ネザーランド ドワーフ 飼育 大変。 ネザーランドドワーフの飼育は大変?飼育で気を付けるポイントは?|うさぎプロデュース

うさぎ ネザーランドドワーフの飼い方 我が家の飼育環境紹介など

ネザーランド ドワーフ 飼育 大変

・ストレスに弱い ・暑さに弱い ・寒さに弱い ・骨格が弱い 弱いとこだらけのうさぎなので、このことが飼育するのが難しい理由になっています。 また「鳴かない」ことや、目の前のものを「噛む」のも飼育の難しさに繋がります。 これらのことを1つずつ説明していきます。 ストレスが寿命を縮める 室内で飼育する場合、ゲージを準備しましょう。 このゲージがストレスの最大の原因になります。 普段はゲージに入れて飼いますが、ゲージは狭いので 1日最低3回以上はにストレスのためにゲージの外に出します。 ウサギの平均寿命は 5年~10年くらいです。 また環境変化にストレスを感じてしまうと寿命は縮まり、 5年~6年ほどになってしまいます。 ちなみにウサギの長生き ギネス記録は18年です。 このことからもストレスはジョ冥に密接に関係しているのがわかりますね。 うさぎは「暑さ」「寒さ」に弱い 暑さ対策は、室内での飼育で風通しが良ければ、扇風機を常に回していれば大丈夫です。 室内でも窓を閉め切った状態なら、エアコンを付けて適正な温度のしましょう。 寒さ対策は、布団などの中に入って温まれるものを準備しておくのと、ストーブなどの暖房器具で部屋を暖めれば大丈夫です。 寒さに関しては、よほど寒い時以外は案外へっちゃらです。 骨折をよくする ジャンプ力があり、ピョンピョン跳ねてる印象のあるうさぎですが、 着地したときに骨折なんてことはよくあります。 また飼い主さんが抱きかかえた体勢が悪く骨をおってまったなど、想像以上にもろいです。 この時に大事になるのが、 うさぎを診察することができる獣医さんが近くにあるかないかです。 うさぎの飼育を検討しているのなら、家の近くにうさぎを診察できる獣医さんを調べておきましょう。 めったに鳴かない 鳴かないことはメリットでありデメリットでもあります。 【メリット】 近所迷惑にならない 【デメリット】 何か異常があったときの発見が遅れます。 鳴かないのにはうさぎならではの理由がありました。 うさぎには武器がありません。 そのため、敵に見つかったら「死」を意味します。 このため見つからないように鳴かずに身を潜ませて、 静かに待機しその場をしのぐのが生き残るための手段だったのです。 またうさぎには 声帯がありません。 ですがなにかの感情が出た時は、食堂などを上手に使い「キュッキュッ」や「キャンキャン」などの声をだします。 前歯でなんでも噛む これはご飯を食べる時のことではなく、ゲージから外に出した時に危険なものを排除しないと命が危ないということです。 ゲージの外は、コンセント付近には電化製品のコードが無数にあります。 うさぎはコードを目にすると噛んでしまいます。 こpれは凄く危険な行為で、感電すると死んでしまいます。 予め危なそうな場所には入れないように柵などで対策をしておきましょう。 一人暮らしでうさぎを飼育するのに最適な種類は? 一人暮らしの場合は、うさぎから目が離れる時間が増えるので、なるべく手がかからない種類を選んだ方が、飼い主さんにもうさぎにも負担がかかりずらいです。 うさぎの種類 【ネザーランドドワーフ】 飼育できるうさぎの中では最も小さいのがネザーランドドワーフ。 成長しても子ウサギほどの大きさで、見ていてもかわいらしく、体重は0. 2kg位です。 またネザーランドラビットとは違うので気を付けましょう。 【ホーランドロップ】 ホーランドロップも飼育できるうさぎの中では小さめになり、成長しても体重は1. また筋肉質なため比較的健康です。 