クッキング プロ 電気 代。 「クッキングプロ」で実際に料理してみた私の口コミ。かんたん電気圧力鍋の実力はいかに!?

クッキングプロでお米を炊く 炊飯の方法とお味は?

クッキング プロ 電気 代

「ママ、こっち来て~!」「ママ、抱っこして~!」など、育児中って子供に振り回されてしまってなかなか調理できません。 そんな時、 ほったらかしで調理してくれる電気圧力鍋「クッキングプロ」があったらどんなに便利なんでしょう! しかし、本当にボタンを押すだけで簡単に調理してくれるのでしょうか? 実際に使っている人たちの口コミや評判を調べてみました! また、「クッキングプロ」は新タイプで発売されたばかりですが、旧タイプの「プレッシャーキングプロ」との違いもメーカーに電話をして聞いてみました。 調理する時間が短いので、それだけかかる電気代も低くなりますが、 公式サイトには以下のように書かれていました。 消費電力と電気代について 消費電力は700Wです。 1時間使用した場合、約19円となります。 我が家の電子レンジが700Wなので比較しやすいです^^ 材料を入れてボタンを押すだけという超簡単で圧力なべなので、時間も短くて済みます。 「子供が帰宅する時間に完成するように作って」「寝る前に材料いれて、朝食に出来立てが食べられるように作りたい」なんてこともできちゃいます。 忙しい育児中だと、ついつい作り置きだったり冷凍食品に頼りがちですね。 クッキングプロさえあれば、どんなに忙しくても温めなおしをすることなく、いつでも出来立てのごはんが食べられます。 【クッキングプロの特徴2】専用レシピがある ショップジャパンで購入すると、クッキングプロと一緒に100品のレシピがついてきます。 せっかく圧力鍋があっても、慣れるまでは使い勝手も分からないし、新しくレパートリーを増やしたい人もいますよね。 そんな時こそ、100品紹介されているレシピをうまく使うと早くクッキングプロをマスターできるはず! 【クッキングプロの特徴3】1台で8役こなす 「蒸す」「炒める」「煮込む」「炊飯」「温めなおし」「無水調理」「圧力調理」「スロー調理」と、これ1台で8役もこなしてくれるんです。 もうこれって、料理の全てができちゃうってことですよね!? 子供に「お母さん、また圧力鍋で煮物ばっかり」なんて言われることもなさそう(笑) 新しいクッキングプロと旧モデル「プレッシャーキングプロ」の比較 新しいクッキングプロと旧モデルは何が違うのでしょうか? 徹底調査してわかったプクッキングプロの違いは「調理機能の数」「ボタン」です。 【旧モデル】 プレッシャーキングプロ 【新モデル】 クッキングプロ こちらは旧対応のボタンです。 新タイプは、ボタンがわかりやすくなって使いやすくなりました。 調理機能の数・・・旧タイプ6種類• 圧力調理• 蒸し調理• 煮込み• 無水調理• 温め直し 調理機能の数・・・新タイプ8種類• 圧力調理• 無水調理• スロー調理• 温め直し• 煮込み• 炒め 旧モデルでは「炒める」「スロー調理」がなかったんですね。 炒めるはその名の通りフライパンでの炒め物が圧力鍋でできるようになったということ。 スロー調理とは、沸騰させることなくレシピを完成できるということです。 牛乳を使ったレシピとか、 あまり沸騰させない方がいいじゃないですか。 そういう時は 新しいクッキングプロが対応しているということです。 子供としっかり向き合いたいけど、家事もちゃんとこなしたいって思うママだけでなく、長時間の煮物をしてガスの付け忘れの心配がある高齢者の方にも便利な画期的なアイテムですね! 電気圧力鍋「クッキングプロ」やっぱり便利です。

