にんべん の 漢字 小学生。 漢字を部首の画数から検索

漢字を部首の画数から検索

にんべん の 漢字 小学生

「亻」はです。 「亻」はです。 直立二足歩行し、で道具を 、大脳はきわめて発達し、複雑な言語を。 地球上で た文明を上げている。 」 イ:「 成長した者」、「 大人」 ウ:「 人柄 そのにっている特徴 」 エ:「 自分と相手以外の人間」 オ:「 が他者に対して、をいう」 カ:「 恋人」 キ:「 国家・社会を構成している人々」 ク:「 身分」 ケ:「 の集まり住んでいる所」 コ:「 家来」 サ:「 あなた 二人称代名詞。 話し手(書き手)にして、 聞き手(読み手)をしもの。 「 からた」の象形から「 」を意味する 「亻」という漢字が成り立ちました。 読み 音読み:「 ジン」、「 ニン」 訓読み:「 ひと」 画数 「 2画」 部首 「 亻 にんべん 人偏 」 部首解説: 「亻」は「」がになるの。 「亻」をもとにして、 の特徴や状態を 漢字ができている。 美しい漢字の書き方 100万人を超える指導実績を持つ 【がくぶんのペン字講座】の 無料資料には、 漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、 それを参考に漢字を書いてみると、 ビックリするくらい 美しい漢字が書けるようになって すごい感動しました! 美しい字が書けるようになると、 周りの人からも 褒められて、とても気持ちが良いです! ぜひ、資料請求してみて下さい。

次の

小学生が習う漢字の各学年一覧表|読み方・例・画数とチェックツール|家勉キッズ

にんべん の 漢字 小学生

亻(にんべん) スポンサードリンク 部首が 「にんべん」の漢字一覧です。 人部に属する部首で左側に位置するとき、「亻」の形になり、「にんべん」と呼びます。 「人」の行動・状態・性質などに関する漢字、「亻」を含む漢字などが集められています。 主にJIS第1水準・JIS第2水準の漢字を対象に記載しています。 +2画• +3画• +4画• +5画• +6画• +7画• +8画• +9画• +10画• +11画• +12画• +13画• +14画• +15画• +16画• +19画• +20画• 背景色の は常用漢字、 は人名用漢字(表一)、 は人名用漢字(表二)を示しています。 スポンサードリンク•

次の

漢字検定8級の漢字を学習しよう!①(知識編)(にんべん・にすい・くちへん・つちへん・おんなへん・ゆみへん・ぎょうにんべん・こざとへん)|教科書をわかりやすく通訳するサイト