性格はおっとりしてますが、感情表現は豊かで喜ぶと跳ねまわります。 【ミニレックス】 人気急上昇中のうさぎと言えばミニレックス。 人気の理由は短毛で毛並みが整い光沢感があり、触り心地が抜群です。 性格は少し気が強い面もあるので、デリケートではありません。 また甘え上手で、愛情表現も豊かです。 特に夏場の高温には弱いため、毛をカットしたりして体感温度を下げるのが効果的です。 また、うさぎは 耳で体温調整をすることしかできません。 なぜなら 汗をかかないからなのです。 身体の大きさのわりに耳からしか体温調整ができないので暑さに弱いです。 急激な温度変化にも弱い よくある例が、夏場の暑い時期にうさぎを診察してもらうために車に乗せて移動させ始めたら、体調を崩して亡くなってしまった。 この原因は、 車内の温度を下げずにうさぎを乗せたから。 対策は、あらかじめ 車内の温度を適切にすること。 人間の感覚でうさぎに対応すると取り返しがつかない場合があるので、温度管理は徹底しましょう。 うさぎはデリケートで繊細な生き物です。 特に温度管理は重要になります。 逆を言えば、温度管理を徹底すれば一人暮らしでも飼育することができるようになります。 ですが、うさぎを飼育する時は温度管理だけではありません。 そのほかにも、餌の管理、ストレス発散の方法などさまざまあります。 うさぎの性質を理解して、飼い主さんにも、うさぎにも負担のかからない飼育を目指しましょう。

次の

ネザーランド・ドワーフ飼育記

ネザーランド ドワーフ 飼育 大変

2009年の春からウサギを飼っています。 ネザーランドドワーフという種類で小柄で耳が立っているウサギです。 ピーターラビットのお話に出てくるうさぎ。 名前はシーザー、「ジョジョの奇妙な冒険」という荒木飛呂彦先生のコミックに登場する大好きなキャラクター、シーザー・ツェペリからもらいました。 シーザーは雄だけどおしっこ飛ばしやマウンティングをしない割と行儀の良いウサギに育ったかと思います。 現在、満7歳と少し。 人間に換算すると60歳くらいとのことです。 いつの間にか自分より先輩だよ。 ケージは最初からKAWAI C・A・T コンフォート80で少しゆったり目にしてあります。 周りのペットサークルは近くのホームセンター、ビバホームで金網を買ってきてジョイントで繋げました。 あと、右上に見えるのはブラッシング用具とマグライト。 マグライトは爪切りの時に中に走っている血管を切らないように照らすために使用します。 最初、トイレはKAWAIのホワイレットという陶器製のものを使用していましたが、扇形で狭いので大きめのプラスチックのものに交換。 こちらのほうが掃除もしやすい。 金網の接続部はうさぎがガチャガチャ動かすとうるさいのでビニールテープを噛ませて音が鳴らないようにしました。 今はシーザーはイタズラしないので取れかかっていても放置です。 牧草は食べ放題です。 部屋に散らかるのが嫌なので移動用の小型ケージに入れておきます。 右に見えるのは触るとひんやりするアルミ板です。 暑い夏はこの上にゴロンとなると気持ち良いようです。 小ケージからウサギのジャンプなら軽く外へ飛び越えられると思うけど、フローリングは歩きにくいし大したものは無いと学習しているのか脱走はしません。 ときどきベランダに出すけどちょっとうろちょろしてすぐに部屋に戻ってきてしまいます。 カラスにさらわれる危険もあるので気を抜かない方が良いと思う。 放熱効果があると思うんだけど、アルミ板の他に大理石板も用意してあります。 本当にリラックスすると頭も地面につけて前足後ろ足を放り出して寝ています。 ちょっとくらい近くでガタガタやってもあまり気にしていないようです。 食糞中。 