅れて咳が現れ、しだいに激しく痰が出るようになり、熱が下がってからも数週間症状が続くという経過をとることが多い• しつこい咳のみの軽症の場合がほとんどであるが、発熱や息切れを伴い入院が必要になるほど重症になることもある• 主な症状• 発熱(38度以上の高熱が多い)• だるい、 倦怠感、疲労感• のどの痛み• 声枯れ、声が出ない(嗄声)• 鼻水、痰(たん)• 小さい子供で出るが大人では出にくい• 喘鳴(のように息がヒューヒュー、ゼーゼー鳴る)• 小さい子供で出るが大人では出にくい• 皮疹、 発疹、皮膚にブツブツが出る• 関節痛• まれに錯乱などの 意識障害を起こすことがある• 症状はすべてが揃うとは限らない• 熱がないこともある• ウイルス性や、以外のと区別が難しいことも多い• 血液検査: 炎症の程度や 抗体の程度を調べる• ペア血清:感染初期と回復後の血液で抗体の量を比較する• 届出基準ではペア血清で抗体陽転(陰性から陽性に変わる)または抗体価の 有意の上昇があれば抗体検出ありとする• 迅速診断キット• 抗原検査(イムノクロマト法):あまり正確性は高くないが、喉の拭い液で迅速に調べられるのでよく使われる• 抗体検査(IgM抗体):血液を使って検査する• 届出基準では迅速診断キットでIgM抗体陽性なら抗体検出ありとする• 胸部レントゲン( X線)検査• 重症の場合や正確な診断のため 胸部CTが撮られることもある• 細菌検査:痰などから病原体を調べる• 以外の病原体が原因になっているかどうかも判断できる重要な検査• 咽頭スワブ(ぬぐい液):綿棒で喉の奥を強くこすり取る• 鼻咽頭スワブ:綿棒を鼻の穴に入れて回転させ表面をこすり取る• PCR法、P法:の遺伝子を増やして検出する方法• の 培養は特別な 培地(PPLO培地)が必要で時間もかかるため行わない場合も多い• 基幹定点医療機関でマイコプラズマ肺炎が診断された場合、保健所に届け出る基準が決められている• 症状の特徴からマイコプラズマ肺炎が疑わしい• 6歳から12歳の小児に多い• 潜伏期間は2週間から3週間• 飛沫感染する• 胸部レントゲンに特徴がある(異型像)• 頑固な咳嗽(咳)• 、、、などの 合併症が出ることもある• 検査でが原因と確定した• 気道からが分離・同定された• 気道からの抗原が検出された(イムノクロマト法による)• 気道からPCR法での遺伝子が検出された• 血液からの抗体が検出された マイコプラズマ肺炎の治療法• 解熱薬で熱を下げなくてもよい• 熱があるだけで悪化の原因になったり後遺症を残すことはない• 高熱があっても重症とは限らない• 抗菌薬( 抗生物質、抗生剤)で治療を行う• 治療期間は通常7日から14日程度• マクロライド系抗菌薬• ニューキノロン系抗菌薬• テトラサイクリン系抗菌薬• 6歳未満の子どもが飲むと歯が黄色くなることがある• 近年マクロライド系抗菌薬が効かない( 耐性のある)マイコプラズマ肺炎が増えてきている• しかし、軽症のマイコプラズマ肺炎であればマクロライド系抗菌薬で十分と考えられている• 抗生物質を飲んでも熱が下がらないなど改善の傾向がなければ抗菌薬変更を考える• 入院は必要ない場合が多い• 重症だと入院になる• 重症のの治療で ステロイド薬を使うことがある• 学校保健安全法施行規則18条・19条では、出席停止の基準としてマイコプラズマ肺炎は明示的に挙げられていない• 解釈によって、学校医の意見をふまえて出席停止とされる可能性がある• マイコプラズマ肺炎が学校で流行する場合は少ないので、元気になれば出席して問題ないと考えられる• 完治してもしばらくすると再感染することがある• 肺に後遺症が残ることはまれ マイコプラズマ肺炎に関連する治療薬• 細菌のタンパク質合成を阻害し細菌の増殖を抑えることで抗菌作用をあらわす薬• 細菌の生命維持や増殖にはタンパク質合成が必要となる• タンパク質合成はリボソームという器官で行われる• 本剤は細菌のリボソームでのタンパク質合成を阻害し細菌の増殖を抑える• 内服薬は薬剤の作用持続時間により(短い順に)短時間作用型、中等度作用型、長時間作用型に分けられる• 他の種類の抗菌薬と比較した時の特徴• ブルセラ症、ライム病などでは優先的に使用される薬剤• ヘリコバクター・ピロリ感染での除菌治療で使用される場合もある(他の抗菌薬に耐性がある場合など)• 熱帯熱マラリア予防などに使用する場合もある ニューキノロン系抗菌薬 では、発熱に遅れて咳が現れ、数週間咳が続くことが特徴的です。 感染者と濃厚に接触すると移るため、学校での流行は起こりにくいですが、家族・友人・知人でになった人がいて、自分も咳が長引く場合、にかかっている可能性が高くなります。 また潜伏期間は2週間から4週間ほどです。 ご自身がでないかと心配になった時、最初に受診するのは一般内科のあるクリニックが適しています。 の診断は問診と診察、レントゲンで行われます。 簡易迅速診断キットを置いてある病院もありますが、正確性がさほど高くないため、診断の補助として使われます。 クリニックや病院に行って薬を処方されたけれども咳が治まらない場合、特に若い人であればを疑ってもう一度クリニック、病院を受診するのが良いと思います。 マイコプラズマ肺炎でお困りの方.

