焼成 カルシウム。 焼成カルシウム

天然素材100%の除菌液「プリフル」

焼成 カルシウム

フライやお刺身などが代表的なメニューですが、その貝殻について考えた方はあまりいないのではないでしょうか? 近年、 年間15万トンものホタテの貝殻が大量に廃棄され、ゴミになっていました。 年々増え、現在は処理問題で社会問題にもなっています。 ホタテ貝殻パウダーの特性と活用 もともとホタテの貝殻には防虫効果がありますが、ホタテの貝殻を粉砕後、高温で焼成した酸化カルシウムにはもっと優れた機能があります。 大学や企業でもこのホタテの貝殻の有効利用の研究をし始めています。 また、ホタテの貝殻パウダーが、白癬菌(水虫菌)の生菌率をほぼ0%にする機能を持つことも発見され、マスコミや新聞などでも取り上げられました。 この焼成加工方法によって貝殻焼成カルシウムは水に約0. 2%溶解する様になります。 又その水溶液はPH13前後の強アルカリ性電解質(アルカリイオン水)になります。 またアルカリ効果は生石灰に比較して長期間持続します。 このアルカリ性質による殺菌効果は大変強く、土壌の消毒剤やPH調整剤として土壌の改良に有効です。 (新潟県、千葉県などで特殊肥料として認証済み) またミネラル成分(マグネシウム、ナトリウム、りん他)100%で天然のカルシウムが主成分であるために散布後、作物の育成に対しても有効で、肥料としても優れていることが実証されています。 腐敗菌等のバクテリアを殺菌するとともに、酸化還元電位を下げるために物質の酸化(腐敗)を抑制します。 すなわち、強アルカリ性を示すという事は、PH値(水素イオン指数)が高くなり選択的に物を腐敗させたり、または老化させる嫌気性菌の殺菌をします。 また、焼成カルシウム粉末そのものが強い抗菌性を持つ事も、八戸工業大学の研究により確認されている為に長時間抗菌効果が期待できます。 例えば、殺菌消毒剤として日常的に用いられている次亜塩素酸との比較においても『殺菌効果は同等であるが、持続の面で時間の経過と共に貝殻焼成カルシウムの高い持続性除菌効果が見られた』と新潟薬科大学により証明されています。 嫌気菌(グラム陰性菌)により発生される腐敗による嫌気を絶ち、生鮮物などの酸化(腐敗)を抑制します。 有害化学物質の分解・除去については、これまでも天然貝殻の主要形成物質である炭酸カルシウムにはシックハウス郡の原因であるホルムアルデヒドの吸着効果があると言われ商品化されてきました。 しかし、焼成加工された貝殻カルシウムには、更に高いホルムアルデヒド類の分解除去能力がある事が確認され(NHKにより放送)今後は壁素材などへの需要が更に高まるものと考えられます。 他にもVOCや農薬(サプロール乳剤やフタール酸エステル類他)やメルカプタン、メタンガスの抑制にも効果があることが各研究機関によって確認され実証されています。 また、ダイオキシン類の分解機能を持っていることも石川大学によって実証されています。 (資料01) 一般に、グラム陰性菌やウィルスはアルカリ性質に弱いとされています。 しかし、新潟県農業総合研究所によりグラム陽性菌や好気性菌には影響を及ぼさない事もわかりました。 当貝殻焼成カルシウム(マグナキャプス)0. 2%溶液で、院内の洗浄を行った場合、次の効果があるといわれています。 自然界において自然分解されにくい素材で、古代の貝塚が現在も残っているのはその為です。 貝殻焼成カルシウムにおいては、応用性の多さは実証されてきましたが、まだその歴史は浅く、まだまだ普及において未開発の分野も多く、焼成技術の難しさから高額な素材になっています。 現在、商品化されている分野は、医薬品、健康補助食品、食品添加物、(厚生省告示120号食品衛生法食品添加物218)等が中心としてあげられます。 また、有害化学物質(ホルムアルデヒド等)の吸着力に目を付けた壁材などにも利用されています。