うさぎは牧草などを食べたら小さくて柔らかくてつぶつぶの臭いうんち、盲腸糞を食べます。 これが栄養の元なので大変重要な行為なのです。 そのあとでコロコロした乾燥気味のウンチが出てきます。 うちのシーザーは食糞がときどき下手で、下に敷いてあるタオルケットを汚してしまいます。 以前はラグを敷いていたけど盲腸糞などべっとり汚して乾燥してしまうとなかなか落としにくいです。 タオルケットなら洗濯機で洗えるので割と清潔さを保てます。 ただし、繊維質のものを下に敷くとかじってしまいそれがおなかに詰まって体調不良や死んでしまうことがあるので食べてしまう個体にはお勧めできないと思います。 化学繊維は胃や腸で溶けないので危険だと思う。 9割以上のうんちはトイレでできるけど昼寝中にぽろぽろ出てくるのか、ときどきトイレ以外にこぼれていることもあります。 完璧は無理。 トイレシートはこまめに交換しています。 小型犬用の薄型ペットシーツで十分かと思う。 水はミネラルウォーターではなく水道水が良いようです。 前者だとかえって雑菌が繁殖しやすいので健康に良くないとか。 うちのシーザーは炭水化物系が大好きです。 乾パスタ、そば、うどん、そうめん、パン、生米、クルミ、アーモンドを少量おやつ程度に与えたこともありましたがウサギの腸には合わないので良くないようです。 マジで目の色が変わるくらい喜ぶんだけど、反動で牧草を食べなくなると困る。 現在はペレット(生まれた時からバニーセレクションのみ)と牧草、アルファルファキューブのみしかあげていません。 一時期は料理中に食料品の袋をガサガサやるとサークルから半身を乗り出してアピールしてくるので非常に心苦しかったのですが、現在は昼寝中でも起きないです。 シーザーは抱っこはあまり好きではない。 カメラを向けているのでちょっとビビっているようです。 ちなみにうさぎの足の裏には肉球はありません。 ふさふさしています。 それなのでうちのようなフローリングの床だと滑って歩きにくそう。 関節にもよくないと思うので飼い始めてしばらくしてからはずっと毛布のようなものを敷いてあります。 そのほうが飛んだり跳ねたりご機嫌な様子。 シーザーが大理石の玉座でくつろいでいる様子。 この個体はあまりわがままなことは言ってこないし暴れないけど、時たま自分の顎をウサギの首の後ろに乗せてすりすりします。 ブラッシングの時に思い出したら。 すりすりする方が上位者とうさぎは認識するようです。 いつもエサをあげているので召使だと思われるのも何なので。 あまりやるとうさぎのストレスになるのでほどほどが良いとのことです。 シーザーは私のことを人間だと思ってないと思う。 ちょっと大きな仲間かなんかだと思っていそう。 換毛期で毛並みが良くありません。 冷たいフローリングでくつろいでいる様子。 飼い始めて間もないころはこんな感じ。 牧草でできた穴倉のようなウサギハウスを買ったけど全然入りませんでした。 結局は全部齧って破壊しました。 牧草入れも一時期こんなシャレオツなものを使っていました。 今は割と機能性重視な飼育環境になっています。 まだ小ぶりな個体だね。 よそ行きの写真。 動かないでカメラ目線でしっかり撮れました。 仰向けにすると怖がっているのか諦めたのか身動きしなくなります。 これでおとなしく爪を切らせてくれれば問題ないのですが大暴れするのでタオルで頭を隠したり自分のわきで軽く羽交い絞めにしたり、かなりしっかりと保定しないと爪を切らせてくれません。 爪切りの頻度はだいたい月に一度です。 基本的にはサークル内での放し飼いですが、ときどきフローリングにでーんと毛布を敷いて遊ばせています。 ダッシュしたりハイジャンプをしたり喜んでいるのでサークル内だとやっぱり狭いのかなぁ。 うちは全然広くないんだけどね。 