地震 にちゃんねる。 北海道胆振東部地震の大停電(ブラックアウト)はなぜ起きた?原因と対策とは

気象庁|南海トラフ地震に関連する情報

地震 にちゃんねる

そもそも、 本当に未来人なんて人が存在しているのか? 2062年から現代に現れることなんて出来るのか?と、 色々疑問に思う事はありますがとりあえず情報源の1つとして 2062年未来人の予言情報をまとめてみたいと思います。 が噴煙は上がったことがある。 ということで、 未来人 予言 的中 まとめ 2062 について書かせていただきました! 日本という国について、 それなりに争いなども起こりそうですけど、 大きく変化が起こる感じでもないような気がしますね! 地震予知は可能か。 未来人なら、ボイルの法則に基づいて温度変化に注目しています。 圧力に体積を掛けたものわ温度に比例する。 地震を最小限に抑える 押さえる 事に成功しているそうです。 地震が起こる地域に地下10㎞、ボウリングして水を注入して微小地震を発生させ,エネルギーを放出。 また20㎞の場所で、水を注入同じ事。 30㎞の地点。 40㎞の地点でわ、水は3倍ほど入れているとか。 地震は防ぐ事はできないが最小限に抑えるらしい。

次の

太陽フレアと地震は関連性は本当にないに等しいのですか? にちゃんねるな...

地震 にちゃんねる

北海道胆振東部地震で起きた大停電(ブラックアウト)とは 「ブラックアウト」とは、大手電力会社の管轄する地域のすべて、また非常に規模の大きな範囲で停電が起こる現象(全域停電)のことを指します。 大きな自然災害にともなう大規模停電が発生することは過去にもありましたが、北海道胆振東部地震では、北海道全域で停電が発生したのです。 この地震により、 最大約295万戸が停電しました。 これだけの広範囲・エリア全域に及ぶ大規模停電は日本で初めての出来事となりました。 地震後のブラックアウトは、被災者にとってさらに苦しい生活を余儀なくされたのです。 ブラックアウトは道内全域で 地震発生後から約11時間続いたため、非常用持ち出し袋や防災用具の備蓄として懐中電灯がない場合は、夜間の行動はスマートフォンのライトを頼りに行動しなければなりません。 安否確認の連絡や災害情報の収集などもスマートフォンで行えますが、充電ができないために情報収集もままならない状態になってしまいます。 さらに水道も最大約6. 8万戸が断水となり、トイレや飲料水の心配をする人も多くいました。 地震によるブラックアウトは、問題を99%解消するまでに約50時間を費やしました。 電気は、電気を作る量(供給)と電気の消費量(需要)が常に一致していないと、 電気の品質(周波数)が乱れます。 供給が需要を上回る場合は周波数が上がり、その逆の場合は周波数が下がります。 この周波数が少しでもぶれてしまうと、 電気の供給を正常に行うことができなくなり、安全装置の発動によって発電所が停止、場合によっては大停電に陥ってしまうのです。 ここで押さえておきたいポイントが、 需要と供給は『常に』一致していなくてはならないという点です。 北海道においても、通常は50hz(ヘルツ)という周波数の水準が維持されていました。 しかし、大地震の後に需要に対する供給がバランスを崩し、電気が足りなくなって周波数が下がったことから、大停電が実際に起きてしまったのです。 北海道胆振東部地震の大停電は、地震発生から17分後に発生しています。 この17分の間に 北海道で一番大きな発電所である「苫東厚真火力発電所(2号機・4号機)」が停止。 震源に近いことから機器の一部が壊れたことが原因でした。 その後、立て続けに「風力発電所の停止」「水力発電所の停止」「苫東厚真火力発電所(1号機)の停止」が重なったのです。 このように 電力供給を行う施設が立て続けに停止したことで、供給力が失われ、最後にはブラックアウトが発生しました。 まず大型火力発電所を起動するには、給水ポンプやファンなど 所内電力が必要です。 そのため、単独で自力起動が掛けられるブラックスタート電源(水力等)を予め用意しておき、それを火種として復旧を開始する必要がありました。 このブラックスタートを利用した復旧は、一部の発電機から、 少しづつ周囲の発電機を起動させるというものです。 しかし、電力復旧は需要と供給のバランスを保つ必要があるため、ブラックスタートで少しづつ復旧させながら供給力と送電する負荷を少しづつ慎重に併入する操作をしなければなりません。 復旧は早い段階で行えたものの、復旧から需要を安定化させるまでに様々な手を打ちました。 9月8日(土)、電力の復旧はしたものの、地震前日の電力の最大需要(383万kW)と比較すると、 約1割の供給が不足している状態。 平日は工場が稼働するため、休日よりも大きな需要が発生することが考えられ、平日に再び需要と供給のバランスが崩れ、大規模な停電つながる危険性がありました。 そこで、北海道全域の家庭・業務・産業の各部門に対して、需要が増加する平日8:30〜20:30の間(節電タイム)に、 約2割の節電を呼びかけたのです。 この協力によって、節電目標は達成し、9月19日(水)には苫東厚真火力発電所1号機という大規模な火力発電所が復旧。 北海道の電気需要を安定化させることができたのです。 これは、 災害に強い電力の供給体制を構築するための課題や対策について、工学・法律・防災分野などの識者が集い、議論するための会議です。 10月25日に開催された第2回では今回の中間報告が紹介されましたが、ワーキンググループでの議論でも、北海道電力の設備形成や発災当時の対応などについて、 適切ではなかった点は見当たらなかったという見解が出されました。 北海道胆振東部地震によって発生したブラックアウトを今後未然に防ぐため、政府は各電力会社に火力発電所などの インフラ設備の安全性を確認するために総点検の実施を指示。 また、これから実施すべき対策についてはその報告を踏まえて検討すると発表しています。 このような取り組みを通じて、日本の電力インフラの安全性を高め、より災害に強い電力の供給体制を構築していくことが求められます。 いざというときに電気がないと、様々な行動が制限されます。 日頃から地震発生に伴う二次災害から身を守るために、乾電池式や手回し充電式のラジオなどを常備しておくと良いでしょう。