次の

マイコプラズマ肺炎の咳の特徴は?いつまで続く?咳止めは効くの?

マイコプラズマ 肺炎 特徴

マイコプラズマが主に引き起こすのはです。 マイコプラズマ肺炎の主な症状の特徴は、しつこくて乾いた咳と喉の痛みなどです。 しかし、ほかのと比較すると、症状が軽い、ゆっくりと進む、といった特徴もあります。 マイコプラズマ肺炎のこれらの特徴について、川崎医科大学小児科学教授の尾内一信先生に詳しくご解説いただきました。 マイコプラズマ肺炎は症状が軽い 冒頭でも述べたように、の症状は、しつこくて乾いた咳と喉の痛みです。 また、ほかのと比較すると症状が軽いという特徴を持つため、「ウォークインニューモニア」という呼ばれ方もします。 これは、病院の外来に本人が歩いて受診できる(ウォークイン)ような肺炎(ニューモニア)という意味です。 救急車で来るような肺炎ではないという意味も含んでいます。 受診後に胸部レントゲンを撮影してみて異常所見が見つかり、実は肺炎だったという診断がついてから、「風邪だと思って来たのに肺炎だったんだ」と驚く患者さんが多いのも特徴です。 (しかしもちろん、人によっては重症になって入院するケースもあります。 ) ゆっくりと進むマイコプラズマ肺炎、潜伏期間も長い と、いわゆる普通の細菌性の(肺炎球菌などが原因となる肺炎)とを比較してみると、症状がゆっくり進んでいくことも特徴として挙げられます。 普通の肺炎では、細菌が1分間に1回も2回も、スピーディに分裂していきます。 一方、マイコプラズマの場合は2つに分裂するのに3~6時間ほどの時間がかかります。 身体の中でゆっくりと増えていくため、潜伏期間も2~4週間と長く(2~4週間くらいかけて咳や熱などの症状が出る)、「いつもらったのか分からない」ということも多くあります。 マイコプラズマによる発熱の特徴も、一般的には「熱が徐々に高くなっていく感じ」といわれます。 例えば、ではあっという間に39~40度ほどになりますが、マイコプラズマの場合は始まりが明確には分からないのです。 「始まった時期が何曜日だったか、この時はどうだったか?」という質問に対し、患者さん自身も明確に答えられないというケースもよくあります。 年齢による症状の出かたの違い の特徴の一つに、「免疫力が強い人のほうが症状はひどくなる」というものがあります。 実は、マイコプラズマは強い毒素を出しません。 そのままそこにいて悪さをしないこともあります。 しかし、人の免疫機構はマイコプラズマを異物と認識します。 そのため、マイコプラズマが体内に侵入すると免疫系が反応してしまい、そこに白血球が集まるなどして、戦いが始まります。 戦いが始まったことが、「」という形で病気として顕在化するのです。 そのため、免疫機構が弱い乳幼児の場合は肺炎になりません。 あるいは、極端な例を挙げれば、がんの末期の方はマイコプラズマ肺炎になりません。 免疫機構が弱くなっている方や免疫不全の方の場合、免疫機構がマイコプラズマに対して戦いを起こさないため、マイコプラズマ肺炎を起こすこともないのです。 家庭内でマイコプラズマが流行っている状況の中で、「兄は肺炎、妹は」というパターンもよく見られます。 年齢がある程度高くならなければ、つまり、おおよそ4~5歳より上にならなければ、肺炎にはなりません。 3~4歳までは免疫力が強くないために気管支炎で終わり、免疫力がついてくる4~5歳では肺炎になってしまうというわけです。

次の