知らないものにけっこう好奇心を持つので機嫌が良いと寄ってきます。 ただ、猫や犬ほどはアピールしてこないので物足りない人もいるかもしれません。 飼育を始める前には十分な情報収集をお勧めします。 しばらく掃除をしないで放置をしていたら、実は尿石がこびりついて厚さ5㎜以上になっていました。 それはもう恥ずかしい。 うさ飼いとしてどうかと思うくらいです。 水と普通の洗剤では落とすのは不可能です。 クエン酸水溶液を吹きかけてしばらく放置してから落とすとこれでもかなりきれいになった方です。 掃除前の写真を撮り忘れて非常に残念ですが、また汚れてきたら撮ります。 尿石を取るというよりは牡蠣を殻から剥がすような感じでした。 引っ越し後、暫定的に和室にウサギのケージを置いています。 牧草入れの代わりに透明のボールを使用しましたが、これはホットケーキやグラタンのホワイトソースを電子レンジで作るのに必要なのでやはり専用のアイテムが必要でしょう。 それでマルカンの牧草用エコフィーダーを購入しました。 なんかぬるいパッケージですがボールよりましでしょう。 今度の部屋はかなり明るい。 日当たりが良いのでこの時期でも昼間窓を閉めていると28度くらいになります。 逆に真夏が恐ろしい。 うーん、さっそく段ボール好きのシーザーは角をかじっています。 また後日使い始めたら報告します。 ぜんぜん散らからないわけじゃないけど調理用のボールよりはずっとまし。 スプリングの強度は強くないのでうさぎは簡単に牧草を食べられます。 はい、シーザーも気に入ってくれたようです。 うちのシーザーは牧草の穂の部分が大好きなのでネザーランドドワーフなのにこんなに大きくなってしまいました。 後日、やはり二階建てにした金網は取り外しました。 上り下りで爪が引っ掛かって指を痛めたり骨折する可能性が高いと思います。 アナウサギは本来それほど上下に移動しないんじゃないかなぁ。 無理に上下動の動線を作ってリスクを冒さ無くても良いと思う。

次の

ネザーランドドワーフ、飼うのは大変ですか?

ネザーランド ドワーフ 飼育 大変

マンション住まいの天の川と申します。 最近久しぶりにペットを飼いたくなり、候補としてネザーランドドワーフを考えています。 ハムスターやリスは何度か飼った経験がありますが、ウサギは初めてです。 実際に飼ってらっしゃる方、どのような点がいちばん大変ですか? 夫婦二人暮らしで共働きです。 平日は8時〜21時くらいまで不在です。 おそらく日中はケージに入れっぱなしになると思います。 温度管理や長期の外出のことなど、いろいろ考えているのですが… 普段から日中はほぼ家にいない生活のため、もしウサギを不幸にしてしまうならやはり飼わないほうがいいなと悩んでいます。 アドバイスをお願いいたします。 ユーザーID: 6407305494 ネザーの男の子と暮らして五年の執事です。 仕事の不在時間やケージにいれっぱは問題なしです。 彼等は昼間は寝てますので、かえって好都合なくらい。 ケージにいれっぱも、そのほうが安全だし飼い主不在時はケージ、としつけたほうがいいです。 代わりに帰ったら1日一時間は部屋にだしてへやんぽしてかまってあげてくださいね。 夏は冷房必須です。 旅行など長期不在時は、うちはかかりつけの獣医さん併設のペットホテルか、うさぎ専門店さんのうさぎホテルを利用してます。 ただ外泊ダメな子もいるので、なんともですが。 ペットショップのホテルは、大抵犬猫メインなので、お勧めしません。 ネザーは、繊細で神経質と一般にいわれてますが、うちの子は、おおらかで、こだわりがない子です。 一番困るのは、病院探しです。 うさぎ可、でもちゃんとみてくれる、病院は少ないです。 でもあっという間に具合悪くなるので、安心できるかかりつけは必須です。 