次の

気象庁|南海トラフ地震に関連する情報

地震 にちゃんねる

Contents• 地震速報の音がトラウマになる程恐ろしい 地震速報の音は2種類ある 地震速報の音が2種類あることをご存知でしょうか。 いづれにせよ「怖い音」には変わりありません。 出来ることなら地震なんて来て欲しくないが、 日本は言っても地震大国なのは紛れもない事実です。 いつ地震が来てもおかしくない事を意味しています。 一つ目がTVから流れる地震速報です。 「 チャランチャラン チャランチャラン 緊急地震速報です。 強い揺れに警戒してください」 この警報にはいまだに恐怖を感じます。 東日本大震災やの時にはTVからもう何十回と聞いた速報音だからです。 ほとんどの家庭でTVが普及している時代なので、TVの番組途中でいきなり地震速報音が鳴るとかなり焦ってしまいます。 どうしたらいいのかパニックになってしまいます。 地震速報音二つ目が携帯、スマホから流れる地震エリア通知音です。 「 ウィ!!ウィ!!ウィ!!地震です」 熊本地震では直下型地震なので、この2つの速報が流れる前に地震は発生しています。 怖くないと意味のない曲でもありますが…この曲を作った方は天才だなぁって思ってしまいます。 子供から大人まで恐怖を覚える音ってなかなか作れるものじゃありませんからね。 地震を一度でも経験したことがある人なら、それ以降、音と揺れにとても敏感になってしまいます。 台風や雷雨といった自然現象と違い、 地震は大きくなればなるほど何度も訪れます。 このことから恐怖心を頂いていくことになるのです。 誰もが知っているあの曲をモチーフにしていたのです。 作者は東大名誉教授の 伊福部達(いふくべ とおる)さんです。 小さい頃からゴジラが好きでコジラなどの曲を参考に作曲したとのことです。 確かに雰囲気、曲調が似ていますね。 まぁゴジラが襲来すること自体が国家的な異常事態なのでよく考え付いたものです。 また、地震を予知や予言して情報を発信するのとは違います。 最初の弱い振動 P波 を捉え強い振動 S波 に備える情報を流すため、実際に起きているものを知らせる感覚に近いです。 だからほぼ確実に強い地震が起きるのはこのためです。 もちろん誤報もありますが、 誤報がある可能性があっても地震情報は絶対に必要なものです。 何も情報発信がない時とある時では身構えかたも全く違ってきます。 あのスマホから流れる緊急地震速報、こちらもほんとに不快な音です。 作者は環境音楽家、音環境デザイナーの 小久保隆 こくぼ たかし さんです。 ドコモからの依頼で作曲されています。 震源地では数日はこちらの携帯音をよく聞くことになります。 防災の観点からも効果的な音ではあるのですが不快以外何物でもありません。 小久保さん曰く「地震は、起きるときには起きてしまうものです。 だからこそ自分にとってベストの準備をしておくことが大切だと思います。 あの警報音は皆さんを不安にさせるためではなく、脳のモードを注意に切り替えてもらうための音だということはわかっていただきたいです。 」 地震を予知する動物も速報音に怯えている 地震を予知できる動物 人間よりも嗅覚や臭覚、時にはP波さえも感知することが出来るのが動物です。 このような優れた動物を使って地震を研究している人もいます。 日本では昔から 「 ナマズと地震」の関連性に着目してきました。 江戸時代の安政江戸地震の直後に書かれたナマズの錦絵頃が研究のはじまりだと言われています。 現在でも関連性について研究が進められていますが、科学的に満足する結果が得られていません。 確かにナマズは電気にとても敏感で電気を放つナマズ デンキナマズ も存在します。 電磁波を感じることが出来るのは分かっていますが、地震を予知出来る証拠がいまだに掴めていないのです。 人に比べ100万倍もの電気を感じる鋭いセンサーを持っている鯰だけに更なる研究を待ちたいと思います。 動物をも恐怖に陥れる緊急地震速報 緊急地震速報と地震が連動しているため、犬や猫といった動物もこの緊急地震速報に極度に反応してしまいます。 速報音が鳴ると吠えたり、暴れたりする異常行動も目撃されています。 恐怖を植え付けられているのは人間だけじゃないんです。 しかし、緊急性を知ることにより助かる命もあるのです。 身構える時間を取ることが出来るのが速報音です。 恐怖の音でトラウマになる人がいる一方で、これにより救われる命があるのもまた事実です。 2ちゃんねるでも話題の緊急地震速報の音 2ちゃんねるでも話題になっています。 みんなの声を集めてみました。

次の