ワルビアル ステロ。 ワルビアル : ステロワルビアル〜対起点作り〜|ポケモン育成論サンムーン|ポケモン徹底攻略モバイル

ワルビアル : ステロワルビアルのキホン|ポケモン育成論ORAS・XY|ポケモン徹底攻略モバイル

ワルビアル ステロ

はじめに 炎は草に強く、草は水に強く、水は炎に強い。 ポケモンのタイプには、このように 明確な相性関係があります。 ではタイプ統一パーティにおいても、タイプ相性は絶対的なものなのでしょうか? 実は統一パーティ同士の相性は、タイプとしての相性だけで決まるわけではありません。 たとえば不利なタイプに対して有効打を持つ複合タイプの存在や、相性ではなくSの関係で有利を取れる速攻アタッカーの在籍数、あるいは優秀な特性や補助技など。 悪統一を使う私にとってはその意味で、フェアリー統一より鋼統一のほうが苦手な相手だったりします。 フェアリーは鈍足が多く毒技・炎技で弱点が突けるのに対し、鋼はステロ展開からのルカリオorトリルからのクチートという強烈な2択を迫ってきます…。 そこがタイプ統一戦の面白いところでもあります。 さっそくタイプ相性不利な相手と対戦! 今回はタイプ相性だけですべてが決まるわけではないことを証明するために、 虫統一のベテランである『 やんやん』さんと対戦させていただきました。 タイプ統一段位戦ORASの定める段位にて、現在四段もの実力を持つ相手です。 私は 悪統一なので、単純なタイプ相性では不利と言えます。 しかしこの対戦で見事に勝利を収め、タイプ相性がすべてではないと証明してみせようと思います。 見事に勝利を収める……つもりでした。 勝敗はお察しの通りですが、一応証明はできた試合だと思うので、実戦例として紹介させていただこうと思います。 まず こちらのポケモンは、襷ステロワルビアル・鉢巻ASバルジーナ・竜舞メガバンギラスの3匹(ほかの3匹はブラフ)。 先発ワルビアルの威嚇+ステロで場を整え、裏の鉢巻バルジーナとメガバンギラスで暴れるという、実にシンプルな戦術です。 悪は虫に弱いですが、ワルビアルは襷、バルジーナは複合タイプ、メガバンギラスは素の耐久のおかげで、決して不利とは言い切れないはずです。 さて、 相手のパーティは…。 ねばねばネットを安全に撒くためにデンチュラが襷を持っているのかな? と推測していました。 では、対戦の内容 初手ワルビアルと、ペンドラーの対面 自分より早いポケモンと対面したので岩石封じから入りたかったのですが、ペンドラーの特性は加速なのでS操作に意味はないため、しかたなくステロだけ撒いてワルビアルは退場となりました。 鉢巻バルジーナを死に出し。 ペンドラーのメガホーンを受けて、特性『くだけるよろい』を発動させて無双体勢を取ります。 事前にステルスロックを撒いているので、あとはブレイブバードを連打でゴリ押そうというプラン。 討ち漏らしは裏のバンギラス(炎のパンチ持ち)でどうにかする予定でした。 ペンドラーは きあいのタスキで 持ちこたえた! いやほんと。 タスキはデンチュラとばかり……。 くだけるよろいでBのダウンしたバルジーナでは次のメガホーンを耐えるわけもなく。 おまけにペンドラーは加速しているのでS一段階上昇程度のバルジーナで抜けるはずもなく。 バンギラスを出しても、裏からヘラクロスが出てきてあとは流れで……。 やんやんさん、対戦ありがとうございました(涙目) 負けこそしましたが、敗因はあくまで私の狙いがうまくいかなかっただけであって、悪-虫間のタイプ相性はまったく関係ないことが見て取れるかと思います。 むしろステルスロック+一致ブレイブバードでガンガン弱点を突いていける上、『くだけるよろい』で上から叩けるという意味では、むしろ有利だったのかもしれません。 タイプそのものの相性だけで、統一パーティの相性が決まるわけではない。 そのことが少しでも伝わればと思います。 (いやまぁ負けたけどさ) 最後に 実は今回、二段戦のレポートを書きたかったのですが……うまく都合が会わず、段位戦に出席できなかったのです。 しかし何かしらの記事は書かなければならない! ということで、やんやんさんにお願いして一試合させていただくことになりました。 こんなことに付き合ってくださって本当にありがとうございます() 私は二段で、やんやんさんは四段。 段位戦でマッチングするのはずっと先のことになると思いますが、いずれリベンジマッチをさせていただきます…! この記事は、レンカイさんに書いていただきました。