次の

焼成カルシウム

焼成 カルシウム

解説 貝殻焼成カルシウムとは ホタテ貝の貝殻を100%原料とした天然由来の微粉末の抗菌剤です。 ホタテ貝の貝殻を特殊高温焼成分解炉にて1100度以上の高温で焼成することで天然の酸化カルシウムとなります。 この酸化カルシウム自体に抗菌作用がありますが、焼成工程で特殊加水することよって水酸化カルシウムにします。 8~13. 2)に変化します。 この貝殻焼成カルシウムは水に約0. 2%溶解し、その水溶液は㏗13前後の強アルカリ性電解質(強アルカリ水)になります。 殺菌効果と抗菌効果 強アルカリ成分が病原菌やウィルスなどの細胞壁を通過し、細胞質を加水分解することにより殺菌効果が現れます。 細菌やウィルスが生存できない世界にしてしますのです。 殺菌消毒剤として日常的に用いられる次亜塩素酸との比較では、「殺菌効果は同等である。 」しかし時間経過による持続性除菌効果は貝殻焼成カルシウムのほうが長いとされています。 病原菌大腸菌O-157やノロウィルスはもちろん、黄色ブドウ球菌、白癬菌、レジオネラ菌、水虫菌などにも効果を発揮します。 臭気及び化学物の分解除去 嫌な臭いの元となるのも嫌気性菌(硫化水素ガス、酢酸ガス、ノネナールガス、イソ吉草酸ガス、等)も殺菌効果により菌自体が不活化されるので、臭いの元から除去します。 有害化学物質の分解・除去については、これまでも天然貝殻の主成分である炭酸カルシウムにはシックハウスなどの原因となるホルムアルデヒド吸着効果はあると言われて商品化されています。 しかし貝殻焼成カルシウムはさらに高いホルムアルデヒド類の分解除去能力がある事が確認されています。

次の

光学研究所 貝殻焼成カルシウム

焼成 カルシウム

フライやお刺身などが代表的なメニューですが、その貝殻について考えた方はあまりいないのではないでしょうか? 近年、 年間15万トンものホタテの貝殻が大量に廃棄され、ゴミになっていました。 年々増え、現在は処理問題で社会問題にもなっています。 ホタテ貝殻パウダーの特性と活用 もともとホタテの貝殻には防虫効果がありますが、ホタテの貝殻を粉砕後、高温で焼成した酸化カルシウムにはもっと優れた機能があります。 大学や企業でもこのホタテの貝殻の有効利用の研究をし始めています。 また、ホタテの貝殻パウダーが、白癬菌(水虫菌)の生菌率をほぼ0%にする機能を持つことも発見され、マスコミや新聞などでも取り上げられました。 この焼成加工方法によって貝殻焼成カルシウムは水に約0. 2%溶解する様になります。 又その水溶液はPH13前後の強アルカリ性電解質(アルカリイオン水)になります。 またアルカリ効果は生石灰に比較して長期間持続します。 このアルカリ性質による殺菌効果は大変強く、土壌の消毒剤やPH調整剤として土壌の改良に有効です。 (新潟県、千葉県などで特殊肥料として認証済み) またミネラル成分(マグネシウム、ナトリウム、りん他)100%で天然のカルシウムが主成分であるために散布後、作物の育成に対しても有効で、肥料としても優れていることが実証されています。 腐敗菌等のバクテリアを殺菌するとともに、酸化還元電位を下げるために物質の酸化(腐敗)を抑制します。 すなわち、強アルカリ性を示すという事は、PH値(水素イオン指数)が高くなり選択的に物を腐敗させたり、または老化させる嫌気性菌の殺菌をします。 また、焼成カルシウム粉末そのものが強い抗菌性を持つ事も、八戸工業大学の研究により確認されている為に長時間抗菌効果が期待できます。 例えば、殺菌消毒剤として日常的に用いられている次亜塩素酸との比較においても『殺菌効果は同等であるが、持続の面で時間の経過と共に貝殻焼成カルシウムの高い持続性除菌効果が見られた』と新潟薬科大学により証明されています。 嫌気菌(グラム陰性菌)により発生される腐敗による嫌気を絶ち、生鮮物などの酸化(腐敗)を抑制します。 有害化学物質の分解・除去については、これまでも天然貝殻の主要形成物質である炭酸カルシウムにはシックハウス郡の原因であるホルムアルデヒドの吸着効果があると言われ商品化されてきました。 しかし、焼成加工された貝殻カルシウムには、更に高いホルムアルデヒド類の分解除去能力がある事が確認され(NHKにより放送)今後は壁素材などへの需要が更に高まるものと考えられます。 他にもVOCや農薬(サプロール乳剤やフタール酸エステル類他)やメルカプタン、メタンガスの抑制にも効果があることが各研究機関によって確認され実証されています。 また、ダイオキシン類の分解機能を持っていることも石川大学によって実証されています。 (資料01) 一般に、グラム陰性菌やウィルスはアルカリ性質に弱いとされています。 しかし、新潟県農業総合研究所によりグラム陽性菌や好気性菌には影響を及ぼさない事もわかりました。 当貝殻焼成カルシウム(マグナキャプス)0. 2%溶液で、院内の洗浄を行った場合、次の効果があるといわれています。 自然界において自然分解されにくい素材で、古代の貝塚が現在も残っているのはその為です。 貝殻焼成カルシウムにおいては、応用性の多さは実証されてきましたが、まだその歴史は浅く、まだまだ普及において未開発の分野も多く、焼成技術の難しさから高額な素材になっています。 現在、商品化されている分野は、医薬品、健康補助食品、食品添加物、(厚生省告示120号食品衛生法食品添加物218)等が中心としてあげられます。 また、有害化学物質(ホルムアルデヒド等)の吸着力に目を付けた壁材などにも利用されています。

次の