超fc東京。 レアンドロ2発のFC東京が昨季王者にリベンジ! 鮮やか逆転勝利で川崎戦の大敗払拭《J1》(超ワールドサッカー)

ガンバ大阪オフィシャルサイト

超fc東京

新型コロナウイルス感染症の影響で下記ホームゲームの延期が決定いたしました。 当該試合のチケットの取り扱いならびに払い戻しについてご案内いたします。 下記の通り、 各種プレイガイドでご購入されたみなさまにつきましては全て払い戻しとなり、お手持ちのチケットで延期となった試合の観戦はできませんのでご注意ください。 詳細はそれぞれ主管クラブのホームページにてご確認ください。 リセールまたは譲渡されたチケットについてもすべて取消処理が行われ、チケットはSOCIOのみなさまの元に戻ります。 【各種プレイガイドでご購入されたみなさま】 全て払い戻しとなり、お手持ちのチケットで延期となった試合の観戦はできませんのでご注意ください。 払い戻し方法及び購入時に発生した手数料の払い戻しについてはプレイガイドによって異なりますので、下記及び各プレイガイドのHPにてご確認下さい。 観戦ご希望の場合は、改めてお買い求めいただきますようお願いいたします。 お近くの 郵便局にて返金の手続きをお願いいたします。 なお、他の興行・イベント中止の影響で 郵便振替払出証書をお送りするまでには約2~3ヶ月程度の時間を要する可能性があります。 何卒ご容赦のほどよろしくお願いいたします。 お届け先やお受取人様を変更することは出来かねます。 何卒ご了承下さい。 また、ご購入時の購入完了メールも一緒に転送ください。 また、ご購入時の購入完了メールも一緒に転送ください。 【有効期限】 郵便振替払出証書の有効期間は、証書に記載の発行日から6ヶ月となります。 【受け取り方法】 直接お客様により郵便局でのお受け取りとなります。 郵便局でのお受け取りは、証書裏面に代理人氏名と委任者 お客様 の署名・押印があれば代理人の方でもお受け取りが可能です。 お手続きに必要なものはをご覧ください。 お届け先やお受取人様を変更することは出来かねます。 何卒ご了承下さい。 広島戦以降の返金につきましては、振替郵便払出証書の準備が整い次第改めてお知らせいたします。 購入方法により払い戻し方法が異なりますので、該当する購入方法をよくご確認ください。 発券翌日10:00AM以降に再度発券を行った店舗にご来店ください。 他の店舗では払い戻しできません。 ・半券切り離し後の払い戻しはできません。 ・ 払い戻し期間を過ぎますと、払い戻しの対応はお受けできませんので、ご注意下さい。 購入方法により払い戻し方法が異なりますので、該当する購入方法をよくご確認ください。 発券翌日10:00以降に再度発券を行った店舗にご来店ください。 詳しくはご確認ください。 他の店舗では払い戻しできません。 ・半券切り離し後の払い戻しはできません。 ・ 払い戻し期間を過ぎますと、払い戻しの対応はお受けできませんので、ご注意ください。 チケットをご用意の上、 店内に設置のLoppiより払い戻し手続きを行ってください。 是非ご活用ください。 レジでチケットを店舗スタッフに渡し、払戻額をお受け取りください。 発券店をチケット券面で確認してください。 発券した翌々日10時以降に再度ご来店ください。 詳しくはをご確認ください。 またお知らせ・Q&Aもご確認ください。 詳しくはをご確認ください。

次の

FC東京、“超鬼門”「ホーム浦和戦」打破だ!05年以降公式戦15戦未勝利(2020年7月18日)|BIGLOBEニュース

超fc東京

パリ・サン=ジェルマン・フットボール・クルブ(Paris Saint-Germain Football Club、PSG)は、フランス・パリに本拠地を置くサッカークラブチーム。 1970年創立の比較的新しいクラブチームで、過去にはジョージ・ウェアやライー、ロナウジーニョらが所属した、多国籍チームである。 新興チームであり、優勝実績もさほど多くはないながら、国内での人気は高い。 ファッションデザイナーのダニエル・エシュテルが会長だったことがあり(在職1974年 - 1978年)、チームのユニフォームは彼の手によるものである。 エンブレムにはパリのシンボルであるエッフェル塔が描かれている。 欧州や南米のサッカークラブは、元々総合スポーツクラブとして誕生し、発展した例が多い中、パリSGの生い立ちはやや異質である。 設立時には、パリ出身の著名人、たとえばジャン=ポール・ベルモンドなども出資をしている。 オランピック・ドゥ・マルセイユ(Olympique de Marseille)(英語読みはオリンピック・マルセイユ)は、フランス・マルセイユに本拠地を置くサッカークラブチーム。 現在はフランスリーグのリーグ・アンに所属しており、1899年に設立されたフランスの名門サッカークラブチーム。 同じ名門であるパリ・サンジェルマンとの一戦は大変な盛り上がりをみせ、フランス中の注目を集める。 同時に当時の会長の脱税などスキャンダルが相次ぎ、チームも2部に降格処分を受けた。 近年はアフリカの有望選手や若手など積極的に補強。 2004-2005シーズンには元日本代表監督のフィリップ・トルシエが指揮を執り、その縁もあって中田浩二も在籍した。 ジネディーヌ・ジダンがかつて少年時代に憧れていたチームでもある。 アーセナル・フットボールクラブ Arsenal Football Club はイングランドの首都ロンドン北部に拠点を置くプロサッカークラブである。 愛称は「ガナーズ Gunners 」。 またアーセナルのサポーターのことを「グーナー Gooner 」という。 プレミアリーグに所属している。 資金がそれほど豊富なクラブではないため、ビッグネームと言われる選手を他クラブから引き抜く事はあまりなく、移籍金のかからない15〜17歳前後の将来有望な若手選手を獲得する手法をよく採ることでも知られる。 ただし、2006年から新スタジアムに移転したことで収益性が増し、2007年現在、レアル・マドリードに次いでヨーロッパで2番目に裕福なクラブとなった。 また過去にはリーグ優勝13回、FAカップ優勝10回と多数のタイトルを勝ち取っている。

