コーヒー アラビカ 種。 アラビカ(コーヒー)の苗: 3号ポット *実生苗(15〜20cm)

コーヒー豆アラビカ種の特徴と産地

コーヒー アラビカ 種

コーヒーの木は、カフェインなどのアルカロイド類を多く含むアカネ科に属する熱帯性低木です。 自然の恵みに感謝をするとともに、コーヒーの木、その葉、そして美しく可愛い花、さらにそこに宿った実が、歴史の中で育まれて、目の前のカップに注がれています。 コーヒーの木は種を蒔いて3年目くらいから最初の花をつけます。 花が咲いてから約8ヵ月かけて緑色から真っ赤な実に熟します。 4~5年経過したころから収穫量が多くなり、手入れをよくすれば30年くらいの間収穫をあげることができます。 インスタントコーヒーも、もちろんレギュラーコーヒーもコーヒー以外に何物も含まれていない混じりけのない純粋な自然飲料です! コーヒーの葉 艶やかで深い緑色をしています。 太陽の光をいっぱい受けて、力強い成長を感じるさせます。 コーヒーの花 白くて小さいコーヒーの花は、ジャスミンのような甘い香りがします。 葉の付け根に群集して咲きます。 コーヒーの実 収穫期のコーヒーの実は、真紅色に熟します。 その他、形からコーヒーチェリーと呼ばれています。 コーヒーの生豆 収穫したコーヒーの実から、果肉や皮を取り除くと、みずみずしいコーヒーの種子がでてきます。 これがコーヒーの生豆です。 コーヒーの焙煎豆 乾燥したコーヒーの生豆をローストしてはじめて、なじみ深いコーヒーブラウンの豆になります。 ローストによって、豊かな香りと独特の味わいが生まれます。 コーヒーの木3大種 コーヒーの木には多くの種類が有りますが、現在商業的に栽培されているのは、「アラビカ種」「カネフォラ種」の2種です。 他に「リベリカ種」というものもあります。 アラビカ種 世界の多くの国で生産されており、コーヒーのおよそ3分の2がアラビカ種です。 アビシニア(現、エチオピア)が原産地だといわれています。 高地で栽培され気象条件や病害虫の影響を受けやすい品種です。 酸味と香りが特徴です。 カネフォラ種(一般に「ロブスタ種」と言われています) 低地でも栽培され病害虫の影響を受けづらい品種です。 苦味とコクが特徴で、19世紀にコンゴ奥地で発見されたのが始まりです。 リベリカ種 西アフリカが原産の品種です。 ごく一部の地域でしか栽培されておらず、栽培地域内だけで消費されています。