次の

役割別考察/ステロ撒き

ワルビアル ステロ

ステルスロック要員に求められるもの さて、オススメのステルスロック要員を紹介する前に、ステルスロック要員に求められるものについて考えていきます。 まずは 行動保証ですね。 これについてはきあいのタスキをもたせることで確実な行動保証を持たせているパターンが多いですね。 ほかにも特性がんじょう持ちなどですね。 そしてもう一つ、 ステルスロック以外に役割を持てるかどうかということ。 ステルスロックを撒かせるだけならぶっちゃけタスキを持たせておけば誰でもよかったりします。 でも、ステルスロック撒かせるだけで一枠使うのはかなり厳しいので、それ以外にどんな役割が持たせられるかが重要になってくるわけです。 ですでのステルスロック要員に求められるものというのはざっくり上の二つということになりますね。 ガブリアス まずは我らが主人公ガブリアス。 本当にこいつはなんでもできますね。 ステルスロック撒きの定番ポケモンでもあります。 4倍弱点持ちのため落とされるときはあっさり落ちますので、確実な遂行をさせたい場合はきあいのタスキは必須です。 自慢のすばやさ種族値102によって、 ちょうはつによる妨害を受けにくいのも重要なポイントですね。 ステルスロックを撒いたあとも単純にスペックの高いポケモンですのでそのまま殴ってもいけるし一度下げてもいいし。 落ちるにしてもただでは落ちないという頼もしいポケモンですね。 タスキステロ型と同じくらいスカーフ型がメジャーなため、選出段階である程度相手に択を押し付けられるのもポイントです。 マンムー ガブリアスと同じくステルスロック撒き最右翼。 メジャーな一体ですね。 4倍弱点こそないものの、弱点の多さから一撃でやられやすいためやはりきあいのタスキは必須。 特性 あついしぼうで耐性を増やせるポケモンではありますが、タスキを持たせるのであれば耐性はあまり関係してこないので特性を どんかんにしてしまうのも手。 ちょうはつを受けなくなりますしね。 HPを1でも残しておけば こおりのつぶてによってドラゴンに役割を持てますので、タスキとの相性が良いのもポイントですね。 カバルドン やはりメジャーなステルスロック撒き。 弱点が少なくまた素の耐久が高いため、きあいのタスキを持たせなくても行動保証がもたせやすいのがまず大きな利点。 最近ではもともと物理方面の耐久は高いので、 確実な行動保証を持たせるために性格をしんちょうにして特防方面の耐久を厚くしたカバルドンも増えています。 特性すなおこしと合わせて砂パの展開役や、あくびループによる起点作成など、ステルスロックからの場作りの能力の高さが魅力的ですね。 道具のゴツゴツメットと技のなまけるを持たせておけば物理受けとしても動けますし、火力も低くないので鈍足アタッカーとしても動けます。 見た目に反して器用なポケモンなので様々な役割を持たせられるのがポイントですね。 ランドロス ステルスロックを覚えさせない型も多いですが、ステルスロック撒きとしても十分優秀。 やはり4倍弱点持ちのため、きあいのタスキは持たせておきたいところ。 ランドロスの利点としてはやはり いかくもちということ。 初手から出していけば相手の物理アタッカーを弱体化させられますし、ステロを撒いたあとも取っておけばクッション役としても優秀です。 でんき・じめん無効と耐性も優秀なのでステルスロック以外にも仕事できるのがいいところですね。 最近では特防方面に厚くしたランドロスにステルスロックを持たせて、 サイクルの中でステルスロックを撒いていく型も増えています。 ワルビアル あまりメジャーではないものの、優秀なステルスロック撒き要員。 特徴はまずはランドロス同様いかくもち。 4倍弱点はないものの素の耐久は高くないのでやはりきあいのタスキはほぼ必須です。 ランドロスとの差別化のポイントとしては ちょうはつを覚えられるということですね。 すばやさ種族値は92と、多くのステルスロック要員よりも速いため相手のステロ展開を阻止しつつ自分は撒いていくということもできます。 また、あくタイプのため、エルフーンなどのいたずらごころから展開していく構築への抑制にもなります。 (あくタイプのポケモンにはいたずらごころ無効) 環境的に厳しいあくタイプですが、有用な場面もありますのでうまく活かしていきたいですね。 ドンファン ドンファンの利点はなんといっても特性 がんじょうもちということ。 そのため、きあいのタスキをほかのポケモンに渡せますし、自身も別の道具を持つことができます。 