次の

【6/18 追記】開催延期該当試合のチケットの取り扱いについて|ニュース|FC東京オフィシャルホームページ

超fc東京

明治安田生命J1リーグ第4節、横浜F・マリノスvsFC東京が12日に日産スタジアムで行われ、アウェイのFC東京が3-1で勝利した。 ポステコグルー采配的中でダービーを制した横浜FMは、連勝を目指すこの一戦に向けて大幅なターンオーバーを敢行。 畠中、扇原、マルコス・ジュニオールを除くフィールドプレーヤー7人を入れ替え、前線は遠藤、オナイウ阿道、水沼の3選手が並んだ。 一方、開幕から公式戦5試合無敗を継続していた中、川崎相手にホームで0-4のショッキングな内容で初黒星を喫したFC東京は、先発4人を変更。 室屋、橋本、田川、永井と日本代表4選手がスタメン復帰した。 昨季、熾烈な優勝争いを繰り広げた両者は立ち上がりから互いの特長を全面に押し出して見応えのある攻防を繰り広げる。 すると4分、右CKの流れから右サイド深くの水沼がクロスを入れると、ニアのオナイウが相手DFを背負いながらフリック。 これをファーから絞ってきた遠藤がワンタッチで蹴り込み、ホームチームが早々に先制点を奪った。 ボールを握る相手に対する早々の失点でいきなり厳しい戦いとなったFC東京だが、すぐさま同点に追いつく。 14分、ボックス内に抜け出した田川がDFチアゴ・マルチンスに後方から倒されてPKを獲得。 これをキッカーのディエゴ・オリヴェイラが冷静に決め、17分の同点ゴールとした。 ただ、PKを獲得した場面で肩を痛めた田川がプレー続行不可能となり、レアンドロがスクランブル投入されることになった。 1-1のイーブンに戻った試合はここからポジショナルプレーの横浜FM、堅守速攻のFC東京という構図の下で白熱の展開に。 20分には先制点と同じような形で水沼が上げた浮き球の右クロスをファーの遠藤が頭で合わすが、これは枠の右に外れる。 その数分後の29分にはレアンドロの長い持ち上がりからのスルーパスに反応したディエゴ・オリヴェイラがボックス左から強烈なシュートを放つが、これはGK梶川が何とか身体に当てた。 前半半ばから終盤にかけてはホームチームが一方的に押し込む時間が続くが、持ち味の粘り強い守備で凌いだアウェイチームが前半終了間際にワンチャンスをモノにする。 44分、裏へ抜け出したディエゴ・オリヴェイラがボックス手前ギリギリでGK梶川と交錯。 梶川の遅れての対応に決定機阻止での一発退場の可能性もあったが、東城主審は警告に留める。 FC東京にとってはやや不満が残る判定となったが、このプレーで得たボックス手前左の位置でのFKをキッカーのレアンドロが見事な右足のシュートでゴール右上隅を射抜き、逆転して試合を折り返した。 この前半アディショナルタイムの逆転ゴールで勢いに乗ったFC東京は後半開始早々に電光石火の追加点を挙げる。 46分、GK林からのロングフィードを相手陣内右サイドでDF畠中と競った永井が巧みなボディコントロールで振り切り、柔らかなアーリークロスを供給。 これをボックス左に走り込んだレアンドロが見事なハーフボレーで流し込んだ。 一方、拙い入りで2点のビハインドを負った横浜FMは53分に水沼のシュート性のパスにボックス左フリーで反応した遠藤に絶好機も、ここはシュートを当て損ねて痛恨の決定機逸に。 さらに、リスクを冒して前に出るホームチームは63分、前節同様に3枚替えを敢行しエジガル・ジュニオ、エリキ、仲川を送り出す。 一方、再び守勢が続くFC東京は後半半ばを過ぎて逃げ切り態勢にシフト。 ディエゴ・オリヴェイラに代えてジョアン・オマリを投入し、後ろの枚数を5枚にして相手の攻撃を迎え撃つ。 79分にはティーラトンの左からのクロスからファーでフリーの仲川に絶好機も、ここはシュートを枠に飛ばすことができず。 その後も決死の猛攻を続けたものの、最後の場面で粘る相手の守備を崩し切るまでには至らず。 この結果、途中投入のレアンドロが大きな違いを生んだFC東京が昨季王者相手に見事な形でのリベンジを果たし、今季3勝目とした。 一方、ホームで敗れた横浜FMはピリッとしない序盤戦の戦いが続く。

次の