勝手きままな奴らですがらかわいいですよ。 ユーザーID: 2956637400• ドワーフと言っても そこそこ大きくなりますし、個体差も大きいですよ。 おしっこも結構臭いです。 ハムスターと同じ感じですが、量が比較にならない 日中は寝ている事が多いとはいえ、ずっと狭いケージの中は可哀想かな・・・ 帰宅後、毎日、小一時間ケージから出して構ってあげられますか? うさぎは抱っこが嫌いな仔が多いですよ。 無理に抱けば、後ろ脚の凄い力で暴れます。 飼ったあとで「こんなはずじゃなかった!」と思う人も多いと思います。 個人的には、ハムスターの方が良く慣れるし、うさぎ用ケージのスペースの半分程度でハムにとっては大邸宅が置けるし、ハムの方がオススメですけどね。 ユーザーID: 9041541695• 生き物はそれなりに大変 うちにもネザーランドの男の子がいます。 ケージ生活で、息子がいるときは部屋に出したりしますが、配線をかじると危ないし、目が離せません。 5年目ですが、もう老ウサギです。 先日は腎機能の低下で1週間ぐらい入院しました。 動物病院でもウサギを診てくれるところは多くありません。 うちにお迎えして数日後に、ケージから飛び出し損ねて足を脱臼し、2回の手術をしました。 でも、可愛いですよ。 息子には懐いています。 餌もいろいろありますが、主にウサギ用のペレットを食べさせています。 老ウサギは水分を取らないと、すぐに腎臓が悪くなるので、ペレットも最近は水分でふやかしたものを食べさせます。 一番大変なのはケージの掃除です。 息子と夫が週一ぐらいで洗っています。 もう、老ウサギなので、息子はウサギが死んでしまうことも想定しているようです。 可愛がっているから、悲しむかもしれませんが、寿命なら仕方ないと考えているようです。 ウサギをお迎えしてから、家族旅行はできなくなりました。 それは覚悟の上ですね。 夜行性なので、昼間はうとうとしています。 昼間のお留守番は大丈夫だと思います。 ユーザーID: 2649417883• 共働きです 10年ウサギを飼っています。 日中はずっとケージで過ごし、夫婦のどちらかが帰宅後ケージをサークルで囲い、ケージの扉を開けます。 就寝前にまたケージに入ってもらいます。 行動範囲を広げてしまうとコードを齧ったり壁の角を齧ったりなど大変なので今はこの方法に落ち着いています。 真夏の温度管理は大変です。 暑さに弱いので室温が30度を超えそうな時は外出時もエアコンはつけっぱなしでした。 暑い時は水も沢山飲むのでトイレの処理も大変です。 うっかり放置してしまうとコバエがわきます汗。 あと換毛期も大変です。 年二回程ありますが、至る所に毛が飛んでいくし、ケージも毛まみれになるので掃除は大変です。 大変なのはそんなとこですが、お世話する人を覚えてくれます。 サークルの中に立つとぶうぶう鼻を鳴らしながら足の周りをくるくるとまわったりして懐いてくれるので、かわいいですよ。 ユーザーID: 5978666246• うさぎは可愛いですよ うさぎを10年以上飼っています。 うさぎは飼ってみると分かるんですが、ハムスター等とは違って飼い主によく懐く動物です。 なでてもらったり、構ってもらうのも大好きです。 ですから、8〜21時まで不在、ずっと狭いケージの中というのは、少し可哀想な環境ではあるかな?という気がします。 うちは長くケージの中にいるのが窮屈そうに見えましたので、犬用のサークルで広めの遊び場を作って、その中に自由に出入り出来るようにケージも入れたです。 一番大変な点は介護ですが、これはどのペットでも出来ない家庭のほうが多いかもしれないですよね。 人間と同じように、年をとると寝たきりに近くなり、食事も補助が必要になっていきます。 うちは幸い家を空けることなく面倒を見れる環境でしたので、今年12歳です。 