技範囲も広いため、ステルスロック以外にも幅広く役割を持たせられるのも大きなポイント。 がむしゃらはタスキと相性が良いですし、先制技のこおりのつぶてと組み合わせた がむつぶては有名ですね。 不一致のためマンムーほどの火力は出ませんがとっておけばドラゴンにある程度役割を持たせられます。 マイナー気味ではありますが強いポケモンですよね、こいつも。 メタグロス ステルスロック要員としてはかなりマイナー気味ではあるメタグロス。 現在の環境にいるメタグロスはほぼメガメタグロスなので、読まれにくいのがまず第一のポイント。 ひかりのかべ・リフレクターと覚えるので、壁展開もしていけます。 自主退場技のだいばくはつもあります。 最近わたしは メガメタグロスにステルスロックを持たせて使っていたりします。 技スペはきついですが、ステルスロック要員のパワー不足を補えるのは利点かなと。 流し性能の高いポケモンなので、初手に出さずともサイクルさせながら撒いていくこともできますね。 意外と場作りの性能が高いポケモンなので、読まれにくさと合わせてメタグロス展開もおもしろいですよね。 ゴウカザル とにかく豊富な技を覚えるダイパ御三家ほのお。 ステルスロック要員としても優秀ですね。 高い素早さ種族値と、ステルスロック以外にもちょうはつ・アンコールなど相手の妨害をしていけます。 場作り能力の高さが重要ですね。 特性もうかときあいのタスキの相性もいいですし、先制技のマッハパンチもあるので相手のタスキ・がんじょうを消せるなど最低限腐りにくいのが大きいです。 技範囲も広いので、ステルスロック以外にも役割をもたせやすいのもポイントですね。 ナットレイ 陰キャの代名詞ナットレイ。 やどまもの嫌らしい動きだけでなく、ステルスロック要員としても優秀です。 やはり流し性能の高いポケモンですので、初手から出していくよりもサイクルに参加させて流し際に撒いていくのがいいですね。 ステルスロックの刺さりやすいほのおタイプのポケモンを呼ぶので、相手のサイクルにかなり負荷をかけていけます。 耐久も高いですし、かなりステルスロックを撒きやすいポケモンですね。 ウツロイド 第7世代より登場のウルトラビースト。 有力なステロ要員の一体ですね。 物理耐久はペラッペラですが特殊耐久は高いため、初手に出さずともサイクルさせながら撒いていくこともできます。 ステロだけでなくどくびしや壁展開もしていけるので、相手を見ながら展開を変えていくのもいいですね。 オニゴーリなんかにはどくびしが刺さりますしね。 現在のトップメタのリザードンやウルガモスなどに役割が持てるので、単純な戦闘力の高さもいいですね。 ジャラランガ ウルトラサンムーン教え技によって新たにステルスロックをもらったジャラランガですが、ステルスロック要員として実はかなり優秀です。 一番の注目ポイントは特性の ぼうじん。 ぼうじんはキノコのほうしを無効にできるため、ステルスロック展開をはじめとする展開系の構築にぶっ刺さるキノガッサに対しての強力なメタになります。 ちょうはつによって相手の展開を妨害していくこともできますし、ほえるやがんせきふうじなども覚えるので起点にもなりにくい。 現環境のジャラランガの大半はジャラランガZ持ちだったりのアタッカー型がほとんどですから、読まれにくさも強いですね。 やはり4倍弱点持ちであるために、確実な遂行をさせるのであればきあいのタスキは必須ではあります。 ウルトラサンムーンになって多くの技を貰ったので、相手視点からしたらなにをしてくるのかわからないのも怖いですよね。 ジャラランガ展開、意外と悪くないんじゃないかなと思っています。 まとめ:USUM教え技解禁によって使いやすさが一気に向上! ここまでオススメのステルスロック要員を紹介してきましたが、実は大半はステルスロックが教え技になっているんですよね。 サンムーンで使うには過去作であるORASで覚えさせてくる必要があり、また消してしまうと覚え直すことができなかったので使い勝手が悪かったです。 これがウルトラサン・ウルトラムーンにて教え技が解禁されたことで、かなり使いやすさが向上しましたね。 今まではステルスロック展開用のガブリアスとこだわりスカーフ用のガブリアスと複数の個体を用意しないといけなかったりしたので、これがホントにありがたい。 あとは自分のパーティに合わせて補完のいいステルスロック要員をいれていくのがいいと思いますね。 この記事が読んでくれた方の参考に少しでもなればいいかなと思います。 それではまたー。 apokaru.

