縁起 の いい 言葉。 縁起のいい言葉40選 一覧|和の美しい言葉

縁起のいい言葉40選 一覧|和の美しい言葉

縁起 の いい 言葉

『』(リンク先のページで、中国で縁起の良い数字について詳しく紹介しています。 ) 中国で縁起のいい「動物」 動物では・・はおめでたい聖獣です。 いずれも想像上の動物ですが、かなり古い時代から聖獣として大切にされてきました。 龍は大自然のパワーを表すと同時に皇帝のシンボルでもあります。 鳳凰は人間界に姿を現すと天下が安寧になると言われています。 もともとは性別を持ちませんでしたが、龍とペアになると女性性を持ちます。 龍が皇帝ならば鳳凰は后(きさき)を意味します。 麒麟は仁獣(慈愛の動物)で、優れた君主による仁政が行われると現れると言われます。 また「麒麟送子」という言葉もあるように、立派な子供をもたらしてくれる存在です。 上3つの聖獣に比べるとややランクは落ちますが、や亀もおめでたい動物です。 もおめでたい鳥で、不吉な鳥・カラスとは対照的に愛されている鳥です。 日本人には不思議なことですがも縁起の良い動物です。 これは蝙蝠(コウモリ)という文字が「変福」(福に変わる)という音と同じだからです。 『』(麒麟の歴史について紹介しています) 中国で縁起のいい「植物」 植物では桃とひょうたんがおめでたいものとして大切にされます。 どちらも不死や永遠のシンボルです。 日本では「松竹梅」もおめでたい植物ですが、これは中国の「歳寒三友」という言葉から来ています。 「歳寒三友」は松竹梅を指しますがおめでたいものというより、寒さに耐えておのれを貫き花を咲かせる様に、環境がいかに厳しくても節を貫くという精神性が付与され、昔から絵画のテーマとして愛されてきました。 「七福神」と「八仙人」 日本では七福神がおめでたい神様として有名で、七福神の中には日本の神様も中国の神様もインドの神様も入っていて平和共存していますが、中国にも似た存在として「」がいます。 李鉄拐(り・てっかい)・漢鐘離(かん・しょうり)・呂洞賓(りょ・どうひん)・藍采和(らん・さいか)・韓湘(かん・しょうし)・何仙姑(か・せんこ)・張果老(ちょう・かろう)・曹国舅(そう・こっきゅう)の8人で、今も人気を集めています。 ただし八仙人には外国人は一人もいません。 この八仙人はそれぞれ手に持つ法器でパワーを発揮するのですが、李鉄拐はその手にひょうたんを持っています。 『』(リンク先で倒福の習慣・由来について詳しく紹介しています) 中国で縁起の悪いもの 中国で縁起の悪い「色」 中国で縁起の悪い色彩は白です。 白は喪服の色、葬儀の色なのです。 日本では黒ですがこれは明治になって欧米の習慣が入ってきてから、と言われています。 日本でも古くは白が葬儀の色でした。 中国で注意が必要な「数字」 中国で縁起の悪い数字は…4と言いたいところですが、日本ほど嫌われてはいません。 縁起が悪いというより気をつけた方がいい数字としては250があります。 これは読み方によっては「うすのろ」という意味になってしまうのです。 中国で縁起の悪い「動物」 中国で縁起の悪い動物はダントツでカラスです。 何でも食材にする中国人ですがカラスだけは食べないそうです。 こんなに嫌われるのはカラスが死んだ動物の肉を食べるからだと聞きます。 フクロウも不気味な鳥とされています。 日本では「福郎」と書いて縁起物でもありますが、中国人にフクロウの飾りなどをプレゼントするのは禁物です。 中国で縁起の悪い「贈り物」 もう一つ贈ってはいけないものに置時計があります。 「送鐘」(置時計を贈る)は音が「送終」(看取る)と同じなので、特に老人に贈るのはタブーです。 またカップルの前でわざわざ梨を切り分けて渡すのもタブーです。 「分梨」は「分離」(別れる)と同音だからです。 そういえば中国人は梨でもリンゴでも切り分けず、きれいに皮を剥くとそのまま相手に渡します。 実が一般に小さいからでしょうが、切り分けるところを見たことがありません。

次の

ドイツ語の縁起のいい言葉、品詞別まとめ!