温度管理は、うさぎは暑さに弱いですので夏は不在時もずっとクーラーが必要です。 冬はペット用の床に敷くヒーターなどで防寒してあげれば大丈夫です。 うさぎを家に置いたまま長期外出は出来ないですので、信頼出来る親戚や友人などにお世話をお願い出来ればいいですね。 ユーザーID: 6159692511• 話題ランキング• ネザーは気性が 1 荒い個体が多いです。 (ネットでは大人しいと書かれているサイトもありますが) 選ぶ時には必ず 抱かせて貰って下さい。 抱いた時点で、大体の気性がわかると思います。 (半端なく暴れる・噛みつくなど) ウサギは個体差もありますが 品種によってもずいぶん性格が違う傾向があります。 それとネザーは血統書付以外の個体は かなり大きく成る個体もいます。 ケージのみなら、夏はかならずドライを入れっぱなしで外出してください。 イヌやネコのように涼しい場所に移動することが出来ませんから温度と湿度管理はちゃんとしないといけません。 アルミ板のお腹が冷えるグッズは 個体によってはお腹を壊します。 広いケージでアルミ板以外の逃げ場がない場合は やめたほうがいいかもしれません。 ケージはなるべく大きいものを。 また 脱走出来ないサークルもあったら良いですね。 人間が見てないところでのフリータイムは大変危険です。 電話線やコードなど噛んで切ってしまい火事や感電の可能性もあります。 人間が監視しているフリータイムでも コードカバーは全てにつけたほうが無難です。 続く ユーザーID: 4667802356• ネザーは気性が 2 一泊二日程度なら外出可能、それ以上になるならペットホテルや獣医師さんに預かって貰う ウサギは おかしいなと思ったら即獣医師に。 じゃないと手遅れになります。 丸糞がいつもより小さい 丸糞の数が少ない 食欲が無い よくあるサインです。 (原因は胃腸か歯が多い) 餌は基本 牧草(子どもの時代に食べる牧草と大人になってからの牧草は品種が違います) 一番刈り 二番刈りなど好みもあると思います。 基本は牧草と硬いベレット。 野菜果物はオヤツ程度です。 水は新鮮なものを用意する (昔の人はウサギに水は要らないといってますが 必須です) 基本ウサギはお風呂不要。 が、食糞(柔らかくて臭い糞を自分で食べます)が多くお尻についてしまったようならそこだけ綺麗にしてあげてください。 爪切りの為に、抱っこ癖をつけましょう。 嫌がっても抱っこするのを繰り返します(訓練) 黒い爪の子は血管が見えないので工夫が必要。 ペットショップでも切って貰えます。 犬猫専門の獣医師の一部はウサギに関して知識が無い人が多くいます、まず近所にウサギに強い獣医師を探してから飼って下さいね ユーザーID: 4667802356• 専門書,専門店にあたりましょう ・ケージから出さなくても,特に問題はない ・むしろ,下手にケージ外に出すと問題になることが多い ・出すならば,電線類や床材に注意が必要 ・さびしくて死ぬことはない ・水や尿に濡れたままは良くないが,新鮮・清潔な飲料水は必要 ・極端な寒さでなければ多少の寒さは大丈夫だけれど,暑さは大敵 ・好物でも健康に良いエサとは限らない ・専門の医者は少ないし,例えば「避妊」に対する考え方も統一されていない ・ビックリさせると,急に走り出して骨折することもある ・爪は適当な間隔で切る必要がある…場合が多い ・オス,メスを同じケージに入れない。 ケージの外でも注意。 一瞬で交尾する ・懐かなくても,「それが普通」ぐらいに思うこと ・ネザーランドドワーフは,気が強い・荒い傾向がある ・弱みは見せないので,飼い主が注意深くする必要がある ・トイレの躾は,個体差が大きい。 ・長期の外出 旅行等 は,犬や猫と同室にならないペットホテル等を利用する ・エサ 専用のペレットがある は朝,夕に決まった量を。 ・新鮮・清潔な牧草 エサ は絶やさない ユーザーID: 9204706302• 餌はラビットフードと干し草がメインです 冬は暖房がいります。 ウサギによってなつく子となつかない子が居ます 夜行性だから夜中うるさいですよ。 夏は1日中エアコンと冬は暖房つけられないなら飼わないで下さい。 ウサギが可哀想。 外散歩は不要。 小屋から毎日一時間位室内散歩させて下さい。 ウサギにメンテナンス出来ないなら飼う資格はないです。 爪も伸びるので切って下さい。 ウサギは病気を隠すので餌を食べないおかしいと思ったら早めに動物病院へ。 ユーザーID: 4325108257• 大丈夫だと思いますよ うさぎは夜行性なので、昼間は寝ています。 共働きの家庭でしたらむしろオススメです。 帰宅したら、ケージから出して遊んであげてください。 鳴かないので、マンションでも近所に迷惑かけないと思います。 ハムスターやリスを飼ったことがおありなら、生き物を飼う基本の部分はご存じだと思いますし。 私の知る「うさぎを飼って失敗?したと思った人の理由」の多くは、「室温と湿度」「抱っこが出来ない」です。 うさぎさんは高温多湿が苦手です。 28度超えていたら死んでも不思議ではないと言う獣医師もいます。 うち(関東)は、6月〜10月の5カ月間、1日最低20時間エアコンを使用しています。 また、うさぎさんは抱っこが嫌いです。 捕獲された時(生命の危機)と同じ状況なので本能的に嫌う、とも言われています。 稀に抱っこ出来るうさぎさんもいます。 でも極々稀です。 抱っこは出来ないと思った方がいいです。 うさぎさんの生活環境を用意出来ないのなら諦めてください。 撫でるだけでは物足りないと感じるのでしたら、他の動物をオススメします。 続きます。 ユーザーID: 0913301099• 続きです。 長期の外出に関しては、1泊ならお留守番出来ます。 それ以上はペットホテル利用になると思います。 代金は、犬猫よりも安価なのが一般的です。 また、フードなどの他に、ケージの持ち込みが必要なホテルもあります。 トイレやハウスなど結構な大荷物になります。 よほどの近所か、車がないと大変かもしれません。 トピ文への返信とは離れますが、うさ飼いからお願いしたいのは病院についてです。 うさぎを診てくれない動物病院があります。 うさぎさんを迎える準備の中に、病院探しも入れてください。 うさぎさんは具合が悪いのを隠す動物です。 自然界で弱っているのを悟られると標的にされる動物なので、ギリギリまで隠します。 気が付いた時にはかなり病状が進んでいる場合も珍しくなく、時間がありません。 事前に病院を見つけておいてあげてください。 爪切りに通うなどして、病院と獣医師のことを知っておければさらに安心です。 あ、そうでした。 爪切りが必要です。 2カ月程度に1度のペースです。 動物病院やペットショップで切ってくれます。 慣れれば自分でも切れます。 可愛いうさぎさんとご縁があるといいですね。 ユーザーID: 1102203886• すみません、二回目です ネザーランドドワーフと暮らし 13歳まで生きましたが 数年前天国へ行きました。 とても幸せな日々でした! その間に ロップイヤーとも三羽過ごしました。 その子達は2年〜8年の生涯でした。 うさぎは寂しがりやと 何かしら聞きますがそれは間違いで、 本当はあまりかまわれたくない生き物なので ご夫婦忙しくても大丈夫です! 狭いとこが大好きで 長い時間ケージでも大丈夫です! しかし、 猫や犬と違い トイレを失敗する事も多々の子が多く ケージのあちこちでする可能性があるので お掃除が大変になる可能性があります。 