次の

クッキングプロの口コミ評価はどう?気になる点をチェック!!【電気圧力鍋】

クッキング プロ 電気 代

元大手通販バイヤーのあきんどです。 長年通販業界に携わった経験から、本当にオススメできるアイテムについて当ブログで紹介しています。 テレビショッピングでおなじみの「ショップジャパン」。 最近では、高橋真麻さんが愛用されているという事で人気を集めている 電気圧力鍋「」がよく放送されています。 材料を入れてボタンを押すだけで、後はほったらかしでも料理が作れてしまうという電気圧力鍋。 まだ使ったことがないという人には、一度はぜひ試してみて欲しいキッチン家電です。 クッキングプロは食材を入れて後はボタンを押すだけでほったらかしでOKという事でテレビショッピングでは紹介されていますが、 一方では 「期待外れだった」という口コミもあります。 果たしてクッキングプロは商品として問題があるのでしょうか? そして数多くある電気圧力鍋の中でもクッキングプロはお買い得なのでしょうか? しかし、電気圧力鍋は他のメーカでも数多くの種類が販売されています。 本当に重要なのは、 クッキングプロが他の電気圧力鍋とどう違っていて、それと比べてもオススメできるのかどうかという事です。 クッキングプロの仕様は以下のようになっています。 価格 16,170円(税込み、送料無料) サイズ 約285mm x 約273mm x 約295mm 満水容量、調理容量 満水容量 約3. 6kg 消費電力、電気代 消費電力:700w 電気代:1時間、最大で約19円 生産国 中国製 価格は16,170円ということで、電気圧力鍋としてはかなりリーズナブルな商品です。 さらに注目すべきポイントとしては 調理容量2. その分、重さが3. 6kgと重めですが、頻繁に持ち運ぶものでもないためそこまで気にすることは無いと思います。 生産国が中国となっていますが、日本の家電は大半が中国製なので、ここも過剰に反応しなくて良いでしょう。 そして、炊飯から炒め物まで8役こなせるというマルチな電気圧力鍋なので、クッキングプロの特徴だけ見るとかなり優秀な電気圧力鍋のように思えます。 ガス直火の圧力鍋とは違って、火加減などを気にすることなく放ったらかしにできるのが素晴らしいです。 音も静かです。 ショップジャパンのクッキングプロよりもコンパクトで価格も安く、 とにかくシンプルで使いやすいのがシロカの電気圧力鍋です。 これだけコンパクトですがしっかりとした圧力調理もできて、その性能も高く評価されています。 調理容量1. 3Lということで少し少なめなので、 独り暮らしの家族へ送ったという口コミがメチャクチャ多く、2~3人家族程度の調理にはピッタリなジャストサイズです。 もちろん、大きいサイズのシロカ電気圧力鍋もあるので自分の家庭の状況に合わせて選んでみるのもいいでしょう。 あまり本体が大きすぎて機能が詰め込まれていても使いきれないという人や、 初めて電気圧力鍋を使うという人にはオススメの商品です。 コンパクトで静かで手入れも楽で大変便利です。 コンロで使う圧力鍋とは別物。 体調が悪くてもスイッチ押して放っておけるので助かりました。 5人家族で使うには少し小さいかと思いましたが、おかず1品足すのに調理負担がぐんと減りました。 シロカよりももう一回り大きい、たっぷりの食材が入るパナソニックの電気圧力鍋です。 様々なサイトでも常に高評価口コミが多い大人気の電気圧力鍋で、 その性能の高さとコストパフォーマンスの良さは 「とりあえずこれを買っておけば間違いない」といえる程です。 調理できる料理の幅が広くて、しかもそれらを無水調理したり、短時間で作り上げたりと 毎日の料理を劇的に楽にしてくれる一台です。 これを買う前までは、コンロにつきっきりで料理をしていました。 ホットクックはその名の通り、基本ほったらかしなので時間に余裕ができて凄くありがたい。 何でもっと早く買わなかったんだろうと思ってます。 「とにかく楽をしたい!」という人には 温度調節や時間調整すら必要ないという、シャープのホットクックがオススメです。 本体のサイズや重量は少し大き目にはなってしまいますが、その性能は非常に優れています。 数ある電気圧力鍋が時短になるとは言っても、時間調節や温度調節は流石に人の手で行う必要がありました。 それらを全て電気圧力鍋が考えてやってくれるという、高機能さ。 そしてシンプルなボタンや操作法のおかげで、料理の苦手な人でも誰でも 簡単に本格的な料理をあっという間に作ることができてしまいます。 多少お値段は張りますが、それだけの価値があると口コミ上でも大絶賛されている人気製品です。