縁起 の いい 言葉

もくじ• 書初めはいつから行なわれていたの? 現在では、新年行事として行なわれることが当たり前になっている書初め。 その書初めは、一体いつ頃から行なわれていたのでしょうか? 書初めの歴史について調べましたので、ご紹介しましょう。 書初めの始まりは平安時代 書初めの起源は平安時代までさかのぼります。 平安時代に『吉書初め(きっしょぞめ)という行事が、新年の宮中行事として行なわれていました。 これは、新年に貴族たちが集まり、元旦を迎えて一番最初に汲んだ若水(わかみず)ですった墨を使い、恵方を向いて和歌を披露するというものです。 毎年新年に行なわれていたこの行事が、現在の書初めの起源とされています。 江戸時代に寺子屋で普及 その後、江戸時代に各地で寺子屋がつくられます。 ここでは、さまざまな身分の子供たちが文字やそろばんを習うための学校のようなものです。 文字を学ぶ際には当然墨と筆を使います。 この中で新年に文字が上達するようにという願いを込めて、書初めが普及したと言われています。 文字を学べばそれだけ将来安定した仕事にも就きやすくなります。 立身出世も夢ではありません。 将来、安定した生活が送れるようにという願いも、書初めには込められていたのでしょう。 明治時代に義務教育で書道が導入 明治時代になると、義務教育が始まります。 この時、墨で文字を書くということも大切だという考えから、書道も義務教育の一環として導入されました。 書道が義務教育の一環になると、冬休みの宿題として書初めを出す学校が多くなります。 書道の授業で学んだことを、書初めという宿題で成果として提出してもらおうという考えもあったのでしょう。 学校で書初めを宿題として出すのなら、新年のイベントしても活用できるという考えが広がり、全国各地で新年に書初めが普及したと考えられています。 書初めに意味はあるの? 書初めは墨で文字を書くという行事ですが、これに意味があるのかと思う人もいるでしょう。 書初めは古くから行なわれていた大切な行事ですから、そこには意味ももちろんあるのです。 書初めにはどんな意味があるのかについても調べてみましたので、ご紹介します。 一年の抱負や目標を決めて達成する 書初めには一年の抱負や目標を決めて、それを達成するという意味があります。 人間は目標を持つとそれに向かって頑張ろうという気持ちが湧き上がってきます。 目標を持つことで生き甲斐も感じられやすくなるということです。 また、抱負や目標を達成することで人間としての成長もできますよね。 一年を通して自分自身を鍛え上げて成長させる、という意味も書初めには込められているのです。 文字や勉学の上達を祈願する 書初めは文字を書くことから、文字の上達を祈願するという意味も込められていました。 書初めが日本に広まり始めた頃、まだ現在ほど識字率は高くありませんでした。 このことから、書初めをすることで一つでも多くの文字を理解し、上手に書くことができるようにという願いが込められていたのです。 また、文字を覚えるということから勉学の上達という意味も込められています。 文字だけではなく、そろばんなどの計算や生きるために必要な能力も同時に身につけることができるように、という意味があったのです。 厄除け祈願 1月にお寺や神社などで『どんど焼き』という行事が行なわれます。 これは半紙などに書かれた文字を燃やして浄化するという意味があります。 厄除け祈願や病気の治癒など、現在の状態が良くなるようにという願いを墨文字で書くことで、悪い状況が半紙などの紙に写ります。 それを供養して燃やすことで状況が好転する、と言われていたのです。 墨文字には悪霊退散や浄化の意味もあります。 書初めをすることでそのような悪いものを浄化し、一年を気持ちよく過ごすことができるようにという願いが込められていたのですね。 