四羽の中で、ほぼトイレで出来る子は一羽のみでした 部屋に離した時に粗相してしまう事も たまにありました。 うんこは、コロコロの固い指でつまめるようなものですが、トイレに行ってするという習慣はありませんので 部屋を散策中に、コロッコロッと 転がります。 後はネザーの様な短毛種でも 毛の手入れは頻繁にされた方がいいです! たくさん構わなくていいので 忙しいご夫婦にはぴったりです! 牧草をモグモグしているのを眺めてるだけで心が癒されます!オススメです。 ユーザーID: 5335827736• ネザーは気性が3 ウサギは本格的な夜行性に寄っています。 歴代うちのウサギは夜9時頃から元気に 跳ね回っていました。 マンションですか? ウサギは警戒した際に仲間に知らせる 後ろ足ダンダン(スタンピング)をすることがあります。 その行為が頻繁ですと階下の人に迷惑がかかりますから、ストレスの原因を取り除く・ スタンピングしても階下に響かないように工夫するなどが必要になりますね。 うちは滅多にしない個体ばかりでしたけれど 友人宅の子はよくやってました。 厚い漫画本を敷いた上に毛布などを敷いて、その上にケージを置いてましたね。 金属のケージも振動で音を出すので夜間は 焦ります。 まずは 近隣のウサギを見てくれる評判の良い獣医師を探してから、ペットショップあるいはブリーダー、あるいは保護ウサギを迎えてください。 うちは犬も猫もいますが みんな違う獣医師です。 最近はエキゾチックアニマル専門医(ウサギ得意)も増えましたが、犬猫専門しかない獣医師は本当に本当に要注意です。 楽しいウサギライフを!! ユーザーID: 4667802356• ありがとうございます みなさんがレスしているように、一般的にネザーは懐きにくいです。 うちの子もネザーですが、以前の雑種の子に比べて、 やっぱりちょっと距離があります。 のでネザーよりロップ系、雑種系をオススメします。 譲渡会等で引き取ることを考えて見て欲しくてレスします。 大きい子が多いかもしれませんが、タイミングによっては子うさぎもいますし、 お見合いとトライアルが出来るので、 最悪、最悪どうしても無理となった時に、飼い主さんに返すことができます。 でも返すこと前提では引き取らないでください。 ただ、ペットショップで購入して性格が合わなくて、 どちらも我慢しながら生活するのはやっぱり大変です。 じっくりお見合いをさせてもらって、この子!という子がいれば どうかその子を引き取ってあげてください。 ネットで調べれば、近くで飼い主募集をしていると思います。 譲渡会も無料ではありません。 譲渡会によって違いはあると思いますので、一度メールなどで 相談してみて欲しいです。 可愛いですよ、うさぎ! ユーザーID: 8470662438• ネザー飼ってました 雌のネザーを数年飼ってましたが、腎臓の病気で、あっという間に亡くなってしまいました。 ウサギが罹りやすい病気だそうです。 運良く、近くにウサギに詳しい動物病院があったので心強かったですね。 ネザーは大人しくて抱っこも出来るし、飼いやすいと聞いていたのに、うちの子は全く抱っこさせてくれませんでした。 寂しかった〜(涙) ウサギは殆ど鳴かないし、草食なので糞尿の臭いは僅かです。 昼間はケージ内だそうですので、夜は出してあげてください。 ただ夜行性ですので、夜中にビックリするくらいすごいスピードで走り回ります。 また、怒ると「足ダン」と言って、後ろ足で床を思いっきりダン!と叩きます。 マンションですよね?これらの足音だけはあることをお忘れなく。 顔や耳を洗う仕草や、床にお腹を付けて手足をぐ〜っと伸ばして寝る姿など、本当に可愛くて癒されました。 オススメです!! ユーザーID: 9546192799• かわいいだけでは済まない.

次の