次の

電気圧力鍋「クッキングプロ」体験レビュー、男一人で時短調理【評価・口コミ】|「オフィスRUNグループ」店長ブログ

クッキング プロ 電気 代

圧力調理• 無水調理• 蒸し調理• スロー調理• 煮込み調理• 炒め調理• 温め直し 炊飯については、あえてクッキングプロを使う必要はないかなと思いますが、出来るに越した事はないので、幅広く使えるのが魅力で人気のある商品なんだと思います。 やっぱり 「圧力調理」「煮込み調理」「スロー調理」は、最低限欲しい機能ですよね。 そして、何気に「温め直し」は結構使いますので、重要な機能だったりします。 基本的な調理方法は、具材などの用意が出来ていれば、ボタンを押すだけでOKです。 大きさや機能性の細かい部分は、公式サイトを見てもらった方が分かりやすいと思いますので、下記のリンクから確認してみてください。 放ったらかしで料理できる 食材が短い時間で柔らかくなる 電気代が安い コンセントだから場所を選ばない 放ったらしで料理できる 基本的には、 鍋が吹き出すというような事もないので、ある程度放ったらかしで料理ができますので、育児中の人に特にオススメです。 その間に洗濯物を取り込んだり、子供の勉強や遊びの相手をするなど、 他の事をする余裕ができてきます。 しいていうなら、そこが少し面倒ですが、ボタンを押すだけなので、実際にはそこまで手間にはなりません。 食材が短い時間でも柔らかくなる 忙しい時に煮込み料理などをすると、「 もうちょっと時間があればもっと柔らかくなったのに」という事がよくありますよね。 そして1番悲しいのが、少し煮込みが不足している時に子供残したり、無理して食べているのが分かった時ではないでしょうか。 「時間の無い中で頑張ったのに…」と思いつつも、自分で食べても確かにちょっと固かったりして…。 その点で圧力鍋ならではですが、クッキングプロを使ってからは、牛すじなどもかなり柔らかくなって、子供も 今までは食べなかった物もしっかりと食べられるようになりました。 骨つき肉でいうと、肉が柔らかくなる事で食べやすさが上がって、献立に骨つき肉の料理が増えました。 電気代が安い ちょうど先日から太陽光を設置したので、使用中の電気量がモニターで分かるのですが、 煮物などをIHで長時間料理するよりも確かに電気代は安いです。 具体的には、IHクッキングヒーターの中火で約1kW、クッキングプロが約0. 7kWとなるので、仮に30分しようした場合の電気代はそれぞれ下記のようになります。 (1kWの電気代を27円で計算のざっくり計算です)• クッキングプロ:0. 45円 上記のように、 30分の使用で約4円安くなる計算になりますので、電気代の節約にもなるのが嬉しいですね。 作る場所や置く場所を選ばない 材料を入れた後はボタンを押すだけなので、 コンセントさえあれば、どこでも作る事ができます。 また、通常の圧力鍋だと、そもそもガスコンロやIHクッキングヒーターで使うので、便利差を考えるとコンロの近くに置く必要があると思いますが、クッキングプロの場合は、どこにでも置けます。 炊飯ジャーなどと同じように、引き出しに入れてしまうものではないので少し場所を取るものの、スペースさえあれば問題なしです。 クッキングプロのデメリット 初めての電気圧力鍋で基本的には満足していますが、やはり「もっとこうだったら良いのに」という部分はあります。 全ての料理の時短にはならない 圧力鍋に慣れてない場合はレシピ本が必須 減圧するのに時間がかかる 全ての料理の時短にはならない イメージ的に「どんな料理でも時短できる!」と思ってしまいがちですが、 時間のかかる料理が火のそばにいなくてもできるという部分が時短になる商品だと思います。 