次の

ワルビアル : ステロワルビアルのキホン|ポケモン育成論ORAS・XY|ポケモン徹底攻略モバイル

ワルビアル ステロ

ステルスロック要員に求められるもの さて、オススメのステルスロック要員を紹介する前に、ステルスロック要員に求められるものについて考えていきます。 まずは 行動保証ですね。 これについてはきあいのタスキをもたせることで確実な行動保証を持たせているパターンが多いですね。 ほかにも特性がんじょう持ちなどですね。 そしてもう一つ、 ステルスロック以外に役割を持てるかどうかということ。 ステルスロックを撒かせるだけならぶっちゃけタスキを持たせておけば誰でもよかったりします。 でも、ステルスロック撒かせるだけで一枠使うのはかなり厳しいので、それ以外にどんな役割が持たせられるかが重要になってくるわけです。 ですでのステルスロック要員に求められるものというのはざっくり上の二つということになりますね。 ガブリアス まずは我らが主人公ガブリアス。 本当にこいつはなんでもできますね。 ステルスロック撒きの定番ポケモンでもあります。 4倍弱点持ちのため落とされるときはあっさり落ちますので、確実な遂行をさせたい場合はきあいのタスキは必須です。 自慢のすばやさ種族値102によって、 ちょうはつによる妨害を受けにくいのも重要なポイントですね。 ステルスロックを撒いたあとも単純にスペックの高いポケモンですのでそのまま殴ってもいけるし一度下げてもいいし。 落ちるにしてもただでは落ちないという頼もしいポケモンですね。 タスキステロ型と同じくらいスカーフ型がメジャーなため、選出段階である程度相手に択を押し付けられるのもポイントです。 マンムー ガブリアスと同じくステルスロック撒き最右翼。 メジャーな一体ですね。 4倍弱点こそないものの、弱点の多さから一撃でやられやすいためやはりきあいのタスキは必須。 特性 あついしぼうで耐性を増やせるポケモンではありますが、タスキを持たせるのであれば耐性はあまり関係してこないので特性を どんかんにしてしまうのも手。 ちょうはつを受けなくなりますしね。 HPを1でも残しておけば こおりのつぶてによってドラゴンに役割を持てますので、タスキとの相性が良いのもポイントですね。 カバルドン やはりメジャーなステルスロック撒き。 弱点が少なくまた素の耐久が高いため、きあいのタスキを持たせなくても行動保証がもたせやすいのがまず大きな利点。 最近ではもともと物理方面の耐久は高いので、 確実な行動保証を持たせるために性格をしんちょうにして特防方面の耐久を厚くしたカバルドンも増えています。 特性すなおこしと合わせて砂パの展開役や、あくびループによる起点作成など、ステルスロックからの場作りの能力の高さが魅力的ですね。 道具のゴツゴツメットと技のなまけるを持たせておけば物理受けとしても動けますし、火力も低くないので鈍足アタッカーとしても動けます。 見た目に反して器用なポケモンなので様々な役割を持たせられるのがポイントですね。 ランドロス ステルスロックを覚えさせない型も多いですが、ステルスロック撒きとしても十分優秀。 やはり4倍弱点持ちのため、きあいのタスキは持たせておきたいところ。 ランドロスの利点としてはやはり いかくもちということ。 初手から出していけば相手の物理アタッカーを弱体化させられますし、ステロを撒いたあとも取っておけばクッション役としても優秀です。 でんき・じめん無効と耐性も優秀なのでステルスロック以外にも仕事できるのがいいところですね。 最近では特防方面に厚くしたランドロスにステルスロックを持たせて、 サイクルの中でステルスロックを撒いていく型も増えています。 ワルビアル あまりメジャーではないものの、優秀なステルスロック撒き要員。 特徴はまずはランドロス同様いかくもち。 4倍弱点はないものの素の耐久は高くないのでやはりきあいのタスキはほぼ必須です。 ランドロスとの差別化のポイントとしては ちょうはつを覚えられるということですね。 すばやさ種族値は92と、多くのステルスロック要員よりも速いため相手のステロ展開を阻止しつつ自分は撒いていくということもできます。 また、あくタイプのため、エルフーンなどのいたずらごころから展開していく構築への抑制にもなります。 (あくタイプのポケモンにはいたずらごころ無効) 環境的に厳しいあくタイプですが、有用な場面もありますのでうまく活かしていきたいですね。 ドンファン ドンファンの利点はなんといっても特性 がんじょうもちということ。 そのため、きあいのタスキをほかのポケモンに渡せますし、自身も別の道具を持つことができます。 