書初めはいつ行なうのが良いの? 書初めはいったいいつ行なうのが良いのでしょうか? 最も良いとされているのは1月2日です。 何故なら、平安時代の宮中行事として行なわれていた『吉書初め』が毎年1月2日に行なわれていたからです。 当時は旧暦ですから、現在の暦とはズレがあります。 ですが、昔から行なわれていた宮中行事の日にちを変えることは良くないとされ、現在でも、1月2日に書初めを行なうのが良いとされているのです。 ただし、なかなか1月2日に書初めをするのが難しいという人もいるでしょう。 現在では、1月15日までに書初めをすれば良いとも言われています。 親戚が集まってなかなか書初めができないという人は、1月15日までに時間を見つけて行なうのも良いでしょう。 書初めで縁起がいい二字熟語 書初めではさまざまな文字を書きますよね。 ですが、同じ書くのなら縁起がいい文字を書きたいとは思いませんか? そこで、書初めで縁起がいい二字熟語を集めてみました。 二字熟語の意味についても解説しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 福寿(ふくじゅ) 書初めの二字熟語で多く好まれているのが「福寿(ふくじゅ)」です。 言葉の意味は、幸福で長寿であるということです。 いつまでも幸福で長生きできるという意味が込められているのです。 また、福寿草という植物はお正月に飾られることが多い花としても有名です。 別名「コトブキクサ」とも呼ばれ、大変縁起のいい植物とされています。 吉祥(きちじょう/きっしょう) 書初めの二字熟語では、「吉祥」という言葉も良く用いられます。 言葉の意味は、大変めでたくて良い兆しです。 確かにお正月の書初めの二字熟語としては大変ふさわしい意味を持った熟語ですね。 また、吉祥天という女神様はたくさんの幸福や徳を与えてくださる仏教の神様とされています。 お正月の書初めに吉祥という二字熟語を書くことで、吉祥天様からのご加護もいただけると考えられているのです。 万福(まんぷく/ばんぷく) 書初めの二字熟語には、「万福」」という言葉もおすすめです。 言葉の意味は、数えきれないほどの幸福ということです。 数えきれないほどの幸福が毎日訪れたら、とても幸せですよね。 そのような願いを込めて書初めでよく選ばれる二字熟語でもあります。 楽天(らくてん) 書初めでは「楽天」という二字熟語も良いでしょう。 言葉の意味は、人生を楽観することです。 人生は自分の思考が創り出しています。 くよくよしていると暗い現実や未来が創り出されてしまうのです。 困難やトラブルに見舞われても、「何とかなる」と楽観視することで素早く切り抜けることができ、幸せも引き寄せやすくなります。 肩の力を抜いて一年を歩いていく、というつもりで「楽天」という二字熟語を書初めに選ぶのも良いでしょう。 飛翔(ひしょう) 書初めでは、「飛翔」という二字熟語もよく書かれます。 この言葉には空中を飛ぶという意味がありますが、鷲を表した言葉でもあります。 鷲のように高く飛ぶということから、立身出世という意味や願いも込められています。 仕事や勉学などで大きな成果を上げたい場合は、「飛翔」という二字熟語を選ぶと飛躍に必要なエネルギーも湧き上がってくるでしょう。 まとめ 新年行事で開催されることが多い書初めには、平安時代からの古い歴史がありました。 当時は和歌を詠むというう大変優雅な意味がありましたが、現在では願いや目標を達成するという力強い意味が込められています。 人間は目標を持つことでやる気やモチベーションが上がってきます。 今回ご紹介した二字熟語を書初めのモチーフにしてみてください。 きっと楽しい充実した一年を過ごすことができるでしょう。