正直、軽い炒め物や急ぎで作らないといけない時などは、普通にフライパンや鍋で料理する方が早いです。 煮込み料理や圧力料理が、放ったらかしでできるので、全体として大きな時短になるという感じですね。 メリットでも書きましたが、「 子育て世代」などの方には大きな時短ですが、 「1つ1つを早く終わらせたい」というタイプの人には向いてないかもです。 レシピ本が必須 そもそも圧力鍋を使った事がなかったのも大きいと思いますが、 付属のレシピ本は必須だと思いました。 後で紹介もしますが、公式サイトなどではセットで付いてきますが、購入方法によっては別で買わないといけない場合があります。 レシピ本は必須クラスですので、本体を買う時にはしっかりチェックしておいた方が良いです。 ちなみに、 この本を持っていれば毎日の献立で悩む事が少し減ってくると思います。 加圧や減圧するのに時間がかかる 他の電気圧力鍋を知らないので、実は普通ぐらいかも知れないのですが、 加圧後の減圧などで時間が結構(10〜20分ぐらい)かかります。 メリットに「時短が出来る」と書ききれないのが、調理前後の加圧・減圧に時間がかかる部分です。 ただ、他の方のブログなどでもよく紹介されていますが、タオルなどを使って圧力バルブ強制的に回して圧力を下げると、減圧の時間も短縮(2分ぐらいになる)されます。 我が家では、初めての電気圧力鍋なので、「圧力の調整は時間がかかるんだな」としか思ってないですが、気になる人は気になるかも知れません。 電話だけで買いかけてたのは内緒です。 正直、ネットで購入した方がお得だと思っています。 ポイントは価格とセット内容の比較 ネットショップで購入する場合には、基本的には「公式サイト」「楽天」「アマゾン」「ヤフー」の4つの中から選ぶ事が多いと思います。 2019年11月の各ショップ(電話注文含む)を比較すると、基本のセットは下記ような価格・セット内容になります。 ショップ名 セット内容 価格(税込) 公式サイト 本体・2年保証・レシピ本 16170円 楽天 本体・2年保証・レシピ本 16170円 ヤフー 本体・2年保証・レシピ本 16170円 アマゾン 本体・1年保証・レシピ本 17646円 電話注文 本体・5年保証・セラミックナイフ 16170円 上の表を見ても分かるように、 買うならオススメは「公式サイト」か「楽天」か「ヤフー」になってきます。 あと、なぜかアマゾンだけ若干高くて延長保証が付いていないのですが、代わりに少し安く中古品販売されていたりします。 個人的には、電話問い合わせなどの保証を考えると「公式サイト」、貯めているポイントによっては「楽天」・「ヤフー」、中古でもOKという場合は「アマゾン」といった感じで考えると良いと思います。 ちなみに電話注文の場合は、レシピ本の代わりにセラミックナイフになるので、レシピ本がいらないという場合にはいいかも知れませんね。 クッキングプロを購入した感想 最後に、クッキングプロを購入しての感想としては、メリット・デメリットの両方ありますが、 総合的には満足というのが正直な感想です。 子供2人が幼稚園になって、「もっと遊びやお勉強をみる時間作るために」という理由から購入を決断したクッキングプロですが、 「もっと小さい頃からあればもっと楽が出来たのでは…」と夫婦で話したりしているぐらいには買って良かったと思っています。 これまで圧力鍋の未経験者としては、かなり手放せないキッチンアイテムとなりました。 お肉などがかなり柔らかく出来るので、 出産祝いとか高齢になった両親へのプレゼントなどにも良いなと考えています。 クッキングプロが気になっている人は、 今回紹介したメリット・デメリットを確認した上で購入すると、きっと満足できると思いますよ。

次の