技範囲も広いため、ステルスロック以外にも幅広く役割を持たせられるのも大きなポイント。 がむしゃらはタスキと相性が良いですし、先制技のこおりのつぶてと組み合わせた がむつぶては有名ですね。 不一致のためマンムーほどの火力は出ませんがとっておけばドラゴンにある程度役割を持たせられます。 マイナー気味ではありますが強いポケモンですよね、こいつも。 メタグロス ステルスロック要員としてはかなりマイナー気味ではあるメタグロス。 現在の環境にいるメタグロスはほぼメガメタグロスなので、読まれにくいのがまず第一のポイント。 ひかりのかべ・リフレクターと覚えるので、壁展開もしていけます。 自主退場技のだいばくはつもあります。 最近わたしは メガメタグロスにステルスロックを持たせて使っていたりします。 技スペはきついですが、ステルスロック要員のパワー不足を補えるのは利点かなと。 流し性能の高いポケモンなので、初手に出さずともサイクルさせながら撒いていくこともできますね。 意外と場作りの性能が高いポケモンなので、読まれにくさと合わせてメタグロス展開もおもしろいですよね。 ゴウカザル とにかく豊富な技を覚えるダイパ御三家ほのお。 ステルスロック要員としても優秀ですね。 高い素早さ種族値と、ステルスロック以外にもちょうはつ・アンコールなど相手の妨害をしていけます。 場作り能力の高さが重要ですね。 特性もうかときあいのタスキの相性もいいですし、先制技のマッハパンチもあるので相手のタスキ・がんじょうを消せるなど最低限腐りにくいのが大きいです。 技範囲も広いので、ステルスロック以外にも役割をもたせやすいのもポイントですね。 ナットレイ 陰キャの代名詞ナットレイ。 やどまもの嫌らしい動きだけでなく、ステルスロック要員としても優秀です。 やはり流し性能の高いポケモンですので、初手から出していくよりもサイクルに参加させて流し際に撒いていくのがいいですね。 ステルスロックの刺さりやすいほのおタイプのポケモンを呼ぶので、相手のサイクルにかなり負荷をかけていけます。 耐久も高いですし、かなりステルスロックを撒きやすいポケモンですね。 ウツロイド 第7世代より登場のウルトラビースト。 有力なステロ要員の一体ですね。 物理耐久はペラッペラですが特殊耐久は高いため、初手に出さずともサイクルさせながら撒いていくこともできます。 ステロだけでなくどくびしや壁展開もしていけるので、相手を見ながら展開を変えていくのもいいですね。 オニゴーリなんかにはどくびしが刺さりますしね。 現在のトップメタのリザードンやウルガモスなどに役割が持てるので、単純な戦闘力の高さもいいですね。 ジャラランガ ウルトラサンムーン教え技によって新たにステルスロックをもらったジャラランガですが、ステルスロック要員として実はかなり優秀です。 一番の注目ポイントは特性の ぼうじん。 ぼうじんはキノコのほうしを無効にできるため、ステルスロック展開をはじめとする展開系の構築にぶっ刺さるキノガッサに対しての強力なメタになります。 ちょうはつによって相手の展開を妨害していくこともできますし、ほえるやがんせきふうじなども覚えるので起点にもなりにくい。 現環境のジャラランガの大半はジャラランガZ持ちだったりのアタッカー型がほとんどですから、読まれにくさも強いですね。 やはり4倍弱点持ちであるために、確実な遂行をさせるのであればきあいのタスキは必須ではあります。 ウルトラサンムーンになって多くの技を貰ったので、相手視点からしたらなにをしてくるのかわからないのも怖いですよね。 ジャラランガ展開、意外と悪くないんじゃないかなと思っています。 まとめ:USUM教え技解禁によって使いやすさが一気に向上! ここまでオススメのステルスロック要員を紹介してきましたが、実は大半はステルスロックが教え技になっているんですよね。 サンムーンで使うには過去作であるORASで覚えさせてくる必要があり、また消してしまうと覚え直すことができなかったので使い勝手が悪かったです。 これがウルトラサン・ウルトラムーンにて教え技が解禁されたことで、かなり使いやすさが向上しましたね。 今まではステルスロック展開用のガブリアスとこだわりスカーフ用のガブリアスと複数の個体を用意しないといけなかったりしたので、これがホントにありがたい。 あとは自分のパーティに合わせて補完のいいステルスロック要員をいれていくのがいいと思いますね。 この記事が読んでくれた方の参考に少しでもなればいいかなと思います。 それではまたー。 apokaru.

次の