次の

かわいいイタリア語8選~縁起のいいもの編

縁起 の いい 言葉

こんにちは。 チャオ。 イタリア在住のまこです。 ここではみなさまに、 イタリア語の縁起のいい言葉を品詞別にご紹介します! ペットやお店の名前やのハンドルネームなどにもおすすめ。 是非楽しくご覧ください。 *ちなみに、イタリア語には男性名詞、女性名詞という概念が存在し、さらにそれらは「単数」なのか「複数」なのかによってどんどん語尾が変化していきます。 今回は詳しい文法については割愛し、辞書に載っている形(男性名詞)にてご紹介します。 形容詞 【晴れ渡った】 Sereno(セレーノ) セレーノは晴れ渡った、澄み切った、のどかな…といった雰囲気を表す形容詞で、景色だけでなく人の性格などを表す際にも使います。 「晴天」を表す際も使うので、朝 、天気予報で「セレーノ」と聞こえてくると、語の持つ響きの美しさも相まって思わず素敵な一日を期待してしまいます。 【青色(空色)の】 (アズッロ) アズッロの意味は「青色の(空色の)」という単純なものなのですが、イタリア人にとってこの色はとても大切な意味を持っています。 というのも、 アズッロは1961年にイタリア国家を果たした王家家のシンボルカラーだったからです。 イタリアの国旗は「緑・白・赤」ですが、いまでもアズッロは緑・白・赤と同じかそれ以上に大切に扱われており、のユニフォームなど様々なシーンでイタリアのシンボルカラーとして登場します。 動詞 【勝つ・獲得する】 Vincere(ヴィンチェーレ) 「勝つ」という意味の他「獲得する(ゲットする)」といった意味もあるヴィンチェーレ。 【生まれる】 Nascere(ナーシェレ) どの国の人にとっても何かが「生まれる」ということはとてもおめでたい事ですが、の総本山イタリア人のあいだでは、生まれるということは特におめでたい意味を持ちます。 というのも、 において「命」とは神様から与えられた贈り物(ギフト)だからです。 「生まれた」ということは、神様から「生きよ」と命じられたということ。 それ故、とても縁起の良いことであり、赤ちゃんが生まれると日本以上に周囲を巻き込んで皆で新しい生命の誕生を祝います。 名詞 【のクローバー】 Quadrifoglio(クワドリ) イタリアでものクローバーは幸運の印とされており、レストランやホテルの名前でもよく使われます。 のクローバーを見つけたら枕の下に敷いて眠るとさらに運気がUPするとも言われていますので是非試してみてはいかがでしょうか!? 【てんとうむし】 Coccinella(コッチネッラ) イタリアでは様の使いで、幸運を呼び込み、病や災いごとなどの不幸を運び去ってくれると言い伝えられています。 ゆえに、のようにお見舞いの品として関連グッズ(チャームなど)を渡したり、ポストカードに描いて渡したりすることもあります。 副詞 【素敵な】 Bene(ベーネ) イタリア語の「ベーネ」は私たち日本人にも実は馴染みのある言葉。 というのも、チャレンジなどの通信教育で有名な企業 「」はこの「Bene(よく・素敵に)」と 「(生きる・暮らす)」をつなげて前向きに人生をすること等を願って付けられた企業名だからです。 文字通り「素敵な」言葉ですね! 【ついに】 Finalmente(フィナルメンテ) 英語のファイナル(Final)と同じルーツをもつ「フィナルメンテ」は「ついに」「やっと」といったポジティブな意味を持つ縁起の良い言葉です。 テストが終わった時や試験に突破した時、憧れの人に遂に会えた時には是非この言葉を使ってみてください。 イタリアのドラマやアニメ、ポストカードなどからも色々な発見があるハズ。 郊外で主婦業をする傍ら、週末は独身時代からの夫婦共通の趣味であった旅行を楽しんでいます。 こちらもあわせてどうぞ! kotobalover.

次の