にんべん の 漢字 小学生

何・休・係・作・仕・使・住・他・体・代・倍 何・・・ 亻(にんべん)に、「可(か)」という「音」を表す文字。 「カ」という音は、疑問や問いかけの時に使われるので、 人が問いかける=「なに」という、疑問詞の役割をもつ 漢字になったよ。 休・・・ 亻(にんべん)に、木。 人が木に寄りかかっている=「休む」という意味だよ。 係 ・・・ 亻(にんべん)に、系。 系は、糸で繋がっている様子を表すんだ。 「小指の赤い糸」といように、人と人の繋がりを表したり、 人と 仕事が繋がっている様子を表すよ。 作 ・・・ 亻(にんべん)に、乍。 乍は、物に刃物をいれている様子を表すよ。 例えば木を彫刻刀で彫っている様子を思い浮かべて。 人が「なにかを作る」という意味になるよ。 仕・・・ 亻(にんべん)に、士(さむらい)。 色々な説があるけれど、「士」は成人した男性とか、 技術や技能を持った人のことを表すよ。 使・・・ 亻(にんべん)に、吏。 吏は、中という字と、又が合わさってできているよ。 「中」は記録が入った筒のことで、「又」はそれを届ける 手を表しているよ。 記録したものを届ける人=使い 住・・・ 亻(にんべん)に主。 主は火を灯して、一箇所にじっと留まっていることを意味するよ。 人がじっと一箇所にいることで、「住む」という意味になるよ。 他・・・ 亻(にんべん)に也。 也は、もとは「它」という漢字だった。 「它」とは、中国で「他の」 という意味。 「它」はヘビのことでもあって、 「蛇に会わずに これたか?=別状なかったか?」という挨拶の中で使われていて、 そこから「它」は「別の」という意味を持つようになったよ。 体・・・ 亻(にんべん)に本。 本は、木の根元に一本線を引いて作られた字。 木の根元=「もと」 とか、「基礎」という意味をもつ。 人の基礎部分だから、「体」だよ。 代・・・ 亻(にんべん)に弋(よく) 弋というのは、矢に糸をつけて、飛ぶ鳥の足にからめて狩るときに 使う道具のこと。 狩だけじゃなく、 呪術の道具としても使われて いた。 呪術で、わざわいを他に移す=改めるという意味を持って いるよ。 倍・・・ 亻(にんべん)に咅(ほう) 咅というのは、花のつぼみを表していて、咲くときの様子から 「左右に開く」という意味を持っているよ。 人の手で物を左右に分けると、物が2つに分かれて(数が)増える ことから、「増える」という意味を持つようになったよ。 ちなみに、咅は「そむく」という意味も持っているよ。 冫(にすい)を使った漢字 場・地・坂 場・・・ 土(つちへん)に、昜。 「昜」は、太陽「日」が地上に上がってくる様子がもとになっている。 土地の神様を祭るために盛られた土に、太陽が上がってくる様子を 合わせた漢字なんだ。 そこから、 「太陽が上がってくるところ」=「場所」という意味を 持つようになったよ。 地・・・ 土(つちへん)に、也。 「也」は「他」でも伝えたように、 「蛇」という意味を持っている。 蛇のように「うねうねと続く土」ということで、「土地」や「地面」 という意味を持つようになったよ。 坂・・・ 土(つちへん)に、反。 「反」は「 厂(かん)」と「又」から出来ている。 「厂」は崖の様子を表している。 「又」は「使」で説明したように、 手を表した漢字なんだ。 そこから、崖を手で押し返す(はねかえす)という意味が生まれたよ。 「土(地面)」が「はねかえる」から、「坂」なんだ。 女(おんなへん)を使った漢字 始・姉・妹 始・・・ 女(おんなへん)に、台。 「台」は「ム」と「口」が合わさってできているよ。 「ム」は農具の「すき」のことなんだ。 「すき」と「口(人間)」から、大地を耕して柔らかくする・ やわらげるという意味をもつよ。 耕して柔らかくするのは農業を始めるためだよね。 (「口」が使われているのは、食べるためのものを育てるからかも?) だから、「台」は「始める」という意味をもともと持っている。 さらにそこに「女」が合わさることで、 女の人が何かを始めたり、 お腹に赤ちゃんを宿すこと(命の始まり)を表すようになり、 やはり「始める」という意味をもっているんだ。 姉・・・ 女(おんなへん)に、市。 「市」は昔は「姊」の右の部分(シ)と書いていて、 「姊」の右の部分は植物のツルが巻いている上の部分を表しているよ。 それで、 「上の」とか「年長の」という意味が生まれた。 年長の女性だから、「姉」なんだ。 妹・・・ 女(おんなへん)に、未。 「未」は「味」でも説明したように、若い枝が伸びている 様子がもとになっている。 まだ若い=「年少の」とい意味で、年少の女性だから「妹」だよ。 弓(ゆみへん)を使った漢字 引・強 引・・・ 弓(ゆみへん)に、「丨 こん 」。 「丨 こん 」は上下に一本直線が通っている様子で、矢を射るときに弓を 引き絞る(ひっぱっている)動作を表しているという説がある。 それで 「ひく」という意味ができたんだ。 また、弓は「曲がった」という意味ももっていて、その曲がった弓を 棒で真っ直ぐになおしている、という説もあるよ。 力をかけて物の形を変える「物をひっぱる」という意味ができた。 強 ・・・ 弓(ゆみへん)に、ムと虫。 「ム」は弓を手で握る部分。 虫は「蚕(かいこ)」という虫のことで、 蚕の吐き出した糸から作られた「テグス」は、とても強い糸なんだ。 ビーズを通してアクセサリーを作る時にも使われているくらいだよ。 そのテグスを使った弓は、他の弓よりも丈夫(強い)よね。 だから、「強い」という意味を持つようになったんだ。 彳(ぎょうにんべん)を使った漢字 後・待・役 後・・・ 彳(ぎょうにんべん)に、幺と夂。 「幺」は糸の先っぽのこと。 「夂」は下向きの足のこと。 (冬の「夂」は糸の結び目なので、違いに注意) 道を進むときに、足に糸がからまって前に進めない様子を表す。 進めないから、ほかの人よりも遅くなってしまうよね。 だから「あと」とか「うしろ」という意味が生まれたんだ。 侍・・・ 彳(ぎょうにんべん)に、土と寸。 上の「土」の部分はもともと「之」で、足を表していた。 「寸」は、手でなにかを持っている様子。 二つを合わせると、 何かを持って、踏みとどまっている様子なんだ。 道の途中で踏みとどまっているので、「待つ」という意味が生まれたよ。 役・・・ 彳(ぎょうにんべん)に、殳(ほこ)。 「ほこ」は、「矛(ほこ)と盾(たて)」のほこと同じで、武器を表している。 日本の「几」は「つくえ」を表すけれど(キと読むよ)、 この漢字の「几」は中国の字がもとになっていて、羽を立たせた 様子を表しているんだ(ジュと読む)。 「又」は、「使」で説明したように、「手」のこと。 手でなにかを立たせている様子を表して、武器を表すように なったんだ。 武器を持って道に立つ=城をまもる役人のように、 「やくめ」とか「つとめ」を表すようになったよ。 阝(こざとへん)を使った漢字 院・階・陽 院・・・ 阝(こざとへん)に、完。 「完」は「宀(うかんむり)」と「元」で出来ている。 「宀(うかんむり)」は囲いのある建物のことを表していて、 「元」は「丸」という意味なんだ。 丸くて、欠けたところがない建物=「完璧な」という意味がある。 阝(こざとへん)は、ここでは土を積み重ねた土壁(囲い)を表していて、 壁に囲まれた完璧な建物=頑丈な作りのお屋敷という意味になったよ。 高級な「御所」という意味もあるんだ。 階・・・ 阝(こざとへん)に、皆。 「皆」は「比」と「白」から出来ている。 「比」は人が二人並んでいる様子を表していて、 (そこから「くらべる」という意味が生まれている) 「白」は「言う」という意味をもっている。 (白は、頭蓋骨がもとになっている漢字で、骨の色の「しろ」 とか、頭という意味もあるよ。 ) 二人の人が同じことを「言う」から「みんな」という意味なんだ。 皆(同じ)高さの土の段が連なっている様子を表しているよ。 陽・・・ 阝(こざとへん)に、昜。 「昜」は「場」で説明したように、太陽が昇る場所を 表しているよ。 太陽が昇る段のある丘=「ひなた」という意味になったんだ。

次の