次の

アラビカ種とロブスタ種の違い

コーヒー アラビカ 種

え?コーヒー豆は2種類しか存在しないんじゃないの? このように思う方もいるでしょう。 しかし昔から「コーヒー豆の3大原種」と呼ばれるものがあります。 それがロブスタ種・アラビカ種・リベリカ種なのです。 ここでは 市場で少ししか出回らないリベリカ種について解説します。 リベリカ種 西アフリカのリベリアが原産地になります。 そのため、リベリカ種という名前がついています。 平地でも栽培が可能で、干害、少雨、多雨などの環境でも耐えることが出来ます。 耐病性も強く実が落ちにくいため、労働力が軽減できるというメリットがあります。 そのためコーヒー豆の種類はロブスタ種とリベリカ種の2種類とされているのでしょう。 コーヒー豆のアラビカ種とロブスタ種の違いと特徴 では、本題のロブスタ種とアラビカ種の違いと特徴について見ていきましょう。 はじめはロブスタ種について解説していきます。 甘い香りを持つアラビカ種 今世界のコーヒー豆生産の約6割が、アラビカ種となっています。 「スターバックス」や「タリーズ」「カルディ」などが販売しているコーヒー豆も、基本的にはこのアラビカ種です。 つまり、生産されている豆の多くは圧倒的にアラビカ種が多いのです。 アラビカ種は酸味が強く、花のような甘い香りが特徴的です。 原産地はアフリカのエチオピアだよ。 アラビカ種は標高1000~2000mの熱帯高地での栽培に適しており、大きな手間が掛かります。 また霜、乾燥、病害虫などにも弱いのもデメリットで、栽培が難しい品種でもあります。 アラビカ種にも色々種類がある 同じアラビカ種といいつつも、その下の亜種が違えば味や香りも変わってきます。 風味の点から言うと、 ティピカ、ブルボンという昔からある品種が香りの質やコク、クリーンさの点では優れているでしょう。 しかしこちらの種類は収穫量が少ないので、減少傾向にあります。 今は低木で手入れがしやすく収穫量の多い「カツーラ」と呼ばれる品種が主流になっています。 詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください。 苦みの強いロブスタ種 ロブスタ種の方が病気に強く、アラビカ種よりも低高度(300から800m)で栽培することができ、育成が比較的簡単です。 コーヒー豆の形は、アラビカ種よりも丸みを帯びているのも特徴です。 決定的に違うのはやはり風味。 ロブスタ種は苦味が強く渋みがあり、香りは麦茶に近い香ばしい香りがあります。 インスタントコーヒーによく使われる ロブスタ種のコーヒー豆の正式名称は、「Cofea Canephora(コフィア・カネフォラ)」です。 ロブスタ種の別名として、カネフォラ種とも言われているコーヒー豆です。 しかし ロブスタ種をストレートで飲むと泥臭さが出てしまうというデメリットがあります。 そのため、一般的にインスタントコーヒーや缶コーヒー、リキッドコーヒーとして使われています。 ロブスタ種はベトナムで主流 ロブスタ種の主要な生産国であるベトナムでは、 国内で生産されるコーヒー豆のうちのなんと約9割をロブスタ種です。 それくらいのお生産量を誇るベトナムであるため、当然のことながら、主流となっているコーヒーもロブスタ種です。 ロブスタ種を美味しく飲むための色々なレシピがあります。 そのなかでも有名なのが「ベトナムコーヒー」でしょう。 深く焙煎したロブスタ種のコーヒー豆をやや粗めに挽き、抽出したコーヒーにたくさんの練乳 コンデンスミルク を入れるのがベトナムコーヒーです。 甘くて濃厚な味わいが特徴です。 ベトナムコーヒーも美味しい ベトナムコーヒーはコーヒーキャンディに似ていて、一度飲むと病み付きになる方も少なくありません。 近年では、バターやチョコレートなどで風味づけするアレンジレシピも有名です。 このベトナムスタイルは日本でも広がりつつあります。 最近では本格的なベトナムコーヒーが楽しめる専門店も増えているとも言われています。 興味のある方はぜひ足を運んでみてはいかがですか? 詳しく知りたいという方はこちらの記事を参考にしてみてください。 アラビカ種とロブスタ種はカフェイン含有量も違う ここではアラビカ種とロブスタ種のカフェイン量の違いについて見ていきましょう。 まとめると以下の通り。

次の

人気のコーヒー豆一覧、種類や価格、味や違いのまとめ

コーヒー アラビカ 種

— 2017 5月 12 7:00午前 PDT 今回はそんなアラビカ種の中でもブルボン種のコーヒー豆について、ブルボン種とはそもそも何なのか、どのような特徴があるのかなどについて書いて行こうと思います。 参照記事 ブルボン種とは何か ブルボン種とはひとことで言うと、アラビカ種のコーヒーの品種のひとつです。 アラビカ種のコーヒー豆はブルボン種とティピカ種が二大品種と言われており、ブルボン種はティピカ種から突然変異してできた小粒で丸みのあるコーヒー豆です。 ブルボン種が栽培されていることで有名な産地はブラジル、グアテマラ、ルワンダなどです。 日本にもいくつかのブルボン種のコーヒー豆が輸入されているので、知らずに飲んでいる人も結構いるかと思います。 — 2017 7月 10 5:55午前 PDT また、基本的にブルボン種を始めとしたコーヒーチェリーは赤色をしているのですが、ブルボン種の中には黄色いコーヒーチェーリーをしたイエローブルボン種と呼ばれる品種もあることで知られています。 イエローブルボン種は普通のものよりも甘みが強いと言われています。 参照記事 ブルボン種コーヒー豆の歴史 ブルボン種のコーヒー豆は1715年にインド洋に浮かぶレユニオン島に移植されたのが始まりであると言われています。 レユニオン島は別名としてブルボン島とも呼ばれていたので、それがブルボン種という名前の起源であるとされています。 その後、ブルボン種はコーヒー生産大国であるブラジルに移植されて、生産の中心地はブラジルを始めとした中南米へと移っていきました。 — 2017 7月 10 12:46午後 PDT しかし、最近になって日本のUCCコーヒーがレユニオン島のブルボン種を復活させようと運動を起こしたりと、再度レユニオン島のブルボン種も注目を集めています。 しかし、さび病をはじめとした病気には弱くて繊細であり、ブルボン種の栽培には細心の注意が必要です。 また、コーヒー豆自体が小さくて収穫も2年に1回の隔年でしかできないという問題があります。 そのために、最近ではブルボン種を品種改良して安定して大量生産できるようにできないかと研究されています。 実際にブルボン種から品種改良して多くの品種が生まれました。

次の